スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
転職

転職したら健康診断の受診が必須?入社前にするべき準備とは

転職したら健康診断の受診が必須?入社前にするべき準備とは

転職時、新しく入社する会社に提出する書類が複数あります。前職から受け取っておくべきものから、自分で用意すべきものまでさまざまですが、その中の一つに『健康診断の結果表』があります。転職の際、直近で受けた健康診断の結果を転職先に提出する必要があります。では、入社するときには、健康診断の『どの項目』が必要になってくるのでしょうか。転職時に必要な健康診断の結果表の詳細をご紹介します。

転職する際には健康診断の結果など書類をそろえる必要がある

転職時さまざまな書類を提出する必要があります。では、どのような書類が必要になるのでしょう。

必要な書類は、転職先から提示されるのが一般的です。入社の詳細をやり取りしている際に、総務や人事担当などから必要書類一覧が送付されるのが基本です。一覧をもらったらすぐに確認し、余裕を持って過不足ないようにそろえましょう。

書類が手元にない場合や失くしてしまった場合などは、その書類ごとに必要な手続きを経て再発行します。

今回は『健康診断の結果表』に絞ってお話をしていきます。

転職時には『健康診断の結果表』の提出が求められる

健康診断の結果表は、基本的にどの企業に転職した場合も提出が求められます。なぜなら、労働安全衛生法第66条によって『事業者は、労働者に対し、医師による健康診断を行わなければならない』と定められているからです。

また、労働安全衛生規則第43条により『事業者は、常時使用する労働者を雇い入れるときは、当該労働者に対し、次の項目について医師による健康診断を行わなければならない』とも定められています。

基本的に企業に所属し働いている場合は、年に一度健康診断を受けるように機会が設けられているので、それをそのまま提出することも可能です。しかしながら、提出する健康診断の結果表には条件があるので注意しましょう。

提出が求められる健康診断表の詳細とは

転職したら健康診断の受診が必須?入社前にするべき準備とは

では、一般的な転職先において提出が求められる健康診断表の詳細をご紹介します。

健康診断の期限は3ヶ月

基本的に、健康診断の結果表が使える期限は3ヶ月です。つまり、転職前の企業で健康診断を受けて結果をもらったものが3ヶ月以内であれば、そのまま提出して問題ありません。

しかし、前職で受けたものが3ヶ月よりも前のものである場合は、改めて受け直す必要があります。

提出が求められる基本的な情報

労働安全衛生規則第43条により、以下の検査結果の提出を求められます。

・既往歴(過去の病気や手術、治療について)および業務歴の調査
・自覚症状や他覚症状の有無
・身長、体重、腹囲、視力、聴力
・胸部エックス線検査
・血圧測定
・尿検査(尿中の糖および蛋白の有無)
・貧血検査(赤血球数、血色素量)
・肝機能検査(GOT、GPT、y-GTP)
・血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライド)
・血糖検査
・心電図検査

これに加えて、企業ごとにプラスで結果の提出を求める場合があるので、転職先に確認するようにしましょう。

転職先へ健康診断表を提出するうえでの気になる疑問

続いて、転職先へ健康診断の結果表を提出するうえでぶつかりがちな『よくある疑問点』をご紹介します。

Q1.健康診断の結果によっては内定取り消しもある?

健康診断は基本的に、提出必須の条件を検査してもらえるだけで、より詳しい検査が必要になった場合は別途自分で病院へ行って診断してもらう必要があります。時には、精密検査が必要だという結果が返ってくることもあります。

もしも悪い結果になってしまった場合、これが原因で内定を取り消されてしまわないかと不安になりますよね。

ですが安心してください。基本的に、健康診断の結果が転職活動に大きく影響を及ぼすことはありません。あくまでも提出を求められるのは、転職先が内定者の健康情報を管理するために必要となるからであって、採用の可否に直結しません。

ただし『ドライバー』などの健康状態によって業務に支障が出る可能性がある職種に関しては、内定取り消しになってしまう可能性もあるので注意しましょう。「健康状態に問題があるわけではないが、健康診断結果による内定取り消しが発生する可能性はあるか」など、事前に確認しておくと安心かもしれませんね。

Q2.健康診断はいつ、どこで受けたらいい?

転職したら健康診断の受診が必須?入社前にするべき準備とは

3ヶ月以内の結果が手元にない場合は、転職先から健康診断の結果表の提出を求められた後すぐに受診の準備を進めましょう。

転職先から受診する病院の指示がある場合はそれに従い、それがなければご自身で探して健康診断を受診します。

中には、転職先に提出する用に必要項目をそろえた健康診断プランを用意している病院もあるので、活用してみてはいかがでしょうか。

受ける際は、先ほどお伝えした必須項目、または企業から指定されている項目を検査で網羅しているかを事前にチェックしておく必要があります。

転職先にどの検査を受けるべきか指定してもらい、それを満たしている病院を探すようにしましょう。

Q3.健康診断の費用は自己負担?

健康診断を受ける際にかかる費用については、法律でどちらが支払うかは定められていません。つまり、企業によってまちまちであるということです。

そのため、費用を負担してくれるか自己負担になるかは、転職先の判断によるということです。

健康診断も転職活動の一部として理解し、滞りなく行うようにしましょう。

どちらの負担になるか気になる場合は、採用担当に聞いてみても良いでしょう。

Q4.そもそも健康診断にはいくらかかるのか

会社でしか健康診断を受けたことがない場合、自分で受診する際にそもそもいくらかかるのかわからないという方もいますよね。

医療機関によって設定されている金額に差異があるので統一した価格はありませんが、基本的な項目を網羅した場合、1万円ほどかかるのが一般的です。

ただし、プラスで転職先から指定された検査を行う場合は、オプションとして加算されることになるため、もう少し費用がかさむ可能性があります。

転職先が費用を負担してくれる場合は、受診した病院で領収書を受け取る必要があります。受け取ったあとは結果表とともに紛失しないように管理しておきましょう。

Q5.健康診断の結果はどれくらいで返ってくる?

健康診断の結果は、基本的に「受診から受け取りまで1週間程度かかる」と考え、余裕を持って受診するのがおすすめです。

とはいえ、医療機関によってはスピーディーに結果表を作成してもらえることもあるので、「〇日以内に提出が必要」など期日が短く設定されている場合は予約する際にその点も確認しておくと安心です。

また、結果表の受け取りに関して、受診した医療機関に取りに行くパターンと郵送してもらうパターンを選べる医療機関もあります。

転職先の勤務初日に結果表もそろえて提出できていることが理想ですが、スケジュールの都合上、間に合わないこともありますよね。

その際は、転職先に何日程度待ってもらえるかを確認しておきましょう。

転職が決まったら、転職先の指示に従って健康診断の準備を進めよう

転職したら健康診断の受診が必須?入社前にするべき準備とは

転職をする際には『健康診断の結果表』が必要になります。3ヶ月以内の結果がなければ、改めて自分で受診する必要があるため、内定が出たらすぐに取り掛かるようにしましょう。

ただし、転職先によっては指定の医療機関で受診するよう伝えられることもあるため、内定が出たからといって、すぐに自分で予約してしまうのではなく、受け取った書類を確認したり、書かれていない場合は直接担当者に確認したりしてから準備を進めることをおすすめします。

この記事を読んだ方におすすめ転職サイトはこちら

転職先の探し方が分からない方はこちら!

一口に転職サービスといっても、サービスごとに得意分野があります。それぞれの特徴を理解し、自分に合った転職サービスを利用できれば、もっと円滑に転職活動が進められますよね。
こちらの記事ではおすすめな『転職サービス』について紹介しています。「どんな人に合っているか、どのように使ったらよいか」サービスごとに解説していますので、あわせて読んでみてください。

【性別・年代別】転職サイトのおすすめ10選と選び方
https://entrenet.jp/magazine/28961/

PROFILE

ameri

コスメメディアの編集部を経て独立し、美容からビジネスで幅広く執筆中。女性向けライフスタイル、エンタメ分野が得意。普段はインタビュー記事をメインに執筆。

VIDEOS 動画で学ぶ!独立・開業

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。