リボ払いとは?仕組みや金利、手数料、デメリットなど知っていますか?

リボルビング払い、いわゆる「リボ払い」は、クレジットカードの支払い方法の一つです。

一括払いや分割払いと共に、気軽に設定できる支払い方法の一つで、上手く使えば便利な支払い方法ではありますが、その使い方を間違えると、怖い借金地獄いわゆるリボ地獄へと落ちてしまう可能性もあります。

リボ払いのメリット・デメリットと共に、ヤバいリボ地獄につながる理由について解説します。

金利手数料の計算方法や、リボ払いでできた借金の返済や減額、過払い金についてなど、知っておきたい情報をまとめます。リボ払いの見直しで、借金地獄から抜け出しましょう。

\一人で苦しんでいませんか?/

便利なリボ払いは内容を知って利用しよう!

リボルビング払いとは、クレジットカードを利用した金額や回数に関わらず、毎月一定金額を支払い続けるスタイルのことを言います。

支払金額は、事前に自分で設定することができ、自由度の高い支払い方法と捉えることもできるでしょう。

リボルビング払いと分割払いの違いは、分割払いが「支払い回数」をあらかじめ決定するのに対して、リボ払いの場合は「月々の支払金額」を先に決定するという点です。

  • 分割払いの場合、1ヶ月当たりの支払金額が変動
  • リボ払いの場合は支払い期間が変動

自分に合った方法を選択しましょう。リボ払いには、

  • 定額方式
  • 残高スライド方式

という2種類があります。

定額方式であれば、残高に関わらず一定金額を支払い続けることになり、残高スライド方式であれば、支払い残高に応じて金額が段階的に変わります。

ちなみにリボ払いは、ショッピング枠のみの返済スタイルというわけではありません。キャッシング枠で借りたお金を、リボ払いで返済するケースもありますし、消費者ローンや銀行系のローンにおいても、リボ払いを選択できます。

リボ払いのメリットは支払金額を一定化できること

クレジットカードで買い物をする際に、リボ払いを選択するメリットは以下のとおりです。

  • 買い物金額に関わらず支払いがほぼ一定で、家計管理がしやすい
  • 支払金額を、自分にとって無理のない範囲で決められる
  • 手元に現金がない場合でも、高額の買い物ができる

クレジットカードで買い物をしていると、支払金額が多い月もあれば少ない月もあるはずです。でも、リボ払いにすれば、ほぼ一定の支払いで家計管理が容易になります。

また毎月の支払金額の設定はあらかじめ自分で行えますし、高価な買い物であっても、時間をかけて無理なく支払っていけるでしょう。

リボ払いのデメリットは支払総額が見えにくいこと

でも注意しなければならないのがこの「一定額」でという点。

リボ払いのデメリットは以下のような点です。リボ払いがきっかけで借金をしないためには、利用前に必ずチェックしてみてください。

  • 手数料がかかる
  • 支払い総額が見えにくく、使い過ぎに陥りやすい
  • いつまで支払いが続くのか、わかりにくい

リボ払いの最大のデメリットは、手数料がかかるという点です。お金を借りたときと同様に、リボ払いをする場合にも利用金額に金利がかかり、手数料として請求されます。

返済期間が長くなればなるほど、負担は大きくなってしまいます。

またリボ払いは、どれだけ使っても毎月の支払金額が一定です。メリットでもありますが、支払総額を意識しないまま、買い物のし過ぎにつながりやすいという特徴もあるのです。

リボ払いに設定した買い物総額が大きくなれば、手数料負担も非常に大きくなります。

残高と手数料負担、両方を合わせると「いったいいつまでリボ地獄が続くのだろう…」と途方に暮れてしまう方も少なくありません。

もし既に、リボ地獄で…という場合は、リボ払いから抜け出す方法はあるので、チェックしておきましょう。

金利・手数料の計算方法をチェック

リボ払いのメリットを生かし、正しく使うためには、金利・手数料の計算方法について、あらかじめチェックしておきましょう。

まずリボ払いの手数料は、大体どこも年率15%程度です。これは、1年間お金を借りた場合の利息が15%であるということを示しています。

1ヶ月で完済した場合の手数料は、15%×1/12(か月)の計算式で求められ、1.25%となります。

2万円の商品を購入し、1か月後に完済した場合の支払総額は2万250円となり、「大した出費ではない」と感じる方も多いかもしれません。

しかし残高が10倍の20万円となり、1年かけてリボ払いで返済した場合の支払総額は、手数料分を含めて23万円となります。さらに残高が膨れ上がり200万円になったとしたら、手数料分だけで年間30万円もの負担が生まれてしまいます…。

少額な買い物分のみリボ払い…であれば気にならない手数料も、高額の買い物であったり積もり積もった額になった場合の手数料はかなりの額になります。

「リボ払いが借金地獄につながる一歩」と言われる理由も、実感できるのではないでしょうか。

リボ払いは借金と同じだから怖い!自己破産の可能性も

リボ払いは、一歩間違えると怖い借金地獄の入り口になってしまいます。その理由は、先ほども挙げた、

  • 手数料
  • 利用金額に鈍感になり、使い過ぎてしまうこと

という2点にあります。

リボ払いにおける毎月の支払金額は、わずか数千円からでも設定が可能です。とはいえ「利用金額が30万円以上もあるのに、月々5,000円程度しか返済していない」となれば、ほとんど元金が減らない計算になってしまいます。

元金が減らないということは、半永久的にお金を借り続けるということ。それにも関わらず「きちんと返済しているのだから大丈夫」と思い、問題発覚が遅くなる点も、リボ払いの怖いところです。

リボ払いで支払う手数料は、お金を借りる際の金利と同じです。お金を借りているという自覚がないまま、ローンと同じ仕組みにハマってしまう点が、リボ払いの恐ろしさだと言えるでしょう。

リボ払いによる借金地獄…脱出のためのポイント3つ

深く考えずに支払い方法をリボ払いに設定し、気付いたときには「やばい…」という状況になってしまっていた場合、できるだけ早期に、問題解決へと動くことが大切です。

リボ払いを利用する期間が長くなればなるほど、手数料はかさんでいきます。以下のポイントを参考にして、家計の見直し、返済地獄からの脱出を目指しましょう。

\借金地獄から抜け出す方法/

支払金額の見直しで返済スピードアップ

「やばい…」とは思うものの、まだ自分の力でなんとかできる状況であれば、まずはこの方法を意識してみてください。会社側に連絡し、毎月の支払金額を増やします。

支払金額が増えれば、元金が減るスピードもアップします。元金が減れば手数料負担も減ってくるので、脱出への道筋が見えやすくなります。

毎月5,000円でも支払金額を増やすことで、状況が好転する可能性も高いです。どの程度増やせば、どれぐらいの効果を期待できるのか、事前にシミュレーションした上で決定しましょう。

一括返済を検討する

リボ払いの返済地獄から抜け出すための方法として、より効果的なのが一括返済です。残りの元金を全て一括で支払うことで、手数料負担もなくなります。

手元に余裕資金があれば、迷わずこの方法を取るのがおすすめです。

手元に現金がない場合でも、金利が低いローンを利用し、支払いを一本化するという方法もあります。

審査の緩いところはどこなのか、金利負担が少しでも軽いところは?などに注目して探してみると良いでしょう。

任意整理で支払総額の減額を

上の2つの方法では解決が難しい…という場合には、借金の減額といった「より根本的な見直し」を行う必要があります。

借金は法的措置で減らすことが可能です。無料の減額シュミレーターなら、スマホで簡単にいくら減額できるかを確かめることができますよ!

債務整理の一つである任意整理を検討してみてください。

任意整理では、相手方と交渉して、借金の返済額や返済方法を再度決定します。これによって、返済する金額が減額され、返済地獄から抜け出せる可能性が高くなります。

債務整理の専門家に相談の上、手続きを進めていくことをおすすめします。具体的には、借金問題に強い弁護士や司法書士を頼るのがおすすめです。

過去にキャッシング枠でリボ払いを選択していた場合、過払い金が発生している可能性もありますから、こちらについても一緒に確認しておきましょう。

借金が減額できる任意整理にも、残念ながらデメリットはあります。今後のローン契約などに関係してくる可能性がありますから、専門家とよく相談の上、決断することが大切です。

リボ地獄に陥ってしまわないよう、注意して賢く活用を!

自分が決めた一定金額を支払い続けるリボ払いには、メリットもあります。上手に使うことさえできれば、「リボ払いがあってよかった!」と感じることもできるでしょう。

そのためには、リボ払いならではの特徴を正しく理解し、借金地獄でやばい状態にならないように注意することが大切です。

現在リボ払いを利用し、なおかつその内容についてよくわかっていないのであれば、まずは自分自身の情報を集めるところからスタートしましょう。

  • 利用総額
  • 手数料率
  • 月々の支払金額

最低でもこれらの情報を集め、冷静に今の状況を分析することができれば、いつまで続くかわからない支払いから脱出することもできるはずです。

そして、少しでも払えないかも…と感じたら、一括返済や債務整理(任意整理)などをすぐに検討しましょう。

先延ばしにしても手数料負担がどんどん増えていくだけで何の解決にもなりません。

\借金を減らす救済措置/
関連記事