スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

転職に学歴は関係ある?企業が求めていることと履歴書の学歴の正しい書き方

転職に学歴は関係ある?企業が求めていることと履歴書の学歴の正しい書き方

転職する際には、学歴や職歴を企業に提出することが一般的です。新卒採用の際には「学歴を重視する」企業が多かったかもしれませんが、転職の際には企業側はどれほど学歴を重視しているのでしょうか。本記事では、転職と学歴との関連性や、履歴書に記入する学歴・職歴の正しい書き方をまとめてご紹介します。転職する際はぜひ参考にしてくださいね。

転職の際にはどれくらい学歴が重視されている?

新卒での就職活動の際に、企業が学歴を重視していることを痛いほど感じたという方は多いのではないでしょうか。それゆえに、転職活動の際も自分の学歴に自信を持てず、一歩を踏み出せない方もいるはずです。

しかし、実をいうと転職では、新卒採用のときよりも学歴はそれほど重視されていないのです。

というのも、新卒採用と中途採用では、採用する目的が異なっているからです。新卒採用で企業が学歴を重視しているのは、これからの可能性がある人材を求めていることが理由です。対して中途採用では、即戦力となる人材を求めています。

そのため、転職活動では学歴よりも重視される面が多く、学歴に自信のない方でもアピールの仕方次第で転職活動をスムーズに進められるでしょう。

第二新卒の場合は例外もある

ただし、アピールできるキャリアや実績の少ない第二新卒は、新卒採用と同じ指標で判断されることが多いため、学歴が重視される可能性が高いといえます。

第二新卒は、企業としても「即戦力になるか」よりも「これから活躍してくれる可能性があるか」という軸で応募者のことを見ています。

同じ業種での転職であれば、第二新卒でも実績を見てもらえるかもしれませんが、他業種への転職の場合は、学歴が重視されると考えていいでしょう。

もし学歴に自信がないのであれば、ある程度キャリアを積んでから転職にチャレンジすることをおすすめします。

学歴=肩書きではない!地頭力を捉える指標に

もちろん、転職の際にも多少は学歴を重視されることもあります。しかし、それは学歴を肩書きとして見ているのではなく「地頭力を判断する指標として捉えているから」です。

総合商社やコンサル、金融や広告代理店などといった論理的思考力が必要な職種や企業は、多角的な視野が求められることも多く、地頭がいい人材を求めているのです。その判断軸として学歴を見ています。

また、人気のある企業や大手企業はひとつの求人に応募が殺到することがあるため、ある程度のラインで区切る目的で学歴で足切りをしていることもあります。学生の能力をはかる指標として、学校での勉強や部活くらいしか見ることができないため「どれくらい成果を残してきたか?」を判断するために、どのレベルの入学試験を突破できたか=学歴で判断するということです。

さらに、残念ながら財閥系などのブランドを重視する企業は、他の企業に比べて転職の際でも学歴を重視する傾向にあるといえるでしょう。

ただし、選ぶ企業や職種によっては、学歴ではなくその他の要素を総合的に見て、企業の即戦力になるかどうかを判断してもらえるはずです。

中途採用の場合、転職で重視されるポイントとは?

転職に学歴は関係ある?企業が求めていることと履歴書の学歴の正しい書き方

続いては、転職で重視されるポイントを具体的にお伝えしていきます。

実績・スキル

転職活動の場合は、学歴よりも「転職後に即戦力として働けるかどうか」を重視されています。

そのため「これまでのキャリアでどのような実績を積んできたのか」や「どのようなスキルを身につけてきたのか」の方が大切です。

実務能力は学歴からは判断できません。ゆえに、たとえ高学歴であっても、実績やスキルがなかったり即戦力として活躍できる人ではなかったりすると、転職活動がうまくいかない場合があります。

転職活動中に企業に提出する資料には、実績とスキルを記入して、その企業で活躍できる人材であることを上手にアピールしていきましょう。

情報伝達力

転職活動をするうえでは、情報伝達力の高さも重要です。

企業では、誰一人として単独で仕事をしている人はいません。同僚がいて取引先がいて、さまざまな人と関わることで仕事が成り立っています。

そのため、必要事項を正確にやり取りできるコミュニケーションスキルが求められているのです。

これまでのキャリアで情報伝達力が発揮できたエピソードがあれば、積極的にアピールするといいでしょう。

対人折衝能力

転職に必要なコミュニケーション力とは、前述した『情報伝達力』だけではなく、対人折衝能力も含まれます。

転職をすると、一から会社のルールや仕事を覚えなくてはいけません。中途入社では、年下が上司になることもあります。

その際、対人折衝能力がないと人間関係をうまく築けずに仕事をスムーズに進めていけなくなってしまうのです。

新しい環境でもすぐに対応できる対人折衝能力の高さは、転職活動で上手にアピールしていくといいでしょう。

モチベーションの高さ

転職活動では、モチベーションの高さも武器になります。

中途採用では、新卒採用のような丁寧な教育制度や研修制度を設けていない企業もあります。即戦力として、自ら率先して学び、身につけていくことが求められています。

仕事に対してモチベーションがあると、自分から積極的に学んでいけますよね。対してモチベーションが低いと、ずっと受け身な姿勢になってしまいがちになってしまいます。

企業としては、モチベーションを高く保って働いてくれる人材を獲得したいと考えるのは当たり前ですよね。

マネジメント力

企業から「弊社にぜひきてほしい」といわれる可能性の高い能力として、マネジメント力が挙げられます。

マネジメント力は基本的に新卒で入社した社員は持ち合わせていません。経験を積むことで身に付く能力なので、中途採用社員に対して企業が求めていることのひとつといえます。

前職までの経験でどのようにマネジメント力を培ってきたのか、どのようなシチュエーションで発揮できたのかを、具体的なエピソードと共に職務経歴書に記載しましょう。

転職活動をするときに覚えておきたい学歴欄の書き方

転職に学歴は関係ある?企業が求めていることと履歴書の学歴の正しい書き方

最後に、転職活動をする際に必要な『学歴欄』を書くときのポイントをご紹介します。

中途採用の場合の学歴欄は高校から記載する

新卒採用の際は、履歴書の学歴欄には小学生から記入したと思いますが、中途採用の場合は高校からの記入で問題ありません。

高校の学科で専門性のあることを学んでいて転職先と大きく関わる場合は、学科までしっかりと記載することを忘れないようにしましょう。

大学は学部と学科まで記載する

学歴欄の大学の部分は、大学名だけではなく学部と学科までしっかりと記載します。

なぜなら、大学名だけではどんなことを専門的に学んだのかがわからないからです。所属していた学部によって偏差値も学ぶ内容も大きく異なるため、しっかりと細かいところまで記入しましょう。

また、転職先が大学で学んだ内容と大きく関わっているのであれば、研究内容や卒業論文の内容にも言及するとより良いでしょう。

留学経験も記載する

留学経験も転職活動の武器になることがあります。そのため、留学先や留学期間なども学歴欄に記載することをおすすめします。特に、留学先で得た言語力や知識が転職先で活かせる場合は書いておきましょう。

ただし、短期間のホームステイや研修といった留学に関しては学歴とはいえないため、どうしても伝えたい場合は自己PR欄に書くようにしましょう。

中退・休学は理由まで記載する

中退や休学をした場合は、学校名のあとに記載します。

中退は正式名称ではなく『中途退学』と書きます。面接で理由を聞かれることもあるため、事情を話せるように準備しておきましょう。「中退の経験は、今の自分の糧になっている」という形でポジティブにまとめられると、面接官への印象が良くなります。

浪人や留年については、記載する必要はありません。

学歴詐称はしない

学歴に自信がないがゆえに誇張して記載してしまう方がいますが、それは絶対にNGです。

「バレる危険性は低いのでは」と思うかもしれませんが、企業は応募者の経歴をあらゆる角度からチェックしています。履歴書の記述と面接での受け答えの矛盾や、内定者の過去の同僚などに経歴や人柄を確認する手法であるリファレンスチェック、かつての同級生が偶然同じ職場に出入りしていた場合など、多くの場合は入社前に発覚します。

中には、学歴詐称が転職先に発覚し、入社後に自己退職・解雇に至ったというケースもあります。入社後のトラブルにならないよう、学歴に関して最終選考段階で大学に問い合わせているという企業もあるので、嘘を突き通すことはむずかしいといえます。

見栄を張るのではなく、学歴以外の経験やスキルで勝負できるよう、仕事で結果を残していきましょう。

「学歴に自信がないから」とキャリアアップを諦めるのはもったいないことです。学歴以外の部分を上手にアピールすることで内定を獲得し、理想のキャリアを進んでいきましょう。

とはいえ、理想のキャリアを実現する方法は転職だけではありません。独立開業という選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

もし独立開業のことを知りたいのであれば、独立開業を支援するデータベース『アントレ』をお役立てください。アントレは、全国規模のフランチャイズや代理店、開業支援のデータベースです。さまざまな業種や業界、地域ごとに、どんな案件があるのかを調べることができます。ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

【アントレ】独立、開業、フランチャイズ募集の情報サイト

https://entrenet.jp/

この記事を読んだ方におすすめ転職サイトはこちら

転職先の探し方が分からない方はこちら!

一口に転職サービスといっても、サービスごとに得意分野があります。それぞれの特徴を理解し、自分に合った転職サービスを利用できれば、もっと円滑に転職活動が進められますよね。
こちらの記事ではおすすめな『転職サービス』について紹介しています。「どんな人に合っているか、どのように使ったらよいか」サービスごとに解説していますので、あわせて読んでみてください。

【性別・年代別】転職サイトのおすすめ10選と選び方
https://entrenet.jp/magazine/28961/

PROFILE

ameri

コスメメディアの編集部を経て独立し、美容からビジネスで幅広く執筆中。女性向けライフスタイル、エンタメ分野が得意。普段はインタビュー記事をメインに執筆。

VIDEOS 動画で学ぶ!独立・開業

PICK UP この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。