保育士を辞めたいと思う理由とは?悩みの解決方法・円満に退職するための注意点も解説

子どもが好きな方にとって、保育士は憧れの職業です。しかし、実際に資格を取得して現場に出て働いてみると、「辞めたい」と考える方が少なからずいるようです。

理想と現実は大きくかけ離れていて、「ここまでハードだとは思ってもいなかった…。」「職場の人間関係がうまくいかない…。」など、辞めたいと思う理由も人それぞれ異なります。

本記事では、保育士を辞めたいと思う理由は何か、円満に退職するための方法などを紹介します。

辞めたいけど、ご自身では言いづらい方におすすめする退職代行サービスについても紹介するため、ぜひ参考にしてください。

保育士を辞めたいと思う人はどのくらい?1年間の離職率は9.3%!


厚生労働省の「平成29年社会福祉施設等調査の概況」によると、平成29年時点での保育士全体の離職率は9.3%であり、そのうち私立の施設は10.7%であることがわかりました。

約10人に1人は、職場環境や勤務条件、妊娠や出産などを理由に退職しています。

とくに、専門学校や大学を卒業したばかりの、子どもに多く関わったことがない方にとっては、現場で働くことに多くの不安を感じるようです。

保育士になったあと、不安を持ちながら働く1年目の方たちを、保育園側がどのようにしてサポートをするのかはとても重要です。また、女性が多い職場のため、妊娠による退職も多くあるようです。

保育士を辞めたいと思う8つの理由



憧れの保育士になっても、「辞めたい」と思ってしまうのには、一体どのような理由があるのでしょうか。まず、この見出しでは、保育士が辞めたいと思う8つの理由を紹介します。

仕事量が給料に見合わない


保育士を辞めたい理由の1つに、「仕事量と給料が見合っていない」ことが挙げられます。

保育士の平均月収は約23万円であり、保育士1年目の方は約20万円です。勤続年数が増えて、経験を積めば少しずつベースアップしていくため、50代まで働けば月収は約26万円に増えます。

しかし、保育士の仕事量はとてもハードであり、1日8時間以上働く方も多くいます。

行事が近づけば、部屋の飾り付けの準備があり、子どもの相手はイレギュラーなことが多いため、都度対応しなくてはいけません。

一度仕事が大変だと感じてしまうと、どうしてもお給料に見合っていないと思えてきて、辞めたいと思うようです。

職場の人間関係


女性が多い保育士の職場は、人間関係が原因で辞めたいと思うケースが多くあります。なかでも、次に挙げる2つのパターンに分かれます。

  • 園長と合わないケース
  • 保育士や同僚と合わないケース


園長とのトラブルは、主にパワハラなどのいじめから性格が合わないなどが多くあります。また、保育園の方針と自身の考えが合わないことから、辞めたいと考える保育士もいます。

次に、先輩保育士や同僚とのケースでは、指導が厳しすぎるなどの指導方針や、話しかけても無視されてしまうといったいじめなどが多くあります。

情報共有がされずに、仕事がやりにくくなり辞めざるをえなかった方もおられるようです。

保育士が仕事をするうえで、人間関係をうまく構築することはとても大切です。あまりにも酷いようであれば、別の保育園への転職を検討しましょう。

体力がなく疲労が取れない


朝から晩まで子どもたちに囲まれて、目まぐるしく働き続ける保育士は、ゆっくりと働ける環境とは言えません。

子どもたちがお昼寝をしているときも、打ち合わせや日誌・連絡帳などを書かなくてはいけないため、休む暇はないでしょう。

勤務時間中はほとんど動きっぱなしのため、家に帰っても疲労が取れず、体力的につらくなり辞めてしまうケースが多いです。

保育園・園長の方針に賛同できない


保育園は、それぞれ運動や英語などの学習に力を入れているなど、さまざまな特色があります。

また、園長の方針により、「子どもに否定的な言葉を使わない」や「名前で呼び合う」などの、独自の方針を持つところもあるでしょう。

保育園や園長の方針に賛同できないと、仕事に対するやる気が無くなり、「別の保育園で働きたい」と思うようになります。

休みにくい


保育園の多くは担任制を採用しており、ご自身がクラスを受け持つと、なかなか休みにくい現状があります。

誰か1人でも休むと、その方の仕事をフォローしなくてはいけないため、保育園によってはピリピリするところもあるでしょう。

保育士の休みは、原則「週休2日」にしているところが多いですが、土日休みを希望する方は必ず求人に「完全週休2日制」と記載があるところを選びましょう

そうでないと、まとまった休みが取れないため、気を付けてください。

保育士に向いてないと思う


実際に現場で働いてみると、「もしかしたら、保育士に向いていないかもしれない…。」と、壁にぶつかる方が多くいます。

また、園長や先輩保育士から、「あなたは向いていない」と言われてしまうこともあるかもしれません。

保育士が向いていないと感じる人の特徴は、主に次のとおりです。

  • 人と接するのが苦手
  • 物事の同時進行が苦手
  • 他人と自分を比べてしまう


もしも、壁にぶつかってしまったら、一度仕事の進め方を見なおしてみたり、やりがいは何かを探してみたりしましょう。それでも難しいと思った場合は、転職を視野に入れたほうがよいかもしれません。

残業・持ち帰り残業が多い


保育士の平均残業時間は、厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査」によると、1日平均4時間とあります。この数字はあくまでも平均のため、それよりも少ない保育園ももちろんあるでしょう。

保育士が残業が多くなる理由は、主に次のとおりです。

  • 仕事量が多い
  • 保育士の人員が足りない
  • 持ち帰りの仕事が多い
  • イベントや行事の準備が大変


ご自身が担当するクラスの保育準備などのために、仕事を持ち帰ってする方も多くいます。自身のペースで作業ができるといって、好んで持ち帰る方もいますが、サービス残業になるためやりたく無い方は、辞めたいと思うようになります。

保護者の対応にストレスを感じる


保育士を悩ませる問題の1つに、保護者からのクレームがあります。クレームと言っても、「モンスターペアレント」と言われる理不尽なものもあれば、保護者としての率直な意見もあるでしょう。

保育園における保護者からのクレームは、主に次のとおりです。

  • 子どもの事故やケガに関するクレーム
  • 子ども同士のトラブルに関するクレーム
  • 行事やイベントに関するクレーム
  • 保育士の態度に関するクレーム


クレーム対応は、保護者の方の話をしっかりと聞いて、事実確認したうえで冷静に対応しなくてはいけません。また、ケースによっては周りの保育士に相談したほうがよいこともあるでしょう。

保護者との信頼関係を築くためにも、クレーム対応はとても大切ですが、慣れていない方や高圧的な態度を取る保護者が多いと、疲れを感じてしまうかもしれません。

保育士は年度末でしか辞められないの?



クラスの担任を受け持つ保育士は、年度途中で辞めることをご法度としている施設も多くあります。ですが、本当に保育士は年度末でしか辞められないのでしょうか。

労働基準法では退職の意志は2週前の申し出でも良い


労働基準法では、保育士の場合でも退職を希望する2週間前までに施設に申し出れば、自由に退職が可能です。

しかし、引継ぎ期間が短いなどの理由で、施設とトラブルになる可能性は高いでしょう。

雇用契約書を確認


施設によっては、入職時に交わす「雇用契約書」により、年度途中の退職を禁止しているケースがあります。まず、辞めたいと思ったら、雇用契約書を確認してみてください。

保育士を辞めたいと思ったら!悩みを解決する方法



働き疲れてしまい、心身の不調を感じたら、早めに対処しなければいけません。では、保育士が辞めたいと思ったら具体的にどうしたらよいのか、2つのポイントを見ていきましょう。

悩みを信頼できる周りの人に相談する


保育士を辞めたいと悩んでいることを、1人で抱え込んではいけません。そこで、まずは信頼できる周りの人に相談してみましょう。

第三者に話を聞いてもらうことで、客観的なアドバイスや自身では気付かなかった視点をもらえるため、この先どうしたらよいのかが明確になります。また、話を聞いてもらうだけでも、ストレス解消につながるでしょう。

辞めた後の転職先を考えてみる


もし、今の施設を辞めた場合、次の転職先はどこにしたらよいのかを一度考えてみましょう。保育士の転職先は、大きく分けて3つのパターンがあります。

保育士として他の保育園・保育施設で働く


保育士の転職先でもっとも多いのが、別の保育園や施設で働くケースです。一口に保育園と言っても、種類によって職場環境や待遇も大きく変わってきます

項目詳細
公立認可保育園 (公務員)公務員試験に合格しなければならないが、給与待遇などがよい
私立認可保育園リトミックや英語など、保育園独自の保育方針がある
認可外保育園行政の枠を超えて、認可保育園にはない個性的な保育園がたくさんある
企業内保育園企業が福利厚生の一部として運営しており、小規模保育園ほどの人数で運営がなされる
託児所一時的な保育が多く、残業や持ち帰りはほとんどない

それぞれの特徴を正しく理解して、ご自身にあった働き方ができる保育園を選びましょう。

全くの異業種に転職する


保育園や施設から離れて、全くの異業種に転職する場合の、おすすめな職種は次のとおりです。

  • 事務職
  • 営業職
  • アパレル職
  • 介護職
  • IT職


事務職は主に、保育士の仕事が「体力的につらい」と感じていた方が、転職先に選ぶ傾向があります。基本的なPCスキルがあれば、どなたでも挑戦しやすいのが魅力です。

営業職やアパレル職は、コミュニケーションスキルや体力が求められる仕事ですが、人と接するのが大好きな方におすすめです。子どもが好きな方は、子ども服ブランドに転職するのもよいかもしれません。

そのほかにも、多くの職種があるため、チャレンジしてみたいものがあれば、積極的に行動してみましょう。

保育士の仕事が活かせる仕事に転職する


転職先でも保育士の資格を活かしたい方は、保育士の仕事が活かせる職種に転職しましょう。主に、次にあげる職種などがおすすめです。

  • 幼稚園
  • 家庭的保育事業
  • ベビーシッター
  • 福祉施設
  • 放課後児童クラブ
  • 児童館
  • 母子生活支援施設


保育士資格以外にも、ピアノや書道などが得意な方であれば、子ども向けの習い事講師にもチャレンジできるでしょう。ぜひ、ご自身に合った転職先を見つけてみてください。

保育士が年度途中で辞める際の主な退職理由



保育士は年度途中で辞めてはいけないと思っている方が多いですが、実際はそんなことはありません。やむを得ない事情がある場合は、年度途中でも退職可能です。

この見出しでは、保育士が年度途中で辞める主な退職理由を4つ紹介します。

妊娠・出産


女性が多く活躍する保育士の現場では、妊娠・出産を理由に退職することは珍しくありません。妊娠によって体調が変化すれば、仕事がきつくなるケースもあるでしょう。

ただし、妊娠しているからと言って、すぐに辞めたいと申し出るのはよくありません。最低でも、1か月前までには退職の意思を伝えて、引き継ぎをしっかりと行ってください。

家族の介護・病気


家族が病気になり、介護が必要になった場合の生活環境の変化も、年度途中で辞める理由として多く挙げられます。最後までしっかりと担任を持ちたいと思っても、退職せざるを得ない状況になるケースもあるでしょう。

結婚・引っ越し


男女平等が進み、共働き世帯が増えてきてはいますが、まだ結婚をきっかけに退職する保育士も多くいます。また、パートナーの転勤にともない、引っ越しをしなくてはいけないケースもあります。

自身の健康上の理由


保育士の仕事は、肉体労働が中心となるため、体調を崩してしまい病気になるケースもあります。ご自身が病気になれば、仕事を続けるのは非常に困難です。

なかには、うつ病などの精神病を患ってしまうケースも。症状が悪くなる前に、早めに相談しておけば、退職時にトラブルになることも避けられます。

保育士を円満に退職するための方法・流れ



保育士の仕事を続けられない理由は、人それぞれ多くの理由があります。しかし、どのような理由があったとしても、円満に退職できなければ、お互い気分がよくありません。

この見出しで、具体的な流れや対応方法をしっかりとチェックしておきましょう。

1:退職時期はできれば年度末がベスト


円満退職するためには、退職時期は重要なポイントの1つです。

やむを得ない事情がない限りは、業務の引継ぎや職員の配置換えなどがスムーズに進む年度末に退職しましょう。

2:まずは直属の上司に退職の意思を伝える


退職の話をいつするべきなのか、タイミングや切り出し方がわからない方も多いでしょう。まずは、直属の上司に相談して、時間をとってもらいましょう。

忙しい施設や保育園の場合は、事前にメールで時間を作ってもらうことをおすすめします。

ただし、メールで退職の意思を伝えることは絶対にしないでください。上司には、直接伝えることが望ましいです。

3:退職日の1か月前に退職願を提出


円満退職にとって大切なのは、先輩保育士や同僚、園長などの理解を得て、笑顔で送り出してもらうことです。したがって、退職願は退職日の1か月前を目安に提出しましょう。

4:引き継ぎをする


1つのクラスを2人以上の保育士が見ている場合は、普段から情報共有を行っているため、最小限の引き継ぎでよいケースもあります。

ただし、1人で担任を受け持っている場合は、子どもたち1人1人の成長発達や健康状態、家庭環境などを丁寧に引き継ぎしなくてはいけません。

引き継ぎノートなどを時間があるときに作成しておいて、退職したあとにわからないことのないようにしておきましょう。

保育士を辞めたいけど言いづらい方は退職代行サービスがおすすめ!


退職代行サービスとは、労働者本人に代わって、代行業者が企業に退職の意思を伝えるサービスのことです。

保育士の場合、辞める意思を伝えたら、園長や先輩保育士に執拗に引き止められてしまったり、嫌がらせを受けたりするなどの被害に遭った方もいます。

ただし、退職代行サービスを利用すれば確実に辞められますが、円満に退職できるかどうかは別の話です。したがって、どうしても退職の意思を伝えられない方や、保育園や施設が辞めさせてくれない場合に活用しましょう。

保育士を辞める際に退職代行を利用するメリット


では、実際に退職代行を利用することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。3つのポイントを見ていきましょう。

即日対応の交渉をしてくれる


退職代行の依頼をすれば、業者はすぐに保育園や施設と連絡を取り、退職に向けた交渉を行ってくれます。

依頼を受けた時間帯にもよりますが、多くの場合はその日中に対応してくれるため、直ぐに退職したい方にとっては大きなメリットです。

なお、多くの業者は、「退職に関する民法や労働基準法」に従った方法で手続きを取ります。したがって、最短で2週間後の退職となるように、交渉が行われるでしょう。

有給休暇取得・残業代・退職金の交渉も行ってくれる


ご自身で退職の意思を伝える場合、職場内の雰囲気や上司によっては、有給休暇取得などの交渉ができない方も多いでしょう。

しかし、退職代行サービスを利用すれば、法律にのっとって有給や残業代、退職金の交渉もしっかりと行ってくれます。

上司・園長が怖くて言い出せない場合も退職代行サービスが伝えてくれる


保育士を辞めようと思っても、退職の意思を伝えるのが怖くてできない方は多くいます。しかし、退職代行サービスを利用すれば、退職手続きを代行してくれるため、保育園に行かなくても辞められます。

もしも、精神的に保育園で働くことができない方は、無理をせずに退職代行サービスを活用しましょう。

保育士を円満に退職する際の辞め方の注意点



保育士を円満に退職する方法や流れを確認したら、次は辞めるときの注意点を正しく理解しましょう。保育士は、一般事務などの事務職とは異なり、先輩や同僚保育士たちとの密なコミュニケーションを必要とする仕事です。

円満に退職するためにも、ほかの方々に迷惑がかからないように配慮しましょう。

担任を持っている場合は年度末で辞めれるよう3か月前には申し出る


退職は一般的に、2週間前までに伝えれば法律的に問題はありません。しかし、担任を持っている保育士は、年度末で確実に辞められるように3か月前には退職の意思を伝えましょう。

退職までの期間が長ければ、そのあいだにしっかりと業務の引き継ぎも行えますし、引き継ぎノートなどの作成もできます。

退職理由はポジティブな理由にする


円満退職を実現するには、退職理由も保育園や施設側が、笑顔で送り出してくれるような理由がよいでしょう。たとえ不満があったとしても、そのまま伝えてはいけません。

退職したいと考えたときに、つい物事を自分中心で考えがちですが、一呼吸おいて残される保育士たちの立場に立って考え、行動しましょう。

退職理由に嘘はつかないようにする


退職理由をポジティブにするために、嘘をつく方は多くいるでしょう。円満退職のためには嘘の理由を使っても問題ありませんが、バレる嘘はつかないでください。

万が一、退職前に嘘がバレてしまった場合、円満退職が叶わない可能性が高いでしょう。

保育士を辞めたい場合のおすすめの退職代行サービス3選



このような悩みを抱えている方におすすめする、退職代行サービス3選を紹介します。ぜひ、サービスの料金や特徴などを参考にしてください。

LINEで気軽に退職代行するならTORIKESHI



項目詳細
料金一律25,000円

※料金は全て税込表示です。

TORIKESHIの退職代行は、正社員やパート、アルバイトなど形態問わず一律で25,000円(税込)です。LINEのみで相談や依頼も可能なため、退職代行を頼みたいけれど、手続き方法がわからない方も安心です。

また、退職後に必要な雇用保険被保険者証、離職票などの手続き方法や、無料の転職支援など、アフターフォローも充実しています。

退職しようかどうか迷っている方も、気軽に相談ができるため、なかなか退職の意思が伝えられない方は活用してみてください。

弁護士法人みやびの退職代行サービス



項目詳細
着手金55,000円
オプション費用(残業代など)回収額の20%
実費郵送代など

※料金は全て税込表示です。

保育園や施設に、退職の意思を伝えることがどうしてもできない方は、弁護士に退職代行の依頼をしましょう。

弁護士なので、通常では退職が困難なケースでも、安心して任せられるのが大きなメリットです。ケースによっては、損害賠償請求の対応も可能です。

ご自身は一切出勤の必要はなく、即日円満退職ができて、残業代や有給、未払い給与などの請求も交渉できます。また、全国どこからでも依頼できるため、地方の方も安心です。

労働組合法人の退職代行ガーディアン



項目詳細
料金一律29,800円

※料金は全て税込表示です。

直接面談する必要なく、相談から退職までスマートフォン1つで完結できる、労働組合法人の退職代行ガーディアン。東京都労働委員会に認証されている合同労働組合が、相談者様に代わって退職代行を行ってくれます。

相談をしたその日から即日対応してくれるため、保育園や施設への出社は不要です。
相談者様のご都合に合わせて、深夜や休日対応も可能な限り行ってくれるため、夜遅くまで働いている方や、休日出勤がある方も安心して相談できます。

まとめ


保育士を辞めたいと思う理由は、人それぞれありますが、なかでも多いのは次のとおりです。

  • 仕事量と給料が合わない
  • 職場の人間関係
  • 休みにくい
  • 体力がもたない
  • 保育園や園長の方針に賛同できない


また、とくに1年目の新米保育士は、これまで子どもたちと多く関わった経験が少ないため、働き始めてみて「合わない」と感じるケースがあるようです。

もし、辞めたいと思ったときは、身体が壊れる前に早めに退職の意思を伝えましょう。もしも、ご自身の口から退職を伝えるのが難しい方は、退職代行サービスを活用してみてください。

本記事を参考にして、少しでも円満退職ができれば幸いです。

※本記事の情報は2022年9月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
退職代行TORIKESHI
弁護士法人みやび 退職代行
退職代行ガーディアン

よかったらシェアしてね!

Column

同じカテゴリのコラム

すべてみる
  • 【徹底解説】退職代行TORIKESHIはLINEひとつで退職できる?退職までの流れも紹介! 【徹底解説】退職代行TORIKESHIはLINEひとつで退職できる?退職までの流れも紹介!

    【徹底解説】退職代行TORIKESHIはLINEひとつで退職できる?退職までの流れも紹介!

  • 教員を辞めたいと思う理由を年代別に解説!円満に退職する方法も紹介 教員を辞めたいと思う理由を年代別に解説!円満に退職する方法も紹介

    教員を辞めたいと思う理由を年代別に解説!円満に退職する方法も紹介

  • 仕事を辞めたいと思う理由とは?辞めたいと思った場合の対処法と辞める際の注意点を解説 仕事を辞めたいと思う理由とは?辞めたいと思った場合の対処法と辞める際の注意点を解説

    仕事を辞めたいと思う理由とは?辞めたいと思った場合の対処法と辞める際の注意点を解説

  • 「まだ1ヶ月だけどバイト辞めたい 」円満に辞める方法と便利な退職代行サービスを紹介! 「まだ1ヶ月だけどバイト辞めたい 」円満に辞める方法と便利な退職代行サービスを紹介!

    「まだ1ヶ月だけどバイト辞めたい 」円満に辞める方法と便利な退職代行サービスを紹介!

  • 転職失敗して辞めたいと後悔する原因とは?転職を失敗させないために気を付けるべき事 転職失敗して辞めたいと後悔する原因とは?転職を失敗させないために気を付けるべき事

    転職失敗して辞めたいと後悔する原因とは?転職を失敗させないために気を付けるべき事

  • パワハラを理由に退職できる?退職する際の注意点やトラブル回避のための退職代行サービスも紹介 パワハラを理由に退職できる?退職する際の注意点やトラブル回避のための退職代行サービスも紹介

    パワハラを理由に退職できる?退職する際の注意点やトラブル回避のための退職代行サービスも紹介

  • 大阪の退職代行おすすめ21選!民間企業・労働組合・弁護士事務所運営の退職代行サービスをそれぞれ紹介 大阪の退職代行おすすめ21選!民間企業・労働組合・弁護士事務所運営の退職代行サービスをそれぞれ紹介

    大阪の退職代行おすすめ21選!民間企業・労働組合・弁護士事務所運営の退職代行サービスをそれぞれ紹介

  • 退職代行で即日退職は可能?おすすめの業者や即日退職の方法を解説 退職代行で即日退職は可能?おすすめの業者や即日退職の方法を解説

    退職代行で即日退職は可能?おすすめの業者や即日退職の方法を解説

  • 退職代行サービスのおすすめ人気ランキング27選!弁護士事務所との違いは?料金や口コミ・評判なども解説! 退職代行サービスのおすすめ人気ランキング27選!弁護士事務所との違いは?料金や口コミ・評判なども解説!

    退職代行サービスのおすすめ人気ランキング27選!弁護士事務所との違いは?料金や口コミ・評判なども解説!

  • 退職代行サービスを使ったトラブルを避ける方法!交渉や請求の対応には弁護士が必要? 退職代行サービスを使ったトラブルを避ける方法!交渉や請求の対応には弁護士が必要?

    退職代行サービスを使ったトラブルを避ける方法!交渉や請求の対応には弁護士が必要?

  • 退職代行サービスで失敗しない方法!弁護士に依頼するのが交渉もできてトラブルを防げる? 退職代行サービスで失敗しない方法!弁護士に依頼するのが交渉もできてトラブルを防げる?

    退職代行サービスで失敗しない方法!弁護士に依頼するのが交渉もできてトラブルを防げる?

  • 後払いで利用できる退職代行サービスを徹底紹介!料金・費用をクレジットカードで決済する必要はある? 後払いで利用できる退職代行サービスを徹底紹介!料金・費用をクレジットカードで決済する必要はある?

    後払いで利用できる退職代行サービスを徹底紹介!料金・費用をクレジットカードで決済する必要はある?

PAGE TOP