転職失敗して辞めたいと後悔する原因とは?転職を失敗させないために気を付けるべき事

目次

転職が当たり前になった今の時代だからこそ増える転職失敗のケース…

昔は違ったかもしれませんが、今の時代では転職することは全く普通のこととして世間に認識されています。ですが、人生の転機とも言える転職に対するハードルが低くなってしまったことによって、軽い気持ちで転職をして失敗してしまう人が増えてきているのかもしれません。

「良好な人間関係を作ることができない」「職場の雰囲気に馴染めない」「仕事内容が伝えられていたものと違う」など、転職を失敗したと感じる理由は人によって異なると思いますが、もしも転職に失敗したらどうすれば良いのでしょうか。

今回は、転職に失敗したと感じた場合の対処法や、転職が失敗してしまう原因や事例などを紹介していきます。

転職失敗…新しい職場ですぐに辞めたいと感じてしまう理由


転職に失敗し、新しい職場に移ってもすぐに辞めたいと感じてしまう理由としては次のようなものが挙げられます。

  • 就業条件・仕事内容が入社前伝えられていたものとは違う
  • 人間関係(新しい同僚と上手くコミュニケーションが取れない)
  • 職場の雰囲気(社風)に馴染めない
  • 職場環境が悪い(パワハラ・セクハラなど)
  • 自分の実力(スキル)不足で仕事についていけない
  • 残業が思ったよりも多い


就業条件・仕事内容が入社前伝えられていたものとは違う

転職を失敗したと感じる理由として比較的多くあげられるのが、就業条件や仕事内容が入社前に確認したものと異なることです。

例えば、「入社前は月給が20万円だと聞いていたのに実際は月給15万円だった」、「営業の仕事と聞いていたのに、事務の仕事ばかりさせられる」などが具体的なシチュエーションとして考えられます。

労働契約を書面であらかじめ交わしておけばそういった条件をいつでも確認することができますが、口頭で契約を結んでしまっていた場合、会社側と揉めてしまう可能性が高くなります。

コンプライアンスが緩いブラック企業ほど、雇用契約をする前に労働条件を明示する義務を怠る傾向があるのです。

もし事前に聞いていた情報と異なることがあったら、泣き寝入りせずにしっかりと抗議するべきです。転職を検討するのはそのあとでも遅くありません。

人間関係(新しい同僚と上手くコミュニケーションが取れない)

新しい同僚とうまくコミュニケーションを取ることができない等の、人間関係に関する悩みも、転職を失敗したと感じる理由として多く挙げられます。

人の数だけ違う考え方がある以上、どんな人間とでも仲良くなれるというのは難しいことです。

時には相性が合わない人と一緒に仕事をしなければならないこともあります。そういった人が職場にいる場合、顔を合わせるだけでメンタル的に疲弊してしまうこともあるでしょう。

職場の雰囲気(社風)に馴染めない

人によっては、人間関係以前に職場の雰囲気や社風に合わないと感じる人がいると思います。

そのように感じる事例としては、「無駄に長い会議がある」「飲み会が頻繁に開催されていて、参加しないといけない雰囲気がある」「上司や先輩の仕事の進め方や方針に納得することができない」など人によって様々だと思います。

このような状況が一つでも当てはまっていると、仕事へのモチベーションにも影響が出てしまう可能性があります。また、こういった職場の雰囲気や社風に合わないことが、人間関係の悪化につながる可能性もあります。

職場環境が悪い(パワハラ・セクハラなど)

仕事内容に納得していても、職場の人からパワハラやセクハラ、マタハラなどの嫌がらせを受けていたら仕事どころではなくなってしまいます。そういった職場環境の悪さも転職を失敗したと感じるのに十分な理由となります。

周囲の人に相談したり、解決策を見出したりすることが難しいようであれば、なるべく早く転職を検討し始めた方が良いかもしれません。

自分の実力(スキル)不足で仕事についていけない

職場環境が良くても、自分の持ちうるスキルの範疇で仕事についていくことができなければ、その職場は自分のレベルにあった職場とは言えないかもしれません。

もちろん、入社してすぐであればまだ不慣れな部分もあって仕事の進みが遅くなってしまうこともあります。ある程度の期間働くことによって、仕事の進みも早くなっていくことでしょう。

しかし、そういった自分の伸び代を考慮しても、この先仕事についていけるか怪しいと感じた場合は、もっと自分に合った他の職場を見つけるべきなのかもしれません。

残業が思ったよりも多い

労働条件を事前にしっかりと確認しておかないと、「残業時間は月に30時間程度と聞いていたのに、実際は60時間もあった」などという状況におかれてしまうかもしれません。

中には、残業することが当たり前のことになっている上、残業手当の支給がないようなブラック企業も存在します。想定していたよりも残業時間が長いと、日常の生活にも大きな影響が出てしまいます。

面接で残業時間や仕事内容のことを念入りに聞いておけば、こういったブラックな会社に入社してしまうことはある程度防げますが、もしも入社してしまったあとであれば転職を検討するのも一つの選択肢です。

転職を失敗してしまう原因・事例

「転職を失敗してしまった・・・どうして失敗してしまったのだろう・・・」と感じた時は、その原因を一度考えてみましょう。どんなことにも必ず原因があります。その原因を突き止めることによって新たな解決策が見えてくるかもしれません。
転職を失敗してしまう原因や事例としては、以下が挙げられます。

  • 転職先の企業分析をしっかりと行えていなかった
  • 自分の市場価値を見誤ってしまった
  • 給与などの待遇面しか気にしていなかった
  • 内定欲しさに希望していない企業で妥協してしまった


転職先の企業分析をしっかりと行えていなかった

転職先の企業の雇用条件や労働環境などを事前に分析できていないと、思わぬところで「辞めたい」と感じるような場面に遭遇する可能性が高まります。

給与体系や会社の雰囲気、残業代などの、働く上で生活の質に関わるような情報を事前に収集しておいた方が、より自分にとって理想的な環境の企業で働けるでしょう。

こういった情報収集や企業分析は入社してから行うのでは遅いので、事前に人事担当官などに入念に確認しておいた方が良いです。

自分の市場価値を見誤ってしまった

自分にできること、できないこと、自分の市場価値とは何なのかなどの自己分析が十分にできていないと、やりたい仕事が自分のスキルに合っていないことに気づけなかったり、内定を取ることが難しくなったりします。

もしも入社することができても、自分に合っていない仕事ばかり任されてはストレスばかりが溜まってしまうでしょう。

そういったことを防ぐためにも自己分析をしっかりと行い、自分自身の市場価値を正確に把握し、自分の能力を最大限活かせる職場を探すことが大切です。

給与などの待遇面しか気にしていなかった

給与などの待遇面や肩書きばかりを転職先の基準にしてしまうと、「自分はなぜ転職をしたいのか」といったことがあやふやになってしまいます。

また、給与などの限定的な基準だけで判断していると、予想以上の仕事の量があったり、労働環境が整っていなかったりなどのリスクを想定することができなくなってしまいます。

転職先を吟味する際は、給与などを考慮することも大事ですが、その他の労働条件も含めた総合的な判断ができるようにしておきましょう。

内定欲しさに希望していない企業で妥協してしまった

とにかく今の職場から離れたいという気持ちばかりが強まって、転職先の会社をしっかりと吟味せず、内定が出た会社にとりあえず入ってしまうと、自分が本当にしたい仕事をできない可能性が高まってしまいます。

前の職場から離れることはできても、自分の満足のいく仕事ができる職場につくことはできません。そうなると、新しい職場に満足できず転職を繰り返すことになってしまいます。

転職後短期間での退職のリスクは?今後に響く? 

人によっては、転職してから時間をおかずに「辞めたい」と感じる人もいるかもしれません。

ですが、その感情も一時的なものである可能性があり、本当に転職に失敗したかどうかは、ある程度の期間その場所で働いてみないと分からないことが多いです。なので、自分は本当に今の職場を辞めても良いのか、辞めた後のリスクはどうなるかなどをあらかじめきちんと考えておきましょう。

転職後短期間での退職のリスクに関するポイントは以下の通りです。

  • 転職してまだ数日なら今すぐ辞めよう!
  • 1〜3ヶ月ほど経過すると職務経歴書に残り、転職の際に不利となることも…
  • 新しい職場に慣れない…それでもとりあえず一年は我慢してみよう!
  • 転職に不利になってでも無駄な時間を過ごしたくない人は転職活動を始めよう!


転職してまだ数日以内なら今すぐ辞めよう! 

転職してすぐの試用期間中などに「この職場は自分に合わないかもしれない」と感じたら、就業規則に従って退職届を提出すれば、履歴書や職務経歴書に記録を残すことなく仕事を辞めることができます。

短い試用期間とはいっても、働いていた分の時間は履歴書の上では空白となりますが、転職する際に企業に突っ込まれるほどの長い期間でなければ特に問題はないでしょう。

1〜3ヶ月ほど経過すると職務経歴書に残り、転職の際に不利となることも…

1〜3ヶ月ほど職場で働くと、自然と社会保険や厚生年金に加入することになって、はっきりとした履歴が残ってしまいます。

試用期間内であれば、社会保険や厚生年金に加入させない方針を取っている企業はありますが、試用期間が終われば加入が求められます。

このような履歴が残ってしまっている状態で短期間のうちに退職してしまうと、再就職するときも企業から「この人は前の職場をすぐに辞めているから、うちで働き始めてもすぐに辞めてしまうかもしれない」と判断されて、転職の上で不利になってしまう可能性があります。

新しい職場に慣れない…それでもとりあえず一年は我慢してみよう! 

新しい職場に不満があり、その不満に感じる点をどうしても解消できず、我慢できない場合は再転職をするべきですが、2・3ヶ月で転職するのは少々厳しいのが現実です。

そのため、多少不満があってもその仕事は最低でも1年は続けてみて、その仕事と並行しながら転職活動を少しずつ進めるのがベターです。

1年ほど働いてみれば、不満点を解消する何らかの手がかりが見つかったり、自分の中の問題点を解決するきっかけが見つかったりするかもしれません。

また長期間転職活動をすることで、より自分にぴったりな企業を見つけることができるかもしれません。

転職に不利になってでも無駄な時間を過ごしたくない人は転職活動を始めよう! 

ここまで転職において不利になってしまうことについて述べてきましたが、状況を改善できる目処が立たず、少しでも早く転職したいと感じている人もいると思います。

そういった人は、転職において不利になるかもしれないことを覚悟できるのなら、無駄な時間を減らすためにもすぐに転職活動を始めるべきでしょう。

退職を伝える適切な時期


退職を決意したとしても、退職したい意思を職場の人に伝えるのには適切なタイミングというものがあります。

これを考慮せずに一方的に退職を伝えると、会社に必要以上に迷惑をかけてしまう可能性があるので、退職する際は、なるべく以下のタイミングで退職を伝えるようにした方が良いでしょう。

  • 繁忙期を避ける
  • 給与計算の前半期間で退職の旨を伝える


繁忙期を避ける

一般的に、退職者が増えるのは年末の12月と年度末の3月です。なぜこの時期かというと、退職を年度の区切りに合わせて行えば、引き継ぎの作業などをスムーズに行いやすいからです。

このようにタイミングを見計らって退職を伝えるのではなく、繁忙期に退職を伝えるのはなるべく避けた方が良いでしょう。

会社全体が忙しい状態で退職したいことを伝えようとしても、取り合ってもらえない可能性があります。そのため、上司のスケジュールが落ち着いている閑散期などに退職したい意思を伝えた方が良いです。

給与計算の前半期間で退職の旨を伝える

従業員が退職するということは、一緒に仕事をしていた同僚や上司だけでなく、給与計算を行なっている人事労務担当者にも影響が及びます。

例えば、毎月15日締めで25日が支払日に設定されている会社を3月15日に退職した場合、この退職連絡が25日の給与計算までに人事労務担当者に伝わっていれば、必要以上の給与を受け取った後に返金を求められるといったことは起きないのですが、伝わっていなかった場合は給与の返金が求められる場合があります。

こうした状況を招かないためにも、上司には給与計算の前半期間内でなるべく早く、退職したい旨を伝えた方が良いでしょう。

辞めたいと言いづらい人は退職代行サービスを使おう! 


自分の口から仕事を辞めることが言い出せない、という人もいると思います。そういった人は、退職代行サービスを使ってみるのも良いかもしれません。

退職代行サービスとは? 

退職代行サービスとは、自分で退職する旨を伝えることができない依頼者の代わりに、退職したい旨を会社に伝えたり、退職する上で必要な事務的な手続きなどを行ったりしてくれるサービスのことです。

どのような企業においても、民放627条に基づき労働契約解約の申し入れの日から2週間で退職できるという決まりがあるため、退職代行サービスによっては成功率が100%のところもあります。

また、退職代行サービスはここ数年で注目されるようになったサービスではありますが、実際のところは10年以上前から「弁護士が行う業務の一部」として続いています。

退職代行サービスのメリット

退職代行サービスを利用するメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

  • 上司や会社の人と一切顔を合わせることなく退社することができる
  • 退職したい理由がどのようなものであっても退職することができる
  • 自分一人では会社を辞めることができないという状況を一発で解決できる
  • 退職した後に会社とトラブルになることがほとんどない
  • 退職したい旨を自分で伝える必要がない分心理的なハードルが下がる


【人気】オススメの退職代行サービス

オススメの退職代行サービスとしては、以下の3つが挙げられます。

  • 退職代行ガーディアン
  • わたしNEXT
  • 退職代行コンシェルジュ


退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアンとは

退職代行ガーディアンとは、東京労働経済組合によって運営されている退職代行サービスです。

労働組合によって運営されているため、労働条件の交渉なども行うことができるという特徴があります。

また、退職代行ガーディアンに退職代行を依頼すれば会社や上司への連絡を自分でする必要がなくなり、貸与物の返却や退職届の提出も代わりに行ってくれます。

退職代行ガーディアンの料金

退職代行ガーディアンの料金は、正社員・アルバイト・パートのいずれの雇用形態においても、一律29,800円(税込)に設定されています。

この料金に後から追加費用が発生することはなく、支払い方法はクレジットカード決済とみずほ銀行への振り込みの2つから選ぶことが出来ます。

退職代行ガーディアンを利用するメリット

  • 労働組合によって運営されているため、会社と労働条件の交渉を行うことができる
  • 一律料金となっており、追加料金もないので安心して利用できる
  • 即日退社も可能


退職代行ガーディアンの口コミ・評判は?メリットとデメリット、申し込み方法なども解説 https://entrenet.jp/retirement/columns/guardian

わたしNEXT

わたしNEXTとは

わたしNEXTは女性の退職代行に特化した退職代行サービスで、女性特有の悩み(セクハラやマタハラなど)相談にも対応しています。

女性は特に、職場の人間関係を悪くしないように配慮することを優先して、退職したい旨を伝えられないままでいることがあります。

その他にも、上司や同僚とそりが合わないなどの理由でも、わたしNEXTは代わりに会社側に退職の連絡をしてくれます。

わたしNEXTの料金

わたしNEXTの料金は、アルバイトやパートの方が依頼する場合は19,800円(税込)、正社員や契約社員、派遣社員のかたが依頼する場合は29,800円(税込)となっています。

わたしNEXTを利用するメリット

  • 女性特有の悩み(セクハラやマタハラ)などにも対応している
  • 月額3,300円を支払うことで、1回目のサービス利用後も、年に2回まで同じサービスを受けることができる
  • 特定の転職エージェントから転職を成功させると最大5万円のキャッシュバックを受け取ることができる


女性の退職代行わたしNEXTの口コミ・評判は?メリットとデメリット、申し込み方法なども解説 https://entrenet.jp/retirement/columns/watashi

退職代行コンシェルジュ

退職代行コンシェルジュとは

退職代行コンシェルジュとは、合同会社SACによって運営されている退職代行サービスのことです。

通常の退職代行業務に加えて転職サポートまで行っているため、退職した後の心配をする必要がありません。

また、退職成功率が100%な上に、相談をした当日から退職代行業務を実施してくれるので、迅速に今の職場を辞めることが出来ます。

退職代行コンシェルジュの料金

退職代行コンシェルジュの料金は雇用形態によって異なります。雇用形態ごとの料金は以下の通りです。

正社員:49,800円(税込)
パート・アルバイト:39,800円(税込)
キャンペーン価格:33,000円(税込)

キャンペーン期間中は雇用形態に関わらず、安価なキャンペーン価格で退職代行を依頼することができるので非常にお得です。

退職代行コンシェルジュを利用するメリット

  • 転職支援がついているので、退職した後も自分一人で転職活動せずに済む
  • 会社や上司への連絡をする必要がなく、会社に顔を出す必要もない
  • 経験豊富なコンサルタントが法令遵守で支援を行ってくれる


20代での転職は難しいの? 


職種や業界によっても差がありますが、基本的に転職は若ければ若いほど有利となるため、20代であれば年齢が原因で転職できないということはほとんどありません。

応募条件に年齢制限を設けている企業もありますが、20代でそういった制限に引っかかることはまずないでしょう。

しかし、20代だからと言って転職が楽かと言われたら、それはNOです。転職を成功させる上ではいくつか抑えるべきポイントが存在します。

転職を成功させるために必要なこと

転職を成功させるためにも、以下のようなポイントを意識しておくようにしましょう。

  • 在籍中に転職活動を行う
  • 求人情報を常にチェックする
  • 自己分析をしっかりと行う
  • 転職理由・目的を明確にする
  • 企業・業界分析(情報収集)を細かく行う
  • 転職エージェントに相談する


在職中に転職活動を行う

転職活動は、開始してからすぐに転職できるというわけではありません。一般的には2ヶ月〜6ヶ月ほどかかります。

そのため、退職してから転職活動を始めると収入がしばらくの間なくなってしまい、転職活動が長引けば長引くほど経済的に苦しくなってきます。

そうなってくると転職活動にも専念できなくなってしまうので、転職活動は時間がかかるものだと理解した上で、在職中に転職活動を少しずつ進めた方が良いでしょう。

求人情報を常にチェックする

自分が入りたい企業の条件に合致する求人を見逃さないように、求人情報は常にチェックしておきましょう。

また、少しでも気になる求人を出している企業があれば、その企業に関する情報が集まっている転職口コミサイトもチェックしておくと、なお良いです。

転職クチコミサイトには、その会社で実際に働いていた人たちが会社の雰囲気などについて書き込んでいるので、転職する際の情報収集の一助になります。

自己分析をしっかりと行う

転職活動を行う上で、自分がどんな仕事をしたいか、どんな業界に行きたいかといったビジョンがあると思います。

ですが、自分がやりたい仕事が、本当に自分のスキルに合っているか、その職場で生き生きと働けるかどうかは自己分析してみないとわかりません。

転職する前に自己分析をしっかりと行って、自分のスキルや自分の強みだけでなく、自分の苦手なことや弱みなども把握しておいた方が、より自分にぴったりな職場を見つけやすくなるでしょう。

転職理由・目的を明確にする

自分は今どうして転職したいと考えているのか、転職したいと考える原因はどうしても取り除くことができないのか、転職するタイミングはいつか、何の目的があって転職したいのかなどの考えを明確にしておくことも、転職活動をする上では重要となります。

自分の中のモヤモヤした考えをはっきりとさせることで、その後の転職活動により集中することができます。

企業・業界分析(情報収集)を細かく行う

自己分析と並行して、企業・業界分析(情報収集)も細かく行いましょう。

情報収集をしっかりと行わず、自分のやりたい仕事のことばかりを考えたり、会社に対して漠然とした理想像を持っていたりすると、入社した後になってギャップを感じてしまい、転職を後悔してしまうかもしれません。

転職活動中少しでも気になる企業があったら、なるべく細かく情報を集めておいた方が後々後悔せずに済みます。

転職エージェントに相談する

自分だけで行う転職活動に限界を感じたら、転職エージェントに相談してみるのも良いでしょう。

転職エージェントとは、登録することで応募資格や希望条件に合致した企業を紹介してくれるサービスのことです。

転職エージェントを運営している会社は、基本的に自社と関係のある企業の求人しか紹介しないので、その企業に関する情報を豊富に持っており、入社する前から社内の雰囲気などを知ることができます。

情報収集などに行き詰まった時、こういったサービスを利用することで転職活動が失敗するリスクを軽減させることができるのです。

転職エージェントを使うメリット

転職エージェントを利用するメリットとしては、次のようなものがあります。

  • 自分の市場価値を客観的に分析してくれる
  • 面接対策などのサポート
  • 給与交渉などを代わりに行ってくれる


自分の市場価値を客観的に分析してくれる

転職エージェントでは、転職に関わることなら基本的に何でも相談することができるため、自分の市場価値を分析してほしいと頼めば、客観的なアドバイスをもらうこともできます。

自分の市場価値を自分以外の人に分析してもらうことによって、自分自身の新たな側面が見えたり、企業に求めたい条件がよりはっきりとしたりするかもしれません。

そういった意味でも、自己分析を自分の中だけで完結させず、客観的な意見を他者に求めることも重要だと言えます。

面接対策などのサポート

転職エージェントでは、企業の面接を受ける前に面接対策などのサポートを行ってくれます。

過去の合格者はどのような対策を取ったのか、企業の人事担当者はどのような点に注目するのかなどのポイントを教えてくれるので、一人で面接対策をするよりもはるかに効率的です。

また、転職エージェントは企業へ応募する際に、応募者のアピールポイントや人柄なども含めた情報を推薦状にまとめて、事前に企業に送ってくれるので、より書類選考の通貨率がアップします。

給与交渉などを代わりに行ってくれる

転職エージェントでは、給与交渉などの他、面接の日程調整や企業への応募手続き、入社日の調節、複数社の選考結果が同時に出るような調節などを行ってくれるため、その分浮いた時間を選考対策などに当てることが出来ます。

特に、給料の交渉に関しては応募者本人が行うよりも、転職エージェントのような第三者が行う方がスムーズなので、そういった部分はなるべく転職エージェントに任せた方が良いでしょう。

おすすめの大手転職エージェント

オススメの大手転職エージェントとして、次の3つが挙げられます。

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • パソナキャリア


リクルートエージェント

リクルートエージェントとは

リクルートエージェントとは、リクルートが運営している、転職成功実績第1位の転職エージェントのことです。

リクルートエージェントの強みとしては求人数の多さも挙げられますが、登録者一人一人にぴったりな求人の紹介から選考対策、給与交渉など一貫した転職サポートを提供している点があります。

また、キャリアカーバーという、年収750万円以上の転職先を探している人向けのサービスも運営しているため、より幅広い層のニーズに応えることができるようになっています。

リクルートエージェントを利用するメリット

  • 求人数は業界の中でもトップクラスで、幅広いニーズに応えることができる
  • 面接対策や書類作成などのサポートが手厚く、企業への交渉も可能
  • 幅広い職種や業界に対応している

リクルートエージェントを利用するデメリット

  • 希望した条件にマッチしない・ミスマッチ求人を紹介されることが稀にある
  • キャリアアドバイザーの対応の仕方に差がある
  • 3ヶ月しかサポートを受けることが出来ないので長期的な支援は望めない


マイナビエージェント

マイナビエージェントとは

マイナビエージェントとは、新卒向けの就職サイトとしてお馴染みの株式会社マイナビによって運営されている転職エージェントのことで、2018年頃から大きく評判を伸ばしているサービスです。

「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」を謳っているだけあって、特に若手の転職サポートに力を入れているようです。
また、拠点は全国に10箇所設けられており、対面での直接の面談が難しい場合には電話での面談にも対応してくれます。

マイナビエージェントを利用するメリット

  • 中小企業を中心とした求人が多く、他の媒体にはない独自の案件も紹介している
  • レスポンスが迅速であることなど、熱意のある丁寧なサポートを提供している
  • 経験者を優遇する案件よりも、未経験でも問題ない案件が豊富に揃っている

マイナビエージェントを利用するデメリット

  • 条件にあった求人が見つからなかった場合などは登録を断られる可能性がある
  • 30代以上やハイキャリア向けの求人は選択肢がとても少ない
  • 連絡がこまめに行われるので、マイペースに転職活動をしたい人には向かない


パソナキャリア

パソナキャリアとは

パソナキャリアとは、人材派遣サービスを提供している株式会社パソナが、1993年に設立した転職エージェントのことです。

取引企業は16,000社以上で、主な利用層としては20代後半〜30代が多いです。ですが対象年齢は全年代となっているため、年齢は関係なく誰でも利用することが出来ます。

パソナキャリアを利用するメリット

  • 電話やメールのレスポンスが早いため、ストレスなく利用することができる
  • 非公開求人も質が高く、30代40代の人でも転職することができる
  • 登録者の年収や年齢に関わらず、平等に手厚いサポートを受けることができる

パソナキャリアを利用するデメリット

  • 高度な専門性が求められる情報にはあまり詳しくない傾向がある
  • 「リクルートエージェント」などに比べると、求人数はあまり多くはない
  • 希望に合わない求人を紹介される場合もある


まとめ

今回は転職に失敗してしまう原因や、仕事を辞めたいと感じる理由、転職後短期間での退職のリスク、オススメの退職代行サービス、オススメの転職エージェントなどについて紹介してきました。

もし、今の仕事が自分に合わないなと感じたら、その気持ちを放置したままにせず、向き合って早めに解決しましょう。



〈参考〉

  • https://taisyokudaiko.jp/
  • https://taishoku.to-next.jp/w/
  • https://retirement.cram.work/

よかったらシェアしてね!

Column

同じカテゴリのコラム

すべてみる
  • パワハラを理由に退職できる?退職する際の注意点やトラブル回避のための退職代行サービスも紹介 パワハラを理由に退職できる?退職する際の注意点やトラブル回避のための退職代行サービスも紹介

    パワハラを理由に退職できる?退職する際の注意点やトラブル回避のための退職代行サービスも紹介

  • 大阪の退職代行おすすめ21選!民間企業・労働組合・弁護士事務所運営の退職代行サービスをそれぞれ紹介 大阪の退職代行おすすめ21選!民間企業・労働組合・弁護士事務所運営の退職代行サービスをそれぞれ紹介

    大阪の退職代行おすすめ21選!民間企業・労働組合・弁護士事務所運営の退職代行サービスをそれぞれ紹介

  • 退職代行辞めるんですの口コミ・評判は?利用する流れとメリットとデメリットも徹底解説 退職代行辞めるんですの口コミ・評判は?利用する流れとメリットとデメリットも徹底解説

    退職代行辞めるんですの口コミ・評判は?利用する流れとメリットとデメリットも徹底解説

  • 退職代行で即日退職は可能?おすすめの業者や即日退職の方法を解説 退職代行で即日退職は可能?おすすめの業者や即日退職の方法を解説

    退職代行で即日退職は可能?おすすめの業者や即日退職の方法を解説

  • 退職代行サービスのおすすめ人気ランキング27選!弁護士事務所との違いは?料金や口コミ・評判なども解説! 退職代行サービスのおすすめ人気ランキング27選!弁護士事務所との違いは?料金や口コミ・評判なども解説!

    退職代行サービスのおすすめ人気ランキング27選!弁護士事務所との違いは?料金や口コミ・評判なども解説!

  • 退職代行サービスを使ったトラブルを避ける方法!交渉や請求の対応には弁護士が必要? 退職代行サービスを使ったトラブルを避ける方法!交渉や請求の対応には弁護士が必要?

    退職代行サービスを使ったトラブルを避ける方法!交渉や請求の対応には弁護士が必要?

  • 退職代行サービスで失敗しない方法!弁護士に依頼するのが交渉もできてトラブルを防げる? 退職代行サービスで失敗しない方法!弁護士に依頼するのが交渉もできてトラブルを防げる?

    退職代行サービスで失敗しない方法!弁護士に依頼するのが交渉もできてトラブルを防げる?

  • 後払いで利用できる退職代行サービスを徹底紹介!料金・費用をクレジットカードで決済する必要はある? 後払いで利用できる退職代行サービスを徹底紹介!料金・費用をクレジットカードで決済する必要はある?

    後払いで利用できる退職代行サービスを徹底紹介!料金・費用をクレジットカードで決済する必要はある?

PAGE TOP