スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

40代の転職を成功させる3つのコツとは?キャリア設計の方法も解説

40代の転職を成功させる3つのコツとは?キャリア設計の方法も解説

『40代での転職』には20代や30代に比べて難しいイメージがありますが、本当にそうなのでしょうか。本記事では40代の転職が難しいといわれる理由をふまえ、転職を少しでも検討している方に役立つ情報をまとめていますので、ぜひ読んで参考にしてください。

「転職を考えたいけど、年齢が大きなハードルになっている」と考える方も多いのではないでしょうか。

40代というと、今の職場でもある程度経験もあり「本当に転職するべきなのか」「このまま今の会社で長く働くべきではないのか」と悩む方もいるかもしれません。

この記事では、40代の転職が一般的に難しいと考えられている理由や、40代でも考えられる転職先の選択肢、また転職を成功させるための思考や行動パターンについて紹介します。

40代の転職が難しい『3つの理由』

40代の転職を成功させる3つのコツとは?キャリア設計の方法も解説

まず、なぜ40代の転職が一般的に難しいと考えられているのか、具体的に解説します。

1.募集条件とマッチしづらい

40代の転職が難しい大きな原因としては、募集条件とマッチしづらい点があげられます。運用や業務を担う、オペレーターやプレイヤーとなる職種の求人は多く存在しますが、エグゼクティブやスペシャリスト、マネジメントを担う管理する立場の職種の求人数は限られています。

転職して実務を担当したいと考える方もいるかもしれませんが、企業側は同じ能力の候補者を選ぶのであれば、年収の低い20代や30代を採用する傾向があります。

2.年齢による『先入観』にとらわれている

「きっと40代だからうまくいかないのではないか」という、年齢による先入観や固定概念が邪魔してしまうことがあります。転職活動はあくまでも企業側と求職者側のマッチングです。条件や相性が合うかどうかなので、すべての応募が通るわけではありません。

20代や30代であっても不採用となることは求職者の多くが経験しますが、「40代だから」という理由で消極的になり転職そのものをあきらめてしまう方もいます。

また、法律により、労働者の募集と採用に関して年齢制限を設けることは禁止されているものの、企業としては『長期にわたって会社で働いてくれる人材を募集したい』という思いから、例外事由により35歳未満の若年者に募集を絞る場合が存在することも確かです。(参考:厚生労働省『労働者の募集及び採用における年齢制限禁止の義務化に係るQ&A』)

企業側と求職者側が持つ先入観や固定概念が、40代で転職することの難しさを大きくしてしまっている可能性があります。

3.一時的に収入が下がることも

転職することによって、年収が下がってしまうことがネックで「転職は難しい」と考えてしまう方も多いようです。

40代の求人ともなれば、スキルがない限りは年収が高い求人の数が限られていること、募集が多い職種は想定年収が低めに設定されていることがあげられます。

また、在籍期間に応じてもらえるボーナス・賞与も、転職したばかりの1年目ではもらえないことが多く、一時的に年収が下がることになります。
40代の場合、家庭を持っている割合も20代・30代より高いため、一時的にでも収入が下がるのは転職を戸惑う原因となり得るでしょう。

40代の転職先には『3つの選択肢』がある

40代の転職を成功させる3つのコツとは?キャリア設計の方法も解説

40代で転職することの難しさを紹介してきましたが、転職先や求人のタイプを整理して考えることで、転職の成功に一歩近づきます。

今後のキャリア設計にも役立つおすすめの選択肢について、3つにまとめてみます。

1.ハイリスク・ハイリターンの成果報酬型

これまでの経験や人脈を生かし、ハイリスク・ハイリターンといわれる成果報酬型の転職にチャレンジするパターンです。

具体的には、飲食店の店長候補職や金融商品の営業などがあげられます。これらは、固定給は低いものの、成果を出した場合に報酬がもらえるインセンティブや『完全歩合制』のフルコミッションなど、自身の成果によって報酬が大きくなる報酬体系です。

会社に雇われているというよりも、会社との契約によって自分の裁量で自由に働けるスタイルも魅力のひとつです。転職だけではなく、40代・50代で独立も視野に入れられている方にはおすすめの職種です。

2.スキルを活かすスペシャリスト型

法務や財務、エンジニアといった専門的な職種や、資格が必要な職種で多いのがスペシャリスト型です。

高度な専門的知識が必要であったり、求人数も限られていたりすることから、なかなかマッチングしにくいのも事実です。実際のところは、専門的な職種を扱う転職エージェントによる斡旋やヘッドハンターなどを介して転職している事例が多いようです。

3.経験を活かすゼネラリスト型

営業や管理部門など、あらゆる部署を経験してきた方が希望しやすいのが、ゼネラリスト型の職種です。

会社の組織をまとめるための職種であり、経営層の考える組織作りに貢献したいと考える方にはマッチしやすいといえるでしょう。

あくまで専門的なスキルを身につけるわけではなく、会社に貢献する姿勢が求められるとも考えられます。

40代が強みになる職種

20代や30代に比べて、40代という年齢が強みになる職種というのも存在します。
40代が活躍できる職種を3つ紹介します。

1.接客・営業

これまでの経験が発揮される職種として、接客や営業があります。臨機応変で冷静な対応が必要とされるような『冠婚葬祭のセレモニースタッフ』も40代が活躍できる可能性が高いです。

飲食店や販売業などの接客でも、現場での接客だけではなく『売り上げや人材活用、コスト意識』など経営目線で考えられることも強みです。売り上げや利益に連動した成果報酬型の職種やポジションであれば、より現場と経営層をつなぐ役割として、モチベーションを高く保ちながら活躍できるかもしれません。

2.不動産業界

不動産の業界でも、40代の経験が役立ちます。不動産を借りたい・貸したい、買いたい・売りたい顧客のあらゆるニーズをとらえ、適切に情報提供し契約につなげていくには、冷静で確実な対応が求められます。特に売り買いの場合は、大きな価格の取り引きになるため、若い担当者よりも経験値が高く、知識量も多いと判断され、信頼してもらえる場面は多いでしょう。

3.介護業界

高齢化社会により、介護業界は人材不足の売り手市場といえます。社会貢献や人の役に立つやりがいを感じることもできます。体力に自信のある40代の方は活躍できる職種です。
健康な身体さえあれば、年齢の制限も他の職種よりも広いため、年齢を気にせずチャレンジできるでしょう。

40代からの転職を成功に導く思考・行動パターン

40代の転職を成功させる3つのコツとは?キャリア設計の方法も解説

前半では40代の転職を成功させやすい職種について紹介してきましたが、ここからは『転職を成功させるための思考・行動パターン』について紹介します。

転職を検討してみた方は、自分のキャリアを前向きに描いていくイメージを持ちながら読み進めてみてください。

過去に縛られない謙虚な姿勢

これまで仕事で経験してきたことを活かしつつ過去に縛られない謙虚な姿勢は、新しい仕事でも大いに活躍します。

柔軟に対応する姿勢があれば、新しい職場でも即戦力として期待される可能性が高いです。

深い自己分析をしてみる

仕事だけではなく、これまでの人生経験からも「自分はどのような仕事が向いているのか」「どのようなタイプの人とどう接すればうまく物事を進められるか」という多角的な目線で自己分析をしてみてください。

「こういう仕事がしたい」というよりも、経験が活かせたり、自分の強みを発揮できる仕事の傾向がつかめたりするのではないでしょうか。

活かせる強みはすべて活かす

自己分析や20代・30代に経験してきた仕事の振り返りから、自分が「活かせる」と思った強みをすべて活かす姿勢で、転職活動を行ってみてください。

若い時には「少し苦手だな」とストレスを感じたことも、場数を踏んだ今となっては「他の人に比べて得意になっている」といった感じで、強みに転じていることもあります。

『今の職種』や『やりたい職種』にこだわりすぎず、『転職先から求められていること』と『自分の強み』をうまくマッチングさせてアピールできないか、整理して考えてみることをおすすめします。

また、過去に現場レベルから管理部門の仕事まで経験した方であれば、経営者の目線でビジネスをとらえることもできているはずです。

40代なら『独立を視野に入れた転職』もアリ!

40代の転職を成功させる3つのコツとは?キャリア設計の方法も解説

この記事では40代の転職として成功しやすい職種パターンや、40代の求職者である強み、思考行動パターンについて解説しました。

単純にサラリーマンとして転職すること以外にも、自分の裁量で自由に仕事ができるうえに年収アップが見込める、成果報酬型の職種に挑戦できることも魅力のひとつです。転職を考えた自己分析の結果、雇われる仕事ではなく最初から独立を検討してみることもアリかもしれません。

20代や30代で経験してきたあらゆる業務を振り返り、自信を持って新しいチャレンジに踏み出してみてくださいね。

新しいチャレンジの選択肢として『独立』が考えられる人は、独立開業を支援するデータベース『アントレ』をお役立てください。全国規模のフランチャイズや代理店、開業支援データベースの中から、さまざまな業種や業界、地域ごとに、どんなビジネスがあるのかを調べることができます。

副業として始められるものや、未経験でも独立できるもの、さまざまな案件を紹介しています。まずは、どんな案件があるのかだけでも、覗いてみてください。

【アントレ】独立、開業、フランチャイズ募集の情報サイト

https://entrenet.jp/

この記事を読んだ方におすすめ転職サイトはこちら

転職先の探し方が分からない方はこちら!

一口に転職サービスといっても、サービスごとに得意分野があります。それぞれの特徴を理解し、自分に合った転職サービスを利用できれば、もっと円滑に転職活動が進められますよね。
こちらの記事ではおすすめな『転職サービス』について紹介しています。「どんな人に合っているか、どのように使ったらよいか」サービスごとに解説していますので、あわせて読んでみてください。

【性別・年代別】転職サイトのおすすめ10選と選び方
https://entrenet.jp/magazine/28961/

PROFILE

北川 美智子

化学品メーカーやIT企業でコンテンツマーケティングを担当したのち、WEBライターとして独立。得意分野は金融、転職、健康ネタなど。

VIDEOS 動画で学ぶ!独立・開業

PICK UP この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。