放課後等デイサービスを辞めたい場合の対処法や退職代行サービスのメリットを徹底解説!

放課後等デイサービスは、障がいのある子どもや発達に特性のある子どもをサポートする施設の1つです。発達障がいの診断が増えていることや女性の就業率の増加が理由で、年々施設は増加傾向にあります。

しかし、「辞めたいけれど上司や同僚に迷惑がかかるし子どものことを考えるとなかなか厳しい」と、退職を引き伸ばしている方も多いのではないでしょうか。周りに相談できる環境がないと苦しいまま悩んでいる方もいるでしょう。

この記事では放課後等デイサービスを辞めたい場合の対処法や退職代行サービスのメリットについて徹底解説します。

今すぐ仕事を辞めるなら退職代行TORIKESHI


退職代行TORIKESHI」はLINEを使って退職できる代行サービスです。
 
面倒な退職手続きをすべてLINE上で完了できます。アフターフォローも充実していて、退職後に必要な書類の受け取りや無料の転職支援、給付金、失業保険のサポートも行ってくれます。
 
また、料金は正社員・アルバイト・パート問わず一律25,000円(税込)で、追加料金などは一切かかりません。万が一、退職できなかった場合は全額返金される点も魅力的です。
 
メールまたはLINEで無料相談が24時間可能です。退職までの流れや職場での問題を抱えている方は、気軽に相談してみてください。

退職代行TORIKESHIをチェック

放課後等デイサービスとは


まず、「放課後等デイサービスとはどのような制度なのか」について紹介します。

障がいのある子どもや発達に特性のある子どもを支援する施設

放課後等デイサービスとは、6歳~18歳までの障がいをお持ちのお子さんや発達に特性のあるお子さんが、放課後や夏休みなどの長期休暇に利用できる福祉サービスのことです。個別での発達支援や集団活動を通して、自宅と学校以外の居場所や友だちをつくることが出来るので「障がい児の学童」とも表現されています。

元々は未就学児と就学児の両方が通うサービスでしたが、2012年4月の児童福祉改正法によって未就学児専門の「児童発達支援」と就学時専門の「放課後等デイサービス」に分かれています。

放課後等デイサービスで行われるカリキュラムは主に生活力向上を目的としていますが、計算や文章構成能力などの基礎的な分野から、パソコンを使ったプログラムや社会科見学のような課外活動へ行くこともあります。

放課後等デイサービスを辞めたいと思うよくある理由


次に、放課後等デイサービスを辞めたいと思うよくある理由について紹介します。放課後等デイサービスを辞めたいと思う理由は人それぞれですが、多くの人の辞めたい理由には共通する部分があります。

まずは、なぜ放課後等デイサービスを辞めたいと感じているのか自身の理由を明らかにしましょう。

職員同士の人間関係が悪い

どのような職場でも多少の人間関係のトラブルはつきものですが、放課後等デイサービスの場合はダイレクトに人間関係のストレスを感じやすい傾向にあります。

理由は、放課後等デイサービスの場合は職員の年齢層が幅広いため世代間での価値観や考え方のギャップ、経験値の差、子どもたちの支援に対する違いなどが生じるからです。

また、日本人特有の「多数派が正しい、少数派は変人・悪者扱い」という傾向があるため、派閥が出来やすいです。職員同士の人間関係はかなり精神的ストレスとなるため、退職したい理由としてメインに挙げられます。

保護者の対応が難しい

職員と保護者とでは子どもに対する立場が異なるため、職員が精一杯子どもと向き合っていても保護者と価値観や意見のズレが生じてしまいます。子どもに対する生活支援がうまくいっていないと感じた保護者からの意見がクレームへ発展し、精神的なストレスを抱えてしまうことも。

子どもと保護者と板挟みになっている気持ちになり、辛くなってしまう方も少なくありません。

仕事での問題や事故が起きてしまった時の責任が重い

放課後等デイサービスは、一度に複数の子どもが利用するため活動中に事故やトラブルが発生することもあります。特に障がいのある子どもは健常児と比較して危険意識が低く危険な行動を取りやすいことも特徴です。

そのため、いくら職員が子どもを気にかけていても想定外の行動を取ることが日常茶飯事です。

たとえばケンカや揉め事になった場合、力の加減がわからない子ども同士がトラブルを起こすと事故になることもあります。タイミングが悪かったらもっと大変な事故になっていたのかもしれない、と想像をして余計に焦ってしまうこともあります。

仕事中は大勢いる子どもを常に見ていなければならないため、かなり精神的ストレスを感じてしまいます。

子どもへの接し方が分からない

放課後等デイサービスは大前提として人と接する仕事であるため、他の仕事と比較して多くのコミュニケーションを求められます。さらに放課後等デイサービスでは子どもの多感性と障がいの個性とが合わさり、よりレベルの高いコミュニケーションが必要となります。

しかし、いくら勤務経験を積んでも相手は人間です。マニュアルのない世界ですし、正解か不正解の答え合わせが出来ません。そのため、子どもへの接し方がわからないまま自信をなくして退職される方もいらっしゃいます。

業務内容が大変

放課後等デイサービスでは、職員1人当たり5人の子どもを見ることが多いです。現場では人手不足による焦燥感が強くなっています。障がいを持っている子どもは、より一層注意深く見ていなければならないので、更に負担が増えるでしょう。

実際に施設の子どもからの攻撃で骨折をしてしまった方もいらっしゃいます。肉体的にも精神的にもヘトヘトになり、従業員の体調が壊れてしまうこともあるため離職者が増加傾向にあります。離職者が増えることで、1人ひとりスタッフの労働量が増える、という悪循環が出来てしまっている現状です。

職場環境が良くない

現場の1人ひとりの想いと、職場の運営方針が合わず退職される方も多くいらっしゃいます。他の職場でも同様のことが起きがちですが、現場の事情を汲み取らずに効率や利益ばかり考えた運営方針を提示されても従業員としては納得がいかないはず。

たとえば保護者からのクレームを恐れてイエスマンとなることに重きを置いて、利用者である子どもたちの成長や活動に目を向けない「保護者の満足度を上げるための施設」と化していたらどうでしょうか。職員たちは納得いかない運営方針に嫌気がさしてやり甲斐を失い、退職することを考えるはずです。

放課後等デイサービスを辞めたいと思った時の対処法


では、放課後等デイサービスを辞めたいと思った時には一体どうしたらいいのでしょうか?ストレスを我慢し続けて、心身共にカラダを壊してしまっては元も子もありません。ここからは、放課後等デイサービスを辞めたいと思った時の対処法について紹介します。

他の施設に移る

もし放課後等デイサービスを辞めたい理由が、今の職場環境や人間関係のみが影響しているのであれば他の施設に移ることで解決される可能性があります。

子どもの成長や活動を見守る仕事自体にやり甲斐を感じられている状況であれば、まずは働く場所を変えることを考えてみましょう。他の職種でも勤務地や部署を変更したら働きやすくなる方も多くいるため、お早めに相談することをおすすめします。

経験を積み障がいのある子どもたちへの理解を深める

子どもとの上手な接し方が分からず仕事に悩んでいる場合は、障がいに対する理解を深めることで解決可能です。障がいに対する理解を深めることによって、子どもが何故その行動をとったのか?原因がある程度分かるようになります。結果として、1人ひとりに合ったアプローチやサポートが可能になるため、やり甲斐も感じるでしょう。

勉強をするだけでなく、実際に現場経験をたくさん積むことも必要不可欠です。子どもの気持ちが理解できず不安になる気持ちもわかりますが、経験を積むからこそ子どもの視点を持てるようになり悩みが解決する場合があるからです。

上手く出来ないのは向いてないからではなく、単に経験不足なだけかもしれません。焦らず現場経験を少しずつ積んでみましょう。

一旦休職をする

放課後等デイサービスを辞めたいと思った時の対処法として、休職する選択肢もあります。精神的にストレスを感じている時は正しい判断がしづらくなるため、続けるか退職するか二択しか考えられなくなるかもしれません。

仮に退職しても、就労先がなくなったことへの不安が押し寄せて逆にストレスが増加することもあり得ます。心に少しゆとりを持って冷静な判断をするためにも、休職を考えることも大切です。

休職期間の上限は3か月から長くて3年が一般的といわれていますが、最も多い期間は半年から1年です。一旦仕事から離れて自分と向き合う時間としては丁度いい期間だと思います。まずは職場に相談して休職する場合の最長可能期間を聞いておきましょう。

転職をする

「正直、放課後等デイサービスでの勤務は本当に厳しい」と感じている場合は、待遇のよい職場への転職を視野に入れましょう。

放課後等デイサービスはシステム上利用者の滞在時間が短いことや夜勤がないことから報酬単価が低いです。そのため給与面では他の施設に移ったところで改善の余地は見込めないでしょう。

「放課後等デイサービスでの経験やスキルを活かして福祉関係に転職する」「新たな業種でチャレンジを始める」など、広い視野をもって転職活動をされることをおすすめします。

会社・仕事を辞めたい!と思った時の対処法とは?おすすめの退職サービス5選も紹介! https://entrenet.jp/retirement/columns/quit-company

放課後等デイサービスを辞めて転職するメリット


では、もし放課後等デイサービスを退職して転職する場合のメリットについて紹介します。転職と聞くと不安なイメージが強い方が多いかもしれないですが、人によってはメリットが大きい可能性もあります。

新たなスキルやキャリアを身につけることが出来る

放課後等デイサービスを退職して転職することで、新たなスキルやキャリアを身につけることができます。元々の経験を活かせる分野でスキルを磨くのもいいですし、全く違った分野にチャレンジするのもいいでしょう。

新しい専門知識やスキルを身につけることで、前職以上にやり甲斐を持って仕事に取り組め、成果も出せる可能性もあります。ぜひ広い視野で職種や転職先を検討することをおすすめします。

収入が上がる可能性がある

転職をすることで、単純に収入が上がる可能性があります。例えば新卒の時とは状況がちがい、現在は放課後等デイサービスでの経験と実績があるからです。

そのため経験を活かしたアプローチをすることで、現在より待遇の良い条件で転職が可能でしょう。

また、希望条件を絞りすぎずに転職活動をすることもポイントです。たとえば、当初の希望とは少々ずれていても試しに選考を受けてみることで思いの外魅力を感じ、最終的に良い待遇条件に落ち着いた事例もたくさんあります。

「これだけは譲れない条件」をご自身で明確にした上で転職活動をされるとスムーズに転職活動が進むでしょう。

人間関係がリセットできる

転職の大きなメリットとして、前職の人間関係の不満・トラブル・ストレスを全てリセットした状態で再スタート出来ることが挙げられます。

たとえば前職で馴染むために無理して作っていたキャラクターも、転職と同時にリセットしてありのままの自分でやり直すことも可能です。気持ちを新たにリフレッシュして仕事に集中できるので前向きな気持ちになれます。

円満に退職をするポイント


放課後等デイサービスの退職を決めたけれど、気持ちよく退職出来るか不安だと思います。ここからは、放課後等デイサービスを円満に退職するためのポイントについて紹介します。

退職理由はポジティブにする

退職理由をポジティブにする理由は2つあります。1つ目はお互いの気持ちいい状態で退職、見送りする方が心残りないがないためです。

2つ目は、施設に関する問題点などネガティブな理由を退職理由として述べてしまうと「それなら改善するからもう少し残ってほしい」と引き止められる可能性が高いためです。内心は精神的に疲れていてこれ以上働けないと感じているのに、かえって辞めづらくなる恐れがあります。

「新たな分野にチャレンジしたい」など個人的でポジティブな退職理由であれば、引き止める理由もなく応援してくれるでしょう。

退職の意思はなるべく早めに伝える

退職するということは、当然施設は代わりとなる職員の採用や業務の引き継ぎなどが発生します。もし退職の意志を伝えてから退職するまでの期間が短いと、採用や引き継ぎ業務が間に合わず施設に大きな負担がかかってしまいます。

自身も申し訳無さを感じながら残りの勤務期間を過ごすことになるため、遅くても1か月前までには退職の意志を伝えるようにしましょう。

受け入れてもらいやすい希望退職時期を伝える

放課後等デイサービスでは、利用者の出入りのタイミングによって退職を受け入れてもらいやすい時期があると思います。たとえば、4月は新学期で新たな入学生たちが一気に入ってくるため忙しい傾向にあります。

繁忙期と退職時期を被せると嫌味と思われかねません。利用者の入れ替わりがあまりない落ち着いた時期に希望退職時期を合わせましょう。ただし、退職を伝える時期が早いに越したことはないため、退職の意志が固まり次第早めに伝えましょう。

引き継ぎをしっかりとする

退職する際に、残された職員たちの気持ちを汲み取った行動をすることも大切です。自分が引き受けていた業務は、もれなく引き継ぎを行うようにしましょう。仕事内容によっては、自身にしか分からない内容の用件があるかもしれないためです。

また、施設内だけではなく子どもたちや保護者に迷惑がかかる可能性もあります。せっかく退職するならお互いに気持ちいい状態で終えられるよう、引き継ぎなど最低限の業務は果たしましょう。

仕事を辞めたいと思うストレスの原因とは?ストレスで起こる症状や対処法を解説 https://entrenet.jp/retirement/columns/quit-stress

どうしても辞められない場合は退職代行サービスがおすすめ!


もし、どうしても仕事を辞められそうにない場合は、最終手段として退職代行サービスの利用がおすすめです。
精神的ストレスを抱えたまま仕事を我慢して働き続けるのは非常に危険です。

ここでは、退職代行サービスのメリットについて紹介します。

時間をかけずに即日退職も可能

退職代行サービスを使うと、利用者と会社との間に特別なトラブルがなければ即日退職できることもあります。
「できればもう今すぐにでも辞めたい」「正直二度と仕事には行きたくない」そんな方にとって即日退職できるのはかなり魅力的ではないでしょうか。10分で退職連絡を入れてくれるスピーディーな退職代行サービスもあります。

また、引き継ぎなども退職代行サービスがおこなってくれるため「退職を決めた後の出社が怖い」など不安に思う必要もありません。本当に次の日から仕事に行かなくて済むので、精神的なストレスからすぐに解放されることが最大のメリットと言えるでしょう。

実際、「もっと早く退職代行サービスを使えばよかった」というレビューは多数みかけます。

上司や同僚に会わずに辞められる

退職代行サービスを利用される理由として多いのが「上司や同僚の顔も見たくない」「辞めることを伝えるのも無理そう」というパターンです。

退職代行サービスを利用すれば、早ければ即日上司や同僚との接触を断つことができます。会わずに退職が出来ることで精神的不安や罪悪感を抱えずに済むため、利用者にとって大きなメリットになるでしょう。

また、「職場からの貸与物を返しに出社しなければならないのでは?」と不安になる方もいますが、貸与物は郵送で返せばまったく問題ないので心配ありません。

法律の専門家がついているため安心

「退職代行サービスを利用したら、会社から訴えられたり損害賠償請求をされたりしないだろうか?」と不安に思われる方もいらっしゃると思います。

しかし、退職代行サービスには法律の専門家がついているのでまったく心配はいりません。労働基準法第16条にも「使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない」と定められています。

退職後にトラブルになる心配はなく、法律の専門家に守られている状態なので安心して退職代行を依頼できます。

おすすめの退職代行サービス5選


それでは、放課後等デイサービスを辞めたい方に退職代行サービスおすすめ5選を紹介します。退職代行サービスによってサービス内容や料金、特徴が様々なのでぜひ表を参考にしながら比較してみましょう。

退職代行TORIKESHI


運営会社株式会社エンターキー
サービス内容無料の転職支援 全額返金保証制度
料金25,000円
受付時間24時間対応
相談方法LINE、公式サイト問い合わせページ
支払い方法銀行振込、各種クレジットカード、Pay払い
公式サイトhttps://torikeshi.jp/

※料金は全て税込表示です。

退職代行TORIKESHIは、LINEひとつでお手軽に退職代行をしてもらえるサービスです。

退職後のアフターフォローも充実しており、離職票や雇用保険被保険者証など必要書類の受け取りまで、しっかりサポートしてもらえます。転職先が未定の場合は、無料で転職支援のお手伝いもしてもらえるため良心的かつ安心でおすすめです。

退職代行TORIKESHIをチェック

退職代行Jobs


運営会社株式会社アレス/合同労働組合ユニオンジャパン
サービス内容顧問弁護士の心理カウンセリング 残業代や有給消化・退職金の交渉対応 転職お祝い金が最大30,000円キャッシュバック
料金26,000円
受付時間24時間対応
相談方法LINE、メール、電話
支払い方法現金翌月払い、各種クレジットカード、コンビニ決済、銀行振込
公式サイトhttps://jobs1.jp/cp_roudou-pro/

※料金は全て税込表示です。

退職代行Jobsは、専任の顧問弁護士に監修してもらえる退職代行サービスです。顧問弁護士が監修だからこそ心理カウンセリングを受けることが出来るので、メンタル的にも安心。

即日退職連絡が可能で、有給休暇の申請サポートも無料で受けられます。労働組合と連帯しているため交渉も可能、有給休暇の無料申請サポートも行っており安心して利用できます。

もし転職先が決まった場合は、条件を満たすとお祝い金が最大30,000円受け取れます。実質、相談料金の元を取れるため、非常にお得です。

退職代行jobsをチェック
退職代行Jobsの口コミ・評判は?利用する流れとメリットとデメリットも徹底解説 https://entrenet.jp/retirement/columns/jobs

退職代行ガーディアン


運営会社東京労働経済組合
サービス内容残業代や有給消化・退職金の交渉対応
料金29,800円
受付時間24時間対応
相談方法LINE、電話
支払い方法各種クレジットカード、銀行振込
公式サイトhttps://taisyokudaiko.jp/

※料金は全て税込表示です。

退職代行ガーディアンは、即日対応してもらえるため相談した当日から出社する必要がなくなる点がポイントです。たとえ「終業規則で◯か月前に申告」と表示されていても、問題ありません。自身の都合に合わせて休日や深夜であろうと対応をしてもらえます。

また、運営会社が合同労働組合のため一般企業とは異なり代理・交渉をおこなえることが法律で定められており、安心して任せられる退職代行サービスでしょう。

全額返金保証制度はないものの、過去に720万人以上が退職サービスを利用しているにも関わらず退職出来なかった方は1人もいないため安心して退職代行を依頼できます。

退職代行ガーディアンをチェック
退職代行ガーディアンの口コミ・評判は?メリットとデメリット、申し込み方法なども解説 https://entrenet.jp/retirement/columns/guardian

退職代行ニコイチ


運営会社株式会社ニコイチ
サービス内容退職届テンプレート無料プレゼント 無料転職サポート
料金27,000円
受付時間7:00~23:00 ※LINEでいつでも無料相談可能
相談方法LINE、電話
支払い方法銀行振込、各種クレジットカード、電子マネー
公式サイトhttps://g-j.jp/lp05/

※料金は全て税込表示です。

退職代行ニコイチは、即日退職可能で申し込みから最短10分で職場に退職電話が可能というスピード感が特徴です。今すぐにやめたい!という方にとって、10分で退職連絡ができるのはありがたいですよね。

また、退職代行後のアフターサービスが充実していることが人気の理由のひとつです。退職が認められたあと、退職に関する必要書類の話など2か月間の間は無制限で代行してもらえます。

退職代行率100%ですが、万が一退職出来なかったとしても全額返金保証制度を設けているので、リスクゼロで申し込み可能です。

退職代行ニコイチをチェック
退職代行サービス実績一番のニコイチを徹底解説!依頼対応の流れや口コミ・評判も紹介 https://entrenet.jp/retirement/columns/nikoichi

わたしNEXT


運営会社労働組合
サービス内容ヤメホー(サブスク退職)プラン提供 残業代や有給消化・退職金の交渉対応 株式会社みらい人事が転職サポート 転職成功で最大5万円キャッシュバック
料金社会保険未加入のアルバイト・パート:19,800円 正社員・契約社員・派遣社員など:29,800円
受付時間24時間対応
相談方法LINE、メール
支払い方法銀行振込、各種クレジットカード、プリペイドカード、コンビニ決済、各種キャリア決済、翌月後払い、コンビニ後払い など
公式サイトhttps://taishoku.to-next.jp/w/

※料金は全て税込表示です。

わたしNEXTは、日本初の女性向け退職代行サービスです。女性向けとありますが、男性の方ももちろん申し込みできます。日本退職代行協会の特級認定を取得しているため、信頼性が非常に高いです。

また、業界初の退職代行定額料金プランを用意しています。月額3,630円(税込)で退職代行サービスを年2回まで受けられます。利用料金を一括払いするのが難しい方でも安心して利用できるのがポイントです。

退職代行わたしNEXTをチェック
女性の退職代行わたしNEXTの口コミ・評判は?メリットとデメリット、申し込み方法なども解説 https://entrenet.jp/retirement/columns/watashi

まとめ

今回は、放課後等デイサービスを辞めたい方向けに退職代行サービスのおすすめ5選を紹介しました。

退職したくても退職できず我慢して働き続けているなら、ぜひ退職代行サービスに相談してみてください。電話だけでなくLINEで24時間対応している会社も多くあるため、気軽に問い合わせができます。

この記事を読んで、少しでも気持ちが軽くなっていただけたら幸いです。放課後等デイサービスからの退職、および転職に成功できる未来を応援しています。

※本記事の情報は2022年9月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>

よかったらシェアしてね!

Column

同じカテゴリのコラム

すべてみる
  • パートを辞めたいと言いづらい人におすすめの退職方法!円満退職の仕方を徹底解説! パートを辞めたいと言いづらい人におすすめの退職方法!円満退職の仕方を徹底解説!

    パートを辞めたいと言いづらい人におすすめの退職方法!円満退職の仕方を徹底解説!

  • 公務員を辞めたいと感じる理由とは?退職のメリット・デメリットも解説 公務員を辞めたいと感じる理由とは?退職のメリット・デメリットも解説

    公務員を辞めたいと感じる理由とは?退職のメリット・デメリットも解説

  • 新卒で入社した会社を辞めたい?新卒は3年耐えろと言われる理由や転職のコツを徹底解説! 新卒で入社した会社を辞めたい?新卒は3年耐えろと言われる理由や転職のコツを徹底解説!

    新卒で入社した会社を辞めたい?新卒は3年耐えろと言われる理由や転職のコツを徹底解説!

  • 看護師を辞めたいと感じる理由は?その対処法となるべく早く退職した方がいいケースも紹介 看護師を辞めたいと感じる理由は?その対処法となるべく早く退職した方がいいケースも紹介

    看護師を辞めたいと感じる理由は?その対処法となるべく早く退職した方がいいケースも紹介

  • 医者を辞めたい!医者からの転職におすすめの業種・職種や辞められない場合の解決策を徹底解説! 医者を辞めたい!医者からの転職におすすめの業種・職種や辞められない場合の解決策を徹底解説!

    医者を辞めたい!医者からの転職におすすめの業種・職種や辞められない場合の解決策を徹底解説!

  • トランスコスモスを辞めたい方必見!転職のメリットや転職を成功させるコツを簡単解説 トランスコスモスを辞めたい方必見!転職のメリットや転職を成功させるコツを簡単解説

    トランスコスモスを辞めたい方必見!転職のメリットや転職を成功させるコツを簡単解説

  • 自衛隊を辞めたい!辞める時に注意するポイントやおすすめの退職代行サービスを紹介! 自衛隊を辞めたい!辞める時に注意するポイントやおすすめの退職代行サービスを紹介!

    自衛隊を辞めたい!辞める時に注意するポイントやおすすめの退職代行サービスを紹介!

  • 調剤薬局事務を辞めたいと感じる7つの理由と原因別の解決策を紹介! 調剤薬局事務を辞めたいと感じる7つの理由と原因別の解決策を紹介!

    調剤薬局事務を辞めたいと感じる7つの理由と原因別の解決策を紹介!

  • 40代で会社を辞めたいときに注意するポイントや転職を成功させる方法を紹介! 40代で会社を辞めたいときに注意するポイントや転職を成功させる方法を紹介!

    40代で会社を辞めたいときに注意するポイントや転職を成功させる方法を紹介!

  • 【トーク例あり】バイト・アルバイトを辞めたい時の退職理由と伝え方のポイントを解説! 【トーク例あり】バイト・アルバイトを辞めたい時の退職理由と伝え方のポイントを解説!

    【トーク例あり】バイト・アルバイトを辞めたい時の退職理由と伝え方のポイントを解説!

  • 仕事を辞めたいのは甘えではない!甘えと判断されやすい理由と円満に退職する方法 仕事を辞めたいのは甘えではない!甘えと判断されやすい理由と円満に退職する方法

    仕事を辞めたいのは甘えではない!甘えと判断されやすい理由と円満に退職する方法

  • 仕事を辞めたいと思うストレスの原因とは?ストレスで起こる症状や対処法を解説 仕事を辞めたいと思うストレスの原因とは?ストレスで起こる症状や対処法を解説

    仕事を辞めたいと思うストレスの原因とは?ストレスで起こる症状や対処法を解説

PAGE TOP