「派遣の仕事を辞めたい…」契約期間途中で辞める為の方法・準備・疑問などにお答え!

派遣を辞めたいと感じる主なケース

最初に、派遣を辞めたいと感じるケースについて、代表的なものを見ていきましょう。

人間関係・職場の雰囲気が合わない

派遣を辞めたいと感じるケースで最も多いのが「人間関係・職場の雰囲気が合わない」という理由ではないでしょうか。

職場で円滑なコミュニケーションが取れるかどうかは働きやすさに直結します。派遣先の職場がギスギスした雰囲気であったり人間関係に問題があったりした場合、肌に合わないと感じて辞める人は非常に多いでしょう。

また、派遣は契約期間が決まっているという特性上、職場に馴染むのが正社員に比べて難しいという側面もあります。コミュニケーションが苦手な人は短期間に職場に馴染めず、すぐに辞めてしまうといったケースも非常に多いです。

考えていた仕事内容と違う

実際に派遣先に行ってみたら事前に聞いていた仕事内容や自分が考えていた仕事内容と違い、辞めたくなるケースも非常に多いです。仕事内容が違ったり、聞いていた仕事以上の作業量を要求されたりといったことは少なくありません。

事務作業だと思って職場に行ったら実際には力仕事を要求されたりといったケースは、よくあるのが実状です。

また、聞いていた条件と相違があるケースも存在します。派遣元からは残業がないと聞いていたのに、実際には残業が必要だったりといったことも。

このように考えていた仕事内容と相違がある場合、派遣元への信頼度も落ちてしまいます。辞めてしまいたくなるのも当然といえるでしょう。

家族の介護などの家庭の事情

家庭の事情によって派遣をやる余裕がなくなって辞めたいと感じる人もいるでしょう。特に、家族の介護や看病はかなりの負担がかかるため、派遣として働くのがつらくなってしまうこともあります。

実際、家庭の事情により派遣が続けられなくなる人はかなり多いのが実状です。

ただし、この場合やむを得ない理由のため、家庭環境が落ち着いたら再度仕事を紹介してもらいやすい傾向にあります。

収入などの給与面の労働条件が悪い

派遣社員の給料はある程度事前に予測できますが、実際に仕事をしてみると割に合わないと感じることもあるでしょう。

また、事前に聞いていたよりも労働条件が悪いということも少なくありません。

働く側からすれば、労働条件は最も重視すべき点です。割に合わない労働条件なら、辞めたくなってしまうのも当然といえるでしょう。

労働環境(パワハラなど)に不満がある

労働環境に不満があり、辞めたくなるケースも多いでしょう。

特に、派遣社員は職場内における地位が低くなりがちです。直接雇用の正社員と扱いの違いからパワハラを受けたりすることも少なくありません。

例えば、正社員に比べて仕事の習熟度が低いことを理由に「使えない」というレッテルを貼られたり、職場の人間関係から切り離されたりといったパワハラは珍しくありません。

また、なかには本来派遣社員が行うべき業務以上の要求をされたり、逆に仕事を与えてもらえなかったりといった事例もあります。

このように、派遣社員ならではの立場から労働環境に不満を感じ、辞めたいと感じるケースは非常に多いです。

パワハラを理由に退職できる?退職する際の注意点やトラブル回避のための退職代行サービスも紹介 https://entrenet.jp/retirement/columns/abuse

派遣を辞めるパターンは主に2つ 「契約満了」・「やむを得ない事情での途中退職」

民法:やむを得ない事由がない限り契約期間中に途中退職はできない

基本的に、派遣社員は民法で「やむを得ない事由がない限り契約期間中に途中退職はできない」と定められているため、契約期間中の退職は民法に反することになってしまいます。

一方で、「やむを得ない事由」があれば契約期間中でも退職は可能です。後述する退職理由であれば、一般的には「やむを得ない事由」として認められるでしょう。

とはいえ民法で定められていることのため、派遣を辞めたいと思ったらそれが正当な退職理由か、きちんと考えてみる必要があります。

また、先ほど挙げたように最初に聞いていた労働条件と相違があったり、あまりにも職場のパワハラが酷かったりする場合は、派遣会社に相談してみるのも手です。

【例外】就労開始から1年以上経過していればいつでも退職することができる

上記のとおり、やむを得ない事由がない限り派遣社員は契約期間中に退職できないと民法で定められています。

ただし、「就労開始から1年以上経過している」状態であれば、例外としていつでも退職可能です。

これは労基法附則137条で定められており、契約期間が1年以上経過していればいつでも自由に退職できます。

この退職の場合派遣会社や派遣先が退職を拒否することはできないため、問題なく退職が可能です。

ただし、あくまで労基法で定められたものであり、退職する場合は当然派遣会社への相談や派遣先への挨拶は必要となります。

就労開始から1年経過したからといって無断で欠勤したりするようなことがあれば契約違反となってしまい、職場に多大な迷惑をかけることになるでしょう。場合によっては、損害賠償などの問題に発展しかねません。

よって、あくまで例外として覚えておき、退職する際は正当な理由と手続きで進めるのが無難です。

正社員なら退職日2週間前に退職届を提出すれば無条件で辞められる

派遣社員は上記のようなルールがありますが、正社員は少し変わります。正社員は派遣社員と違い、退職日2週間前に退職届を提出すれば無条件で辞めることが可能です。

仮に就業規則で「退職の申告は1ヶ月前まで」と定められていても、就業規則より民法が優先されるため、ルールとしては2週間前の提出で違法にはなりません。

しかし、就業規則で定められている以上、それに反するのは会社としてもあまり良い印象は持たれません。円満に退職したいのであれば、なるべく就業規則にしたがって退職手続きを進めるのが無難です。

就業規則は、会社ごとに業務内容の引き継ぎなどの兼ね合いでその期間が定められています。よって、社会人としてのマナーを守る意味でもなるべく就業規則にしたがいましょう。

正当に派遣を途中退職する為の3つの「やむを得ない理由」

では、派遣を途中退職するための「やむを得ない理由」にはどんなものがあるのでしょうか。代表的なものを3つ見ていきましょう。

家庭の都合

1つ目は、家庭の都合です。家庭の事情といってもさまざまな理由が挙げられますが、代表的なものでは家族・親族の危篤や急病などが該当します。

実際、家族の病気などで付きっきりになる場合、派遣元としても無理に働かせるわけにはいきません。特に遠方に住んでいる家族が急病で倒れたりした場合は、すぐにでも退職が認められることがあります。

そのほか、家業を継ぐといった理由も家庭の事情に当てはまるでしょう。自営業の親が高齢で家業を継がなければならないなど、派遣を辞めざるを得ません。

病気・体調不良(介護など)

2つ目は、病気・体調不良(介護など)です。

本人の病気であれば契約期間満了まで就業することは困難なほか、担当医の診断によっても治療の進行度合いは変わってきます。派遣元も病気の人を無理に働かせることは不可能なため、やむを得ない理由として適切です。

また、家族の介護もやむを得ない理由として挙げられます。家族の介護には相当な負担がかかるため、仕事を続けながら介護を行うのは困難な場合が多いです。

引っ越し

3つ目は、引っ越しです。身内の転勤などで遠方に引っ越さなければならなくなり、今の職場に通勤するのが難しい場合は、やむを得ない理由として考えられるでしょう。

また、先ほど挙げた家族の介護に伴う引っ越しも考えられます。実家が遠方にある場合、そのまま通勤を続けることが難しくなるため、やむを得ない理由といえるでしょう。

ただし、物理的に通える範囲内での引っ越しだと、やむを得ない理由としては認められない可能性もあります。

その場合は、引っ越しそのものを理由にするよりも、なぜ引っ越さなければならないか、上記のような家庭の事情や親族の介護などを具体的に説明するのが望ましいでしょう。

派遣をどうしても契約期間途中で辞めるための伝え方とタイミング

次に、派遣をどうしても契約期間途中で辞めたい場合の伝え方とタイミングについて解説します。

派遣元へ相談する

まずは、派遣元へ相談しましょう。相談する場合は、なるべく派遣会社の担当者に直接相談するのが最もおすすめです。

電話やメールでも相談は可能ですが、印象的に良くないだけでなく連絡内容に誤解が生じる可能性もあります。どうしても直接会って相談するのが難しい場合は、メールよりも電話で伝えるのがおすすめです。

また、派遣元に相談する前に派遣先に退職の意思を伝えるのは避けましょう。あなたを雇用しているのはあくまで派遣元のため、雇用主である派遣元に先に伝えるのが正しいルートです。

派遣元に相談する前に派遣先に伝えてしまった場合、連絡の行き違いなどで思わぬトラブルとなる可能性もあります。辞めるときは、必ず雇用主である派遣元から相談しましょう。

辞める1ヶ月前にはその旨を連絡する

退職の意思を伝えるタイミングの目安は、遅くとも1ヶ月前がベストです。

現場の引き継ぎや新たな人員確保など、派遣社員が辞めたあとのケアはそれなりに時間がかかります。退職までにある程度余裕をもって連絡することで、職場に迷惑をかけるのを防げるでしょう。

急に辞めたいと言って明日から出勤しないようなことがあると、職場に大きな迷惑がかかるほか、契約違反になりかねません。無用なトラブルを避けて穏便に退職するためにも、期間に余裕をもつのがおすすめです。

派遣元と相談後派遣先へ連絡する

退職の手続きは、すべて派遣会社が行います。派遣会社から連絡があるまでは、派遣先に無闇に退職することを伝えるのは避けましょう。

派遣会社で手続きが完了し、指示があれば派遣先へ退職する旨を伝えられます。特にお世話になった先輩や上司などがいる場合は、必ず自分の口で退職の挨拶を行いましょう。

派遣を辞めたいと思った時にとってはいけないNG行動!


次に、派遣を辞めたいと思った時にとってはいけないNG行動を3つ紹介します。

雇用先企業に先に伝える

先ほど少し触れましたが、派遣元に相談する前に派遣先に退職の意思を伝えるのはNGです。

派遣社員にとって、雇用主は派遣元の会社のため、契約や退職に関することはすべて派遣会社に相談するのが正しいルートといえます。

先に派遣先の職場に退職の相談をしても、派遣先はどうすることもできません。それだけでなく、連絡の行き違いなどでトラブルのもとになりかねないため、絶対に避けましょう。

無断で欠席、そのまま辞める

当然ながら、無断で欠席、そのまま辞めるのは絶対にNGな行動です。

派遣会社と派遣先双方に多大な迷惑がかかるのはもちろん、本人にとってもまったくメリットがありません。

滅多にありませんが、場合によっては損害賠償などを請求される可能性もあります。当然、今後新しい仕事を紹介してもらえることもなくなりますし、さまざまなトラブルが発生するかもしれません。

よって、無断欠席やいわゆる「バックレ」は、NG行動のなかでも絶対にやってはいけない行動として肝に銘じておきましょう。

メールなどで伝え直接は報告しない

派遣を辞める相談をする場合、メールだけで済ますのはあまりおすすめできません。

先ほども述べたように、連絡の行き違いで派遣会社や派遣先に迷惑がかかる可能性があります。また、直接相談せずに済ますのはあまり良い印象を与えません。

退職の意思を伝える場合は、できる限り直接派遣会社の担当者に連絡し、メールだけで済ますのは避けましょう。

派遣を辞める前にやっておきたい事

次に、派遣を辞める前にやっておきたいことについて見ていきましょう。

雇用保険(失業保険)などの手続きに必要な書類の申請・受け取り

最も優先してやっておきたいのは、雇用保険(失業保険)などの手続きに必要な書類の申請です。

もし退職後すぐ次に就職しない場合、社会保険の切り替えを早めに行なっておかないと医療費の負担が大きくなったり、年金の未加入期間ができてしまったりします。よって、保険関連の手続きは優先してやっておきましょう。

次の仕事を見つける

次の仕事を見つけるのは退職後にゆっくりやるのが理想ですが、生活費などのことも考えるとできれば退職前に見つけておくのが無難です。

次の仕事を見つけるにあたり、以下の代表的な方法を2つ紹介します。

派遣会社に次の仕事を紹介してもらう

1つ目は、現在利用している派遣会社に次の仕事を紹介してもらう方法です。

同じ派遣会社内で次の仕事が見つけられるなら、それが最もスピーディーといえます。別の派遣会社で違う求人を探すのも手ですが、その場合また新たに説明会や研修に参加したりと、若干手間がかかってしまうでしょう。

また、同じ派遣会社ならあなたのこれまでの働きぶり次第ではもっと高待遇の求人を紹介してもらえる可能性もあります。

よって優先順位としては今いる派遣会社に次の仕事について相談してみて、希望の条件に合わないようなら別の派遣会社に登録してみるのがおすすめです。

ハローワークなどで求人を探す

2つ目は、ハローワークなどで求人を探す方法です。

ハローワークなら正社員から派遣社員・契約社員まで幅広く求人を紹介してもらえるほか、スタッフのアドバイスを受けることもできます。

ただし、ハローワークでは自分で求人を探す必要があるほかブラックな求人が紛れていることもあるため、しっかりと自分の基準や希望を持って求人を探す必要があるでしょう。

また会社によっては選考や面接などがあるため、1つ目の方法に比べると時間がかかることも頭に入れておく必要があります。

とはいえ全国各地の幅広い求人を検索できるため、場合によってはキャリアアップに繋がる可能性もあります。自分の働き方や家庭の状況なども踏まえて、しっかりと検討しましょう。

どうしても派遣を辞めたいと言えない人は退職代行サービスを使おう!

どうしても派遣を辞めたいと言い出せない人は、退職代行サービスの利用も検討してみましょう。

退職代行サービスとは?

退職代行サービスとは、その名のとおり退職手続きを代行してくれるサービスのことです。

近年退職代行サービス業者は急増しており、メディアで取り上げられる機会が増えたことで、耳にしたことがある人も多いかと思います。

特殊なサービスのためなかなか実態が掴みにくいですが、近年では安くて安心して利用できるサービスもかなり多くなってきました。派遣を辞めたいと考えている人は、利用を検討する価値はあるといえます。

退職代行サービスのメリット

退職代行サービスのメリットは、退職に関する心理的負担を減らせることにあります。

退職代行業者は、退職の意思を伝えるところから企業との退職手続きを一手に担ってくれるため、なかなか退職を切り出せないという人にとって心強い味方です。

よってパワハラを受けていてなかなか辞められない人、直接会って退職の意思を伝えるのが難しい人などは、退職代行サービスを検討してみるのがおすすめといえます。

退職代行サービスのおすすめ人気ランキング27選!弁護士事務所との違いは?料金や口コミ・評判なども解説! https://entrenet.jp/retirement/columns/rank

【人気】オススメの退職代行サービス

ではどんな退職代行サービスがオススメなのか。人気の退職代行サービスを3社紹介します。

退職代行ガーディアン


退職代行ガーディアンは、労働組合が運営している退職代行サービスです。

一般的な退職代行サービスは退職を伝えるだけで交渉ができないのが普通ですが、退職代行ガーディアンの場合は労働組合が運営しているため給料や有給休暇について交渉ができます。

料金は正社員・アルバイト問わず一律で29,800円となっており、他の退職代行業者に比べると若干高いですが、安心して依頼できる点でかなりおすすめです。

退職代行ガーディアンをチェック

退職代行ガーディアンの口コミ・評判は?メリットとデメリット、申し込み方法なども解説 https://entrenet.jp/retirement/columns/guardian

わたしNEXT


わたしNEXTは、女性をメインターゲットとした業界初の退職代行サービスです。

女性に特化しているため、女性ならではの職場の悩みや人間関係で、なかなか退職できず悩んでいる人も安心して利用できるのが強みといえます。

料金は正社員・契約社員・派遣社員が29,800円、アルバイト・パートの場合は19,800円です。退職後の転職サポートも充実していることから、退職後のキャリアのケアもしたい人にかなりおすすめです。

わたしNEXTをチェック

女性の退職代行わたしNEXTの口コミ・評判は?メリットとデメリット、申し込み方法なども解説 https://entrenet.jp/retirement/columns/watashi

退職代行コンシェルジュ


退職代行コンシェルジュは、サポート体制が充実している退職代行サービスです。

料金は正社員が49,800円、アルバイトが39,800円となっており、他の退職代行サービスと比べると高額といえます。

しかし、そのぶんサポート体制は他社より圧倒的に充実しており、労務の専門コンサルタントが法令を遵守しつつ退職手続きを行なってくれるため、信頼度はかなり高いといえるでしょう。

また、転職支援も他の退職代行サービスよりかなり充実しています。書類作成などのフォローも手厚く行なってくれるため、サービス内容重視で選ぶならかなりおすすめの退職代行業者です。

退職代行コンシェルジュをチェック

【2021年最新版】退職代行コンシェルジュの口コミ・評判とは?メリット、デメリット、退職までの流れを徹底解説! https://entrenet.jp/retirement/columns/concierge

派遣先で上手く行かない理由は派遣会社にあるかも?!


派遣先で上手く行かない場合、その理由は派遣会社にあるかもしれません。

担当者の業務が雑だったり、就労条件が不透明だったりする派遣会社では、安心して仕事ができません。その場合の対処法についても見ていきましょう。

派遣会社を変えるのも一つの手!

派遣先で上手く行かない場合、派遣会社を変えることを検討してみましょう。

派遣会社を選ぶのは個人の自由のため、自分の都合で変えることはまったく問題ありません。期間満了まではしっかり働くのが望ましいですが、どうしても上手くいかない場合は他の派遣会社の利用も視野に入れましょう。

派遣会社へのリサーチもしっかり行おう!

昨今、派遣会社は無数に存在するため、一つひとつの派遣会社のリサーチを入念に行うことが重要です。

派遣会社によって、紹介してもらえる案件や得意とする業種はまったく異なります。事前のリサーチをしっかり行うことで、契約後のミスマッチを防げるため、手を抜かずにリサーチするのがおすすめです。

評価・人気の高いオススメの派遣会社5選

では具体的にどんな派遣会社がおすすめなのか。人気が高い派遣会社を5つピックアップしたので、ぜひ参考にしてください。

テンプスタッフ

1つ目は、テンプスタッフです。テンプスタッフは6万件以上の求人を抱えており、業界最大級となっています。求人数が多いことから職種や業種の選択肢がかなり多く、自分に合った仕事を見つけやすいのが最大のメリットです。

派遣に限らず、正社員や契約社員といった業務体系も豊富なため、さまざまなキャリア形成にも役立ちます。

また、従業員のケアやサポート体制もかなり充実しており、仕事の悩みを聞いてくれたりスキルアップ研修を行なってくれたりします。

孤独な仕事になりやすい派遣社員とって、サポート体制が充実していることは非常に重要です。福利厚生も充実しているため、業界内でもかなり安心して利用できる派遣会社といえます。

派遣deパート

派遣deパートは、主婦や主夫を対象に、パートの求人を取り扱っている派遣サービスです。

パートタイム勤務しながら派遣社員と同等の待遇を受けられる求人を取り扱っており、詳細な条件に合った働き方ができます。

パート専門のスタッフがサポートのうえ、勤務時間や勤務日数の希望を踏まえて適切な求人を紹介してくれるため、非常に利用しやすいサービスです。

また、ライフスタイルに合わせた働き方のアドバイスや、実際に派遣される職場の雰囲気も丁寧に教えてもらえるため、働きやすさは随一といえます。

派遣deパートではいきなり派遣先に派遣される前に職場見学の機会を設けているため、派遣後にミスマッチが起きにくいのもメリットの一つです。

家庭の時間を大事にしつつ、自分のライフスタイルに合った最適な職場環境で働きたい人なら、なかりおすすめの派遣サービスといえます。

プロオンラインワーカー

プロオンラインワーカーは、女性向け就労支援に特化したマッチングサービスです。

こちらは完全在宅勤務のみの求人を取り扱っており、小さな子どもがいる人や家族の介護で在宅勤務を希望する人にかなりおすすめのマッチングサービスとなっています。

登録者のスキルや経験をヒアリングしたうえで適切な求人をマッチングしてくれるため、在宅勤務の求人を探している人にはかなり有益なサービスといえるでしょう。

「プロ」と名がついているとおり、紹介してもらえる求人は基本的に社会人経験のある人が対象となりますが、マッチングできればかなり条件のよい在宅勤務が見込めます。

ただし派遣社員と少し違い、プロオンラインワーカーの働き方は業務委託です。つまりフリーランスと同じ扱いになるため、確定申告や健康診断は全て自分で行う点は注意が必要でしょう。

比較的新しいサービスのため求人数はそれほど多くありませんが、昨今のリモートワークの流れもあって在宅勤務の求人は増加傾向にあります。

もし在宅で活かせるスキルがあるなら、自宅にいながら正社員並みの給料をもらえる可能性もゼロではありません。家庭の事情などで在宅勤務を希望する人はぜひ利用してみてください。

パーソルテクノロジースタッフ

パーソルテクノロジースタッフは、エンジニアやIT分野の求人に特化した派遣会社です。

テクノロジー分野の求人数は3,000件以上と豊富なため、ITスキルを活かした仕事を探している人に非常におすすめといえます。

また比較的高時給の求人が多いことも特徴の一つで、利用者からの評判も他の派遣会社に比べてかなり高水準です。

時給2,500円以上の求人の多さや、福利厚生の充実度は他の派遣会社にはない最大のメリットといえます。IT分野には在宅でできる仕事も多いため、さまざまな働き方に対応できるのも強みです。

一方で選考がやや難しい求人も多く、高待遇の求人に応募するにはそれなりに高いスキルが必要とされることもあります。また、派遣されるまでの手続きが煩雑といった評判もあるため、スキルに自信がある人向けなのは否めません。

とはいえ他の派遣会社にはない求人が多いため、スキルに自信がある人ならぜひ利用すべき派遣会社といえます。

スタッフサービス

スタッフサービスは、求人数や実績において業界トップクラスの派遣会社です。抱える求人数は13万件以上と業界でも圧倒的な充実度で、利用者も非常に多いのが最大の特徴といえます。

あらゆる職種や業種に対応しており、全国に拠点があるためどんな人でも利用しやすいのがメリットです。

またその実績の豊富さから評判もよく、特に仕事紹介から勤務開始までのスピードの早さは他の派遣会社にない強みといえます。

今すぐ稼ぎたい人やお金に困っている人でもすぐに就労できるうえ、条件次第では自分に合った求人を専門のスタッフがいくつかピックアップしてくれます。

よって、とにかく多くの選択肢から自分に合った求人を見つけたい人は、迷ったらスタッフサービスに登録・相談してみるのがおすすめです。

まとめ

派遣を辞めたいと考えている場合、自分の契約期間が現在どれくらい経過しているか、またその退職理由が正当なものかどうかしっかり確認しましょう。

また、派遣を辞める際には相談する順番や手続きも非常に重要です。円満に退職するためにも、本記事で紹介した方法や注意点などを押さえておきましょう。

現在の派遣の仕事に不満がある場合、記事中で紹介したように別の派遣会社に変えるのも手です。先ほどまとめた人気の派遣会社もぜひ参考にしてみてください。

当サイトおすすめの『LINEで退職代行』

  • 業界最安値の25,000円(税込)
  • LINEでサクッと退職可能
  • 安心の全額返金保証


退職代行TORIKESHI」はLINEを使って退職できるサービスです。

面倒な退職手続きをすべてLINE上で完了できアフターフォローも充実。退職後に必要な書類の受け取りや無料の転職支援、給付金のサポートも行っています。

料金は正社員・アルバイト・パート問わず一律25,000円(税込)なので、少しでも料金を抑えたい方におすすめです。

退職までの流れや職場での問題を抱えている方は、気軽に相談してみてください。

退職代行TORIKESHI



<参考>

よかったらシェアしてね!

Column

同じカテゴリのコラム

すべてみる
  • 今すぐにでも仕事を辞めたい人必見!明日にでも仕事を辞めることができる合法的な方法を解説します! 今すぐにでも仕事を辞めたい人必見!明日にでも仕事を辞めることができる合法的な方法を解説します!

    今すぐにでも仕事を辞めたい人必見!明日にでも仕事を辞めることができる合法的な方法を解説します!

  • 「40代でも会社辞めたい!」その理由と対処法・転職活動についても徹底解説! 「40代でも会社辞めたい!」その理由と対処法・転職活動についても徹底解説!

    「40代でも会社辞めたい!」その理由と対処法・転職活動についても徹底解説!

  • 【苦痛】「仕事を辞めたいほど電話対応が苦手でストレス…」苦手意識を克服するための対処法を解説! 【苦痛】「仕事を辞めたいほど電話対応が苦手でストレス…」苦手意識を克服するための対処法を解説!

    【苦痛】「仕事を辞めたいほど電話対応が苦手でストレス…」苦手意識を克服するための対処法を解説!

  • 妊娠で仕事を辞めたいは甘えじゃない!その理由と辞められない時のための退職代行サービスを解説 妊娠で仕事を辞めたいは甘えじゃない!その理由と辞められない時のための退職代行サービスを解説

    妊娠で仕事を辞めたいは甘えじゃない!その理由と辞められない時のための退職代行サービスを解説

  • 仕事を辞めたいけれどなかなか言えない状況を改善するための方法とは? 仕事を辞めたいけれどなかなか言えない状況を改善するための方法とは?

    仕事を辞めたいけれどなかなか言えない状況を改善するための方法とは?

PAGE TOP