スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
転職

看護師が転職を成功させるには?おすすめのサイトと他職種を紹介

看護師が転職を成功させるには?おすすめのサイトと他職種を紹介

本記事では看護師が転職を成功させるためのコツや、おすすめの転職支援サービスを紹介します。看護師としての転職を目指す人はもちろん、看護師を辞めたい人におすすめの仕事や転職サイトも紹介します。次の仕事や職場をどう選べばいいのか、そのために転職支援サービスをどう使えばいいのか、看護師の転職に関する悩みを解決できるでしょう。

看護師が転職サイトを上手に使うコツ

転職サイトを上手く使うことで、自分に合った仕事を、効率よく探せます。では、どんな転職サイトを選び、どう活用すればいいのでしょうか。

看護師が転職サイトを上手に使うコツを、看護師として転職する場合と、看護師以外に転職する場合に分けて紹介します。

看護師から看護師に転職する場合

看護師として転職する場合、まずは自分の目的や希望する転職先の条件をハッキリさせましょう。そのうえで、目的や条件に合ったサービスを選ぶことが大切です。

例えば結婚や引っ越しを機に転職する場合、働ける地域は限られるでしょう。その地域の求人を多く扱っているサービスを選ぶのが正解です。

ほかにも「人間関係を重視するなら、各職場の内情に詳しいサービス」「給与や待遇にこだわるなら、条件交渉も任せられるサービス」と、目的に合った転職サービスを選びましょう。

看護師以外の仕事に転職する場合

看護師以外の仕事に転職する場合、コンサルティングやサポートの充実したサービスを選ぶことと、就きたい職種に強いサービスを選ぶことが大切です。

特に看護師以外の仕事をしたことがない場合、自分に向いている仕事や、どんなスキルを活かせるのかなどイメージしづらいでしょう。話を丁寧に聞き、自分でも気付いていない本心や能力を浮き彫りにしてくれるエージェントが必要です。

サービス業や事務職などの職種ではなく、IT系や介護系のような専門職を目指す場合、その職種に強い転職サービスもあります。

看護師におすすめの転職サイト3選

国家資格の必要な看護師は平均年収が高く、仕事に困りづらいです。不況や社会情勢により職を失うことも、あまりないでしょう。

安定した環境を手放したくない人には、看護師を続けることをおすすめします。看護師として転職したい人向けの転職サービスを3つ、厳選して紹介します。

看護のお仕事【求人数およそ12万】

とうきょうナースステーション【病院団体が運営】

ナースJJ【より良いキャリアを目指すなら】

看護師以外への転職におすすめのサイト3選

看護師は夜勤も多く、勤務時間も長めです。患者さんの命を預かることには、精神的な重圧もかかります。続けるうちに、心身が疲れ切ってしまうこともあるでしょう。

やりがいを感じながらも限界が来て、ほかの仕事に転職せざるを得ないこともあるかもしれません。

しかし、看護師以外の仕事をしたことがなく、転職先選びに困っている人も多いでしょう。自分に合った仕事を一緒に探してくれる転職サービスを3つ、厳選して紹介します。

【女性の転職におすすめ】LiBzCAREER

LiBzCAREERは、女性におすすめの転職支援サービスです。女性のキャリアに特化した業界初のサービスとして知られ「女性だったらLiBzCAREER!」と、自信を持って運営されています。

働く場所の自由度が高い『リモートワーク』や働く時間に自由度が高い『フレックスワーク』に対応した求人が多いのも特徴です。夜勤や長時間労働が続く環境にいた人ほど「自分のペースで働きたい」という想いも強いでしょう。

時間や場所にとらわれない働き方にはどんな種類があり、自分にはどれが合っているのか、アドバイザーに相談してみるのがおすすめです。

看護師におすすめの、看護師以外の職種

看護師は「患者さんに寄り添い、弱った心身をケアする」やりがいのある仕事です。しかし、命を預かることのプレッシャーは大きいでしょう。夜勤や長時間労働も多く、身体的にも精神的にも負担がかかります。

そんな看護師の仕事に疲れてしまったら、ほかの仕事への転職を検討してみるのもいいかもしれません。看護師としての経験を活かせる仕事や、看護師に近いやりがいを感じられる仕事を紹介します。

【コミュニケーション力を活かすなら】飲食・販売業

看護師経験の中で身に付けた『コミュニケーション力』を活かすなら、飲食業や販売業などがおすすめです。

看護師は、患者さんと長い時間を共にします。患者さんは、病状も置かれた環境もそれぞれ異なり、一人ひとりに合った接し方が必要でしょう。心身が弱っている人と接することには、そうでない人と接するよりも難しく、配慮が求められます。

そんな経験からは相手の気持ちを察し、細やかな心配りができる『高度なコミュニケーション力』が身に付きます。

この能力を活かすには、一人あたりの滞在時間や支払金額の多い『フルサービスタイプの飲食店』や、お客さんの求めているものを的確に提案しなければならない『販売業』などがおすすめです。

【コツコツ作業が好きなら】事務職

コツコツとした作業が好きなら、データ入力や経理関係などの事務職がおすすめです。

人の命を預かる看護師には、的確な仕事ぶりが求められます。自分自身では気付いていないかもしれませんが『一つひとつの作業をミスなくこなす能力』が育まれているはずです。作業の丁寧さや正確さを、友人や家族に褒められたことはありませんか?

この能力は、細かな作業も正確に、順序良く片付けていく仕事に活かせます。コツコツ作業が好きなら、給与計算や請求書作成などの『ミスが許されない事務作業』や、同じ作業を正確に、淡々と繰り返さなければならない『データ入力』などがおすすめです。

【人を支える仕事は続けたいなら】介護職や産業看護師

「看護師を続けるのは難しいけど、人を支える仕事は続けたい」という人もいるでしょう。そんな方には、介護職や産業看護師などがおすすめです。

患者さんを支えることに強いやりがいを感じている看護師は多いでしょう。しかし、命を預かり、ときに患者さんを看取らなければならない環境では、精神的な負担がかかります。夜勤や長時間労働で、身体的に辛くなるときもあるでしょう。

やりがいを感じながらも限界を悟り、看護師を辞めようと決意した人には『自分の負担を抑えながら人を支えられる仕事』がおすすめです。

例えば介護職でも、デイサービスのみの施設なら夜勤はありません。また、一般企業の従業員をケアする『産業看護師』がおすすめです。夜勤や土日出勤もないので、身体的な負担も小さいでしょう。

【資格を活かした働き方なら】保健師

「看護師のような激務はできないけど、資格を活かして仕事を続けたい」と感じるなら、保健師がおすすめです。安定した働き方と、安心できる雇用環境を両立できます。

保健師とは、保健指導をする仕事です。健康診断を受けた人のその後の相談に乗ったり、生活を改善するためのアドバイスをしたりします。

公立・私立の学校で働く『学校保健師』や、公務員である『行政保健師』なら、雇用も安定しているでしょう。

保健師になるには、1年以上の保健師養成課程を修了した後『保健師国家試験』に合格しなければなりません。ただ、看護師免許も必要なので、ほかの職種から目指すよりはハードルが低いでしょう。

更に行政保健師は『公務員』になるため、就業する自治体の公務員試験に合格する必要があります。

【転職でキャリアアップを目指すなら】医療分野の一般企業CRA・CRC・MRなど

年収アップやキャリアアップを目指すなら、医療分野の一般企業に転職するのもおすすめです。具体的にはCRAやCRC、MRなどがあります。

CRAとCRCは、治験に携わる仕事です。CRAは製薬会社の業務に、CRCは治験を行う病院の業務に従事します。CRCは医療機関に雇用されることもありますが、一般企業に雇用され、医療機関に派遣されることもあります。

ただ、CRCの平均年収は看護師とそう変わりません。看護師の平均年収が491.8万円(※国税庁『令和2年賃金構造基本統計調査』より)といわれているのに対し、CRCは426.4万円(※国税庁『令和2年賃金構造基本統計調査』より)といわれています。

収入アップを目指すなら、平均年収が573万円といわれている(※2021年10月求人ボックス調べ)CRAがおすすめです。医療情報を管理するMRも平均年収544.7万円(※国税庁『令和2年賃金構造基本統計調査』より)といわれ、収入アップを目指せます。

転職サイトを上手に使う3つのコツ

自分に合った職場を探すには、転職サイトの活用がおすすめです。転職サイトを使えば、一人では見つけられなかった候補の中から、より自分に合った職場や仕事を探せるでしょう。

しかし、それは転職サイトを上手に使った場合です。転職サイトの選び方や使い方を間違えると、転職そのものが失敗に終わるかもしれません。

なるべく早く次の仕事を探し、後悔のない転職をするには、どうすればいいのでしょうか。転職サイトを上手く使う『3つのコツ』を紹介します。

コツ1.自分に合った転職サイトを探す

自分に合った転職サイトを選べなければ、転職活動には時間がかかり、転職後の満足度も低くなるかもしれません。まずは、自分に合った転職サイトを探しましょう。

転職サイトを探すときは「そのサイトが、希望する職種に強いのか」をチェックします。その職種の求人数は多いのか、業界ならではの情報に精通しているのか、仕事の内容について理解しているのかなどがチェック項目です。

口コミサイトを見たり、その業界・業種での転職支援の実績や経験年数を確認したり、客観的なデータを集めましょう。

コツ2.複数の転職サイトに登録する

自分に合った転職サイトを探すためにも、より良い職場を見つけるためにも、転職サイトは複数利用しましょう。

1つ登録するだけでは、そのサイトが本当に自分に合っているのかわかりません。どんなサービスが使いやすいのかは、人によって異なります。複数の転職サイトに登録してみて、自分と相性の良いものをメインに使いましょう。

また、転職サイトにはそれぞれ、そのサイトでしか扱っていない求人があります。例えば同じリクルートが取り扱うサービスでも『リクルートエージェント』と『リクナビNext』では、掲載求人が異なります。

情報漏れを防ぐためにも、アンテナは広く張っておきましょう。

コツ3.サポートを徹底活用する

転職サイトはそれぞれ、特徴的なサポートを提供しています。登録前にサポート内容を確認し、登録後は徹底的に活用しましょう。

転職活動に役立つ情報をブログ形式で更新しているサイトや、自分に合った仕事や環境を探すための『診断テスト』が受けられるサイトなど、さまざまなものがあります。

転職エージェントなら、転職活動や職種選びに関するアドバイスを受けたり、書類の添削をしてもらったりもできるでしょう。

転職サイトやエージェントには、何人もの転職希望者を成功に導いてきたノウハウがあります。活用しない手はありません。

看護師としてのキャリアに行き詰ったら、自分を見つめ直してみよう

看護師はたしかにやりがいのある仕事です。その分、心身にかかる負担も大きく「転職したい」と感じることもあるでしょう。

転職すべきか迷ったときは、一人になれる時間をとり、自分を見つめ直してみてください。

看護師のどんなところにやりがいを感じていて、何が辛いのか。もし転職するなら、どんな人たちと、どんな風に働きたいのか。誰にも邪魔されず、じっくり考えることで、理想の職場が見えてきます。

しかし、一人の時間をなかなか取れない人も、自分の本心と上手く向き合えない人もいるでしょう。そんなときは、転職支援サービスを使ってみるのもおすすめです。

転職支援サービスを上手く使えば、自分に合った職場を効率よく探すことができます。面談やアドバイスを通して、今まで気付かなかった『自分の本当の望み』が見えてくることもあるでしょう。

PROFILE


赤塚元基

フリーライターとして独立した契機は、実は転職失敗。自身の(苦くもあった)経験を活かし、皆さまの心に寄り添いながら、お役立ち情報をお届けします!

VIDEOS 動画で学ぶ!独立・開業

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。