スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

50代の転職を妨げる『3つのこだわり』とは?生涯現役を貫く方法

50代の転職を妨げる『3つのこだわり』とは?生涯現役を貫く方法

50代での転職はハードルが高い、多くの人がそう考えるでしょう。50代の転職を難しくさせる固定概念やこだわりを取り払い、未経験でも転職しやすい仕事や50代の強み、転職する以外にも独立することで自分らしく生涯現役を貫く方法について解説します。

「50代での転職を考えている」「今の会社で定年まで働くのではなく、新しいことにチャレンジしたい」という方にとって、転職活動がうまくいくのか、どんな職種が向いているのか不安に思うこともありますよね。

しかし、50代であっても未経験の分野にチャレンジしてみたり、豊富な経験を活かして転職や独立したりすることで『生涯現役』で働くことも夢ではありません。

この記事では50代の転職で陥りがちな固定概念を取り払い、転職を成功させる秘訣や、50代でも未経験で働きやすい仕事、50代で転職する際にアピールできる強み、また独立にチャレンジする方法についてまとめます。

50代の転職を邪魔する『3つのこだわり』

50代で転職したいと考えたとき、知らず知らずのうちに自分の中のこだわりや固定観念を優先させてしまい、それが転職の邪魔になってしまっていることもあります。

1.雇用形態へのこだわり

まず多いのが「正社員として転職したい」というこだわりです。これまで勤めてきた会社で正社員として経験と実績があれば、「次も正社員として守られていたい」と考えるのはごく自然なことではあります。しかし、正社員であることを優先しすぎることで、他に出会えたかもしれない仕事へのきっかけをなくしてしまいます。

そもそも「正社員になりたい」と思う理由は何でしょうか。『金銭的な安定』でしょうか。『安定した地位の確保』でしょうか。

昨今の情勢を受けて、早期退職制度の促進など、正社員という立場の安定感は揺らいでいます。終身雇用制度の崩壊が始まり、働き方のスタイルがどんどん変化し多様化している現代では、いかに変化を捉え、柔軟に志向を変え、行動していけるかが問われてくるかも知れません。

雇用形態にこだわらず「なぜ転職を検討しているのか」や「次の仕事で優先したいことは何なのか」をふまえて、あらゆる形態から探してみることをおすすめします。

2.待遇へのこだわり

仕事をする上で重要なことのひとつに、給与や福利厚生といった待遇面がありますよね。しかし「今よりは年収を下げたくない」「今の有給休暇と同じくらいは欲しい」など、先に条件を決めてしまうのもリスクです。

成果に応じて大きく待遇アップが見込める『成果報酬型』の職種もありますし、年収が一時的に下がってもプライベートを優先して無理なく働ける仕事もあります。

一時的な年収ダウンを恐れずに「50代から長期的に続ける価値がある仕事かどうか」を考えて転職を検討しても良いでしょう。

3.業務内容へのこだわり

業務内容へのこだわりを持ってしまうこともあります。「50代なのに、今さらこういう仕事はしたくない」「今と同じ管理職の仕事から選びたい」というこだわりは多くの人が持つかもしれません。しかし、過去の経験を活かせる仕事であれば、プレイヤー型の仕事であっても、転職を機に活躍できるかもしれません。

働いている姿が想像できるような仕事であれば、検討する求人の枠を広げてみることをおすすめします。

50代・未経験でも転職しやすい仕事

50代の転職を妨げる『3つのこだわり』とは?生涯現役を貫く方法

一見転職には不利と思われるかもしれない、50代や未経験からの職探しであっても転職しやすい求人もあります。この章では業種ごとにおすすめします。

1.介護関係の仕事

少子高齢化の影響もあり、介護業界は常に人材不足といわれています。長期的に必要とされる職種でもあるため、50代からの転職にチャレンジしてみても決して遅くはありません。

参考:厚生労働省『社会保障審議会 介護保険部会(第79回)

2.飲食関係の仕事

過去に営業職など顧客に相対する仕事をしていた方、飲食業界だけでなくホテルや小売店での接客経験などがある方であれば、大きなハードルを感じることなく転職後もスムーズに慣れることもできます。

また50代というこれまでの業務の経験を活かして、売り上げや利益といった店舗経営の視点から店長や幹部候補にステップアップするチャンスもあります。

3.警備関係の仕事

オフィスビルや商業施設などの警備関係の仕事も、50代から転職してスタートされる方が多い職種です。

24時間体制で需要のある仕事なので、プライベートの時間を柔軟に確保できるメリットがあります。50代前後の同年代の方も多いので溶け込みやすく、接客や営業といったお客様に対する気疲れが少ないのも人気のひとつです。

参考:警察庁『平成30年における警備業の概況

交通誘導や施設の巡回など、体力が必要とされる業務が多いため「体力に自信がある」という人におすすめです。

4.人と関わる仕事(営業職・セレモニースタッフなど)

これまで営業や接客をしてきて「人と関わる仕事が向いている」と感じた方は、成果報酬型の営業職やセレモニースタッフなども50代の方におすすめです。

営業実績に応じて報酬が上乗せされる成果報酬型では、自分の裁量で自由にモチベーションも高く働けるでしょう。また落ち着いた対応が求められるセレモニー系のスタッフであれば、サービス精神を活かして人の役に立つやりがいを感じられます。

転職をきっかけに、人と関わる仕事の楽しさを見つけることができるかもしれません。

転職に活かせる『50代ならではの強み』

転職するにあたり、30代や40代の時に比べて50代という年齢が大きな壁になっていると、不安になることがあるかもしれません。

しかし企業側からすると、50代の方を採用したいと考える要素も存在します。50代ならではの強みを知り、自己分析に役立てたりうまく面接でアピールしたりと、自信につなげてみてください。

1.豊富な経験

50代ともなれば、30年近くの社会人経験を持つ方が多いです。その豊富な経験を業務に活化して欲しいと期待する企業も多く存在します。直近の仕事経験だけではなく20代から40代を振り返り、今必要とされている経験や強みにならないか、整理して考えてみると良いでしょう。

2.熟練したスキル

技術を要す職種や、専門職といえる職種においては50代の熟練したスキルは大きな武器となります。また、営業や接客ではこれまで培った場数の多さから、冷静で落ち着いた対応が武器となる方もいるかもしれません。転職をきっかけに、これまでの業務経験から熟練してきたといえる、ご自身のスキルを洗い出してみましょう。

3.成熟した人間性

企業側が50代の求職者を迎えるメリットとして、成熟した人間性のある人材を活用できることもあげられます。仕事を中途半端なところで投げ出さない責任感やモラル、これまでの経験からあらゆる業務の背景を読み取り、さまざまな環境に柔軟に対応できる姿勢などです。

50代なら転職だけでなく『独立』も検討しよう

50代の転職を妨げる『3つのこだわり』とは?生涯現役を貫く方法

ここまでは企業に転職する前提で解説してきましたが、50代で独立の夢を叶えることも大きなステップアップとなります。

50代で独立を検討すべき理由

独立するメリットとしては、定年がないことがあげられます。50代で転職して企業で働けるのも、数年ほどという方も多いと思います。過去の経験を活かし、自分のアイデアで事業を好きなだけ拡大したり、プライベートに合わせて働いたりすることもできます。

一度きりの人生でやりたかった夢を叶えるタイミングとしては、体力がある今がチャンスかもしれません。50代でも独立して成功する人は数多く存在しますし、独立をサポートしてくれるサービスの選択肢も広いです。

50代の独立におすすめの方法

いざ「独立したい」と思っても、ゼロから自分で立ち上げるには難しいと感じることもありますよね。独立のノウハウごとサポートを受けられる、フランチャイズの方法と合わせて紹介します。

50代の転職を何となく決めたりあきらめたりする前に、ぜひ独立の選択肢もチェックしておきましょう。

1.自分のお店や事務所を開く

自分のスキルを活かしたサービスや、仕入れ・製作した商品を売るお店や事務所を開く、一般的でシンプルな方法です。

もともと実現してみたかった独立のイメージがはっきりしている方や、自分のブランドや商品サービスをイチから作ってビジネスにしたい方、自己資金がある程度確保できそうな方に良いでしょう。

2.フランチャイズで独立する

具体的な独立のイメージがなく、商品やサービス内容に大きなこだわりがない人にはフランチャイズを利用して独立するのがおすすめです。

ある程度確立されたビジネスのノウハウを教えてもらうこともでき、集客に必要な広告や宣伝費を節約できます。

店舗や事務所を持つまとまった自己資金がないという方でも、クリーニングや結婚相談所など無店舗で始められるフランチャイズも数多くあります。無店舗型であれば、開業資金をぐっと低く抑えることができます。

フランチャイズについてもっとよく知りたい方は、こちらの記事も読んでみてください。

フランチャイズ(FC)とは?意味や仕組みを分かりやすく初心者向けに解説

https://entrenet.jp/magazine/25755/

50代はキャリアの折り返し地点!転職よりも独立を視野に

50代の転職を妨げる『3つのこだわり』とは?生涯現役を貫く方法

高齢化社会が進む現代の日本では、50代でもまだまだキャリアの折り返し地点ともいえます。定年までの期間を考えると、転職する選択肢だけではなく独立も視野にいれることでこれから長期的なキャリアプランを実現することも可能です。

また自己資金の余裕がなくとも、フランチャイズを利用すれば独立のハードルはぐっと低く下がります。50代から生涯現役で自分らしく働き続けるためにも、あらゆる可能性を検討してみてくださいね。

【アントレ】独立、開業、フランチャイズ募集の情報サイト

https://entrenet.jp/

この記事を読んだ方におすすめ転職サイトはこちら

転職先の探し方が分からない方はこちら!

一口に転職サービスといっても、サービスごとに得意分野があります。それぞれの特徴を理解し、自分に合った転職サービスを利用できれば、もっと円滑に転職活動が進められますよね。
こちらの記事ではおすすめな『転職サービス』について紹介しています。「どんな人に合っているか、どのように使ったらよいか」サービスごとに解説していますので、あわせて読んでみてください。

【性別・年代別】転職サイトのおすすめ10選と選び方
https://entrenet.jp/magazine/28961/

PROFILE

北川 美智子

化学品メーカーやIT企業でコンテンツマーケティングを担当したのち、WEBライターとして独立。得意分野は金融、転職、健康ネタなど。

VIDEOS 動画で学ぶ!独立・開業

PICK UP この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。