スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

給料が下がる転職をしても良い人とは?生涯年収を上げる方法も解説!

給料が下がる転職をしても良い人とは?生涯年収を上げる方法も解説!

転職をすると、給料が下がることがあります。しかし、給料が下がったとしてもした方がいい転職があります。それは、より多くのスキルや経験を積み重ねられるような転職、生涯年収アップにつながる転職です。本記事では、給料が下がるとしてもすべき転職や、下がった給料をカバーする方法を紹介します。生涯年収を上げるための、具体的な方法もお伝えします。

「転職してみたい会社があるけど、給料が下がるんだよなぁ…」
「キャリアアップを目指して転職するんだから、給料が下がったら意味がない」

そんな風に考えている人は、大きなチャンスを逃しているかもしれません。転職によって給料が下がるとしても、その分スキルや経験を積むことができれば、生涯年収は上がるからです。

本記事では、給料が下がるとしてもすべき転職とはどんな転職なのか、転職で下がった給料をカバーするための対応策を紹介します。目先の給料よりもずっと大切な『生涯年収』を上げる方法もお伝えします。

転職すると給料は下がるのか?

転職すると給料は下がるのか、それとも上がるのか。交渉の余地はあるものの、基本的には転職して働いてみないとわかりません。

しかし、給料の上がる転職と下がる転職には、ある程度のパターンがあります。どんな転職が給料の下がる転職なのか、傾向を見てみましょう

給料が下がる場合

未経験の仕事に就く場合や、今の会社よりも規模の小さい会社に転職する場合、給料が下がる確率は高いです。安定した収入を得続けたいのなら「転職しないで、今の会社で働き続ける」という選択肢もあります。

しかし、未経験の仕事で転職を目指す人や、今の会社より小さくなっても転職したいという人の中には、給料が下がるとしても叶えたい『夢』がある人もいるでしょう。そういった『夢』を叶えるために転職を希望しているのであれば、一時的に給料が下がるとしても、強いやりがいを感じる仕事に就いた方が、将来的により多くのお金を手にできるでしょう。

給料が上がる場合

キャリアアップを目指した転職や、ヘッドハンティングによる転職では、給料が上がる確率が高いです。どんどん上を目指したいなら、現れたチャンスをすかさずつかめるよう、普段から心の準備をしておきましょう。

気を付けたいのが、一時的に給料が下がるケースです。将来性のありそうな会社、今の会社よりも自分に合っていそうな会社に移るチャンスが来たときは、思い切った決断が必要になるかもしれません。目の前の「給料が下がる」「給料が上がる」よりも、将来を見据えた決断ができるようにしたいものです。

給料が下がっても転職すべきケース

給料が下がる転職をしても良い人とは?生涯年収を上げる方法も解説!

給料が下がるとしても、転職すべきときがあります。転職により、何らかのチャンスがつかめるようなときです。

どのような転職が、給料が下がっても転職すべきケースなのでしょうか。3つの判断基準をお伝えします。

ケース1.今の給料が十分に高い

今の給料が十分に高いなら、給料が下がっても転職すべきかもしれません。給料が下がる許容範囲は10%を目安として「転職したいかどうか」を基準に判断してください。

ここでいう「今の給料が十分に高い」とは、同年代・同業種の平均を上回っている場合や、毎月の生活費を支払い、貯金をしても、ある程度のお金が残る状態のことです。要は、生活に余裕があるなら、「やってみたい」という気持ちを優先させても良いということです。

ケース2.キャリアチェンジのための転職

キャリアチェンジを目指すなら、一時的な給料ダウンは受け入れましょう。

「未経験だけど、どうしてもやりたい仕事がある」
「ここで挑戦しなければ、年齢を重ねてから後悔する」

そう感じるなら、給料が下がるとしても転職すべきです。それに、未経験からの転職に成功すれば、給料をもらいながら新しいスキルを身に付けられます。「給料が下がる分は授業代だ」と思って、新しい職場で、貪欲に学びましょう。

ケース3.キャリアアップのための転職

キャリアアップを目指すケースは、給料が下がるとしても転職すべきです。

今の会社よりも大きな会社に移る場合でも、支払われる給料は下がる可能性があります。今受け取っている給料は、今の会社で昇給してきた分が上乗せになっているのに対し、転職した時点では、基本給だけの支給になる可能性があるからです。将来性の高さを感じ、転職したいと思える会社も、転職したばかりの時点では、あまり多くの給料を払えない状態かもしれません。

しかし、実績を積んだり業績を上げたりすることで、下がった分は取り戻せます。キャリアプラン全体を見据えて、広い視野で決断を下しましょう。

転職で給料が下がる場合の対応策

給料が下がる転職をしても良い人とは?生涯年収を上げる方法も解説!

「この転職は、自分にとってのチャンスだ!」そんな風に思えるとき、給料が下がることを理由に諦めるのは、もったいないことです。しかし、給料は生活に直結する大切な要素です。転職したせいで生活がままならなくなっては、どうしようもありません。

次からは、給料が下がるとしても転職したいとき、どうすればいいのかをお伝えします。

対策1.生活水準を下げる

転職で給料が下がる場合の最もシンプルな対応策は、生活水準を下げることです。

外で食べていたランチをお弁当にしたり、晩酌や趣味にかけるお金を節約したり、できることはいくらでもあります。下げた生活水準に慣れれば、給料が上がった後は、より多くの『余剰資金』が出ることになります。余剰資金を貯めて運用したり、自己投資にあてるお金を増やしたりするのもいいでしょう。

ただ、無理をしてはいけません。下げられる生活費は10%を目安とし、生活の苦しさから仕事に悪影響が出ないようにしてください。すでにギリギリの生活を送っている場合は、次に紹介する「収入経路を増やす」方法で、まずは余裕をつくりましょう。

対策2.収入経路を増やす

転職で給料が下がるなら、収入経路を増やし、生活に影響が出ないようにしましょう。簡単にいえば、副業や投資を始めて、本業以外の収入源をつくるということです。

収入経路を増やすのは、転職する・しない、給料が下がる・上がるにかかわらず、おすすめできる方法です。仮に何らかのトラブルが起こり、本業を失っても、ほかの収入源があれば慌てることはありません。

忙しい会社員でも実践できる副業についてもっと知りたい方は、こちらの記事も読んでみてください。

サラリーマンにおすすめな月2万円稼げる副業18選  忙しい会社員でも副業できる実例を紹介

https://entrenet.jp/magazine/25168/

対策3.雇用保険を活用する

転職で給料が下がるときに活用できる雇用保険があることを、ご存知でしょうか。

『再就職手当』は、早めに転職先を見つけると、より高い給付金を受け取ることができる制度です。『職業促進定着手当』は、給料が下がる転職に適用される手当です。

いずれも適用条件があり、条件はハローワークのWebページで確認できます。

参考:ハローワーク インターネットサービス『就業促進給付金

生涯年収を上げるためにすべきこと

目先の「給料が下がる」「給料が上がる」にばかり目を向けるのは、おすすめできません。大切なのは、生涯をかけて稼ぐお金の総量『生涯年収』です。生涯年収が上がりそう転職なら、一時的に給料が下がるとしてもするべきです。

最後に、生涯年収を上げるためにできること、チャンスを素早くつかむための心構えをお伝えします。

給料よりもスキルや経験に注目する

生涯年収を上げるために重要なのは、『スキル』や『経験』です。多少給料が下がるとしても、スキルアップが見込める転職、なかなかできない経験ができそうな転職には、踏み切るべきでしょう。

もちろん、スキルが上がるほど、経験が豊かになるほど、給料は上がります。仮に、スキルアップのために入った会社で給料が上がらなくても、スキルを活かして稼げる会社を探し、また転職すればいいのです。

明確なキャリアプランを描く

生涯年収を上げるために、明確なキャリアプランを描きましょう。待遇の良さや企業のネームバリューだけで企業を選んでしまうような『行き当たりばったりの転職活動』は効率的とはいえません。自分のやりたいことや適性を踏まえ、スキルアップや生涯年収アップのために何ができるかを考えましょう。

キャリアプランを描くときは『最終目標=ゴール』を決めることから始めます。会社で働き上を目指すのと、独立して自分のやり方で稼ぐのでは、身に付けるべきスキルも考えるべきことも全く異なります。

『自分のビジネス』を持つ

独立する・しないにかかわらず、生涯年収を上げたいなら『自分のビジネス』を持ちましょう。会社で働き続けるつもりの人も、同様です。

自分のビジネスは、副業でも資産運用でも、何でも構いません。自分のスキルや資産、得意分野など、活かせるものは全て活かしお金に変えるのです。副業をするなら、やってみたい仕事や将来の独立につなげられるようなもの、本業のスキルをそのまま活かせるものをおすすめします。副収入と同時に、自分の力でお金を稼ぐ能力も得られるからです。

自分のビジネスが軌道に乗ったなら、キャリアプランも変わるかもしれません。思いのほかビジネスオーナーとしての資質があり、会社員よりも向いていると思えるなら、独立して自分のビジネスに集中するのもいいでしょう。より多くの思考と時間を注ぎ込むことで、新たなアイデアも生まれます。独立したビジネスから派生して、新たな収入経路をつくり出せるかもしれません。

目先の給料よりも、生涯年収に目を向けよう

給料が下がる転職をしても良い人とは?生涯年収を上げる方法も解説!

転職するとき、給料がどう変わるかは気になるでしょう。しかし、目先の給料にとらわれていては、生涯年収を上げるチャンスを棒に振るかもしれません。『給料よりも生涯年収』と肝に銘じて、キャリアアップに向けて躍進しましょう。

生涯年収を上げるには、転職や副業、資産運用などのさまざまな方法があります。しかし、生涯年収を上げるためのポイントは、主に2つです。『収入経路を増やすこと』と『自分のビジネスを持つこと』この2つを意識すれば、効率的に、より多くのお金を稼げるでしょう。

「さっそく、自分のビジネスを探してみたい!」と思える方は、独立開業を支援するデータベース『アントレ』をお役立てください。全国規模のフランチャイズや代理店、開業支援データベースの中から、さまざまな業種や業界、地域ごとに、どんなビジネスがあるのかを調べることができます。

今はビジネスの種類や仕組みも多様化し、フランチャイズひとつ取っても、従来は想像もつかなかったようなシステムのものが多くあります。アントレでは常に最新の独立開業データを掲載しているので、アンテナを広げるためにも、ときどきチェックしてみましょう。

この記事を読んだ方におすすめ転職サイトはこちら

転職先の探し方が分からない方はこちら!

一口に転職サービスといっても、サービスごとに得意分野があります。それぞれの特徴を理解し、自分に合った転職サービスを利用できれば、もっと円滑に転職活動が進められますよね。
こちらの記事ではおすすめな『転職サービス』について紹介しています。「どんな人に合っているか、どのように使ったらよいか」サービスごとに解説していますので、あわせて読んでみてください。

【性別・年代別】転職サイトのおすすめ10選と選び方
https://entrenet.jp/magazine/28961/

【アントレ】独立、開業、フランチャイズ募集の情報サイト

https://entrenet.jp/

PROFILE

赤塚元基

フリーライターとして独立した契機は、実は転職失敗。自身の(苦くもあった)経験を活かし、皆さまの心に寄り添いながら、お役立ち情報をお届けします!

VIDEOS 動画で学ぶ!独立・開業

PICK UP この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。