仕事を辞めたいと思うストレスの原因とは?ストレスで起こる症状や対処法を解説

「仕事がキツくて辞めたい」「退職する旨を告げると、上司に怒られたり周囲の人間に悪い噂を流されたりするか不安」

仕事を辞めたいけど、周囲の評価などを気にして退職する旨を告げられない方は、多いのではないでしょうか。

しかし嫌々仕事を続けるとストレスが溜まるため、心は確実に蝕まれていきます。そのため、ストレスの原因を知り、早めに対処する必要があります。

今回は、仕事を辞めたいと思うストレスの原因や症状、対処法などを紹介します。仕事で辛い思いをしている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

今すぐ会社を辞めるなら退職代行TORIKESHI


退職代行TORIKESHIの特徴は、次のとおりです。

  • 退職できなければ全額返金
  • アフターフォローが充実している
  • 郵送で手続きが完結

退職代行TORIKESHIでは、離職票や雇用保険被保険者証など、退職後に必要な書類の受け取りまでサポートしてくれます。また無料で転職支援も実施しているため、仕事を辞める前から退職後まで、すべての手続きを任せられます。

退職代行TORIKESHIに依頼すると、「次の仕事が見つかるかな」などの不安も感じないでしょう。

退職代行TORIKESHIをチェック

仕事を辞めたいと感じるストレスの原因とは?


仕事を辞めたいと感じるストレスの原因で挙げられる理由は、主に次の7つです。

  • 職場の人間関係
  • 仕事内容が自身の能力・適性に合っていない
  • 残業・休日出勤による生活習慣の乱れ
  • パワハラ・セクハラ・いじめ・理不尽な扱い
  • 周り・上司から正当な評価を受けていない
  • 給料が安すぎる
  • ノルマ・プレッシャー・責任が思い


上記のうち1つでも当てはまっている方は、心のどこかで仕事を辞めたいと思われているでしょう。頑張ることも大切ですが、ときには十分な休息が必要です。主なストレスの原因を見ていきましょう。

職場の人間関係

職場には、ご自身の性格に合う方もいれば合わない方もいます。職種にもよりますが、勤務時間が長いほど人と接する時間も増えます。団結力がより求められるような職場であれば、人間関係も深くなる傾向にあるでしょう。

しかし、周囲の方がご自身の性格とマッチしなければ、精神的に疲れてしまうでしょう。また同じ立場であっても人当たりの強い方や、必要以上に注意するタイプの上司など、さまざまな性格の方が職場にはいます。

ご自身の性格に合わない方が多いと、仕事を辞めたいと感じるのは時間の問題といえるでしょう。「職場の人間関係がうまくいかずに仕事を辞めたい」と思われる方は、職場の人間関係に悩みにくくなる次の方法を試してください。

  • ムリに良好関係を築こうとしない
  • あくまで仕事と割り切る
  • 必要以上に話しかけない


せっかく仕事を頑張っている方でも、人間関係が原因のストレスで業務のパフォーマンスを落とすのは勿体無いです。次回出勤する際には、上記で挙げた方法を実践してみてください。気持ちが楽になる可能性があります。

仕事内容が自身の能力・適性に合っていない

仕事内容がご自身の能力や適性に合っていないと、仕事に精を出しても本来のパフォーマンスを発揮できません。

たとえば、プロ野球選手がサッカーをしても、必ずプロになれるとは限りません。ご自身の能力や適正に合っているフィールドで精を出すことで、本来のパフォーマンスを発揮できるのです。

ご自身の頑張りと結果が比例していなければ、精神的にも肉体的にも疲労が溜まってくるため、次第に仕事を辞めたくなる恐れがあります。

残業・休日出勤による生活習慣の乱れ

残業や休日出勤が多いと、生活習慣が乱れて自律神経のバランスを崩しかねません。自律神経とは、「交感神経」と「副交感神経」から成り立ち、内臓や体温など体の機能をコントロールしてくれている神経です。

十分な休息が取れないと交感神経の活動時間が長くなるため、自律神経のバランスが崩れます。体の機能をコントロールしている自律神経は、バランスを崩すと体にさまざまな不調を起こすのです。その原因の1つが、ストレスです。

残業や休日出勤が重なると、自律神経の乱れを引き起こすストレスは、次第に強くなります。精神がストレスに耐えられなくなり、仕事を辞めたいと感じる可能性があります。

パワハラ・セクハラ・いじめ・理不尽な扱い

仕事を辞めたいと感じる最も大きな原因は、パワハラやセクハラ、いじめや理不尽の扱いを受けた時といえるでしょう。このようなケースでは、肉体面はもちろん精神面も蝕まれていきます。

物理的な傷は時間と共に回復していきますが、精神へのダメージは、簡単には回復しません。場合によっては、「鬱」を発症する可能性があります。

パワハラやセクハラに心当たりのある方は、次のような対処法を取ってください。

  • 上司に相談する
  • 弁護士に相談する
  • 労働基準監督署に相談する


パワハラやセクハラなどは、受ける時間が長いほど精神が蝕まれていきます。「まだ我慢できるかな」と、心に余裕のあるうちに、上記の対処法を取ることをおすすめします。

周り・上司から正当な評価を受けていない

ご自身が仕事を頑張っていても、職場の方から正当な評価を受けていないと、業務に対してのやる気が損なわれかねません。努力の限り行っても正当な評価をもらえなければ、仕事を辞めたくなるかもしれません。

また、年功序列が採用されている職場だと、「勤務年数が高い方に気を配る」という風習が成り立っている可能性もあります。このようなケースでは、パフォーマンスが高くても勤務年数が短い方は、正当な評価を受けられない可能性が考えられます。

そのため、「この職場は運が悪かった」と開き直り、転職を考えるのも1つの手です。

給料が安すぎる

勤務年数が長くなるにつれ作業も増える傾向にありますが、業務内容が給料に見合っていなければ、仕事を辞めたくなるでしょう。責任が増すだけで給料が上がらないのは、理不尽といえます。

しかし給料については、会社の資金の問題も関わってきます。資金が豊富な企業は給料が高い傾向にあるでしょう。しかし資金が少ない企業であれば、勤務年数が長くても給料が一向に上がらない可能性もあります。

また会社によっては、業務に必要な資格を取得することで、給料が上がる仕組みを採用している企業もあります。勤務先の給料システムがどのようになっているかを確認して、将来的に給料が上がる可能性があれば、現在の会社で仕事を頑張るのも1つの手です。

収入がアップする見込みがなければ、転職を視野に入れていいでしょう。

ノルマ・プレッシャー・責任が思い

今のお仕事を選ばれた動機は、「やりがいがある」「昔からの夢だった」などさまざまでしょう。しかし厳しいノルマが設けられている職場では、気づいた頃には「ノルマだけを追いかけている」など、仕事へのやりがいを忘れている可能性があります。

好きな仕事でもノルマなどに押しつぶされそうな日々を過ごしていると、業務にやりがいを感じられず、仕事を辞めたくなるのは時間の問題といえます。

このようなプレッシャーは、ご自身のみならず周囲の人間も感じている可能性があるのです。そのため、思い切って同僚や上司に相談すると、精神が少しラクになるかもしれません。

おすすめの退職代行をチェック
今すぐにでも仕事を辞めたい人必見!明日にでも仕事を辞めることができる合法的な方法を解説します! https://entrenet.jp/retirement/columns/sugu

【こんなサインに注意!】仕事を辞めたいストレスで起こる症状


ストレスを我慢していると、次のような不調が体に生じる可能性があります。

  • 気持ちが落ち込みやる気ができない
  • 夜は眠れない・朝は起きられない
  • うつ病・自律神経失調症を発症
  • 何をしてもイライラする
  • お酒を飲まずにいられない
  • 摂食障害


上記の症状が出たときには、無理をせずに十分な休息をとってみましょう。それぞれの症状を紹介します。

気持ちが落ち込みやる気ができない

人間の体には、アドレナリンやセロトニンなど、いわゆる「神経伝達物質」が多く存在します。

神経伝達物質には感情をコントロールする機能も備わっていますが、長期的にストレスを受けるとこれらのバランスが崩れるため、次のような症状が出る可能性があります。

  • 朝起きると憂鬱
  • やる気が出ない


上記の症状に心当たりのある方は、長期間ストレスを感じていたことで、神経伝達物質のバランスが崩れている可能性があるのです。症状を改善するには、十分な休息及び、栄養摂取が欠かせません

朝忙しい方でも、意識して朝食を摂るように心がけましょう。また、夜更かしせずに、十分な睡眠もとってください。

夜は眠れない・朝は起きれない

夜は寝られなかったり、朝は起きられなかったりする方は、「不眠症」を患っている可能性があります。不眠症は、睡眠と覚醒のバランスが崩れることで起こるといわれています。

たとえば「眠たいけど仕事を片付けないといけない」、「仕事が早朝からあるため十分な睡眠がとれない」などの状態が続くと、睡眠と覚醒のバランスが崩れるのです。

不眠症に陥ると、起きられなかったり寝られなかったりするだけでなく、次のような症状が日中に発生する可能性があります。

  • 気づくと仕事以外のことを考えている
  • 夜更かししたみたいに体が重い


これらの症状は赤信号です。上記に症状に心当たりのある方は、病院にて早期に受診してください。

うつ病・自律神経失調症を発症

長期的にストレスを受けると、「うつ病」「自律神経失調症」などを発症する可能性があります。これらの症状は一貫して、長期的なストレスを受けることで発症するといわれています。具体的な症状は、主に次のとおりです。

  • 気持ちが沈む
  • 日常に楽しさを見出せない
  • やる気が出ない


上記のような症状が出ている場合には、うつ病や自律神経失調症の疑いがあります。うつ病は、日頃の運動と薬物治療で改善できます。しかし、自律神経失調症を根本から改善する解消法は見つかっていません。

そのため、原因となるストレスを減らすのが、自律神経失調症を解消するための近道です。

日常にストレスを発散する機会のない方は、休日に遠出したり、マッサージを受けたりするのがおすすめです。どちらもストレスを発散する効果があるため、うつ病や自律神経失調症が軽減する可能性があります。

何をしてもイライラする

長期間ストレスを受け続けると、自律神経のバランスが乱れるため、些細なことでもイライラするようになります。たとえ普段から優しい方でも、自律神経の乱れが引き起こすイライラは避けられないでしょう。

常にイライラしていると、場合によっては周囲から人が遠ざかっていく可能性も考えられます。一度距離を置かれると、以前通りの人間関係に戻るのには時間が必要です。そのため、「最近些細なことでもイライラするな」と感じる場合には、次のような対処を早めに行いましょう。

  • 読書をする
  • 毎日運動をする


読書や運動は、ストレス軽減効果があることで知られています。日常的に取り入れることで、ストレスを緩和する効果が期待できるのです。

お酒を飲まずにいられない

お酒を飲むことで、気分が大きくなったり心地よさを感じたりして、仕事のストレスを忘れられます。

しかし、仕事でストレスを感じるたびに飲酒を繰り返していては、最悪アルコール中毒に陥る可能性があります。すでに仕事のストレスで大きな負担を感じているのに加えて、アルコール中毒に陥ると、精神はよりボロボロになるでしょう。

またアルコール中毒から脱出することは難しく、万が一脱出できても、再度飲酒を繰り返す恐れがあります。

日本地域看護学会誌によると、アルコール依存症患者の入院治療後の断酒率は、3年後には12〜17%といわれています。つまり、アルコール依存症を脱出した方の8割以上が、再度飲酒を繰り返しているということです。

一度アルコール依存症に陥れば、今後は楽しくお酒を飲めない可能性もあります。そのためストレスを感じるからといって、高頻度の飲酒は避けましょう。

摂食障害

摂食障害は、ストレスを発散するために暴飲暴食を繰り返したり、極度のストレスで食欲を無くしている期間が長引いたりすることで発症する可能性があります。摂食障害と一口にいっても、主に次の2つに分けられます。

  • 拒食症
  • 過食症


拒食症とは、食事を拒んだうえで「もっと痩せたい」と感じる、精神的な病です。たとえ食事を摂ったとしても、嘔吐を繰り返すと体は栄養を摂ることを拒みます。そのため、体に十分な栄養を届けられず、場合によっては生命を脅かす障害が発生します。

過食症とは、暴飲暴食を繰り返して「なんで大量のご飯を食べてしまったんだろう」と、後悔する精神的な病です。体重は増やしたくないものの暴飲暴食を繰り返すため、下剤を使って食べ物を便で排出する行為も見受けられます。

どちらも体に悪影響をもたらす病には変わりありません。摂食障害は薬物治療で改善できるため、上記の症状に心当たりのある方は、早めに病院で受診するのが好ましいです。

辞めたい!仕事でストレスを感じやすい人とは?

仕事でストレスを感じやすい方の特徴は、次の3つです。

  • 職場の人に気を使いすぎる人
  • 真面目で責任感が強い人
  • 負けることに不安を感じる負けず嫌いな人


どれも出世するうえで、欠かせない要素といえるでしょう。しかし知らずのうちに、ご自身を苦しめている可能性があるのです。

それぞれ見ていきましょう。

職場の人に気を使いすぎる人

職場で人間関係を構築していくうえで、周囲の人間に気を使うのは大切です。しかし、気を使いすぎると、ストレスの原因になります。

  • 自分の仕事を後回しにしても他人の業務を手伝う
  • 残業を頼まれるものの断れない


上記に当てはまる方は、周囲の人間から「あの人は仕事ができるから」と、信頼されている可能性があります。しかし気を使いすぎるがあまり、ご自身の意見を尊重せずに、他人に力を貸し続けるとキャパオーバーになります

気づいた頃には、心身共に疲れているでしょう。職場で気を使うのは大切ですが、ほどほどにしましょう。

真面目で責任感が強い人

真面目で責任感が強い方の特徴として挙げられるのは、「完璧主義」です。完璧主義の方は、自信の中に絶対的なルールがあるため、少しの妥協も許しません。周囲の人間からは、一見「芯のある人」と思われるでしょう。

しかし常に完璧を求めていると心を休められないため、次第にストレスが溜まります。完璧主義の方は、ご自身の精神的なキャパを超えない範囲で、業務をこなす心がけが必要です。

負けることに不安を感じる負けず嫌いな人

負けず嫌いな方も、ストレスを感じやすい傾向にあります。負けず嫌いな方は、周囲よりも好成績を出すことを目標としているため、「1位になる」という強い原動力をうちに秘めています。

しかし、努力しても他人よりも成績が優れていないと、「こんなに頑張ったのになぜ1位を取れない」などとご自身を苦しめる原因になりかねません。

負けず嫌いな方は仕事に精一杯頑張る反面、ご自身を苦しめやすいため、ときには休息が必要です。

会社・仕事を辞めたい!と思った時の対処法とは?おすすめの退職サービス5選も紹介! https://entrenet.jp/retirement/columns/quit-company

ストレスで仕事を辞めたくなった時の解決策・対処法


ストレスで仕事を辞めたくなった時の解決策や対処法は、主に次の7つです。

  • 上司が信頼できるなら相談してみる
  • 労働基準監督署などの専門の窓口に相談する
  • 他部署への異動を検討する
  • 転職エージェントに登録して転職活動を行う
  • 心療内科を受診して診断書をもらう
  • 家族や友人に相談する
  • 辛いときには会社を退職する選択肢もある


どれか1つでも行うと、ストレスが緩和される可能性があります。ストレスの解決策や対処法を見ていきましょう。

上司が信頼できるなら相談してみる

職場に信頼できる上司がいるなら、「ストレスが原因で仕事をやめようか迷っている」旨を相談してみてください。信頼できる上司であれば、ストレスの原因や解決策を、ご自身と一緒に探してくれるでしょう。

労働基準監督署などの専門の窓口に相談する

労働基準監督署とは、企業が労働法を守って会社を運用しているかを見極める機関です。たとえば未払いの残業代があったり、最低賃金を下回る給与を支払っていたりすると、企業に対して指導を行ってくれます。

そのほかにも、ハラスメント行為などを相談できます。給与をキチンと支払ってもらっていなかったり、ハラスメント行為を受けていたりする方は、労働基準監督署に相談するのも1つの手です。

相談先はご自身のお住まいによって異なるため、厚生労働省 都道府県労働局のHPを参考にして、問い合わせてください。

他部署への異動を検討する

「労働環境が厳しいけど現在の職種で働きたい」という方は、他部署への移動を上司に打診するのも1つの手です。職種によっては他部署でも似ている業務を扱っているため、転職のような「一から仕事を覚える難しさ」は、さほど感じないかもしれません。

また、他部署への移動手続は、転職や退職手続きに比べると苦労しません。思い切って他部署への移動を打診すると、以前のようなストレスを感じなくなる可能性があります。

転職エージェントに登録して転職活動を行う

転職エージェントとは、企業と転職者を結びつける仲介役です。具体的には、まず転職エージェントが企業に対して、求める人材を聴取します。そして転職者の希望やスキルを考慮したうえで、ご自身にマッチする企業を紹介してもらえるのです。

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーから職業を紹介してもらえるため、ご自身で新たな仕事を探すよりもスムーズに転職を行えます。転職エージェントには、主に次のような企業があります。

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • ビズリーチ
  • リクルートダイレクトスカウト
  • iX転職


ご自身のスキルが発揮できる職種をスムーズに探したい方は、転職エージェントに登録するのが好ましいでしょう。

心療内科を受診して診断書をもらう

次のような症状が続いている場合には、心療内科を受診して診断書をもらってください。

  • 気分の浮き沈みが激しい
  • 眠れない
  • 不安が溜まる
  • やる気が起きない


上記の症状が長期で続いている場合には、精神的な病を発症している可能性があります。心療内科で診断書をもらうと、正当な理由で仕事を休めます。十分な休息で心身共に万全な状態を作ってから、社会復帰しましょう。

家族や友人に相談する

悩み事は、信頼できるご家族やご友人に相談するのがおすすめです。昔からご自身のことを大切に思ってくれている方であれば、親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

たとえ信頼できる上司であっても、すべての悩み事を打ち解けられるわけではありません。心の底から信頼できる方に相談することで、ご自身のお悩みが軽減される可能性があります。

辛い時には会社を退職する選択肢もある

仕事が辛いときには、会社を退職するのも1つの手です。しかしいざ退職しようとしても、周囲の人間から「ここで続かなかったらどこに行ってもムリだよ」などと、ご自身の可能性を潰すような言葉をかけられる場合があります。

そのような言葉は本質を突いていないため、真剣に聞く必要はほとんどありません。現在の会社が辛いという理由で転職しても、「次の職場では楽しく仕事をできている」というケースはよくあることです。

周囲の方の言葉をあてにするのではなく、ご自身の気持ちを尊重して、思い切って退職届を出してみてはいかがでしょうか。

限界を感じる前に!仕事のストレス解消法とは?


仕事で溜まったストレスの解消法は、主に次の3つです。

  • 休みをとってリフレッシュする
  • 運動などで体を動かす
  • 自分へのご褒美をあげる


上記の内容を日常生活に取り入れるほど、ストレスは軽減する傾向にあります。それぞれ見ていきましょう。

休みをとってリフレッシュする

仕事で働き詰めの方には、十分な休息が必要です。ご自身は「まだ働ける」と思っていても、気付かぬうちに心身共にダメージを受けています

たまには十分な休息をとって、趣味に没頭したり遠出したりなど、仕事を忘れるほどリフレッシュしてください。十分な休息を取れると、体が軽くなったように感じられるでしょう。

運動などで体を動かす

運動でストレスが軽減されることは、科学的に証明されています。具体的には、運動により血流が良くなるため、脳が活性化します。

そして、神経伝達物質の一種である「セロトニン」が脳内に増えるのです。セロトニンは幸せホルモンと呼ばれるほどで、体の緊張を緩和してストレスを軽減する効果があります。

たとえ激しい運動でなくともセロトニンは分泌されるため、ウォーキングなど手軽に始められる運動から取り入れてみてはいかがでしょうか。

自分へのご褒美をあげる

仕事で頑張った自分にご褒美をあげることでも、ストレスは軽減されます。何をご褒美と感じるかは人それぞれですが、よくあるのは「頑張ったら甘いものを食べる」でしょう。甘い食べ物は、セロトニンの分泌を促すことで知られており、ストレス解消には効果的です。

そのため、「今週頑張ったら甘いものを食べる」など、明確なご褒美を設定しましょう。仕事の対価にご褒美を設けることで、以前よりもやる気に満ち溢れた日々を過ごせるでしょう。

ストレスで仕事を辞めたい場合に円満に退職する方法


仕事を円満に退職する方法は、次の4つです。

  • 退職希望日の2〜3か月前に直属の上司に相談する
  • 退職理由はポジティブな理由にする
  • 就業規則のルールを確認する
  • 引き継ぎをしっかり行って退職する


たとえ強いストレスを感じていても、無断で退職するのは避けましょう。無断で退職して企業に大きな損害が発生した場合には、損害賠償金を求められる可能性もあるからです。

そのため、ストレスが原因で退職を考えている方でも、仕事は円満に辞めましょう。

退職希望日の2〜3か月前に直属の上司に相談する

仕事は、退職希望日の2〜3か月前に直属の上司に相談するのが好ましいです。法律では退職希望日の2週間前に「仕事を辞める旨」を伝えると退職できます

しかし仕事を辞める旨を告げてから2週間後に退職すると、ご自身が勤めていたポジションに人員を配置できず、人手不足に陥る可能性があります。これでは、円満に退職できたとはいえません。

そのため人員の配置を考慮して、退職希望日の2〜3か月前に、仕事を辞める旨を直属の上司に伝えてください。

退職理由はポジティブな理由にする

ストレスが原因で仕事を辞める方でも、退職理由はポジティブな内容にしましょう。たとえば、「職場の環境が悪い」や「給与が低い」など、正直に退職理由を伝えると口論に発展する可能性があります。当然、退職しても後味が良くありません。

そのため退職理由には、次のようにポジティブな内容を伝えるのがおすすめです。

  • やりたいことが見つかった
  • 昔から憧れていた仕事に転職する


上記の内容であれば、口論に発展することなく円満に退職できるでしょう。

就業規則のルールを確認する

たとえ退職する場合でも、就業規則のルールは確認してください。退職する方に設けられている就業規則には、次のような内容があります。

  • 貸し出し物の返却
  • デスクの整理


多くの企業では、退職するまでの間に上記のことを行う必要があります。退職手続きも仕事の一環なので、仕事を辞めるまでは企業のルールに則りましょう。

引き継ぎをしっかり行って退職する

退職する前には、業務に関する内容を、ご自身の代わりとなる方に引き継ぎをしましょう。とくに、ご自身が勤めていたポジションが1人だった場合は、内容を詳細に引き継ぐ必要があります。

引き継ぎが漏れてしまうと、会社に不利益をもたらす可能性があるだけでなく、ご自身の代わりとなる方にも迷惑がかかりかねません。

業務内容の引き継ぎも仕事の一環のため、漏れのないように行ってください。

パワハラを理由に退職できる?退職する際の注意点やトラブル回避のための退職代行サービスも紹介 https://entrenet.jp/retirement/columns/abuse

退職を円満に進めたいなら!退職代行サービスがおすすめの理由


退職代行サービスとは、業者がご自身に代わって、退職手続きを行なってくれるサービスです。「退職する旨を伝えにくい」などと感じる方におすすめのサービスで、次のようなメリットがあります。

  • 上司に会わずに退職の手続きが進められる
  • 即日で辞めることができる


メリットを見ていきましょう。

上司に会わずに退職の手続きが進められる

退職代行サービスを使うと、退職にあたる手続きは、業者がご自身に変わって行ってくれます。つまり、ご自身が上司に退職届などを提出する必要がないということです。

上司に会わずに退職の手続きが進められるのは、精神的に楽といえます。

即日で辞めることができる

退職代行サービスによっては、「即日退職」という手続きを行なってもらえます。即日退職では、退職代行サービスが依頼を受注したその日から出勤する必要がなくなります。

ただし、退職代行サービスには、「即日対応」という手続きもあります。即日対応と即日退職では、意味合いが異なります

即日対応は、あくまですぐに退職代行の手続きを取ってもらう方法です。つまり、退職代行を依頼した翌日も、出勤が必要な可能性があるということです。

即日退職と即日対応は異なるため、退職代行サービスを選ぶ際は注意してください。

ストレスで仕事を辞めたい時のおすすめの退職代行サービス5選

ストレスで仕事を辞めたい時のおすすめの退職代行サービスは、次の5社です。

  • 退職代行jobs
  • 退職代行ガーディアン
  • 退職代行コンシェルジュ
  • 退職代行SARABA
  • TORIKESHI


業者ごとの特徴を見ていきましょう。

退職代行jobs


項目内容
料金・27,000円〜31,000円
対応方法・LINE ・電話 ・メール
対応時間24時間
支払い方法・銀行振込 ・クレジットカード ・コンビニ決済 ・現金翌月払い(paidy)
運営会社株式会社アレス

※料金はすべて税込表示です。

退職代行jobsの特徴は次のとおりです。

  • 無料転職サポートあり
  • 退職できなければ全額返金
  • 有給休暇の無料申請サポート
  • 労働組合に加入している
  • 何度でも相談可能
  • 現金後払いOK(カンタンな審査あり)


退職代行jobsでは、有給休暇を無料で申請してくれます。これから会社を辞められる方でも、有給が余っているケースは多いでしょう。

しかし、「これから辞めるのに有給休暇の申請はしにくい」と感じる方もいます。そのような方のためにも退職代行jobsでは、ご自身に代わって有給取得の申請をしてくれるのです。有給をすべて消化したうえであれば、心残りなく退職できるでしょう。

退職代行jobsをチェック

退職代行Jobsの口コミ・評判は?利用する流れとメリットとデメリットも徹底解説 https://entrenet.jp/retirement/columns/jobs

退職代行ガーディアン


項目内容
料金29,800円
対応方法・LINE ・電話
対応時間24時間
支払い方法・銀行振込 ・クレジットカード
運営会社東京労働経済組合

※料金はすべて税込表示です。

退職代行ガーディアンの特徴は、次のとおりです。

  • 労働組合に加入している
  • 退職率100%
  • 追加料金一切なし
  • 即日から出社せず退職可能


退職代行ガーディアンでは、退職代行の依頼を受注した日から、依頼者は出勤する必要がなくなります。

退職にあたる手続きはすべて退職代行ガーディアンが代行してくれるため、ご自宅で休息をとりながら仕事を辞められるのです。精神的に辛い思いをしている方でも、退職代行ガーディアンには安心して退職代行を依頼できます。

退職代行ガーディアンをチェック

退職代行ガーディアンの口コミ・評判は?メリットとデメリット、申し込み方法なども解説 https://entrenet.jp/retirement/columns/guardian

退職代行コンシェルジュ


項目内容
料金・アルバイト/パート:49,800円 ・正社員/契約社員/派遣社員:39,800円
対応方法・LINE ・電話 ・メール
対応時間24時間
支払い方法銀行振込
運営会社合同会社SAC

※料金はすべて税込表示です。

退職代行コンシェルジュの特徴は、次のとおりです。

  • 退職率100%
  • 顧問弁護士が指導
  • 転職支援も受けられる
  • 何度でも無料相談可能


退職代行コンシェルジュは、依頼者の退職率が100%という実績があります。そもそも、退職代行サービスを使っても必ず退職できるというわけではありません。

しかし退職代行コンシェルジュに依頼すれば、どのような企業でも退職までサポートしてくれるでしょう。

退職代行コンシェルジュをチェック

【2021年最新版】退職代行コンシェルジュの口コミ・評判とは?メリット、デメリット、退職までの流れを徹底解説! https://entrenet.jp/retirement/columns/concierge

退職代行SARABA


項目内容
料金24,000円
対応方法・LINE ・電話 ・メール
対応時間24時間
支払い方法・銀行振込 ・クレジットカード
運営会社株式会社スムリエ

※料金はすべて税込表示です。

退職代行SARABAの特徴は、次のとおりです。

  • 何度でも無料相談可能
  • 雇用形態問わず一律24,000円
  • 労働組合に加入している


退職代行サービスを使っても必ず退職できるわけではないとお伝えしました。退職代行業者では、職場に退職の旨を伝える手続きが行われますが、企業から反対されると仕事を辞められない可能性があります。

しかし労働組合に加入している退職代行SARABAは、団体交渉権を所有しているため、万が一企業から退職を反対されても、正規の手続きを踏んで退職にあたる交渉をしてくれます。

また、未払いの給与についても、交渉してくれるのです。そのため、退職までみっちりサポートしてもらえるでしょう。

退職代行SARABAをチェック

退職代行サラバの口コミ・評判を紹介!労働組合が運営する退職代行サービスって料金や対応はどう?LINEで無料相談もできる? https://entrenet.jp/retirement/columns/saraba

退職代行TORIKESHI


項目内容
料金25,000円
対応方法・LINE ・メール
対応時間24時間
支払い方法・銀行振込 ・クレジットカード
運営会社株式会社エンターキー

※料金はすべて税込表示です。

退職代行TORIKESHIの特徴は、次のとおりです。

  • 退職できなければ全額返金
  • アフターフォローが充実している
  • 郵送で手続きが完結


退職代行TORIKESHIでは、離職票や雇用保険被保険者証など、退職後に必要な書類の受け取りまでサポートしてくれます。また無料で転職支援も実施しているため、仕事を辞める前から退職後まで、すべての手続きを任せられます。

退職代行TORIKESHIに依頼すると、「次の仕事が見つかるかな」などの不安も感じないでしょう。

退職代行TORIKESHIをチェック

退職代行サービスを利用する際の流れ

退職代行サービスを利用する際の流れは、次のとおりです。

  1. 退職の相談をする
  2. 料金を支払う
  3. 退職代行サービスが退職の手続きを行う
  4. 貸与物などを郵送で返却する


退職代行サービスを利用する際の流れを見ていきましょう。

1:退職の相談をする

まずは退職代行サービスに、電話やメールで相談してください。退職にあたって、とくに不安を感じている方は電話での相談がおすすめです。悩みを口頭で相談することで、気持ちはラクになるはずです。

2:料金を支払う

退職代行サービスごとに、さまざまな支払い方法を設けています。すぐに費用を用意できない方は、退職代行jobsが導入している支払い方法の、「現金翌月払い」を利用するのも1つの手です。

退職代行サービスを選ぶ際は、ご自身の希望する支払い方法を設けているかを参考材料にするのもいいでしょう。

3:退職代行サービスが退職の手続きを行う

退職代行サービスが依頼を受注すれば、勤務先に「ご自身が退職を希望している旨」を伝えてくれます

万が一退職を断られた場合でも、労働組合に加入している退職代行サービスであれば、正規の手続きを踏んで交渉してくれます。退職を断れるのが不安と感じる方は、労働組合に加入している退職代行サービスに依頼しましょう。

4:貸与物などを郵送で返却する

退職完了後は、貸与物などを郵送で返却します。万が一、「貸与物は郵送ではなく出社して手渡ししてほしい」と勤務先から伝えられた場合には、一度退職代行業者に相談しましょう。貸与物に問題がなければ、退職手続きが完了します。

上記が退職代行サービスの利用の流れです。手続きはシンプルですが、不明点があれば、退職代行業者に相談してください。

仕事を辞めたいと思う理由とは?辞めたいと思った場合の対処法と辞める際の注意点を解説 https://entrenet.jp/retirement/columns/quit-job

まとめ

仕事を辞めたいと感じるストレスの原因には、「職場の人間関係」や「ハラスメント行為」が関わっていると紹介しました。

ストレスを我慢し続けていると、やる気が出なかったり睡眠障害に陥ったりする可能性があります。そのため、身近の方に悩み相談したり、場合によっては退職したりするのも1つの手です。  

退職する勇気がない方は、「退職代行サービス」の利用を検討してください。退職代行サービスでは、業者がご自身に代わって退職手続きを行ってくれます。

退職代行サービスの選び方がわからないという方は、本記事で紹介した企業に依頼するのがおすすめです。

※本記事の情報は2022年9月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>

よかったらシェアしてね!

Column

同じカテゴリのコラム

すべてみる
  • パートを辞めたいと言いづらい人におすすめの退職方法!円満退職の仕方を徹底解説! パートを辞めたいと言いづらい人におすすめの退職方法!円満退職の仕方を徹底解説!

    パートを辞めたいと言いづらい人におすすめの退職方法!円満退職の仕方を徹底解説!

  • 公務員を辞めたいと感じる理由とは?退職のメリット・デメリットも解説 公務員を辞めたいと感じる理由とは?退職のメリット・デメリットも解説

    公務員を辞めたいと感じる理由とは?退職のメリット・デメリットも解説

  • 放課後等デイサービスを辞めたい場合の対処法や退職代行サービスのメリットを徹底解説! 放課後等デイサービスを辞めたい場合の対処法や退職代行サービスのメリットを徹底解説!

    放課後等デイサービスを辞めたい場合の対処法や退職代行サービスのメリットを徹底解説!

  • 新卒で入社した会社を辞めたい?新卒は3年耐えろと言われる理由や転職のコツを徹底解説! 新卒で入社した会社を辞めたい?新卒は3年耐えろと言われる理由や転職のコツを徹底解説!

    新卒で入社した会社を辞めたい?新卒は3年耐えろと言われる理由や転職のコツを徹底解説!

  • 看護師を辞めたいと感じる理由は?その対処法となるべく早く退職した方がいいケースも紹介 看護師を辞めたいと感じる理由は?その対処法となるべく早く退職した方がいいケースも紹介

    看護師を辞めたいと感じる理由は?その対処法となるべく早く退職した方がいいケースも紹介

  • 医者を辞めたい!医者からの転職におすすめの業種・職種や辞められない場合の解決策を徹底解説! 医者を辞めたい!医者からの転職におすすめの業種・職種や辞められない場合の解決策を徹底解説!

    医者を辞めたい!医者からの転職におすすめの業種・職種や辞められない場合の解決策を徹底解説!

  • トランスコスモスを辞めたい方必見!転職のメリットや転職を成功させるコツを簡単解説 トランスコスモスを辞めたい方必見!転職のメリットや転職を成功させるコツを簡単解説

    トランスコスモスを辞めたい方必見!転職のメリットや転職を成功させるコツを簡単解説

  • 自衛隊を辞めたい!辞める時に注意するポイントやおすすめの退職代行サービスを紹介! 自衛隊を辞めたい!辞める時に注意するポイントやおすすめの退職代行サービスを紹介!

    自衛隊を辞めたい!辞める時に注意するポイントやおすすめの退職代行サービスを紹介!

  • 調剤薬局事務を辞めたいと感じる7つの理由と原因別の解決策を紹介! 調剤薬局事務を辞めたいと感じる7つの理由と原因別の解決策を紹介!

    調剤薬局事務を辞めたいと感じる7つの理由と原因別の解決策を紹介!

  • 40代で会社を辞めたいときに注意するポイントや転職を成功させる方法を紹介! 40代で会社を辞めたいときに注意するポイントや転職を成功させる方法を紹介!

    40代で会社を辞めたいときに注意するポイントや転職を成功させる方法を紹介!

  • 【トーク例あり】バイト・アルバイトを辞めたい時の退職理由と伝え方のポイントを解説! 【トーク例あり】バイト・アルバイトを辞めたい時の退職理由と伝え方のポイントを解説!

    【トーク例あり】バイト・アルバイトを辞めたい時の退職理由と伝え方のポイントを解説!

  • 仕事を辞めたいのは甘えではない!甘えと判断されやすい理由と円満に退職する方法 仕事を辞めたいのは甘えではない!甘えと判断されやすい理由と円満に退職する方法

    仕事を辞めたいのは甘えではない!甘えと判断されやすい理由と円満に退職する方法

PAGE TOP