カテゴリー

Line

開業準備にかかった“開業費”は、どう処理すれば?

開業時には、机や文房具などをはじめ、いろいろな費用がかかってきます。開業する前に発生した支払いについては、どのように帳簿をつければいいのでしょうか。
開業のためにかかった費用は”開業費”で処理するのが一般的です。今回は、その”開業費”の処理方法についてみていきます。

1.”開業費”とは何のこと?

開業前の準備活動に要した費用は”開業費”で処理します。実は、”開業費”は「費用」ではありません。「繰延資産」という「資産」の科目になります。「資産」の科目でいったん処理し、その後、毎年少しずつ費用に計上します。これを「償却」といいます。
なぜ「費用」ではなく「繰延資産」なのかというと、「開業前に準備費用をかけたからこそ、今後ずっと仕事を継続できる。つまり、開業年度だけの費用ではなく、それ以降の年度にも影響する費用に当たるため、開業年度だけの費用にはならない」という考え方にもとづくからなのです。

2.”開業費”となるもの・ならないもの

個人事業主の場合、開業までにかかった費用は基本的に”開業費”になります。例えば、店舗を開く場合の立地の調査費やパソコンの購入費、事務所の家賃などです。
ただし、”開業費”にできないものもあります。その代表的なものは次の4点です。

①1つあたり10万円以上するもの
1つあたりの取得価額が10万円以上する備品や機械は「固定資産」になるので、”開業費”になりません。「固定資産」はその種類、使い方などで、それぞれ何年で経費とするかを、別に法律で規定しています。

②販売用商品の仕入代金
販売目的で購入した商品や材料は、開業後に販売して利益を得るためのものなので、”開業費”ではなく「売上原価」になります。

③敷金など後日、返金されるもの
敷金や加盟金など、後日戻ってくるものは、そもそも経費ではないため、”開業費”にはあたりません。

④礼金
礼金は事務所等を借りるときに貸主に支払う金額のうち、戻ってこない部分(月々の家賃を除く)のことをいいます。礼金も”開業費”と同じく「繰延資産」ではありますが、”開業費”とは取り扱いが異なるため、原則として、”開業費”にすることができません。
法人の場合は個人事業主の場合と”開業費”の取り扱いが一部異なります。法人は、開業のためだけに特別にかかった費用しか”開業費”にできません。個人事業主の場合は、開業前に支払った事務所の家賃や従業員の給料は”開業費”にできますが、法人の場合それらは開業のためだけの費用ではないので、”開業費”にできません。地代家賃や給与手当などの経費で処理します。

3.何年で”開業費”を償却するのか

“開業費”を何年で償却するのかは、会計上の考え方と税法上の考え方とがあります。
会計上の考え方…5年間で均等償却
税法上の考え方…任意償却

会計上は5年間で均等に償却することになっていますが、税法では任意償却です。任意償却とは、0円から”開業費”の全額(2年目以降は帳簿価額)まで、その年に費用とする金額を納税者が自由に決めることができる償却方法です。そのため、今年は赤字になりそうだから償却を0円にしようだとか、黒字が多いので開業初年度で全額費用にしようということが自由に決められます。
実務上は税法にのっとって処理するケースが多いです。

4.いつまで遡って”開業費”とできる?

開業から何年前までの支出が、”開業費”として認められるのだろう? と不安に思う人も多いのではないでしょうか。
実は、明確な期間は決まっていません。理論上、開業のためにかかった費用は、何年前のものでも”開業費”とすることができます。”開業費”について重要なのは、支払った時期ではなく開業のための支出だったかどうかということなのです。
しかし、実務上、5年も6年も前のものを”開業費”とすることはあまりありません。少し前のものを”開業費”にする場合は、それが開業のためにかかった費用だという証拠を残しておく必要があるでしょう。

5.”開業費”の領収書はすべて帳簿につける?

開業前にかかる費用は数多くあります。では、それらすべてを帳簿につけていく必要はあるのでしょうか。望ましいのは、やはり明細ごとに1つ1つ入力していくことです。これが帳簿づけの基本だからです。
しかし、”開業費”の詳細を別途エクセルなどにまとめて集計している場合は、まとめて入力しても差し支えないと考えられています。この場合、エクセルなどの資料とともに、別途まとめた”開業費”とした費用の領収書を必ず保管するようにしておいてください。

開業前の書類・領収書と、開業後の書類・領収書は分けて保管しておきましょう。固定資産の登録については、通常一括で登録して問題ありません。また償却費の仕訳も明細ごとではなく一括で処理します。
あまり多くないケースだとは思いますが、開業初年度で消費税の課税事業者の場合は、最低でも消費税の課税・非課税など税区分ごとに分けて帳簿につける必要があります。注意しましょう。

経理・決算、税金の基礎についてもっと詳しく知るには

経理や決算、税金の計算は、会社を設立した以上避けては通れないもの。何から始めていいかもわからないという方は、まずはその全体像を掴みましょう。
このガイドでは初めて経理や決算を行うという方を対象に、その入門となる知識をご紹介します。経理や決算にどんな作業が必要で、税金とは具体的に何を指すのか。
このガイドでスムーズに経理業務をスタートしていただければ幸いです。

ebook_foundation_cover-smal

目次

  1. 1.会社の経理を始めるために
  2. 2.法人の決算に必要なものまとめ
  3. 3.貸借対照表で会社の資産状況を把握しよう
  4. 4.損益計算書で会社の利益を把握しよう
  5. 5.法人のための税申告・納付まとめ
  6. 6.法人にかかる税金は9種類もある
  7. 7.税金を滞納したら、どんな罰則がある?
  8. 8.法人のための節約のコツ

無料でダウンロード

5分でできる会社設立
https://www.freee.co.jp/launch

開業手続きが無料・簡単・最速
https://www.freee.co.jp/kaigyou

元記事はこちら
https://keiei.freee.co.jp/2014/06/17/jyunbi/

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

最近では従業員の長時間労働などを問題視し、「働き方改革」に取り組む企業が増えています。一方、職場などのストレスから心を病む人は、なかなか減らないのが現状です。

そんな中、同じ労働環境の中で働いていても、心を病むことなく働き続けられる「ストレスに強い人」は、あなたの周囲にもいらっしゃいますよね?

ここでは「ストレスに強い人」とそうでない人にはどんな違いがあるのか、ストレスに打ち勝つためにはどんな方法があるのかを、説明していきたいと思います。

(さらに…)

2019年11月19日

会社分割とは、会社が事業に関して有している権利義務(資産、負債、契約関係など)の全部または一部をほかの会社に継承させる行為のことで、M&Aで使われる手法です。
会社分割には、2通りの手法があります。1つ目は“吸収分割”といい、事業や権利義務の一部が既存の会社に吸収されるものです。そして2つ目が“新設分割”です。いずれも手続きの方法などについては組織再編行為として会社法で定められています。
(さらに…)

2019年11月15日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ