【苦痛】「仕事を辞めたいほど電話対応が苦手でストレス…」苦手意識を克服するための対処法を解説!

目次

電話対応を苦手と感じてしまう理由・悩み


社会人として仕事をするうえで、電話対応を苦手と感じる方は多いようです。苦手と感じても電話をしなければならない場面は多々あります。

そもそも、なぜ電話対応を苦手と感じしまうのでしょうか?苦手を克服する方法を知る前に、まずはご自身が苦手と感じる理由や悩みの種を明らかにしましょう。

※価格・料金はすべて2021年8月時点のものです。

話している内容を周りの同僚・上司に聞かれる環境に緊張する

周囲に人がいない環境ならスムーズに電話ができても、人がいる環境では上手に対応できない方は多いです。

すぐ近くに上司や同僚がいたり、静かなオフィスで声が響きやすかったりすると緊張しやすいでしょう。

その結果「上手に対応できなかったらどうしよう」と周囲の目が気になり、電話に集中できなくなります。

クレームの電話だと対応が難しい

電話対応では、顧客からクレームが入ることもあります。

自社に落ち度がなくても冷静に対応しなければなりません。クレーム対応は難しいものなので、電話だけで解決しないこともあるでしょう。

上手に対応できたとしても、強い口調で責められたり怒鳴られたりすると、電話対応そのものがトラウマになり苦手意識を持ってしまいます。

相手の話を上手く聞き取れない・理解できない

電話の相手が早口だったり声が小さかったりして、話の内容が聞き取れないことがあります。

聞き返せずに理解できないまま電話が終わることもあるでしょう。電話の相手や要件をしっかりと上司に報告できず、叱られるかもしれません。

電話応対ばっかりが気になり、自分の業務に集中できない

メールやチャットでの連絡は、自分の手が空いたときに確認できます。

好きなタイミングで返信できるので、連絡が来るたびに手を止める必要がありません。

しかし、電話はいつ掛かってくるかわかりません。「電話がかかってきたら嫌だな」と思いながら仕事をしていると、業務に集中できなくなります。

要件を上手くまとめられない

電話では、相手が要件をわかりやすく話してくれるとは限りません。
上司へ報告するときには、自分で要件をまとめて伝える必要があります。

上司としても、相手の要件が分からないと的確な指示を出せません。電話対応では、話を聞きながら内容を整理して重要なポイントを抑えることが求められます。

言葉が出てこない

電話がかかってくるだけで緊張する方は、第一声が出てこないことが多いです。

会社名や自分の名前を名乗るだけでも、言葉に詰まったり噛んでしまったりします。

スタート時点のミスを引きずると、その後もスムーズに言葉が出なくなってしまうでしょう。

電話対応への苦手意識・緊張・不安を解消・克服する方法!


電話対応には慣れが必要です。そのため、最初から上手にできる人はほとんどいません。

「自分は向いていない」と諦めるのはもったいないことです。

緊張や不安を解消し、苦手意識を克服できる方法があります。まずは、これからご紹介する方法を試してみてください。

電話対応のマニュアルを作っておく

緊張して言葉が出てこなかったり、焦ってしまったりする方にはマニュアル作りがおすすめです。

「外線用」「内線用」などパターンを用意しておけば、マニュアルを読み上げればよいので、第一声で言葉に詰まることがありません。

マニュアルを見ながら話しても、相手からは見えていないので問題ありません。慣れないうちは無機質な話し方になってしまいがちですが、慣れればスムーズに話せるようになります。

ビジネスマナーを身につける

電話対応の基礎となるのは、基本的なビジネスマナーです。

敬語の使い方などに不安があるとハキハキと話せないからです。

普段から周囲の人との挨拶や会話を増やし、敬語の使い方や自分の話し方を改善していけば、電話対応に生かせます。

ビジネスマナーに自信を持つことで、電話でもスラスラと話せるようになるでしょう。

電話対応が上手な人の真似をする

上司や同僚に、電話対応が上手な人はいませんか?

身近にいる電話が上手な人の真似をするのも、苦手意識の克服に役立ちます。

上手な人の話す口調やスピード、語尾に着目し、自分との違いを分析してみましょう。真似できるポイントから取り入れれば、徐々に電話対応のコツが掴めるはずです。

メモを取る

電話対応が苦手な方ほど、電話をしながらメモを取りましょう。

「話を聞くだけでも精一杯なのに難しそう」と思う方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、メモを取ることで「何を話しているか」が明確になり、冷静さを保つことができます。メモを取った内容は、上司に報告するときにも使えるので一石二鳥です。

電話対応が嫌で仕事を辞めたいほどのストレス・苦痛となったら


さまざまな方法を試しても、電話対応に対する緊張や不安、苦手意識がぬぐえないこともあります。

苦手意識が克服できず、さらに自信を無くしてしまうかもしれません。結果として、仕事を辞めたいほどのストレスや苦痛を抱えることもあるでしょう。

このような場合は、どうすればよいのでしょうか?

担当・部署を移動させてもらう

さまざまな担当・部署がある会社では、ほとんど電話対応がないところもあります。

事情を話し、移動できるか上司に相談してみましょう。

会社にとって社員は貴重な戦力なので、退職を防ぐために移動させてくれるかもしれません。

電話対応のない仕事に転職する

勤務先で担当・部署の移動が難しい場合は、転職するのも一つの選択肢です。

世の中には、電話対応が全くない仕事やほとんどない仕事もあります。電話対応のストレスが心身の健康に害を及ぼす前に、電話対応がない仕事への転職を検討しましょう。

退職代行サービスを使ってストレスなく仕事を辞めよう!


電話対応のない仕事に転職するとなると、会社に退職の意思を伝えなければなりません。

中には、退職の意思を伝えることにストレスを感じる方もいらっしゃるでしょう。ストレスなく仕事を辞めて転職活動をしたい方には、退職代行サービスの利用をおすすめします。

退職代行サービスとは?

退職代行サービスは、退職希望者の代わりに退職の意思を会社に伝えてくれるサービスです。退職希望者が会社に出向かず済むよう、必要な手続きや荷物の引き揚げについても手配してくれます。

退職代行サービスのメリット

退職代行サービスを利用すれば、上司に退職の意思を自分で伝える必要がないのでストレスなく会社を辞められます。

会社とのやりとりは、すべて退職代行サービスの担当者が行うため、依頼者はいち早く転職活動を進めることが可能です。

【人気】オススメの退職代行サービス

ここ数年、退職代行サービスは、さまざまなメディアで紹介され認知度を高めてきました。

業者の数も年々増えていますが、ここではとくに人気の退職代行サービスをご紹介します。安心して依頼できるところをピックアップしましたので、ぜひ参考にしてください。

退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアンは、良心的な価格で確実に退職できる点が人気の退職代行サービスです。運営元が東京労働委員会に認証されている労働組合で、合法的に退職代行を行ってくれるので安心して依頼できます。

雇用形態にかかわらず、一律29,800円(税込)の料金設定である点も魅力の一つです。

退職代行ガーディアンの口コミ・評判は?メリットとデメリット、申し込み方法なども解説 https://entrenet.jp/retirement/columns/guardian

わたしNEXT

わたしNEXTは、日本初の女性向け退職代行サービスです。

女性が安心して退職・転職できるようサポートしており、お客様満足度は99.7%と高い評価を得ています。

万が一退職できなかった場合は全額返金されますが、これまでの退職成功率は100%です。信頼性の高さからマスコミの取材実績も豊富なため、今後も注目を集めていくでしょう。

女性の退職代行わたしNEXTの口コミ・評判は?メリットとデメリット、申し込み方法なども解説 https://entrenet.jp/retirement/columns/watashi

退職代行コンシェルジュ

退職代行コンシェルジュは、20代・30代を中心に人気を集めている退職代行サービスです。

さまざまなメディアでも取り上げられており、毎月約100件の問い合わせが来るほど注目されています。

年中無休で相談者のサポートを行なっているため、相談当日から退職代行を実行できる点も退職代行コンシェルジュの強みです。

電話対応がない仕事はどういったものがある?

転職活動を進めるには、どのような仕事に応募するかを決めなければなりません。

電話対応がない仕事には、どういったものがあるのでしょうか?ここでは、主な3つの仕事をご紹介します。

製造業などの工場勤務

工場での仕事は、そもそも人と直接話す仕事が少ない傾向にあります。

現場リーダーといった立場になると電話対応をする可能性がありますが、基本的に黙々と作業をすることが多いので安心です。

データ入力(事務職)

データ入力を担当する事務職も電話対応がありません。

決められた方法でデータを入力するという、パソコンに向かってコツコツと作業をする仕事です。

中には、事務職として電話対応が求められる場合があります。求人詳細をよく確認して、データ入力のみの事務職を選びましょう。

ライターやエンジニア

ライターやエンジニアは、パソコンに向かって一人で成果物を作成します。

社内や取引先の人とのコミュニケーションには、メールやチャットを利用することが多いでしょう。

電話対応をする必要がないので、自分の業務に集中できる仕事です。

転職エージェントで電話対応のない仕事を探そう



電話対応のない仕事を効率よく探すには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、求職者の転職が成功するようさまざまなサービスを提供しているところです。

経験豊富なコンサルタントが、求職者と人材を採用したい企業のマッチングを図ります。

求職者は、無料で質の高い転職支援を受けられるので、転職活動が初めての方にはとくにおすすめのサービスです。

転職エージェントを使うメリット

転職エージェントを使うメリットは、求職者一人ひとりに専属のコンサルタントがつき、転職のサポートをしてくれることです。

面談によって転職活動の方向性を明らかにし、書類選考や面接対策、入社に至るまで手厚くサポートしてくれます。転職活動中の疑問や不安を相談できる心強い味方となるでしょう。

【人気】オススメの大手転職エージェント

多くの転職エージェントの中から、自分に合う転職エージェントを見つけるのは難しいことです。

ここでは、オススメの大手転職エージェントをご紹介します。大手の転職エージェントは求人数や転職支援の実績が豊富です。

幅広い業界・職種の転職に対応しているので、ぜひ参考にしてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大級の求人数を誇る転職エージェントです。さまざまな業種・職種の求人が20万件以上もあります。

相談窓口は全国に展開されているため、お住まいの地域にかかわらず気軽に相談することが可能です。

DODA(デューダ)

DODA(デューダ)は、転職者満足度No. 1を獲得した実績を持つ転職エージェントです。

約10万件の求人を扱っており、大手・中小・ベンチャー企業に至るまで、求職者の希望に合わせて最適なサポートをしてくれます。

パソナキャリア

パソナキャリアは、年収700万円以上といったハイクラスな求人を豊富に取り揃えている転職エージェントです。

パソナキャリアを利用して転職した方の67.1%が年収アップを実現しています。これまでのキャリアや培ったスキルを生かして、より条件のよい転職先を探したい方におすすめでしょう。

まとめ

この記事では、電話での応対が苦手な方に向けて、苦手意識を持つ原因や克服する方法をご紹介しました。ご紹介した方法を試して苦手意識を払拭し、ストレスなく仕事を続けられるかもしれません。

苦手意識を払拭できなくても、電話対応のない仕事に就けるチャンスはたくさんあります。退職代行サービスや転職エージェンントを利用しながら、ご自身にとって働きやすい仕事を探しましょう。




〈参考〉

  • https://taisyokudaiko.jp/
  • https://taishoku.to-next.jp/w/
  • https://retirement.cram.work/

よかったらシェアしてね!

Column

同じカテゴリのコラム

すべてみる
  • 「40代でも会社辞めたい!」その理由と対処法・転職活動についても徹底解説! 「40代でも会社辞めたい!」その理由と対処法・転職活動についても徹底解説!

    「40代でも会社辞めたい!」その理由と対処法・転職活動についても徹底解説!

  • 妊娠で仕事を辞めたいは甘えじゃない!その理由と辞められない時のための退職代行サービスを解説 妊娠で仕事を辞めたいは甘えじゃない!その理由と辞められない時のための退職代行サービスを解説

    妊娠で仕事を辞めたいは甘えじゃない!その理由と辞められない時のための退職代行サービスを解説

  • 仕事を辞めたいけれどなかなか言えない状況を改善するための方法とは? 仕事を辞めたいけれどなかなか言えない状況を改善するための方法とは?

    仕事を辞めたいけれどなかなか言えない状況を改善するための方法とは?

PAGE TOP