教員を辞めたいと思う理由を年代別に解説!円満に退職する方法も紹介

教員は、長時間労働が問題にもなっており、今すぐにでも退職したいと考えている方もおられるのではないでしょうか。

しかし「円満に退職する方法は?」「教員を退職するメリットやデメリットが知りたい」このような疑問があるため、退職できない方も多いでしょう。

もし、円満に退職する方法などを考えずに今日にでも退職したい方は、退職代行サービスを利用してみてください。

円満に退職するなら退職代行TORIKESHIがおすすめ


退職代行TORIKESHI」はLINEを使って退職できる代行サービスです。
 
面倒な退職手続きをすべてLINE上で完了できます。アフターフォローも充実していて、退職後に必要な書類の受け取りや無料の転職支援、給付金、失業保険のサポートも行ってくれます。
 
また、料金は正社員・アルバイト・パート問わず一律25,000円(税込)で、追加料金などは一切かかりません。万が一、退職できなかった場合は全額返金される点も魅力的です。
 
メールまたはLINEで無料相談が24時間可能です。退職までの流れや職場での問題を抱えている方は、気軽に相談してみてください。

退職代行TORIKESHIをチェック

記事内でもおすすめのサービスを紹介していますが、ほとんどのサービスが即日退職に対応しています。自身が職場に顔を出さずに退職できるため、退職を言い出せない方にもおすすめです。

本記事では、おすすめの退職代行サービス以外にも、次の項目の解説も行っています。

  • 【年代別】教員を辞めたいと思う理由
  • 教員を退職するメリット
  • 教員を退職するデメリット
  • 教員を辞めたいと感じやすい人の特徴とは?
  • 後悔しないために!教員を辞めたいと思ったらやるべきこと
  • 教員を円満に退職するために抑えるべきポイント
  • 教員のスキル・経験を活かせる職業とは?

教員を辞めたいと感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。
今すぐにでも仕事を辞めたい人必見!明日にでも仕事を辞めることができる合法的な方法を解説します! https://entrenet.jp/retirement/columns/sugu
おすすめの退職代行をチェック

【年代別】教員を辞めたいと思う理由


教員を辞めたいと感じる理由は、人や年代によってさまざまです。そこで、4つの年代別に辞めたいと感じる主な理由を紹介します。

当てはまる理由があるか確認してみてください。

20代に多い教員を辞めたいと思う理由

20代の教員に多い辞めたいと思う理由は、主に次の5つです。

  • 生徒・保護者・他の職員との人間関係
  • 長時間の残業による疲労
  • 部活の顧問
  • 授業が大変
  • 頼れる先輩や上司の不在

1つずつ解説します。

生徒・保護者・他の職員との人間関係

20代の教員は、まだまだ教員という仕事に慣れていない時期のため、生徒や保護者、他の職員との人間関係に悩んでしまう方が多いです。

中には、言うことを聞かない生徒や少しのことでクレームを入れてくる保護者もいます。毎日長時間労働しながらそのような対応をするのは、教員になったばかりの20代には難しいでしょう。

また、教員になったばかりということもあり、先輩教員の言動にいちいち反応してしまう方もいるかもしれません。

先輩教員はそんなつもりがなくても、高圧的な態度と捉えてしまう場合もあるため、そのような方は人間関係を構築するのに時間がかかるでしょう。

このような人間関係を改善するには時間がかかるため、先が見通せず辞めたいと感じる方が多いでしょう。

残業時間が多く体力的に辛い

教員は、残業時間が多い職種です。

特に、教員になったばかりの20代は仕事にも慣れていないため、同じ仕事をしても先輩教員より時間がかかってしまいます。

少々古いデータではありますが、文部科学省が平成28年に実施した教員勤務実態調査内の平均的な勤務状況は、次のとおりです。

  • 小学校教諭の1日あたりの勤務時間:11時間15分
  • 中学校教諭の1日あたりの勤務時間:11時間32分

※参照:教員勤務実態調査(平成28年度)の分析結果について

上記のとおり、平均で11時間を超えているようです。これでは体力的に辛いのは当たり前と考えられます。

クラスの担任を持つと、全員分の宿題をチェックしたり提出物が提出されているか確認したりしないといけないため、長時間勤務になるのです。

部活の顧問が大変

中学校や高校の教員の場合は、部活の顧問が大変という理由で辞めたい方が多くいます。

これまで経験したスポーツなどから判断し、先輩教諭から部活の顧問に振り分けられるため、断るわけにもいきません。

顧問になった場合は、平日だけでなく土日も出勤する必要があります。そうなると、プライベートの時間を確保することが難しくなるでしょう。

例えば、実力のある部活の顧問を任された場合は、毎週土曜日や日曜日になると、他校へ遠征にいくこともあります。1日中拘束されるため休む暇がありません。

部活の顧問は大変とわかっているため、誰もやりたいと思う方がおらず、20代の自分に役割が回ってきた方も多いのではないでしょうか。

授業に自信が持てない

20代の教諭になったばかりの多くの方は、授業に自信が持てないために辞めたいと感じている方もいます。

こちらも最初は誰もがうまく授業を進められるわけではないため、毎日試行錯誤するしかありません。

しかし、中にはいつになったらうまくなるのかわからない不安に押しつぶされてしまう方もいるでしょう。

頼れる先輩や上司がいない

20代の教員の中には、人間関係をうまく構築できていない方や雰囲気に馴染めない方などもいます。

そのような方は、頼れる先輩や上司がいないため、孤独感や不安から辞めたいと感じるようです。

時間をかけて関係を築き上げればいいのですが、やはり「このまま誰にも頼れない状態が続いたらどうしよう」などと不安になります。

頼れる先輩や上司がいないという現実は、毎日味わうことになるため、ストレスが大きく辞めたいと感じてもしょうがないと言えるのではないでしょうか。

おすすめの退職代行をチェック

30代に多い教員を辞めたいと思う理由

30代に多い教員を辞めたいと思う主な理由は、次の3つです。

  • 家庭と仕事の両立
  • 将来のキャリアアップ
  • 問題のあるクラスの担任や問題の解決

30代は家庭や将来などの、20代には少ない悩みが中心です。1つずつ確認していきます。

家庭と仕事の両立が難しい

30代になると、結婚して子どもが産まれている場合もあります。その状態で、長時間労働である教員の仕事と両立するのはとても大変です。

例えば、小さなお子さんがいる場合を想定すると、夜泣きのたびに起きたりあやしたりを何度も繰り返すことになります。そのため、常に寝不足の状態です。

これでは、体力がいくらあっても足りません。

また、家族との時間を確保できないという葛藤も発生します。平日は11時間以上仕事に時間を使い、土曜日や日曜日は部活で1日仕事となると、物理的に考えても家族と過ごす時間は確保できないでしょう。

上記のような理由で、家庭と仕事の両立を求めて辞める方は多くいます。
妊娠で仕事を辞めたいは甘えじゃない!その理由と辞められない時のための退職代行サービスを解説 https://entrenet.jp/retirement/columns/pregnant

将来のキャリアアップ

20代の教員はがむしゃらに目の前の仕事をこなすのに精一杯ですが、30代になるとある程度仕事にも慣れてくるため、将来を見据え始めます。

その際に、将来のキャリアアップが明確でなかったり先輩教員の給与を目の当たりにしたりすると、不安を覚える方が多いようです。

転職してキャリアアップを狙った方が、将来的に安心できると考えている方も多いでしょう。

問題のあるクラスの担任や問題の解決を任される

30代の教員の中には、問題のあるクラスの担任や問題の解決を任された結果、辞めたいと感じる方も多いです。

20代の教員になったばかりの人には任せられませんが、30代であればある程度の経験を経てきているため、問題のあるクラスの担任や問題解決を任されます

問題のあるクラスの問題解決を任されると「自分がどうにかしないといけない」という気持ちがプレッシャーになる方も多いのではないでしょうか。

例えば、いじめが起こっているクラスや授業を全く聞かないクラスなどを任されても、すぐに解決できる問題ではありません。

長期的に解決法を模索して試していく必要があるため、通常のクラスの担任よりも負担が大きいと言えます。

40代に多い教員を辞めたいと思う理由

40代に多い教員を辞めたいと思う理由は、次の2つです。

  • 管理職のストレス
  • 自身の子どもとの時間の確保が大変

40代になると役職が付くことで、仕事面と私生活の両方に悩みが増えてきます

管理職のストレス

40代になると、管理職などの役職につく方も多いです。役職がつくと給与が増えるなどのメリットがある反面、ストレスも増えます。

管理職とは、次のような役職の教員です。

  • 校長
  • 副校長
  • 教頭

上記のとおり、クラスを担当するような教員よりも、大きな責任が発生する立場だとわかります。

例えば、校長は学校を経営したり教育課程の編成を行なったりする必要があるため、責任重大です。教頭は校長の手助けを行うため、間接的ではありますが学校の経営に関わっています。

20代の教員などの若い世代にはあまり理解できないかもしれませんが、自身のミスで学校の経営に悪い影響が出ると思うと、大きなストレスを感じるものです。
仕事を辞めたいと思うストレスの原因とは?ストレスで起こる症状や対処法を解説 https://entrenet.jp/retirement/columns/quit-stress

多忙なため自身の子どもとの時間が少ない

先ほどお伝えしたとおり、40代になると管理職についたうえで生徒の教育などを行う場合もあるため、多忙な日々を過ごすことになります。

そうなると、自身の家族との時間が少なくなり退職を考える方が多いようです。

40代の方のお子さんは小学生から中学生くらいの場合が多いため、ようやくいろいろな場所へ出かけたり遊びに行ったりできる時期ではないでしょうか。

最も楽しい時期に自身の子どもと過ごす時間を作れないのは、想像以上に大きなストレスです。

50代に多い教員を辞めたいと思う理由

50代に多い教員を辞めたいと思う理由は、次の2つです。

  • 時代の変化
  • 体力不足

50代まで続けると仕事の悩みはそこまでないものの、時代の変化や自身の体力に悩む方が多いようです。

時代の変化についていけない

50代になると、長い方で30年以上教員を続けている場合もあります。

そうなると、授業の形態も大きく変化するため、時代の変化についていけないと感じ退職を考える方が多いようです。

例えば、2022年現在と10年前の授業を比較しても、次のような変化があります。

  • 英語教育の本格化
  • タブレットを利用した授業
  • リモートを活用した授業

10年でこれだけ変化するため、50代のように30年も経過した場合、時代の変化についていけないと感じるでしょう。

子どもの体力についていけない

50代にもなると、子どもの体力についていけないことを理由に退職を考える教員が多いです。

特に小学生や中学生は体力が有り余っているため、常に元気があります。それについて行こうと思うと、50代では体力の面で厳しい部分があるのではないでしょうか。

また、中学生や高校生の教員の場合は、部活で体力を奪われます。平日は授業が終わってから下校までの数時間部活を行い、土曜日や日曜日は1日拘束されることもあります。

子どもの体力についていけないという理由で退職したいと考えている方は少なくないでしょう。

おすすめの退職代行をチェック

教員を退職するメリット


教員を退職するメリットは、次の2つです。

  • 休日に休む時間を確保可能
  • ストレスから解放

教員を退職しようと考えている方は、ぜひ確認してみてください。

休日はゆっくりと休める

教員を退職すると、休日はゆっくり休めます。中学校や高校の部活の顧問をしていると、土曜日や日曜日も拘束されるため、ゆっくり休む暇がありません。

特に、サッカー部や野球部、バスケ部などの運動部の顧問を担当している方は、共感できるのではないでしょうか。

「土日くらいはゆっくり休みたい」と思っている方は、教員を退職するメリットが大いにあるでしょう。

ストレスから解放される

教員を退職すると、ストレスから解放されます。

先ほど解説した年代別の退職したい理由で紹介した、ストレスの原因をまとめると次のとおりです。

  • 生徒や先輩教員との人間関係
  • 長時間労働
  • 部活動の顧問
  • 役職がつくことによる責任
  • プライベートな時間の減少

上記のとおり、多くの辞めたい理由にストレスが関わっているとわかります。そのため、何かしらのストレスで教員を続けられないほど追い込まれている方は、退職するメリットが大きいでしょう。
仕事を辞めたいのは甘えではない!甘えと判断されやすい理由と円満に退職する方法 https://entrenet.jp/retirement/columns/quit-amae

教員を退職するデメリット


逆に、教員を退職すると次のようなデメリットがあります。

  • 給与の低下
  • 安定した職業ではなくなる
  • 退職金の減額

1つずつ解説します。

教員の給与は高め

教員の給与は一般的にみても高めなため、退職すると給与が低下する恐れがあります。

小学校の教員は、平均年収は約676万円〜700万円です。民間企業からすると、高額に感じるでしょう。
※参照元:総務省 平成30年「地方公務員給与の実態」

一例として、教員以外の職種の平均年収を比較すると、次のとおりです。

  • 警察官:約450万円
  • 一般事務:約432万円
  • 児童相談員:約420万円

※参考元:2022年版 職種別 モデル年収平均ランキング

上記のとおり、同じ公務員でも警察官は教員よりも200万円ほど安いでしょう。また、一般的な事務の職種と比較しても、事務職は教員より250万円ほど安いとわかります。

教員から別の職種へ転職しようと考えている方は、給与が減るかもしれないと認識しておきましょう。

教員は安定した職業である

教員は公務員のため、安定している職業です。

自身から退職を申し出たり罪を犯したりしない限り、解雇されたり懲戒免職になったりしません。つまり、普通に仕事をしていれば定年まで続けられるのです。

民間企業の場合は、売り上げが下がればリストラを実施する会社もあり、ボーナスがカットされることもあります。

その安定を捨ててまで民間企業に転職するべきかどうか、もう1度よく考えてみてください。

公立教師の定年退職金は平均約2,200万円

公立教師の定年退職金は、平均で約2,200万円と高額です。

民間企業と比較すると、倍以上になる場合もあるため、退職を検討している方は再度検討する必要があります。

一例として、公立教師と民間企業の定年退職金の違いをお伝えすると、次のとおりです。

職業定年退職金
公立教師約2,200万円
大企業約2,230万4,000円
中小企業約1,118万9,000円

※参照元:中央労働委員会・令和3年賃金事情等総合調査

上記のとおり、公立教師の平均の定年退職金は、大企業と変わりません。逆に、中小企業と比較すると2倍ほどもらえるでしょう。

教員を退職しようと思っている方は、定年退職金を確認したうえで再度検討してみてください。

おすすめの退職代行をチェック
転職失敗して辞めたいと後悔する原因とは?転職を失敗させないために気を付けるべき事 https://entrenet.jp/retirement/columns/tensyoku-fail

教員を辞めたいと感じやすい人の特徴とは?


教員を辞めたいと感じる方には、いくつか共通する特徴があります。自身に当てはまっているか確認してみてください。

  • 周りの人の意見を聞きすぎる方
  • プライベートが大事だと思っている方
  • 基本的にマイナス思考の方

1つずつ解説します。

周りの人の意見を聞きすぎる方

周りの人の意見を聞きすぎる方は、教員を辞めたいと感じやすいでしょう。

教員として関わる方の中には、クレームを言ってくる親御さんや気の合わない同僚や先輩もいます。そのような方の話を1つ1つ真面目に聞いていては、心が持たないからです。

適当に対応すればいいというわけではなく、意見を聞きすぎずにその場に合う柔軟な対応ができると教員として仕事がスムーズに進みます。

周りの意見を真剣に聞きすぎると、何もできなくなったり自身で考えて行動できなくなったりするため、意見を聞きすぎるような方は注意してください。

プライベートが大事と思っている方

プライベートが大事と思っている方は、教員を辞めたいと感じることが多いでしょう。

教員として働いていると、平日の長時間労働や土日の部活動などによって、プライベートの時間がほとんど確保できません。

そのため、趣味に時間をたっぷり使いたい方や家族との時間を確保したい方などにとっては、ストレスが大きい職種と言えます。

プライベートが大事な方は、完全週休2日制の民間企業などに転職した方が、ストレスなく仕事にも集中できるのではないでしょうか。

基本的にマイナス思考の方

マイナス思考の方は、教師を辞めたいと感じやすいでしょう。

教員として働くには、失敗を繰り返して改善する力が必要と言えます。そのため、なにか1つ失敗したからといってその度にマイナスな感情になっていては、成長できません。

逆に、どんなことにもチャレンジして失敗を繰り返し、自分なりに改善方法を考えられるような方は成長が早いため、教員に向いています。

マイナス思考には反省できるという良い部分はあるものの、作業量の多い教師という仕事にはあまり向いていないため、転職を考えてもいいかもしれません。

おすすめの退職代行をチェック

後悔しないために!教員を辞めたいと思ったらやるべきこと


教員を辞めたいと思っても、本当に辞めるべきなのか続けるべきなのか悩んでしまう方も多いです。そのような方へ向けて、辞めたいと思ったらやるべきことを3つお伝えします。

  • 辞めたい理由を紙に書いて明確化
  • 家族・友人などに相談
  • 転職エージェントに登録して求人を閲覧

1つずつ解説します。

辞めたい理由を紙に書いて明確にする

まずは、辞めたいと思った主な理由を紙に書いて明確にしましょう。

字に起こして整理すると何に悩んでいるかが明確になります。その結果、改善できる悩みであれば退職する必要はありません。退職するしか改善方法がない場合は退職の意思も固まるでしょう。

このように、まずは本当に退職するべきか判断するためにも、辞めたい理由を紙に書き出してみてください。

家族・友人などに相談する

次に、家族や友人に相談しましょう。

先ほど紙に書き出した辞めたい理由をもとに相談することで、納得できるアドバイスをもらえるかもしれません。

自身では改善できると思っている理由でも、信頼できる家族や友人に相談した結果、退職を検討するべきという結論に至る場合もあります。

自身の意見だけで退職する前に、他人の意見も交えて退職するか検討してみてください。

転職エージェントに登録して求人を見る

家族や友人に相談した結果、納得できる改善策が見つからず、退職するべきと思った場合は、転職エージェントに登録して求人を確認してみてください。

本当に教員を退職した後にご自身にとってやりたい仕事があるのか確認できます。

この手順を行わず退職した後に「やっぱり教員が1番やりたい仕事だった」と思っても遅いです。

転職エージェントの求人で、給与や休み、仕事内容を総合的に確認し、自身がやりたい仕事は何か考えてみてください。
会社・仕事を辞めたい!と思った時の対処法とは?おすすめの退職サービス5選も紹介! https://entrenet.jp/retirement/columns/quit-company

教員を円満に退職するために抑えるべきポイント


教員を辞める際は、できるだけ円満に退職したいものです。円満に退職するコツは次のとおり3つあります。

  • 担任を持っていたら年度末に退職
  • 10月〜11月頃に管理職に退職を申し出る
  • ポジティブな退職理由で退職

1つずつ解説していきます。

担任を持っていたら年度末に退職する

担任を持っている場合は、年度末に退職しましょう。

担任を持っているのにもかかわらず、年度の途中に退職してしまうと、生徒が心配することにもなります。また、残りの期間の担任を誰かに引き継ぐ必要があるため、先輩や同僚に迷惑をかける可能性が高いでしょう。

鬱などの病気を患っている場合はその限りではありませんが、基本的に担当を持っている場合は、年度末に退職することで迷惑をかけずに退職できます。

10月〜11月頃に管理職に退職を申し出る

退職する際は、10〜11月頃に管理職へ退職を申し出ましょう。

10〜11月は、来年の担任などの調整に入る時期のため、担任や部活の顧問が決まった後に退職を申し出ると迷惑がかかります。

再度担任を振り分ける手間がかかったり、顧問の予定がない方がいきなり顧問になったりするため、残された同僚や先輩に迷惑がかかる恐れがあります。

迷惑をかけずに円満で退職したい場合は、10〜11月頃に管理職に退職を申し出ましょう。

退職理由はポジティブな理由しか伝えない

管理職や先輩などに退職理由を伝える際は、できるだけポジティブな理由に変換して伝えましょう。

例えば、ある先輩との関係がうまくいかないために退社すると伝えてしまっては、円満に退職できません。

そのような理由で退職するのであれば「より近い距離でお子さんを支援したいので、学童スタッフに転職します」などとポジティブな理由を考えてみてください。

退職の理由はほとんどがネガティブな理由のため、転職した先でしたいことや転職する職業に対しての熱意などを理由にするのがコツです。

おすすめの退職代行をチェック

教員のスキル・経験を活かせる職業とは?

教員のスキルや経験を活かしたい場合は、次のような職業に就くのがおすすめです。

  • 学習塾・家庭教師・予備校の講師
  • 学童スタッフ
  • 出版社の教材開発
  • 教育業界の営業・事務
  • ITエンジニア

自身にどのような職種が向いているかわからない方は、参考にしてみてください。

学習塾・家庭教師・予備校の講師

教員は、学習塾や家庭教師、予備校の講師などの教育関連の職種が向いているでしょう。

教員として毎日授業を行っていれば、わかりやすく解説するスキルや伝わりやすい言葉選びのスキルなどが培われているため、即戦力になるでしょう。

学習塾などは、全くの未経験やバイト程度の経験しかない方と実際に教員として働いていた経験のある方が面接に来た場合、高確率で採用します。

そのくらい、教員と学習塾や家庭教師、予備校の講師は親和性のある職種のため、子どもと関わるのが苦ではないのであれば、おすすめです。

学童スタッフ

学童スタッフも教員におすすめの職種です。

学童スタッフは、放課後に子どもを預かり、おやつを食べさせたり宿題を教えたりするのが主な仕事内容のため、教員の仕事内容と重なる部分がたくさんあります。

しかし、教員よりも子どもと近い距離で接することができるのは、学童スタッフの特徴です。子どもからしても、学童のスタッフの方が教員より接しやすいと感じている子も多くいます。

そのため、教員としてではなく、より保護者に近いような存在で子どもと接したい方や、子どもと関わる仕事がしたい方におすすめです。

出版社の教材開発

教員のスキルは、出版社の教材開発の仕事でも活かせます。

出版社の教材開発は、子どもが利用しやすい教材を制作する仕事のため、教員は有利でしょう。毎日子どもに向けて授業を行うため、教材のいい部分と悪い部分を把握しています。

どのように改善するとさらに解りやすくなるのかなど、具体的な提案も積極的にできるため、出版社の教材開発に重宝される可能性が高いです。

あまり視野に入れない方が多いかもしれませんが、教員としてのスキルや経験を十分に活かせる職種と言えます。

教育業界の営業職・事務職

教員は教育業界の営業職・事務職に向いているでしょう。

教員としての実務経験は、教育業界の営業や事務作業に十分に活用できるでしょう。

例えば、家庭教師や教材の販売をする営業で考えてみてください。教員として働いたことがない方は、マニュアルを参考に営業するしかありません。

しかし、教員であれば実際の授業で経験したことや、より効果的に教材を利用する方法など、希少性のある一次情報を伝えられるでしょう。

営業職や事務職に興味がある方は、ぜひ教育業界の営業や事務職を志望してみてください。

ITエンジニア

教員は、ITエンジニアにも向いているでしょう。

一見ほとんど関係のない業界と思われがちですが、教員の経験やスキルが利用できる業界です。

教員であれば、子どもや先輩教員、保護者と日々関わっているため、多くの場合でコミュニケーション能力に長けているでしょう。

ITエンジニアはチームを組んで1つの仕事を進めるため、教員であればチームと密にコミュニケーションをとりながら、仕事をこなせるのではないでしょうか。

このように、教員の経験は全く関わりのない業界でも活かせると把握しておきましょう。

教員を辞めたいと思ったら!退職代行サービスがおすすめ

教員を辞めたいと考えてはいるものの、なかなか言い出せずにいる方は多いかもしれません。そのような方には、退職代行サービスがおすすめです。

退職代行サービスを利用すれば、自身の代わりに退職の手続きを全て代行してくれるため、自身が退職を申し出る必要がありません。

また、すべての有給休暇を取得するように学校と交渉してくれる退職代行サービスなどもあります。もちろん、法の範囲内で行ってくれるため、その点の心配は不要です。

教員を辞めたい時のおすすめの退職代行サービス5選


教員を辞めたいものの、どうしても意思を伝えるのが気まずい方などは、退職代行を利用してみてください。

さまざまな会社が退職代行サービスを提供しているため、どのサービスを利用するか悩んでしまいますが、おすすめは次の5社です。

料金対応方法対応時間運営会社
退職代行ガーディアン29,800円・LINE ・電話24時間東京労働経済組合
退職代行コンシェルジュ利用するサービスによる利用するサービスによる24時間CREED BANK株式会社
退職代行リスタート0円・LINE ・電話10:00〜18:00株式会社UZUZ
退職代行jobs利用料:27,000円 労働組合費:2,000円・LINE ・メール24時間株式会社アレス
TORIKESHI25,000円・LINE ・メール24時間株式会社エンターキー

※料金は全て税込表示です。

退職代行TORIKESHI


退職代行TORIKESHIは、LINEで退職代行の相談から手続きまで完結できるサービスです。

退職を悩んでいるため相談したいなどの場合でも、LINEから気軽に相談できるため、手軽に退職したい方におすすめできます。24時間相談を受け付けている点もメリットです。

退職代行TORIKESHIでは、初回割引キャンペーンを実施しています。通常30,000円(税込)のところ業界最安級の25,000円(税込)で利用できるため、この機会に利用してみてはいかがでしょうか。

退職代行TORIKESHIをチェック

退職代行Jobs


退職代行Jobsの運営会社が株式会社アレスのため、会社との交渉ができないと勘違いする方が多いかもしれません。しかし、退職代行Jobsは労働組合と連携しているため、退職に関する交渉ができます。

顧問弁護士が業務監修を行っているため、法律に触れるようなことは絶対にありません。朝日新聞や読売新聞へ掲載された実績などもあるため、安心して利用できる退職代行サービスです。

退職代行Jobsをチェック

退職代行ガーディアン


退職代行ガーディアンは、東京労働経済組合が運営しているサービスのため、違法性がありません。安心して退職の全てを任せられます。

これまで退職代行ガーディアンを利用した方の中に、退職できなかった方はいません。100%の確率で退職できているため、確実に退職したい方におすすめです。

「1か月前までに申告しないと退職できない」などと会社で決められている場合でも、退職代行ガーディアンであれば即日退職できます

退職代行ガーディアンをチェック

退職代行コンシェルジュ


退職代行コンシェルジュは、自身に最適な退職代行サービスを提供してくれるサービスです。退職代行コンシェルジュは、次のような退職代行を提供しています。

  • 退職代行ニコイチ
  • 退職代行サービスSARABA
  • 退職代行jobs

それぞれに特徴があるため、自身で選ぶのが不安という方は、退職代行コンシェルジュを利用して、最適なサービスを選びましょう。

退職代行コンシェルジュをチェック

退職代行リスタート


退職代行リスタートは、0円で利用できるサービスです。

しかし、0円で利用するには、退職代行リスタートの運営会社が運営する転職サービスを利用する必要がある点に注意してください。また、利用できる年齢は20代に限定されています。

無料で退職代行のサービスが受けられる上に転職の支援まで受けられるため、利用したい方も多いかと思いますが、30代以降の方は利用できません。

退職代行リスタートをチェック

まとめ

今回は、教員を辞めたいと感じる理由や退職するメリット・デメリットなどをお伝えしてきました。教員を退職するメリットとデメリットを比較し、本当に退職するべきかもう1度考えてみてください。

メリット

  • 休日に休む時間を確保可能
  • ストレスから解放

デメリット

  • 給与の低下
  • 不安定
  • 退職金の減額



上記のとおり、教員を辞めると休日に休む時間を確保できたり、人間関係や長時間労働などに関わるストレスから解放されたりするメリットがあります。

時間やストレスが原因で退職を考えている方にとっては、大きなメリットです。

しかし、退職すると給与が下がったり退職金が減額したりするデメリットもあります。退職するメリットの方が大きいと感じた方は、退職を検討しましょう。

なかなか自身から退職を申告できない方は、退職代行サービスを利用してみてください。退職に関わる全ての手続きを代行してくれます。

記事内で紹介した退職代行サービスのほとんどが即日の退職に対応しているため、すぐに退職したいと思っている方も、安心して利用してみてください。

おすすめの退職代行をチェック
退職代行サービスのおすすめ人気ランキング27選!弁護士事務所との違いは?料金や口コミ・評判なども解説! https://entrenet.jp/retirement/columns/rank
※本記事の情報は2022年9月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
退職代行ガーディアン
退職代行コンシェルジュ
退職代行リスタート

よかったらシェアしてね!

Column

同じカテゴリのコラム

すべてみる
  • 【徹底解説】退職代行TORIKESHIはLINEひとつで退職できる?退職までの流れも紹介! 【徹底解説】退職代行TORIKESHIはLINEひとつで退職できる?退職までの流れも紹介!

    【徹底解説】退職代行TORIKESHIはLINEひとつで退職できる?退職までの流れも紹介!

  • 仕事を辞めたいと思う理由とは?辞めたいと思った場合の対処法と辞める際の注意点を解説 仕事を辞めたいと思う理由とは?辞めたいと思った場合の対処法と辞める際の注意点を解説

    仕事を辞めたいと思う理由とは?辞めたいと思った場合の対処法と辞める際の注意点を解説

  • 保育士を辞めたいと思う理由とは?悩みの解決方法・円満に退職するための注意点も解説 保育士を辞めたいと思う理由とは?悩みの解決方法・円満に退職するための注意点も解説

    保育士を辞めたいと思う理由とは?悩みの解決方法・円満に退職するための注意点も解説

  • 「まだ1ヶ月だけどバイト辞めたい 」円満に辞める方法と便利な退職代行サービスを紹介! 「まだ1ヶ月だけどバイト辞めたい 」円満に辞める方法と便利な退職代行サービスを紹介!

    「まだ1ヶ月だけどバイト辞めたい 」円満に辞める方法と便利な退職代行サービスを紹介!

  • 転職失敗して辞めたいと後悔する原因とは?転職を失敗させないために気を付けるべき事 転職失敗して辞めたいと後悔する原因とは?転職を失敗させないために気を付けるべき事

    転職失敗して辞めたいと後悔する原因とは?転職を失敗させないために気を付けるべき事

  • パワハラを理由に退職できる?退職する際の注意点やトラブル回避のための退職代行サービスも紹介 パワハラを理由に退職できる?退職する際の注意点やトラブル回避のための退職代行サービスも紹介

    パワハラを理由に退職できる?退職する際の注意点やトラブル回避のための退職代行サービスも紹介

  • 大阪の退職代行おすすめ21選!民間企業・労働組合・弁護士事務所運営の退職代行サービスをそれぞれ紹介 大阪の退職代行おすすめ21選!民間企業・労働組合・弁護士事務所運営の退職代行サービスをそれぞれ紹介

    大阪の退職代行おすすめ21選!民間企業・労働組合・弁護士事務所運営の退職代行サービスをそれぞれ紹介

  • 退職代行で即日退職は可能?おすすめの業者や即日退職の方法を解説 退職代行で即日退職は可能?おすすめの業者や即日退職の方法を解説

    退職代行で即日退職は可能?おすすめの業者や即日退職の方法を解説

  • 退職代行サービスのおすすめ人気ランキング27選!弁護士事務所との違いは?料金や口コミ・評判なども解説! 退職代行サービスのおすすめ人気ランキング27選!弁護士事務所との違いは?料金や口コミ・評判なども解説!

    退職代行サービスのおすすめ人気ランキング27選!弁護士事務所との違いは?料金や口コミ・評判なども解説!

  • 退職代行サービスを使ったトラブルを避ける方法!交渉や請求の対応には弁護士が必要? 退職代行サービスを使ったトラブルを避ける方法!交渉や請求の対応には弁護士が必要?

    退職代行サービスを使ったトラブルを避ける方法!交渉や請求の対応には弁護士が必要?

  • 退職代行サービスで失敗しない方法!弁護士に依頼するのが交渉もできてトラブルを防げる? 退職代行サービスで失敗しない方法!弁護士に依頼するのが交渉もできてトラブルを防げる?

    退職代行サービスで失敗しない方法!弁護士に依頼するのが交渉もできてトラブルを防げる?

  • 後払いで利用できる退職代行サービスを徹底紹介!料金・費用をクレジットカードで決済する必要はある? 後払いで利用できる退職代行サービスを徹底紹介!料金・費用をクレジットカードで決済する必要はある?

    後払いで利用できる退職代行サービスを徹底紹介!料金・費用をクレジットカードで決済する必要はある?

PAGE TOP