今すぐにでも仕事を辞めたい人必見!明日にでも仕事を辞めることができる合法的な方法を解説します!

「今すぐにでも仕事を辞めたけど、どうすればいいかわからない。」「明日にでも仕事を辞めることができる合法的な方法ってあるの?」といった疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

仕事の悩みに身体的・精神的に苦痛を感じ、今すぐ仕事を辞めたいと思っている方も少なくないと思います。

こちらの記事では、明日にでも仕事を辞めることができる合法的な方法を詳しく解説いたします!

これで悩んでるなら今すぐにでも仕事を辞めたほうがいいケース


これらの悩みを持っているなら「今すぐにでも仕事を辞めたほうがいい」7つのケースをご紹介します。

  • 人間関係で悩んでいる
  • 自分のスキル(実力)では仕事についていけない
  • 仕事のことを考えると鬱状態・ストレスがかかる
  • 年収などの給料面や待遇面に不満がある
  • 上司が正当な評価をしてくれない
  • 職場の雰囲気・社風が合わない
  • 労働条件が悪い(ブラック企業など)

一つずつ項目を解説いたします。

人間関係で悩んでいる

人間関係は、職場に限らず社会的なコミュニケーションを構築するため、多くの場面で重要になる要素です。

もしも人間関係がうまくいっていなければ、さまざまな問題が発生します。

例としては、「挨拶されない・したくない」・「一斉メールでハブられる・ハブってしまう」・「仕事を与えられない・与えたくない」・「いじめ・パワハラやセクハラなどハラスメント被害・加害」などがあげられます。

人間関係の対象となる立場の方は、上司・先輩・同僚・後輩などがあげられます。

上司・先輩であれば仕事の教えを乞う場面などが多いため、過剰・不充分な仕事量を与えられたり必要以上に怒られたり精神的に苦痛を受けます。

同僚であれば出世争いで足を引っ張られたり、仕事で協力してもらえないなどの問題が出てくるでしょう。

特に相手が異性で職場恋愛など色恋沙汰で失敗してしまうと、人間関係に多大な影響を与えます。

そのため円滑に仕事を進める上でも、人間関係は重要なファクターとなり得ます。

パワハラを理由に退職できる?退職する際の注意点やトラブル回避のための退職代行サービスも紹介 https://entrenet.jp/retirement/columns/abuse

自分のスキル(実力)では仕事についていけない

仕事を処理する能力は、勤務先の会社で仕事をこなすために重要となる要素といえます。

もしも仕事を処理する能力がない場合は、さまざまな問題が発生します。

自分のスキル(実力)では仕事についていけない時は、時間を掛けてスキル(実力)を身に付けていくこともできます。

ただしそれまでに会社をクビにされる可能性もあります。

また、実力がない中仕事を続けてもなかなか成果は出ません。

そのため失敗ばかり繰り返し、負い目を感じることでストレスが溜まっていき不安定な心の状態となってしまいます。

仕事のことを考えると鬱状態・ストレスがかかる


心身健やかであることは、仕事をする上で重要な要素といえます。

もしも仕事のことを考えると鬱状態・ストレスがかかるのであれば、さまざまな問題が発生します。

例として、「心身共に病気になり仕事が続けられなくなる」「仕事をクビになり転職もできない状態になる」「社会に出ることができず寝たきりになり最悪死に至る」などがあげられるでしょう。

仕事のことを考えると鬱状態・ストレスが掛かる場合は、すぐにでも仕事を辞めることをおすすめいたします。

年収などの給料面や待遇面に不満がある

人間は生きていくためにお金が必要であり、またお金を稼ぐことは仕事をする理由のひとつでもあります。

成果をあげても給料が上がらないなど、正当な評価をしてもらえないと仕事へのモチベーションはどんどん失われていきます。

年収や給料面での不満というものは自身の生活に直結するため、我慢せずに上司へ交渉してみたり、転職先を探すなどの行動に出ることをおすすめします。

上司が正当な評価をしてくれない

上司が正当な評価をしてくれないと、上司へのストレスは溜まっていき関係性がどんどん悪化していきます。

そのような状態で仕事をしても良いパフォーマンスを発揮することはできません。

一度上司に自分の思いの丈をぶつけそれでも状況が何も変わらないようであれば、すぐにでも仕事を辞めることをおすすめします。

職場の雰囲気・社風が合わない

職場の雰囲気や社風が合わないと、居心地の悪い中仕事を行うことになってしまします。

残念ながら職場の雰囲気や社風というものは、一人が何か言ったから変わるというものではありません。

そのためどうしても職場の雰囲気が苦手な方はすぐにでも仕事を辞めたほうがよいでしょう。

労働条件が悪い(ブラック企業など)

会社の労働条件が悪い(ブラック企業など)場合は、一刻も早く仕事を辞めた方が良いケースといえます。

もしも会社の労働条件が悪い(ブラック企業など)場合は、「サービス残業が当たり前」・「土日祝も休みなし」・「有給が消化できない」・「給料・残業代未払い」などの状況に陥ってしまいます。

会社の労働条件が悪い(ブラック企業など)場合は、時間が経過しても改善する可能性が限りなく低いです。

最悪、今以上に悪くなることが考えられます。そのため今すぐにでも仕事を辞めた方が良いケースのひとつと言えるでしょう。

悩んでることがあれば迷わず誰かに相談しよう!


悩んでいることを相談するおすすめの相手は以下の通りです。

  • 信頼できる友人・同僚に相談する
  • 身近な家族に相談する

一つずつ項目を解説いたします。

信頼できる友人・同僚に相談する

悩んであることがあれば迷わず、「信頼できる友人・同僚」に相談することをおすすめいたします。

信頼できる友人であれば、会社や仕事に対する先入観がなく問題解決に向けて解決策を一緒に考えてくれることでしょう。

また長く付き合いのある友人であれば、これまでの経緯から的確なアドバイスが望めます。

その一方で同僚であれば同じ会社に勤務し同業者の立場で、悩みを聞いてくれるはずです。

上司や肩書きのある人物に一緒に直談判してくれる可能性もあります。

それぞれ相談するメリットがあるため、悩みの内容や状況によっ臨機応変に相談することをおすすめいたします。

身近な家族に相談する

悩んであることがあれば、「身近な家族」に相談することもおすすめいたします。家族は、自身にとって最高の味方で最後の砦といえます。

家族ほどあなた自身の考えや行動を把握しており、どういう対処をすればいいのか知っている人はいません。必ず親身になって相談に応じてくれるでしょう。

悩み事がある場合は恥ずかしがらずにその悩みを信頼できる人に打ち明けましょう。一人で悩んでいるよりも多くの解決策が見つかるはずです!

仕事を辞めたいけれどなかなか言えない状況を改善するための方法とは? https://entrenet.jp/retirement/columns/ienai

仕事を辞める前に一度有給休暇を取ろう!


仕事を辞める前に一度有給休暇を取るべき理由は以下の通りです。

  • 仕事を離れて今一度仕事について冷静に考え後悔しない判断をするため
  • 有給休暇は法律で定められた制度!

一つずつ項目を解説いたします。

仕事を離れて今一度仕事について冷静に考え後悔しない判断を

仕事を辞めることを考えるようになった時に、有給休暇を取ってみることも解決につながる方法の一つです。

一度仕事を離れてみて仕事について冷静に考える機会を得れば、後悔しない判断をすることができるようになります。

今の自分にとってこの仕事は本当にやりたいことなのか、また自分に合っているのかを客観的に考えることができます。

自分の能力(スキル)に向上の余地があり、仕事をこなすやりがいを少しでも感じることがあれば続けることも一つの解決の道です。

見つめなおしてみてそれでも仕事を辞める決断に至ったのであれば、時間を無駄にしないためにも早急に仕事をやめるようにしましょう。

有給休暇は法律で定められた制度!

例えば会社によっては、有給休暇を許さない企業がある場合があります。しかしそれは法律違反をしていると考えられます。

有給休暇は、国が定めた法律で認められた制度です。そのため有給休暇を許さない企業は、問題のある職場とも言えます。

すぐにでも有給休暇を申請し、仕事について冷静に考える時間を手に入れることをおすすめいたします。また有給休暇を認めない場合は、今すぐにでも仕事を辞めた方が良いケースといえます。

仕事を辞めるまでに必ず準備しておきたいこと


仕事を辞めるまでに必ず準備しておきたいことは以下の通りです。

  • 貯金を貯めておく
  • 社会保険等の手続きをする
  • 転職活動をする

一つずつ項目を解説いたします。

貯金を貯めておく

仕事を辞めることを考えている場合は、退職してもしばらく転職活動ができるように貯金を貯めておくことをおすすめいたします。

ただし給与が少ない企業で働いていた場合は、貯蓄をすることもままならない可能性があります。

その場合は仕事を退職した時に、雇用・労働雇用保険制度(失業保険給付・失業手当)を受けることにより一定の金額を手にすることができます。

社会保険等の手続きをする

仕事を辞めるまでに必ず準備しておきたいことのひとつは、「社会保険などの手続きをする」ことがあげられます。

社会保険には種類がいくつかあり、以下の通りです。

  • 雇用保険
  • 健康保険・厚生年金保険
  • 労災保険

一つずつ項目を解説いたします。

雇用保険

雇用保険は、前述した通り雇用・労働雇用保険制度(失業保険給付・失業手当)のことを指します。

自己都合による退職と会社都合による退職によって、手当を受け取れる期間と金額などが違います。

そのためメリットの大きい会社都合による退職で、会社を辞めることをおすすめいたします。

健康保険・厚生年金保険

健康保険・厚生年金保険は、医療機関の利用による割引や老後に給付される手当に影響する制度です。

会社を辞めた場合は、健康保険を国民健康保険と厚生年金保険を国民年金保険に切り替える必要があります。

労災保険

労災保険は、業務中に病気やけがをした場合に受け取れる補助金制度です。

会社を辞めてしまうと適用外になるため、対象者は会社を辞める前に申請するひつようがあります。

転職活動をする

仕事を辞めるまでに必ず準備しておきたいことのひとつに、「転職活動をする」ことがあげられます。

例えば会社を辞める前に貯金によりある程度貯えがあったとしても、次の会社が決まらなければすぐに生活費が底をつきます。

雇用・労働雇用保険制度(失業保険給付・失業手当)を受けたとしても得られる補助にも限りがあります。

そのため会社を辞める前に転職活動をして、次の勤務先の候補を決めておく必要があります。

転職活動をするには以下のような方法があげられます。

  • 知り合いの伝手やコネを利用する
  • ハローワークの求人に応募する
  • 転職エージェントを使う

一つずつ項目を解説いたします。

知り合いの伝手やコネを利用する

知り合いの伝手やコネを利用する方法は、会社社長や人事の知り合いなどに相談する方法です。

この方法のメリットとしては、相手側はこちらの情報を元からある程度把握できているために、すぐに転職先が見つかる可能性が高いということがあげられます。

ハローワークの求人に応募する

ハローワークの求人に応募する方法は、一般的な転職活動といえます。

各地域に点在するハローワークを利用し、その地域の求人に応募することができます。

正社員・派遣社員・アルバイト(パート)など、さまざまな勤務形態と職種を選ぶことができます。ただし地域に依存した求人のため、各地域によって求人内容や数にバラつきがあります。

転職エージェントを使う

転職エージェントを使う方法は、日本全国の求人に応募できる方法です。

ハローワークと同様に正社員・派遣社員・アルバイト(パート)など、さまざまな勤務形態と職種を選ぶことができます。

詳しい詳細は次の項目で解説いたします。

転職エージェントを使って確実に転職を成功させよう!


確実に転職を成功させるために転職エージェントを使用する方法があります。ここでは以下の項目にて転職エージェントについて解説いたします。

  • 転職エージェントとは?
  • 転職エージェントを使うメリット

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、人材紹介サービスのひとつです。

めまぐるしく変化する転職市場をプロの視点で、求職者と企業側をマッチングさせるサービスといえます。

また求人を紹介するだけではなく、しっかりと転職までの支援をアプローチしてくれる所も特徴の一つです。

さらに転職して終わりではなく、転職後のアフターフォローも行ってくれます。そのため会社を辞める前に転職先を探すおすすめの手段の一つといえます。

転職失敗して辞めたいと後悔する原因とは?転職を失敗させないために気を付けるべき事 https://entrenet.jp/retirement/columns/tensyoku-fail

転職エージェントを使うメリット

転職エージェントを使うメリットは以下の通りです。

  • 客観的な視点で自分の市場価値を知ることができる
  • 面接対策など転職へ向けたサポートの充実

一つずつ項目を解説いたします。

客観的な視点で自分の市場価値を知ることができる

転職エージェントは前述した通り、プロの視点で求職者に合った転職市場を紹介してくれます。

求人数は大手転職エージェントで、非公開求人を含めおよそ100,000件以上に及びます。

その中からぴったりの転職市場を分析し、求職者の経歴や求める条件に合った求人を紹介してくれます。

面接対策など転職へ向けたサポートの充実

転職エージェントは求人のマッチングサービスだけではなく、転職へ向けた支援も万全です。

複数の志望企業を推薦し、応募・書類選考・面接対策などキャリアアドバイザーが親身になってサポートしてくれます。

「40代でも会社辞めたい!」その理由と対処法・転職活動についても徹底解説! https://entrenet.jp/retirement/columns/40s

正社員は退職日の2週間前までに退職の意思を伝えれば合法的に仕事を辞めることができる


正社員は退職日の2週間前までに退職の意思を伝えれば合法的に仕事を辞めることができますが、いくつかの留意点があります。

  • 給与計算期間の前半に退職届を提出しよう
  • 【注意】パート・アルバイト・契約社員はこの法律に含まれない

一つずつ項目を解説いたします。

給与計算期間の前半に退職届を提出しよう

正社員(完全月給制)は退職日の2週間前までに退職の意思を伝えれば、合法的に仕事を辞めることができます。

そのためには給与計算期間の前半に、退職届を提出することをおすすめいたします。

このことは、民法第627条1項と2項により定められています。

例えば6月1日から6月15日までの期間に退職の申し入れをした場合は、最短で6月末までに退職することが可能です。

その一方で6月16日から6月30日までの期間に退職を申し入れをした場合は、最短で7月末までの退職となります。

そのため給与計算期間の前半に退職届を提出することで、最短月末に退職することができます。

【注意】パート・アルバイト・契約社員はこの法律に含まれない

パート・アルバイト・契約社員は、民法第627条の法律に含まれません。

これは有期雇用契約(期間の定めのある雇用契約)の場合、期間中の契約拘束力は尊重されるべきという考えがあるからです。

そのためパート・アルバイト・契約社員は、原則として期間中は労働契約の解約は行えません。

ただしやむを得ない事由であれば、直ちに解約することができます。やむを得ない事由の退職については、次項で詳しく解説いたします。

正社員が合法的に今すぐ会社を辞める対処法!


正社員が合法的に今すぐ会社を辞める対処法は以下の通りです。

  • やむを得ない事情での退職
  • 退職日の2週間前に退職届を提出し、その後2週間の有給休暇を使う

一つずつ項目を解説いたします。

やむを得ない事情での退職

正社員が合法的に今すぐ会社を辞める対処法のひとつは、「やむを得ない事由での退職」があげられます。

やむを得ない事由による雇用の解除は、民法第628条の法律に定められています。民法第628条には、「当事者が雇用の期間を定めた場合でも、やむを得ない事由があるときは、直ちに契約の解除をすることができる」と説明があります。

やむを得ない理由例

やむを得ない理由は以下が例としてあげられます。

  • 賃金不払い
  • ハラスメント被害
  • 労働者の病気
  • 労働者家族の健康状態の悪化

一つずつ項目を解説いたします。

賃金不払いは、給与の未払いや残業代の未払いなどがある場合に該当します。

ハラスメント被害は、パワハラ・セクハラなどのハラスメント被害を受けている場合に該当します。パワハラ・セクハラを受けている場合は仕事を辞めるだけではなく、専門の弁護士などに相談することもおすすめです。

労働者の病気は、業務を続けることができない身体的・精神的な罹患している場合に該当します。

労働者家族の健康状態の悪化は、家族が身体的・精神的な罹患状態にあり、介助・介護が必要な場合に該当します。

退職日の2週間前に退職届を提出し、その後2週間の有給休暇を使う

正社員が合法的に今すぐ会社を辞める対処法のひとつは、「民法第627条と有給休暇を消化」する方法です。

民法第627条に定められているとおり、給与計算期間の前半に退職届を提出。その後に残っている有給休暇の制度を利用し、2週間を給与の出る休日に変えます。

そうすることで合法的に今すぐ会社を辞めることができます。

退職の意思を伝えた後、辞めるまでの期間気まずくて仕事がやり辛いという方にはおすすめの退職方法です。

後日会社へ行かなくてもいいように準備しておこう


気まずい中、後日会社へ行かなくてもいいように準備して置く必要がある具体的な事柄についてここでは解説いたします。

退職時に会社へ返却する必要のあるもの

退職時に会社へ返却する必要があるものは主に以下の通りです。

  • 健康保険被保険者証(保険証)
  • 社員証・社章
  • 名刺
  • 事務用品・書籍(会社経費で購入した)
  • 社外秘資料・データ類

などが退職時に会社へ返却する必要があるものです。

健康保険被保険者証(保険証)は、退職した翌日から効力がなくなります。保険証の使用ができなくなるため、迅速な返却が必要です。

また有給休暇の消化をする場合は、退職日に該当する日を迎えたタイミングで保険証の郵送による返却を行うことをおすすめいたします。

社員証・社章は、勤務先企業の社員である証です。退職すれば所属していないことになるため、速やかな返却をしましょう。

誤って紛失してしまうと、弁償代を請求されるケースがあるため退職日までしっかり保管しておきましょう。

名刺は、退職日までに会社へ返却する必要があります。またすでに営業先や知り合いに交換した名刺も、同業他社に就職した際のコネとして利用されないようにするため返却義務が生じる可能性があります。

事務用品・書籍(会社経費で購入した)は、会社のお金で購入した備品なので返却の義務があります。

名刺や社員証・社章と同じく紛失すると弁償を求められるケースがあります。

ちなみに自分のお金で購入した備品は会社へ返す必要はありませんので、会社の備品と混ざらない様に持ち帰るようにしましょう。

社外秘資料・データ類は、特に紛失や持ち出しをしない様に注意が必要です。これを破ってしまうと守秘義務契約に違反してしまい、損害賠償請求をされる可能性があります。気を付けましょう。

退職時に会社から受け取る必要のある書類

退職時に会社から受け取る必要がある書類は主に以下の通りです。

  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票
  • 離職票
  • 厚生年金基金加入員証

などが退職時に会社から受け取る必要がある書類です。

雇用保険被保険者証は、雇用保険に加入していることを証明する書類です。退職の際に受け取り、転職先に提出をしましょう。

年金手帳は、公的年金の制度に加入を証明する書類です。こちらも退職の際に受け取り、転職先に提出をしましょう。またすぐに再就職先が見つからない場合は、国民年金へ加入の手続きが必要になります。

源泉徴収票は、会社から貰った給与や賞与・納めた所得税などの金額が記された書類です。退職の際に受け取り、転職先の年末調整を行う際に必要になります。またすぐに再就職先が見つからない場合は、確定申告の際に必要になります。

離職票は、雇用・労働雇用保険制度(失業保険給付・失業手当)を利用する際の手続きに必要な書類です。ただし転職先が決まっている場合は、受け取る必要はありません。

厚生年金基金加入員証は、厚生年金基金に加入していることを証明する書類です。退職する際に厚生年金基金に加入していた実績がある場合にのみ返却されます。

無断欠勤からの退職はNG!


今すぐ仕事を辞めたいからといって、無断欠勤からの退職はNGです。なぜかというと無断欠勤が相当期間続くと、会社から解雇の対象として対処される可能性があるからです。

やむを得ない事由のため無断欠勤してしまったのであれば、正当性が認められる場合があります。

しかし正当な理由がない場合に無断欠勤をしてしまうと、労務提供義務の重大な不履行と評価されるケースがあります。特に会社の業務に具体的支障が生じる無断欠勤の場合は、最悪の場合に懲戒解雇処分となり得ます。

懲戒解雇になってしまうと以下のようなデメリットがあります。

  • 再就職が困難になる
  • 失業保険が制限される
  • 退職金が支払われない
  • 解雇予告手当がもらえない

再就職が困難になる

採用面接の際に前職の退職理由を聞かれた際に懲戒解雇を受けたことを話さなければいけません。

「懲戒解雇により退職」というのはどうしても相手の心証を悪くしてしまいます。その結果、再就職が難しくなってしまうのです。

失業保険が制限される

「失業保険が制限される」とは、重責解雇に相当した退職の場合に不利益を被る恐れがあるということです。

この場合の不利益とは、「失業保険受給までの必要加入期間が長くなる」・「失業保険受給まで待つ期間が長くなる」・「失業保険受給の給付日数が短い傾向にある」といったケースがあげられるでしょう。

退職金が支払われない


退職金規定に不支給・減額などの条項が設定されている場合があります。

この場合、無断欠勤での退職では退職金が満額貰えなかったり、最悪支給されない可能性があります。

退職金は次の仕事先が見つかるまでの間、生活レベルを維持するためにとても大事な要素となります。

そのため退職金が支払われないという最悪のケースに陥らないためにも、無断で仕事をやめることは絶対に避けるようにしましょう。

解約予約手当がもらえない

労働基準法第20条によって無断欠勤の場合「解約予告手当」の支払いを不要とするという法律があります。

そのため無断欠勤をするのではなく、正しい手続きによって会社を辞めることをおすすめいたします。

どうしても辞めると言いづらい時には「退職代行サービス」を使おう!


どうしても辞めると言いづらい時には「退職代行サービス」を使うことも一つの手段です。退職代行サービスについて以下の項目にて解説していきます。

  • 退職代行サービスとは?
  • 退職代行サービスを使うメリット

退職代行サービスとは?

退職代行サービスとは、労働者に代わり退職の意思を会社側へ伝える業務・サービスを行う企業・業者のことを指します。

上司や会社関係者に直接、会社を辞めることを伝えることができない方や会社に出勤することなく退職をしたい方に大変おすすめのサービスです。

退職代行サービスの中には24時間365日いつでもどこでも対応しているところや、簡単な手続きのみで即日退職が可能な業者まであります。

相談方法もメール・電話・メッセージアプリ(LINE)などで手軽にでき、トラブルの際の弁護士の紹介などアフターフォローも充実しています。

退職代行サービスのおすすめ人気ランキング27選!弁護士事務所との違いは?料金や口コミ・評判なども解説! https://entrenet.jp/retirement/columns/rank

退職代行サービスを使うメリット

退職代行サービスを使うメリットは以下の通りです。

  • 即日で会社を辞めることができる!
  • 退職に関する全ての手続きを代行してくれる
  • 退職金などの金銭面での交渉も行ってくれる(弁護士事務所)

一つずつ項目を解説いたします。

即日で会社を辞めることができる!

条件や依頼する退職代行業者によっては即日会社を辞めることができる場合があります。

条件としては、前述した民法第627条と有給休暇の消化を利用した方法です。代行業者側からは即日で辞めるためのアドバイスやタイミングが出されます。

基本的には手続きを全て代行業者側で行ってくれるので安心して会社を辞めることができます。

退職代行で即日退職は可能?おすすめの業者や即日退職の方法を解説 https://entrenet.jp/retirement/columns/sameday

退職に関する全ての手続きを代行してくれる

退職代行サービスを利用することで、退職に関するすべての手続きを代行してくれます。

「退職の意思を伝える」・「退職時の返却物」・「退職時の受け取り書類」など、一切会社と関わることなくスムーズに退職までの手続きが終了します。

例え会社側から電話やメッセージアプリ(LINE)などで連絡がきたとしても受け答えする必要はなく、すべて代行業者にりとりを丸投げすることができます。

退職金などの金銭面での交渉も行ってくれる(弁護士事務所)

退職代行サービスを利用することで、退職金などの金銭面での交渉も行ってくれることがあります。

ただし弁護士資格を有する者や弁護士資格保有者が在籍する弁護士事務所・労働組合が運営・監修している退職代行サービスに限ります。

これは「給与の未払い請求」「残業代未払い請求」「有給休暇消化」などの交渉が、弁護士資格がない者が行うと非弁行為という違法行為になるからです。

そのため退職代行サービスを選ぶには、悪質な非弁行為をおこなっていない退職代行業者を選ぶことをおすすめいたします。

退職代行サービスを使ったトラブルを避ける方法!交渉や請求の対応には弁護士が必要? https://entrenet.jp/retirement/columns/trouble

実績十分!オススメの退職代行サービス


実績が十分なオススメの退職代行サービスを3つご紹介いたします。

  • 退職代行jobs
  • 退職代行コンシェルジュ
  • ウカイ&パートナーズ法律事務所

一つずつ詳しく解説いたします。

退職代行jobs


退職代行Jobsは、運営会社「株式会社アレス」が「合同労働組合ユニオンジャパン」と連携しサービスを提供する退職代行サービスです。

隼町法律事務所の弁護士・西前啓子さんが顧問弁護士として監修しています。

料金は正社員・契約社員・派遣社員・アルバイト・パートなど、一律27,000円(税込み)となっております。

また連携する労働組合費2,000円(税込み)が別途必要です。連携する労働組合が会社との交渉を行うため非弁行為にあたらず、安心して退職代行を依頼することができます。

今すぐにでも仕事を辞めたい方におすすめの退職代行サービスです。

退職代行Jobsをチェック

退職代行Jobsの口コミ・評判は?利用する流れとメリットとデメリットも徹底解説 https://entrenet.jp/retirement/columns/jobs


退職代行コンシェルジュ


退職代行コンシェルジュは、運営会社「合同会社SAC」がサービスを提供する退職代行サービスです。

料金は正社員・契約社員・派遣社員の方は、一律54,780円(税込み)の費用が掛かります。またアルバイト・パートの方は、一律43,780円(税込み)の費用が掛かります。

さらにキャンペーンを実施していることがあり、2021年8月時点では一律33,000円(税込み)とお得な料金で退職代行を依頼することも可能です。

加えて明瞭会計により提示された金額以外に追加費用が掛からず、安心して依頼することができます。

退職代行コンシェルジュは、退職率100%を誇っておりコスパ最強の退職代行サービスと言えるでしょう。

退職代行コンシェルジュをチェック

【2021年最新版】退職代行コンシェルジュの口コミ・評判とは?メリット、デメリット、退職までの流れを徹底解説! https://entrenet.jp/retirement/columns/concierge

ウカイ&パートナーズ法律事務所

ウカイ&パートナーズ法律事務所は、運営事務所「ウカイ&パートナーズ法律事務所」がサービスを提供する退職代行サービスです。

料金は正社員・契約社員・派遣社員・アルバイト・パートなど、一律55,000円(税込み)の費用が掛かります。

一律55,000円(税込み)以外に一切別途料金を支払う必要はありません。

弁護士事務所が退職代行業をしていますが、弁護士だけでなく、公認会計士・税理士・コンサルタント・司法書士・行政書士などスペシャリストが集まり解決へ向けて動いてくれます。

担当弁護士が退職代行の意思の伝達から、訴訟トラブルの解決までスムーズに対応しています。

費用は高くても信頼・安心の弁護士が直接対応してくれるため、確実に仕事を辞めたい方におすすめの弁護士事務所です。

明日仕事を辞める上での不安・疑問


明日仕事を辞める上での以下のような不安・疑問について解説していきます。

  • 会社側から損害賠償を請求される等のトラブルのリスク・可能性はありますか?
  • 「退職届」と「退職願」の違いはなんですか?
  • 仕事を辞めることは悪いことでしょうか?

一つずつ項目を解説いたします。

会社側から損害賠償を請求される等のトラブルのリスク・可能性はありますか?

即日・翌日などに会社を辞める場合に、会社側から損害賠償を請求されるなどのトラブルのリスク・可能性はあります。

例えば「就業規則により会社が退職を認めない」「人手不足になり業務の引き継ぎが困難」などの理由から損害賠償を請求されるケースがあります。

損害賠償請求が発生し訴訟問題に発展すると、会社相手に個人で対応するにはとても分が悪すぎます。

しかし弁護士事務所・労働組合法人が運営する退職代行サービスを利用することで、法的に有効な資格を保有している方が退職代行や労働交渉をトラブルを起こすことなく行ってくれます。

「給与の未払い請求」「残業代の未払い請求」「有給休暇の消費」「損害賠償請求」などの様々なトラブルに対応しています。

そのため会社側からの損害賠償請求を含めた訴訟問題などのトラブルのリスク・可能性は限りなくゼロに近づけることができます。

「退職届」と「退職願」の違いはなんですか?

「退職願」と「退職届」の違いは、簡単に説明すると会社を辞める前に出すか後に出すかです。

「退職願」は会社へ退職の意向を伝え、受け入れてもらうようにお願いする提出書類です。

その一方で「退職届」は会社を辞めることが決定したあとに、正式に受理してもらうため届け出る提出書類です。

つまり「退職願」を出したからといって、会社を辞められることが決まったわけではありません。

また「退職願」を必ず提出する必要はなく、退職の強い意志を明かすための形式手法です。そのため「退職願」を受け取った会社は労働者の契約について、解除承諾するか検討段階に入ります。その上で、会社が認めなければ退職をすることはできません。

順番的に「退職願」の後に「退職届」を提出します。

また「退職届」を提出していなくても、口頭で会社を退職することは法的に認められています。

しかし後日、口頭での約束が交わされたことをどちらかが忘れてしまい、トラブルが起きてしまう可能性があります。そのため「退職届」を提出することによって、書面による約束を交わすことできっちり退職を締結することが可能になります。

「退職願」と「退職届」のほかに「辞表」という書類も存在します。

「辞表」は「退職願」や「退職届」とは違い、経営陣や公務員が職を字する場合に提出する書類です。

仕事を辞めることは悪いことでしょうか?

仕事を辞めることは、決して悪いことではありません。

なぜかというと会社を続けることも会社を辞めることも、誰かではなく自分の意思で決められることだからです。

確かに生活するためにお金が必要であり、仕事をしなければいけません。だからといって人生の中で、ずっと仕事に縛られ続ける必要はありません。

仕事が自分に合っていなければ辞めて、別の仕事に就けば良いことなのです。仕事が苦痛に感じるのであれば、一時的に会社を辞めて体と心の休息をとることも必要です。

一番大事なのは自分自身なので、会社を一番と考え方は今すぐやめましょう。そのため仕事を辞めることは、悪いことではありません。

夫・妻・子供・家族など誰かのために仕事を続けることは、誇らしいことでもあります。

しかしまずは自分自身の人生の立ち位置や歩み方を明確にし、無理のない仕事の行い方を定めることが先決といえます。

まとめ


こちらの記事では、今すぐにでも仕事を辞めることができる合法的な方法を解説いたしました。

仕事にいくのが苦しくて辞めようか悩んでいる方は、身近な友人や家族などに恥ずかしがらずに相談してみましょう。

退職の意志が固まった方は、転職エージェントや退職代行サービスを利用することでより早く・簡単に仕事を辞めることができます。

ぜひこの機会に転職エージェントと退職代行サービスを利用し、身体的・精神的に悩みのない自分に合った仕事を見つけ素敵な人生を送りましょう。

当サイトおすすめの『LINEで退職代行』

  • 業界最安値の25,000円(税込)
  • LINEでサクッと退職可能
  • 安心の全額返金保証


退職代行TORIKESHI」はLINEを使って退職できるサービスです。

面倒な退職手続きをすべてLINE上で完了できアフターフォローも充実。退職後に必要な書類の受け取りや無料の転職支援、給付金のサポートも行っています。

料金は正社員・アルバイト・パート問わず一律25,000円(税込)なので、少しでも料金を抑えたい方におすすめです。

退職までの流れや職場での問題を抱えている方は、気軽に相談してみてください。

退職代行TORIKESHI




<参考サイト>

  • https://jobs1.jp/
  • https://www.ukai-law.com/
  • https://retirement.cram.work/

r

よかったらシェアしてね!

Column

同じカテゴリのコラム

すべてみる
  • 「派遣の仕事を辞めたい…」契約期間途中で辞める為の方法・準備・疑問などにお答え! 「派遣の仕事を辞めたい…」契約期間途中で辞める為の方法・準備・疑問などにお答え!

    「派遣の仕事を辞めたい…」契約期間途中で辞める為の方法・準備・疑問などにお答え!

  • 「40代でも会社辞めたい!」その理由と対処法・転職活動についても徹底解説! 「40代でも会社辞めたい!」その理由と対処法・転職活動についても徹底解説!

    「40代でも会社辞めたい!」その理由と対処法・転職活動についても徹底解説!

  • 【苦痛】「仕事を辞めたいほど電話対応が苦手でストレス…」苦手意識を克服するための対処法を解説! 【苦痛】「仕事を辞めたいほど電話対応が苦手でストレス…」苦手意識を克服するための対処法を解説!

    【苦痛】「仕事を辞めたいほど電話対応が苦手でストレス…」苦手意識を克服するための対処法を解説!

  • 妊娠で仕事を辞めたいは甘えじゃない!その理由と辞められない時のための退職代行サービスを解説 妊娠で仕事を辞めたいは甘えじゃない!その理由と辞められない時のための退職代行サービスを解説

    妊娠で仕事を辞めたいは甘えじゃない!その理由と辞められない時のための退職代行サービスを解説

  • 仕事を辞めたいけれどなかなか言えない状況を改善するための方法とは? 仕事を辞めたいけれどなかなか言えない状況を改善するための方法とは?

    仕事を辞めたいけれどなかなか言えない状況を改善するための方法とは?

PAGE TOP