借金減額シュミレーターで診断するメリット・デメリット

今ある借金がいくら減らすことができるのか、それを調べることができるのが、減額シミュレーターです。

最近では多くのサイトで利用できるようになっていますが、利用するにあたって個人情報を入力することもあり、本当に利用して良いのか不安を感じる方もいるかもしれません。

借金減額シミュレーターのメリット・デメリットを知ることで、不安を解消していきましょう。

\一人で苦しんでいませんか?/

借金の金額を減額する方法はあるの?

借金をすると、借りたお金を返済なければいけません。そして、借りた金額に利息が上乗せされるため、借りた金額よりも大きな金額を返すことになります。

しかし、返済期間が長期になるとその分支払う利息が増えるため、借金がどんどん増え、いつまでたっても返済できない状態に陥ってしまうケースも珍しくありません。

そんなとき、借金を減額する方法があります。それが、この2つです。

  • 債務整理
  • 過払い金請求

2つの方法について、簡単にご紹介しておきましょう。

方法 内容
債務整理 任意整理、個人再生、自己破産の3つの方法がある
過払い金請求 利息制限法の利息で計算し直した際
払いすぎていた利息を返してもらうことができる

結果によっては、大きく借金を減らすだけでなく、借金がゼロになって手元にお金が戻ってくる場合もあります。

ただ、すべての借金が減額できるわけではなく、その人の借金の金額や期間、借り入れ状況によって変わります。

自分の借金は減額できるのかどうか、いくら減額できるのか、それをチェックすることができるのが、借金減額シミュレーターなのです。

\借金がいくら減るかチェック/

債務整理は合法的に借金を減らすことができる方法

債務整理と聞くとどうしても抵抗を感じてしまう方もいるかもしれませんが、債務整理は合法的に借金を減らすことができる制度なので、安心して利用して良いのです。

債務整理には3種類ありますので、それぞれの特徴を比較しておきます。

方法 内容
任意整理 債権者と任意での話し合いで将来利息をカットして返済負担を減らす
個人再生 裁判所を介して今ある借金を最大で1/5ほどに減額することができる
自己破産 不動産など一定以上の財産を手放す必要があるが、全ての債務に対して支払い義務が免責される

任意整理と個人再生どちらも3年程度で支払いを終えることを原則として、借金の金額を減らすことができます。

ただ、債務整理をするとブラックリスト扱いとなり、5~7年は新規ローン契約やクレジットカード契約が出来なくなります。

借金が減額できるというのは、債務整理を検討することを前提として考えているということを押さえておきましょう。

借金減額シミュレーターの仕組み

借金減額シミュレーターを利用する際に必要な情報の一例です。

  • 何社から借入をしているか
  • 借入総額はいくらか
  • 借金の種類(借入先など)
  • 毎月の収入(手取り額)

必要となる情報が異なる場合もありますが、これらの項目を入力するだけで借金減額の可能性が分かるものになっています。

シミュレーターは弁護士事務所や司法書士事務所のサイトで運用していることが多いです。

結果を見て、実際に借金を減らしたいと考えた場合は、利用したサイトの専門家やそこから紹介された専門家を通じて債務整理を行い、借金を減額していきます。

シミュレーターは、個人情報入力は不要で匿名で受けられるものが多い!

匿名で受けられるものがほとんどですが、専門家からの連絡や相談をすることを必要とする場合、連絡先などの個人情報の入力が必要になってきます。

また、結果を電話やメールで連絡するものである場合、それらの情報入力が必須になっています。

では、減額シミュレーターを利用するメリットとデメリットについてご紹介していきましょう。

減額シミュレーター利用のメリット2つ

減額シミュレーターのメリットとして、以下の2つが挙げられます。

1.自分の借金を減らすことができるかどうか?を知ることができる
自分の借金は減額できるのかを確認するためだけに、わざわざ弁護士事務所や司法書士事務所へアポイントを取って相談するのは面倒。

借金を減額シミュレーターを利用すれば、その結果を受けてから相談するかどうかを決めることができます。

2.無料で利用できる
また、誰でも無料で利用できるのも大きな魅力!利用後に必ず相談依頼しなければいけない、ということはないため、気軽に試せるのも嬉しいですね。

減額シミュレーター利用のデメリット2つ

減額シミュレーターのデメリットを挙げるとすれば、次の2点です。

1.電話がかかってくる場合がある
メールアドレスや電話番号を入力してシミュレーターを利用する場合、結果通知や債務整理の意思確認のために電話がかかってくる可能性があります。

営業電話のようなものが頻繁にかかってくる心配はなく、実際は確認をすればそれだけで終わり、ということがほとんどです。

どうしても電話連絡に抵抗がある場合は、減額シミュレーターを利用する際に備考欄や質問欄などにメール連絡を希望する旨を記載しておきましょう。

住所や勤務先を入力する必要はありませんので、安心して利用してOKです。

2.悪質な業者に利用される可能性がある
中には専門家のフリをして悪質な業者が減額シミュレーターを運用している場合もゼロではありません。住所や勤務先などの情報入力は、減額シミュレーターでは不要。

必要以上の情報を記載しないように、そして、弁護士事務所など安心できる相手が運用しているサイトを利用するように心がけておきましょう。

オススメの借金減額シミュレーターは、法律の専門家に相談できるもの!

数多くある中で、やはりオススメは弁護士や司法書士が運用しているもの。利用する際には以下の点をチェックして選びましょう。

  • 評判はどうか
  • 報酬がはっきり明確になっているか
  • 債務整理内容に納得できるか

信頼できる借金減額シミュレーターを利用して今後の参考にしよう

今ある借金を減額できるかどうかは、弁護士事務所や司法書士事務所が運用している匿名・無料のシミュレーターを利用すれば判断することができます。

結果を受けて専門家に依頼をすることもできますし、債務整理をしない判断をすることも可能です。

ただ、悪質な業者が紛れていると個人情報が知られてしまうリスクがあるため、信頼できる「専門家」ものを利用する事、必要以上の個人情報を入力しないことに注意が必要です。

借金減額の可能性をチェックできるのはやっぱり魅力です!今後の返済についての参考に活用してみてはいかがでしょう。

\借金を減らす救済措置/
関連記事
閉じる
響03