スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

転職するときの必要書類一覧<退職から入社まで>

転職するときの必要書類一覧<退職から入社まで>

転職活動を行い転職先から内定をもらったあと、のんびりと転職の準備をしたらいいかといわれたら、そうではありません。現在の職場と転職先に出す必要書類を用意するなど、すぐに手続きを進める必要があります。では、退職と入社にはどんな必要書類があるでしょうか。本記事では、転職する際の必要書類を流れとあわせてご紹介します。

転職の流れとは?

必要書類をチェックする前に、まずは基本的な転職の流れを見ていきましょう。

現在ついている職種によって、必要な業務や手順は異なりますが、どのような流れでどのような必要書類が出てくるのかをしっかり把握しておくことで、漏れなく準備を進められるでしょう。

1.内定が出たら現在の職場に退職の意思を伝える

転職先の企業から内定をもらい、それを承諾したあとは、すぐに現在の職場へ退職の意思を伝えましょう。

職場での手続きや引き継ぎ業務などもあるため、余裕を持って1〜2か月前に伝えるのが一般的です。

2.退職願を提出し、引き継ぎ業務を行う

退職の意思を伝えたら、上司と相談して退職日を決めます。その後、退職願を提出し、受理されたら退職の準備を進めましょう。

具体的には、引き継ぎ業務です。

自分が持っている仕事をスムーズに引き継げるように、クライアントの情報や業務の詳細を丁寧にまとめましょう。業務に関する必要書類も分かりやすくまとめておくと、後任者へスムーズに引き継げます。

3.クライアントへ挨拶回りを行う

クライアントへの挨拶回りは、会社と相談して行うか決めましょう。

電話やメールで挨拶を済ませる場合もあれば、実際に足を運んで後任者を紹介する場合もあります。

何も伝えずに退職してしまうのではなく、お世話になった気持ちを込めて、適切な方法で挨拶をすることをおすすめします。

4.必要書類の受け取りと備品の返却、社内で退職の挨拶をする

退職日当日は、必要書類を会社から受け取ったり、利用していた備品を返却したりという手順を踏む必要があります。

個人情報の管理も厳しくなっています。会社の名前で獲得した名刺は、その会社に帰属します。誤って持ち帰ってしまうと個人情報漏洩となりかねませんので、注意が必要です。

また、社内の方に挨拶をし、お礼の気持ちを伝えることも忘れないようにしましょう。

5.入社の準備を進める

退職の準備と同時に、転職先の入社日に合わせて準備も進めます。

前の職場から受け取った後に転職先へ提出する必要書類などもあるので、余裕を持って準備をしましょう。また、退職前に転職先から求められる書類もあるので、期日などは事前に確認しておくことをおすすめします。

退職する際に受け取る必要書類

転職するときの必要書類一覧<退職から入社まで>

続いて、退職する際に受け取る必要書類をお伝えします。受け取りの漏れがないか、最終出社日前に確認しておきましょう。

雇用保険被保険者証

雇用保険被保険者証は、雇用保険に加入していることを証明する書類です。

雇用保険は一定の雇用条件を満たしている場合は加入しているものです。雇用保険の加入手続きは、基本的に最初に就職した企業が行ってくれています。

また、一般的には企業で保管されており、雇用先が変わっても引き継がれるようになっています。

ただし、転職先へ自動で送付してもらえるわけではなく、必要書類を前職から受け取り転職する企業へ自分で提出する必要があるので、忘れずに受け取りましょう。

年金手帳

会社が年金手帳を保管している場合は、退職する際に忘れないように受け取りましょう。

源泉徴収票

企業で働いていると必ず行う『年末調整』ですが、転職した先に源泉徴収票を提出する必要があります。なくさずに保管しておきましょう。

転職先が決まっておらず、同じ年内に再就職をしない場合にも、受け取った源泉徴収票を使って『確定申告』をしなくてはいけないので覚えておきましょう。

離職票

離職票は、転職先が決まっている場合は基本的に受け取る必要のないものです。

転職先が決まっていない場合や失業保険を受給する予定がある場合は、ハローワークに提出する必要があるので受け取っておきましょう。

転職先企業に提出する必要書類

転職するときの必要書類一覧<退職から入社まで>

続いては、転職先から提出を求められる必要書類をお伝えします。必要書類が整理できていると、入社したてで業務に余裕のない場合でも焦らずに済みます。

雇用保険被保険者証

前職から受け取った雇用保険被保険者証は、転職先から提出を求められる必要書類のひとつです。雇用保険を継続して引き継ぐために、忘れずに提出しましょう。

もし前職から受け取ったあとになくしてしまった場合は、ハローワークで再発行してもらえます。

紛失しても、被保険者番号が分かれば加入手続きを進めることが可能です。番号のみを先に転職先企業へ伝えることをおすすめします。

年金手帳

前職から受け取った年金手帳も、転職先企業から求められる必要書類のひとつです。受け取ったらそのまま保管しておき、忘れずに渡しましょう。

源泉徴収票

退職した年のうちに新しい企業に就職する場合は、前職から受け取った源泉徴収票を提出する必要があります。年末調整で必要になるので、なくさずに保管しておきましょう。

扶養控除等申告書

必ず提出するべき必要書類ではありませんが、扶養控除や配偶者控除などを受けるために必要になります。自分が対象である場合は、必要事項を記入して提出します。

健康保険被扶養者異動届

健康保険被扶養者移動届は、扶養家族がいる際に提出しなくてはいけない必要書類です。提出するときには被扶養者のマイナンバーも必要になるので、把握しておくことを忘れないようにしましょう。

給与振込届出書

給与振込届出書は、給与の振込先口座を転職先の企業へ伝えるための必要書類です。必要事項を記入して提出します。

健康診断書

企業によっては、健康診断の結果を提出するよう求めてくるケースもあります。また、健康診断書は、個人で準備する場合と、転職の企業が指定する病院で受診して提出する場合があります。

個人で準備する可能性もあるので、前職で受けた健康診断書が必要になる可能性もありますので、保管しておくことをおすすめします。

入社誓約書、入社承諾書

入社誓約書や入社承諾書は、最終的な入社の意思を確認するために記入する必要書類です。

法的な拘束力があるわけではありませんが、入社誓約書・入社承諾書にサインをしたあとに内定辞退をするのはマナー違反なので、よく考えてから記入・提出するようにしましょう。

身元保証書

身元保証書は、本人が社会人として相応(ふさわ)しいかや、入社後の損害賠償を保証するために提出を求められる必要書類です。金融機関や高価な商品を扱う企業では高い確率で提出しなければいけません。

ほとんどの場合は、2名の保証人が必要となるので、家族・親族のうち『所得があり独立している成人』にお願いしましょう。一般的には両親のサインで問題ありません。当てはまる方がいない場合は、一度会社に相談してみましょう。

免許や資格の証明書

業務で免許や資格を使う場合は、証明書の提出を求められる場合があります。

退職証明書

退職の事実を証明する退職証明書は、場合によっては転職先から提出をお願いされることがあります。

退職証明書は前職に依頼することで手に入るので、必要書類の中に入っている場合は事前に伝えておくのがおすすめです。申請できるのは退職してから2年間に限定されているので覚えておきましょう。

内定をもらったときに確認したいこと

転職するときの必要書類一覧<退職から入社まで>

最後に、転職活動の中で企業から内定をもらったときに確認しておきたいことをご紹介します。

1.条件面で不満がないか

働く環境が快適か、給与は希望通りかなど、就業条件は生活とも直結するため大切です。

やりたいことを優先して条件を妥協するという選択肢もありますが、納得していない条件で内定を受諾するのは自分のためになりません。

「現職から逃げるため」の転職ではなく「自分のキャリアプランを達成するため」の転職であることを前提に、条件で妥協をしていないかをよく考えることをおすすめします。

2.面接で伝えられたことと相違がないか

転職活動では、面接中に採用条件などについてある程度話す場合が多いですが、(待遇など)気になる項目がある場合は、こちらから企業に対して確認する必要があります。

その際に伝えられた内容と内定通知書に書かれている内容に相違がないか、書類をしっかりと確認しておきましょう。

この記事を読んだ方におすすめ転職サイトはこちら

転職先の探し方が分からない方はこちら!

一口に転職サービスといっても、サービスごとに得意分野があります。それぞれの特徴を理解し、自分に合った転職サービスを利用できれば、もっと円滑に転職活動が進められますよね。
こちらの記事ではおすすめな『転職サービス』について紹介しています。「どんな人に合っているか、どのように使ったらよいか」サービスごとに解説していますので、あわせて読んでみてください。

【性別・年代別】転職サイトのおすすめ10選と選び方
https://entrenet.jp/magazine/28961/

PROFILE

ameri

コスメメディアの編集部を経て独立し、美容からビジネスで幅広く執筆中。女性向けライフスタイル、エンタメ分野が得意。普段はインタビュー記事をメインに執筆。

VIDEOS 動画で学ぶ!独立・開業

PICK UP この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。