スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

20代の転職は『キャリア構築』が最重要。天職を見つけるためにすべきこと

20代の転職は『キャリア構築』が最重要。天職を見つけるためにすべきこと

20代といえば、これからのキャリアをじっくり考えられる時期です。どの方向に進もうか、どんな企業に転職しようかと悩んでいる方も多いでしょう。自分がどんなキャリアを描きたいかを知るためにも、しっかりと自分と向き合うことが大切です。本記事では、20代で転職やキャリア形成を考えるうえでのコツをお伝えします。ぜひ参考にしてくださいね。

「就職してから数年、そろそろ自分のキャリアの方向性を本格的に考えたい」と思い始めている方が多いのではないでしょうか。現在の会社でキャリアを積む道を選ぶ人もいれば、転職を検討する人もいるはずです。

では、20代で転職をするうえで大切にするべきことはどのようなものなのでしょうか。

本記事では、20代ならではの状況や転職する際のコツ、成功させるために覚えておきたいポイントをまとめてご紹介します。天職を見つけるためにもぜひ参考にしてみてください。

転職を考える前に知りたい、20代ってどんな時期?

まずは、転職を考える前に知っておきたい、20代の特徴をお伝えします。

自分だけではなく、周りの20代も同じように壁にぶつかったり悩んだりしている時期であることを知ることができるでしょう。

20代はどんなキャリアを積むか考える時期

20代というと、大学を卒業し、新卒で入社した企業で働いている方が多いでしょう。

もちろん、就職前に自身のキャリアについて考えているはずです。しかし、多くの人が就職活動の際に自己分析は行っているものの、自分のキャリアについて明確なビジョンを描けていないものです。学歴や経歴に関わらず、20代前半で自分のキャリアを見通せている方は少ないといえるでしょう。

大学の専攻を元に就職先を決めたとしても、入社して実際に仕事をしてみてから適職が見つかる可能性も大いにあります。キャリアプランというのは、実際に経験を積むことで見えてくるものです。

20代は言わば「キャリア探しの時期」です。社内公募で気になる職種にチャレンジしたり、転職をしたりという選択肢を考えてみるのもいいでしょう。

20代の転職理由は?

では、20代で転職を決意した人の場合、どのような理由が多いのでしょうか。

厚生労働省が発表した「平成30年雇用動向調査結果の概況」によると、以下のような結果になっています。

20〜24歳の主な転職理由
・仕事の内容に興味が持てなかった:5.8%
・能力・個性・資格を生かせなかった:6.7%
・職場の人間が好ましくなかった:10.6%
・会社の将来が不安だった:8.0%
・給料等収入が少なかった:10.7%
・労働時間・休日等の労働条件が悪かった:14.1%

25〜29歳の主な転職理由
・仕事の内容に興味が持てなかった:5.9%
・能力・個性・資格を生かせなかった:7.7%
・職場の人間が好ましくなかった:6.2%
・会社の将来が不安だった:12.4%
・給料等収入が少なかった:16.3%
・労働時間・休日等の労働条件が悪かった:13.3%

参考:厚生労働省『平成 30 年雇用動向調査結果の概況』16ページ
※リンク先はPDFです。パケット通信量が多めにかかりますので、ご注意ください

20代前半/後半によって転職事情も変わる

上記の調査の結果からもわかるように、20代と一口にいっても、20代前半と20代後半では転職を決める理由が異なるのです。

20代前半も後半も条件面での不一致で転職する人が多いことは前提としてありますが、20代後半では、20代前半に比べて「能力を生かせなかった」という理由で転職を決意した人が1ポイント増えています。このことからも、20代後半にかけて、自分の得意な分野やキャリアプランが分かり始めている人が多いといえるでしょう。

20代前半で転職するなら?

続いては、20代前半と後半に分け、転職をする際に押さえておきたいポイントやその年代の『転職にまつわる特徴』をご紹介します。まずは20代前半からお伝えします。

未経験でも転職しやすい

20代前半の強みは、なんといっても未経験でも転職しやすいことであるといえるでしょう。

未経験の職種へのキャリアチェンジは、若ければ若いほど有利といわれています。もし、就職後すぐに目指したい方向性が見えてきて、それが転職によってしか叶えられないと判断したら、20代前半のうちに転職活動をスタートさせることをおすすめします。

経験よりも、人柄がモノをいう

20代前半は、即戦力としての採用というよりは、人柄や自社の理念にマッチしているかという部分を重視されていることが多いようです。

そのため、転職活動の際には、素直さや意欲的な部分を紹介しながら自分のよさを理解しアピールすることが重要です。素直さや意欲的な部分が評価されて内定をもらえると考えるといいでしょう。

20代後半で転職するなら?

20代の転職は『キャリア構築』が最重要。天職を見つけるためにすべきこと

続いて、20代後半での転職にはどのような特徴があるのかをご紹介します。

キャリアチェンジは20代のうちに

先ほどお伝えした通り、未経験でのキャリアチェンジは若ければ若いほど有利といわれています。そのため、キャリアチェンジを考えているのであれば、20代のうちに挑戦することをおすすめします。

やりたくないことを無理して続けるには、人生における仕事が占める割合が大きすぎますよね。やりたいことを仕事にするためには、キャリアプランを立て、転職や独立を検討することが大切です。

とはいえ、入社して数年では「何が自分のやりたいことで、何が自分のやりたくないことか」判断がつかない方も多いでしょう。初めは興味がなかった仕事でも、じっくりと取り組むことで「自分に合っている」と感じることもありますし、転職しなくても「異動したら自分のやりたい仕事に就けた」という場合もあります。また、テレワークの普及などにより、副業をしやすい環境がどんどん整ってきていて「わざわざ転職しなくても副業でやりたいことができる」ケースもあるでしょう。

今一度「自分が本当にやりたいことは何か、それは転職によってしか達成できないのか、副業でも始められるものか」しっかり考えてから転職すると良いでしょう。

自己分析し、強みをアピールしよう

本当にやりたいことを見つけるためには、自分のことをしっかりと分析することが重要です。

20代後半であれば、仕事を始めてから4年ほど経っている時期ですよね。自分なりの仕事のやり方や強みができている時期であるともいえるでしょう。

現職と同業種への転職であれば、ある程度即戦力として活躍できる人材として採用される可能性が高くなります。

未経験の業種への転職を希望する場合は「現職で得た知識やスキルをどのように生かせるのか」をアピールするといいでしょう。

20代の転職を成功に導くコツ

最後に、20代の転職を成功させるコツをご紹介します。

働きながら転職活動をしよう

転職活動をスタートさせる前に仕事を辞めてしまう人がいますが、それはあまりおすすめできません。

働きながら転職活動を進めることで、金銭面に余裕ができるのでお金のために妥協する必要がなくなります。「早く就職先を探さないと」という焦りは、判断力を鈍らせてしまうので注意が必要です。また、空白期間が長引くと好印象にもならないので、転職活動は仕事をしながら行いましょう。

すでに退職済みの場合は、アルバイトと並行しながら転職活動を進めることをおすすめします。

複数の転職支援サービスを併用しよう

近年は、さらに転職支援サービスが充実していますよね。

転職活動の際には、気軽に探せる転職サイトはもちろん、転職エージェントやハローワークなど、複数の転職支援を併用するのがおすすめです。併用することで、その分多くの求人情報に目を通すことができ、結果としてより自分のキャリアプランに合った求人に出会える可能性が高くなるでしょう。

明確なキャリアプランを描こう

『なんとなく』で転職活動をスタートさせることは、失敗につながります。自分のやりたいこともキャリアプランも曖昧なままでは、転職をしても「やっぱりなんか違う」とまた転職を繰り返し、結局何のスキルも身にならないという負のループにはまってしまいます。

最終的にどのようなキャリアを形成したいのかをしっかり考え、ステップアップにつながる転職をすることが何よりも大切です。20代のうちに経験を積み、明確なキャリアプランを描けるようにしましょう。

20代で天職を見つけて、キャリアアップの準備をしよう

20代の転職は『キャリア構築』が最重要。天職を見つけるためにすべきこと

20代で天職を見つけるためには、さまざまな経験を積むことが大切です。20代の中でも前半と後半で、転職における重要なポイントも変わってくるので、今回ご紹介した内容を参考に、自分のキャリアについて考えてみてはいかがでしょうか。

キャリアアップには、転職だけではなく独立という方法もあります。自分に合った働き方や仕事を探す一環として、代理店ビジネスや開業支援を使って独立にチャレンジしてみるのもいいでしょう。

昔から、独立を夢見る人はたくさんいました。そして、フリーランスが台頭し、さまざまなフランチャイズや代理店ビジネスが登場した現代ほど、独立しやすい時代はありません。

今は、誰でも独立を目指せる時代なのです。独立を目指すなら、本記事で紹介した3つの準備に、すぐにでも取りかかりましょう。

最後にお伝えした『独立の方法探し』には、独立開業を支援するデータベース『アントレ』をお役立てください。アントレは、全国規模のフランチャイズや代理店、開業支援のデータベースです。さまざまな業種や業界、地域ごとに、どんなビジネスがあるのかを調べることができます。

独立はもちろん、副業から始められるビジネスもたくさんあります。情報は日々更新されていくので、定期的にチェックしてみましょう。

【アントレ】独立、開業、フランチャイズ募集の情報サイト

https://entrenet.jp/

この記事を読んだ方におすすめ転職サイトはこちら

転職先の探し方が分からない方はこちら!

一口に転職サービスといっても、サービスごとに得意分野があります。それぞれの特徴を理解し、自分に合った転職サービスを利用できれば、もっと円滑に転職活動が進められますよね。
こちらの記事ではおすすめな『転職サービス』について紹介しています。「どんな人に合っているか、どのように使ったらよいか」サービスごとに解説していますので、あわせて読んでみてください。

【性別・年代別】転職サイトのおすすめ10選と選び方
https://entrenet.jp/magazine/28961/

PROFILE

ameri

コスメメディアの編集部を経て独立し、美容からビジネスで幅広く執筆中。女性向けライフスタイル、エンタメ分野が得意。普段はインタビュー記事をメインに執筆。

PICK UP この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。