【2022年最新】債務整理でおすすめの弁護士・司法書士事務所11選!過払い金請求、借金問題解決が得意と評判

借金相談 2022.06.09

借金問題で困ったときには、まず一度専門家に相談してみるのがおすすめです。状況を整理した上で、適切な解決策を提案してもらえる可能性があるでしょう。

借金の状況によっては、債務整理した方が良いケースもあります。このあたりも、専門家なら総合的に判断してくれるのでおすすめです。

借金問題について相談に乗ってくれる専門家とはどのような人で、相談するメリットはどこにあるのでしょうか?おすすめの相談先についても、具体的に紹介します。

\一人で苦しんでいませんか?/

借金問題の相談に乗ってくれる専門家とは?相談するメリット

借金を抱えてしまう理由は、人によってさまざまです。

  • 生活費が足りず、キャッシングでの補填から抜け出せなくなってしまった
  • 趣味のお金や遊興費に使い過ぎてしまった
  • ギャンブルやショッピングに依存している
  • 事業を継続するために、どうしてもお金が必要だった

どの理由も、とてもプライベートなもの。「誰かに相談して解決する」ということに対して、抵抗感を抱く方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、返済できないほど膨らんでしまった借金を、放置しても良いことはありません。一人で悩んでいても、何も解決できないでしょう。

借金返済ができなくなってしまった場合でも、そうした方々を救済するための制度が、法的に整備されています。借金問題の専門家とは、そうした情報を提供するほか、制度利用をサポートしてくれる存在です。

具体的な相談先としては、以下のような場所が挙げられます。

  • 日本司法支援センター(法テラス)
  • 日本弁護士連合会
  • 日本司法書士会連合会
  • 日本貸金業協会
  • 財団法人日本クレジットカウンセリング協会
  • 全国銀行協会
  • 市町村役場

法的制度を活用する際に、サポートをしてくれる専門家は、弁護士または司法書士です。法テラスや弁護士事務所、司法書士事務所を相談先に選べば、法的制度の活用を視野に入れた解決策を相談することになるでしょう。

「まだそこまでではない」「いきなり法律家は抵抗がある…」という場合は、日本貸金業協会や日本クレジットカウンセリング協会、銀行協会の相談窓口を活用しましょう。

法律家のように、問題解決に向けて具体的に動いてくれるわけではありませんが、公平・中立な立場でカウンセリングを行い、情報提供してくれます。

こうした相談は、市町村役場が窓口となって受け付けているケースも。こちらを利用すれば、身近な場所で安心して相談できるというメリットがあります。

ただし窓口で相談した結果、「法的制度による解決が必要」となれば、あらためて法律家への相談が必要です。自身のメリット・デメリットを考慮して、相談先を決定すると良いでしょう。

闇金についての相談先は?

同じ「借金」でも、借入先が闇金の場合は、相談先が異なります。以下の窓口を活用してみてください。

  • 警察
  • 消費者生活センター
  • 日本弁護士連合会
  • 日本司法書士会連合会

警察に相談するのが一番のように思えますが、実際には「民事不介入」で対応してもらえないことも。闇金に強い弁護士や司法書士に相談するのがおすすめです。

法的な解決策は「債務整理」メリット・デメリット

借金問題を法的に解決するための制度を、「債務整理」と言います。債務整理には以下の3つの方法があります。

  • 任意整理:将来利息をカットし、3~5年で完済を目指す
  • 個人再生:借金元本を1/5程度まで減額し、3年で完済を目指す
  • 自己破産:免責許可がおりれば、借金がゼロになる

できる条件やメリット・デメリットを、簡単にまとめました。

任意整理の手続き条件やメリット・デメリットは?

【任意整理できる条件】

  • 今後も続く返済期間中に、安定した収入が継続的に見込めること
  • 債権者が交渉に応じてくれること
  • 債権者の信用を得ることができる、実現性が高い返済スケジュールと資金計画が出せること
【任意整理のメリット】

  • 今後払わないといけない予定であった「利息」を全カットしてもらえる
  • 過払い金の発生をみつけることができ、そのまま借金返済に充てることができる、完済できる可能性も!
  • 職業制限がないので、その職に就いている人も選択できる
  • 財産の処分がないので、手元に資産を残してできる
  • 裁判所を通さないで交渉できる手続きなので、周りにバレにくく手間も比較的かからない
【任意整理のデメリット】

  • ブラックリストへの掲載(約5年)
  • ブラック掲載中は、色々なローン審査に基本通らない
  • 交渉に応じてくれない業者もいる
  • 全ての業者が対象ではなく選択できる
  • 同じ債権者からの借入ができなくなる
  • 返済はその後も続くため、収入が継続して得られない場合はそもそも手続きできない
  • 大幅に借金を減らせない可能性が高い

任意整理は、自己破産や個人再生と比較すると、借金減額効果は低いです。ただし、裁判所を通さずに手続きできるため、スピーディーかつ内密に手続きしやすいというメリットがあります。

借金減額診断で「過払い金」について事前にチェックすることも可能!無料の「過払い金診断」「過払い金シミュレーター」で簡易診断できるので、相談前にやっておくと良いですよ!
\過払い金があるか確認!/

個人再生の手続き条件やメリット・デメリットは?

次に個人再生です。小規模個人再生と給与所得者等再生の2種類があります。一般的な手続きは、小規模個人再生です。

家を手放したくない場合に特例があるため効果的!こちらは「減額された借金を、手続き後の一定期間で返済する」という手続きとなります。

【個人再生できる条件】

  • 再生計画にのっとり、返済を継続てきること
  • 継続して収入を得られること
  • 小規模個人再生の場合は、債権者の反対が2分の1以上ないこと
【個人再生のメリット】

  • 利息だけでなく、負債額そのものを圧縮してもらえる(約5分の1まで)
  • 住宅ローン特例が認められれば、自宅を残して手続きできる
  • 弁護士に依頼していれば、督促が止まる
  • 自動車ローンの支払いが終わっている車については残せる
【個人再生のデメリット】

  • 裁判手続きを取るため、周囲にバレる可能性がある
  • ブラックリストへの掲載(約5年~10年)
  • ブラック掲載中は、ローン審査に基本通らず新たな借入ができない
  • 官報への掲載
  • 同じ債権者からの借入ができなくなる
  • 全ての業者が対象になる
  • 返済はその後も続くので、継続的に収入がない場合(失業中など)は利用できない

自己破産の手続き条件やメリット・デメリットは?

自己破産が認められれば、借金返済義務はなくなり、チャラになります。しかし一定額以上の財産はすべて没収されるため、家や車を失う可能性も高いでしょう。

「同時廃止」「管財事件」「少額管財」という種類があります。自身の資産状況や借金の原因により、取られる手続きが異なってきます。

【自己破産できる条件】

  • これ以上、借金返済をすることができないということを裁判所が認めること
  • 債務免責をするのにふさわしくない借金理由でないこと(免責不許可事由)
  • 資格制限に該当する職業に就いていないこと

免責不許可事由、具体的には…

  • 自己破産を以前してから7年経過していない
  • 一部の債権者のみへ返済をしていた
  • 債権者隠し
  • ギャンブルや浪費
  • 破産申し立てから1年以内に、収入・借金額を偽って借入していた
  • 意図的な財産隠し
  • 不動産名義人の意図的な変更
  • 裁判所の調査に協力しなかったり、嘘をつく

債務免責にふさわしくないと思われる行為です。ただし、裁判所判断により認められるケースもあります。

個人で勝手に判断する前に、弁護士に相談することをおすすめします!

【自己破産のメリット】

  • 免責が認められれば、借金がゼロになる
  • 取り立てがストップする
  • 無職や生活保護受給者でも申請可能
  • ある程度の財産を手元に残すことができる(自由財産)
  • 手続きが終わってから新たに得た財産については没収されない
【自己破産のデメリット】

  • ブラックリストへの掲載(約5~10年)
  • 官報への掲載
  • 財産を残せない
  • 破産者名義の家や土地、車は残せない
  • 職業や資格が制限される
  • 居住地の変更は裁判所の許可が必要
  • 保証人への支払い義務は消えない
  • 家財事件、少額管財事件の場合は、郵便物の中身を管財人にチェックされる
  • 家族にバレる可能性がある

どの債務整理を行った場合も、その事実はブラックリストに登録されます!

新たな借入ができず、クレジットカードの利用、新規発行などもできない、ETCカードの利用も不可、スマホなどの分割払いもできないといった生活への影響が…。しっかりと理解して、手続きを取るタイミングを見極めることも重要となります。

また条件があるため、「誰でも自由に方法を選択できる」というわけでもありません。

だからこそ、頼りになるのが弁護士・司法書士といった、法律の専門家です。依頼には費用がかかりますが、メリット・デメリットを踏まえた上で、あなたに合った手続きをサポートしてくれる心強い存在となってくれます!

相談先におすすめの弁護士・司法書士事務所11選

弁護士や司法書士に借金問題を相談するなら、しっかりとした実績がある事務所を選択するのがおすすめです。借金問題に強い事務所を紹介します。

弁護士法人・響

弁護士法人・響は、借金問題だけではなく、幅広い問題に対して豊富な実績を持つ弁護士事務所です。

  • 24時間・365日、全国対応で相談を受け付け
  • 相談料無料
  • 依頼費用の分割払いが可能
  • グループ事務所の強みを活かした問題解決
弁護士法人・響
弁護士法人・響は、料金に関する不安を契約前にしっかりと取り除いてくれる弁護士事務所です。どの手続きにどれだけの費用がかかるのか、わかりやすく説明してくれます。

【各種費用】

任意整理 着手金   55,000円~(税込)
解決報酬金 11,000円~(税込)
減額報酬金 減額分の11%(税込)
個人再生
(住宅なし)
着手金 33万円~(税込)
報酬金 22万円~(税込)
個人再生
(住宅あり)
着手金 33万円~(税込)
報酬金 33万円~(税込)
自己破産 着手金 33万円~(税込)
報酬金 22万円~(税込)
完済過払い 着手金    0円
解決報酬金 22,000円(税込)
過払報酬金 返還額の22%(訴訟の場合は27.5%)(税込)

相談料は無料で、弁護士費用の分割支払いに対応しているため、初期費用0円での依頼が可能です。お金の不安が強い方でも、安心して相談できるでしょう。

24時間365日、日本全国どこからでも相談できるため、とても手軽。債務整理に関する相談は、電話もしくはWeb上の相談フォームから可能です。
\相談前にチェック/

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所は、顧客満足にこだわった弁護士事務所です。闇金問題にも対応しています。

  • 24時間・365日、全国対応で相談を受け付け
  • 相談料無料
  • 匿名で利用できる減額診断あり
天音総合法律事務所
債務整理や借金返済に関する専門サイトを持っている天音総合法律事務所。借金問題に関する情報を、幅広く提供してくれています。

【各種費用】

任意整理 着手金 55,000円~/1社(税込)
和解報酬金 11,000円~(税込)
減額報酬 減額分の11%(税込)
過払報酬 返還額の22%(訴訟の場合は27.5%)(税込)
完済過払 着手金 0円
過払報酬 返還額の22%(訴訟の場合は27.5%)(税込)
個人再生
(住宅ローン無)
着手金 220,000円~(税込)
報酬金 330,000円~(税込)
個人再生
(住宅ローン有)
着手金 330,000円~(税込)
報酬金 330,000円~(税込)
自己破産 着手金 220,000円~(税込)
報酬金 330,000円~(税込)
天音総合法律事務所では、サイト上で利用できる減額診断を用意しています。借金総額の目安や支払期間を入力すると、減額できる可能性があるかどうか、素早く提示。無料かつ匿名で、最初の一歩を踏み出せるでしょう。
\相談前にチェック/

ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所は、200名以上の弁護士が所属する大手の弁護士事務所です。豊富な実績を持つ債務整理専門チームが、問題解決に向けたサポートをしてくれます。

  • 24時間・365日、全国対応で相談を受け付け
  • 過去に28万件以上の実績あり
  • 弁護士相談は何度でも無料
  • 最短90秒で利用できる無料匿名減額診断あり
  • 全国展開しているため、自宅の近くで相談できる
  • 自宅相談にも対応可能
ベリーベスト法律事務所
とにかく実績豊富なベリーベスト法律事務所。相談だけなら、何度でも無料。もちろん、相談だけで解決できれば、依頼しなくてもOKです。

【各種費用】

任意整理 手数料 0円~
減額できた金額の11%
事務手数料 4万4,000円(税込)/1案件
完済過払 手数料 0円~ 
解決報酬金 2万2,000円(税込)/1社
成功報酬 取り戻した過払い金の22%(裁判ありの場合27.5%)
個人再生
(住宅ローンなし)
基本報酬 49万5,000円(税込)
成功報酬 0円
事務手数料 4万4,000円(税込)
個人再生
(住宅ローンあり)
基本報酬 60万5,000円(税込)
成功報酬 0円
事務手数料 4万4,000円(税込)
自己破産 基本報酬
同時廃止 38万5,000円(税込)
管財事件 49万5,000円(税込)
管財事件(個人事業主) 49万5,000円(税込)~71万5,000円(税込)
法人破産 110万円(税込)~

成功報酬 0円
事務手数料 4万4,000円(税込)

債務整理を依頼した場合、費用の分割払いや後払いにも対応してもらえます。全国に50以上の拠点を持ち、身近な場所で直接話を聞いてもらえる点も、メリットの一つと言えるでしょう。
\相談前にチェック/

みつ葉グループ

総合士業グループである、みつ葉グループ。あらゆる専門家と協力しながら、さまざまな法律問題を解決へと導いてくれます。債務整理については、司法書士法人みつ葉グループが対応しています。

  • 24時間・365日、全国対応で相談を受け付け
  • 相談無料
  • 大手事務所ならではの充実したサポート
司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉グループは、司法書士事務所の中でも債務整理を得意としています。実績も豊富なため、安心してお任せできます。

【各種費用】

完済過払 相談料 0円
基本報酬 0円
過払い報酬 22%(税込)
返済中の債務整理・過払い金請求 相談料 0円
着手金 55,000円~/1社(税込)
報酬金 11,000円~/1社(税込)
減額報酬 0円
過払い報酬 22%(税込)
完済過払については、相談料だけではなく、基本報酬も無料。金銭的な負担が少なく、依頼できます。返済中の債務整理についても、分割払いにも対応可能です。
\相談前にチェック/

サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所は、借金問題に力を入れている弁護士事務所です。借金返済で悩んでいる方に向けて、さまざまな解決法を提案してくれます。

  • 24時間・土日祝日、全国対応で相談を受け付け
  • 相談は何度でも無料
  • 最短即日で催促ストップ
サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所では、月600件以上の債務整理の問い合わせ・相談実績があります。職場や家族など、プライバシーに配慮した対応もお願いできます。

【各種費用】

任意整理 着手金 55,000円~(税込)
報酬金 11,000円~/1社(税込)
減額報酬 11%(税込)
過払い金報酬 過払い金回収額の22%(裁判ありの場合27.5%)
完済過払 着手金 0円
報酬金 21,780円/1社(税込)
過払い金報酬 過払い金回収額の22%(裁判ありの場合27.5%)
個人再生 ※別途相談
自己破産 ※別途相談
サンク総合法律事務所に依頼した場合の初期費用は0円で、分割払いも可能です。また男性弁護士だけではなく、女性弁護士も在籍しているため、女性でも安心して相談できる環境が整っています。
\相談前にチェック/

アストレックス司法書士事務所

アストレックス司法書士事務所は、大阪を中心に活動する司法書士事務所です。平成30年に開設された比較的新しい事務所ですが、債務整理にも積極的に取り組んでいます。

  • 相談無料
  • 着手金無料、減額報酬なし
  • 後払いや分割払いにも対応可能
  • 全国対応
  • 闇金問題にも対応
債務整理にかかる費用がわかりやすいほか、闇金への対応も積極的に行ってくれる司法書士事務所です。契約後は、最短即日で問題解決へと導いてくれます。

【各種費用】

過払い金返還請求 基本報酬 11,000円/1社(税込)
返還額の18%+消費税
(訴訟により取り戻したときは20%+消費税)
※基本報酬は過払い金が取り戻せた場合のみ
※返還額が3万円未満の場合は、成功報酬のみ
任意整理 基本報酬 55,000円/1社(税込)
過払い金が発生していた場合、返還額の18%+消費税
(訴訟により取り戻したときは20%+消費税)
自己破産
申立書類作成費用(同時廃止)
275,000円(税込)+実費
自己破産
申立書類作成費用(管財事件)
330,000円(税込)+実費
個人再生
申立書類作成費用
(住宅賃金特別条項なし)
330,000円(税込)+実費
個人再生
申立書類作成費用
(住宅賃金特別条項あり)
385,000円(税込)+実費
闇金対応 相談料 無料
55,000円(税込)/1件
アストレックス司法書士事務所では、分割払いにも対応しています。闇金対応についても、費用が明確なため、相談しやすいという特徴があります。

弁護士法人オーガスタ

東京都千代田区にある弁護士法人オーガスタ。債務整理についても、積極的に取り組んでいます。

  • 相談無料
  • 匿名で利用できる借金減額診断あり
無料減額診断は、3つの質問に答えるだけで、借金を減額できる可能性があるかどうか示してくれます。24時間いつでも無料で使えるので、気軽に実践できます。

【各種費用】

任意整理 着手金 55,000円~/1社(税込)
※但し完済案件で過払い金返還額が30万円未満は免除
減額報酬 11%(税込)
返還報酬 交渉による場合22%(税込)/訴訟による場合27.5%(税込)
解決報酬 22,000円(税込)
※但し完済案件で過払い金返還額が10万円未満は免除
個人再生 ※別途相談
自己破産 ※別途相談
東京都千代田区に事務所を構える弁護士法人オーガスタなら、仕事帰りの相談も可能です。債務整理に関する実績も豊富なので、安心してお任せできます。

つちぐり法律事務所

つちぐり法律事務所は、東京都新宿区に事務所を構えています。債務整理をはじめ、さまざまな法律トラブルに対応している事務所です。

  • 無料・匿名で借金減額診断を利用できる
  • 駅から徒歩5分とアクセス抜群
つちぐり法律事務所は、東京メトロ(丸ノ内線)四谷三丁目駅から徒歩5分のところにあります。新宿御苑前駅からも徒歩7分とアクセスが良いので、相談に訪れるのも便利です。

【各種費用】

任意整理 着手金 55,000円~(税込)
報酬金 11,000円~(税込)
減額報酬金 減額分の11%(税込)
完済過払 着手金 0円
報酬金 22,000円(税込)
過払報酬金 返還額の22%(税込)※訴訟の場合は27.5%(税込)
自己破産 着手金 330,000円~(税込)
報酬金 220,000円~(税込)
個人再生
(住宅ローンなし)
着手金 330,000円~(税込)
報酬金 220,000円~(税込)
個人再生
(住宅ローンあり)
着手金 330,000円~(税込)
報酬金 330,000円~(税込)
代表弁護士は、「市民のための弁護士」として数多くの案件を扱ってきています。些細な困り事も、安心して相談できる雰囲気が魅力です。

イージス法律事務所

東京メトロ銀座駅から徒歩3分のところにある法律事務所です。債務整理についても、専門の情報サイトを用意するなど、積極的に取り組んでいます。

  • 初回相談無料
  • アクセス抜群
  • 匿名・無料で利用できる借金減額診断あり
WEBサイト上で、債務整理に関する情報をかなり詳しく紹介してくれています。債務整理について検討し始めたら、ぜひチェックしてみてください。

【各種費用】

過払い金返還請求
(完済)
着手金 44,000円(税込)
基本報酬 22,000円/1社(税込)
報酬金 返還された金額の22%(訴訟の場合27.5%)(税込)
過払い金返還請求
(返済中)
着手金 44,000円(税込)
基本報酬 22,000円/1社(税込)
減額報酬 減額された金額の11%(税込)
任意整理 基本着手金 44,000円~/1社(税込)
報酬金 11,000円~(税込)
減額報酬金 減額金額の11%(税込)
自己破産
(同時廃止)
着手金 330,000円~(税込)
報酬金 220,000円~(税込)
自己破産
(管財事件)
着手金 330,000円~(税込)
報酬金 330,000円~(税込)
個人再生
(住宅ローンなし)
着手金 330,000円~(税込)
報酬金 220,000円~(税込)
個人再生
(住宅ローンあり)
着手金 330,000円~(税込)
報酬金 330,000円~(税込)
イージス法律事務所では、消滅時効援用についても着手金33,000円、報酬金22,000円で対応しています。「もしかして…」と思う方は、ぜひ一度相談してみてください。

司法書士法人穂

司法書士法人穂(ほのか)は、女性専用の借金相談窓口を持つ司法書士事務所です。できるだけ多くの人が気軽に相談できるよう、さまざまな工夫を取り入れています。

  • 無料相談
  • 女性専用借金相談窓口あり
  • 24時間365日土日祝も相談受付中
  • LINE相談も可能
  • 相談料・着手金無料
  • プライバシーに配慮した対応が可能
専門家への相談が有効だとわかっていても、「男性弁護士には相談しづらい…」という女性も多いのではないでしょうか。司法書士法人穂の「女性の借金お助け隊」を利用すれば、女性スタッフが対応してくれます。

【各種費用】

過払金返還報酬
(完済)
相談料・着手金 無料
成功報酬 22,000円(税込)
過払金返還報酬 返還額の22%相当額(税込)
※訴訟の場合は27.5%相当額(税込)
※別途実費が発生
任意整理及び時効援用 22,000円~/1社(税込)
減額報酬 業者の主張する債務を減額した額の11%相当額(税込)
過払金返還報酬 返還額の22%相当額(税込)
※訴訟の場合は27.5%相当額(税込)
※別途実費が発生
司法書士法人穂では、インターネットを利用したオンライン動画面談に対応しています。自宅を離れるのが難しい方でも安心です。また費用は、分割での支払いも可能となっています。

赤瀬司法書士事務所

赤瀬司法書士事務所は、大阪にある事務所です。年間で1,600件以上の解決実績があります。

  • 何度でも相談は無料
  • 24時間365日、電話相談受付中
  • 分割払い可能
  • プライバシーに配慮
相談料は何度でも無料で、家族や職場に知られないための工夫も取り入れてもらえます。実績も豊富なので、安心してお任せできます。

【各種費用】

任意整理 22,000円~
個人再生 440,000円
自己破産 440,000円
費用の詳細については、無料相談で説明してもらえます。「相談だけ」という利用もOKなので、ぜひ一度、気軽に相談してみてください。

弁護士・司法書士に相談しないと債務整理はできない?

債務整理をする際には、弁護士や司法書士にサポートしてもらうケースが一般的です。しかし、専門家のサポートがなければ手続きできないというわけではありません。

自分で手続きすれば、弁護士や司法書士に支払う報酬を節約できます。しかし、全てを自分で行わなければいけませんから、その分手間は増えるでしょう。

任意整理の場合、相手が素人とわかると、交渉に乗ってくれない業者も多いです。個人再生や自己破産は、用意するべき書類が複雑で、非常に手間がかかってしまいます。

こうした事情を踏まえると、たとえ自力で可能だとしても、やはり専門家のサポートを受けるのがおすすめです。

弁護士や司法書士に依頼すれば、その時点で借金の督促をストップさせることも可能。費用はかかりますが、メリットも大きいと言えるでしょう。

【弁護士・司法書士】無料診断・無料相談を上手く活用して借金解決を!

今回紹介したとおり、弁護士事務所や司法書士事務所の多くでは、無料相談を実施しています。借金問題に悩んだらまずは活用してみてください。

  • 自分のケースで債務整理は可能なのか?
  • 債務整理するとしたら、どの方法を選ぶのがベストなのか?
  • 弁護士(司法書士)に依頼した場合に必要な費用は?
  • どれぐらいの期間で問題を解決できるのか?

このような疑問点を解消した上で、あらためて専門家に依頼するかどうか検討できます。

また、無料相談の前に、各事務所が無料で提供している「借金減額シミュレーター」で、自分の借金がどういった方法でいくら減るのかの目安を先に掴んでおくと良いでしょう。

診断したからといって、絶対にその事務所で債務整理をしなければならないわけではないので、安心してください!

弁護士事務所・司法書士事務所は、どこも同じではありません。信頼してお任せできる事務所を探してみてください。

\借金を減らす救済措置/
関連記事