スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

資格があると転職はやっぱり有利?勉強や転職に役立つ資格12選

資格があると転職はやっぱり有利?勉強や転職に役立つ資格12選

転職を考えている方の中には、資格を取得してから転職しようと思っている方も多いのではないでしょうか。転職する業界や職種によっては、資格が必須になる場合や、職する際に有利になる場合があります。本記事では、持っていたら有利になるような資格を紹介していきます。

資格を持っていることは転職の際に有利になることがありますが「資格を取る手間を考えるとなかなか手をつけられない」という方も多いのではないでしょうか。もちろん資格が重要でない場合もありますが、資格そのものではなく「体系的に技術や知識を身に付けられる」という点において、資格を取得するための勉強は非常に有効的な手段といえます。そのため、資格を持つことが無駄になることは少ないでしょう。

また、資格を取得すると転職だけでなく、独立時にも大きく役立つことがあります。自らのライフプランを今一度考えて、資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

資格があると転職は有利になる?

多くの方は、資格を持っていることが「転職の際に有利になる」と考えていると思います。もちろん資格によって、転職に有利になる資格もあれば、あまり有効でない資格もあります。転職先の業界や会社をしっかりと調べたうえで、転職活動の準備に入りましょう。

あると転職が有利になる資格【エンジニア編】

IT業界には、国家資格や『ベンダー』といわれる『サービス・製品を開発・販売している会社』が認定している資格など、多くの資格が乱立しています。資格取得の際に、体系的に学ぶことができるため、資格の有無が転職に影響なくても知識が身につくといった点では、IT業界で成長するための有効的な手段といえます。

<PR>DMM WEBCAMP

1.ITパスポート

ITパスポートは、IT未経験者におすすめの国家資格です。IT分野における『基礎中の基礎』といわれる知識を得ることができ、転職前に簡単に取得できるおすすめの国家資格です。IT業界は資格取得を求められることが多いため、試験慣れという意味でも、まずはITパスポートを取得してみましょう。

有利に働く職種:システムエンジニア
想定勉強期間:1ヵ月
参考:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構『制度の概要:ITパスポート試験』

2.情報技術者

『情報技術者』という資格には『基本情報技術者』と『応用情報技術者』の2種類があります。IT業界に身を置く際の方向性を確立するのに役立つ資格となっています。どちらも国家資格となっており、転職の際に持っておいて損はない資格です。

有利に働く職種:システムエンジニア、ITコンサルタント
想定勉強期間:基本情報技術者→2ヵ月
       応用情報技術者→6ヵ月
参考:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構『制度の概要:基本情報技術者試験
   IPA 独立行政法人 情報処理推進機構『制度の概要:応用情報技術者試験

3.Web言語の資格

各言語や、ソフトウェアサービスなどで、ベンダーが資格試験を実施しています。資格の取得には専門的な知識が必要であるため、資格を持っていると転職有利に働く可能性が高いです。また、IT業界には資格手当がある企業も多く、転職だけでなく年収UPにもつながる可能性があるため、持っているといいことがあるかもしれません。

有利に働く職種:システムエンジニア、ITコンサルタント
勉強・実務期間:1ヵ月以上

あると転職が有利になる資格【マーケティング編】

資格があると転職はやっぱり有利?勉強や転職に役立つ資格12選

マーケティング業界では、実務経験が重要視されることが多いため、他業界から転職を考えている方にとってはハードルが高く感じるかもしれません。しかし、資格を持っていることで、成長意欲を買われることや、独立時には役立つことも多いです。また、単純に知識を付けることができるため、取っておいて損はないといえるでしょう。ここでは、マーケティング業界のおすすめの資格を3つ紹介します。

1.Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)

Googleアナリティクス個人認定資格とは、Googleアナリティクスの習熟度を認定する資格です。受験費用が無料であるうえに、Google公式資格であるため、人気の資格となっています。チャレンジすることに損はないといえるでしょう。

有利に働く職種:Googleアナリティクスを使用するマーケター
想定勉強期間:10日
参考:Google アナリティクス初級者向けコース

2.中小企業診断士

中小企業診断士とは『中小企業支援法』によって定められた国家資格です。中小企業診断士は、経営の診断及び経営に関する助言が可能であり、業界問わず最高位の人気を誇る資格となっています。資格難易度も低くなく、持っていることで転職に有利に働く可能性は高いでしょう。

有利に働く職種:経営コンサルタント
勉強・実務期間:1,000時間
参考:中小企業庁『中小企業診断士とは』

3.Webライティング技能検定

WEBライティング技能検定とは、WEBライティング技能検定講座を受講した人のみが受験でき、合格するとWEBライティング実務士の資格を取得できる検定試験です。WEBライターにおすすめの資格であり、転職や副業において活用することができます。また、企業に転職した際も、編集作業などで活用できる機会が出てきます。

有利に働く職種:WEBライター、編集者、ディレクター
勉強・実務期間:3ヵ月以上

副業で行うWEBライターの仕事についてもっとよく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。

あると転職が有利になる資格【飲食業界編】

資格があると転職はやっぱり有利?勉強や転職に役立つ資格12選

飲食業界にも、転職に有利な資格が『民間資格』から『国家資格』まで存在します。また、資格を持っていることで、飲食業界のみでなく他業界でも活躍の場を広げている先例もあります。飲食業界に転職を考えている方も、そうでない方も、ぜひ参考にしてみてください。

1.フードコーディネーター

フードコーディネーターとは、食の開発・演出・運営におけるクリエーターであることを証明する民間資格です。資格には1級から3級までの等級があります。フードコーディネーターを持っている方の中には、独立した後に飲食業界以外で活躍している方も多く存在しているため、独立を視野に入れている方にとっては、取っておきたい資格といえるでしょう。

有利に働く職種:料理店のプロデューサー、商品開発

2.フードアナリスト

フードアナリストとは、食・食空間を総合的に評価し解説できる技能を持つことを証明する民間資格です。資格には、4級から1級までの4等級あり、テーブルマナーのテストから味覚テストまで幅広いテスト内容となっています。独立した後に飲食業界以外で活躍している方も多く存在しているため、独立を視野に入れている方にとっては、取っておきたい資格といえるでしょう。

有利に働く職種:商品開発、飲食店のコンサルタント

3.調理師

調理師とは『調理師法』によって定められた国家資格です。調理のプロフェッショナルとして業界内でも一目置かれる資格であるため、飲食業界に転職する際は間違いなく有利に働くでしょう。独立する際も、技術力が保証されているとみなされるため、心強い資格です。飲食業界で働く際には、どこかの段階で取得することを強くおすすめします。

有利に働く職種:調理師
受験に必要な実務期間:・専門学校や養成施設卒業→実務経験の必要なし(調理師試験も不要)
           ・その他→実務経験2年以上
参考:調理技術技能センター『令和3年度調理師試験』

あると転職が有利になる資格【住宅業界編】

住宅業界に転職を考えている方は、資格を取得しておくと有利になる可能性があります。学歴や実務経験が必要な資格や、試験の難易度が高い資格もあり、資格を取得しているだけで大きな信頼につながることがあります。独立時に役立つ資格も多いため、取得を目指してみてはいかがでしょうか。

1.宅地建物取引士

転職に有利な資格『宅建』として有名な国家資格です。不動産を取得しようとするお客様との間で発生する『契約締結前に行う重要事項の説明』『重要事項説明書面(35条書面)への記名押印』『契約内容を記した書面(37条書面)への記名押印』は宅地建物取引士しかできません。そのため、住宅業界において非常に重宝される資格になっており、転職の際に持っていると有利といえるでしょう。

有利に働く職種:不動産営業
想定勉強期間:4ヵ月以上
参考:一般財団法人 不動産適正取引推進機構『宅建試験』

2.インテリアプランナー

インテリアプランナーとは『商業施設や公共施設、住宅などの室内空間を企画、設計、工事監理』を行う民間資格です。インテリアデザイナーと混同されることがありますが、内容は全く違い、インテリアプランナーはどちらかというと建築士よりの職種です。資格試験自体は誰でも受けることができますが、資格登録には学歴もしくは実務経験が必要です。設計製図試験では実務的な要素が強く反映される試験内容となっており、資格取得は比較的難しいといえるでしょう。その分、持っておけば転職や独立に有利になります。

有利に働く職種:インテリアプランナー
実務期間:高校卒業(指定科目履修)→実務経験の必要なし
     それ以外→実務経験2年以上

3.管理建築士

管理建築士とは、建築物の設計や工事監理において技術的な事項を統括する建築士であり、改正された建築士法の規定により、建築事務所に必ず一人設置することが義務づけられている資格です。転職する際に有利になりますし、独立を考えている方は、特に取っておくべき重要な資格です。

有利に働く職種:建築士
実務期間:3年以上

資格勉強が、転職活動を有利にする

資格があると転職はやっぱり有利?勉強や転職に役立つ資格12選

以上、持っておくと転職に有利な資格を紹介してきました。資格を保有していること自体はもちろん転職に有利になることが多いといわれていますが、資格そのものだけでなく、資格取得の過程における勉強がとても大切です。

また、資格の取得は独立時にも非常に役立つことが多いです。転職で実地経験を積んで将来的に独立を目指している方にとっても、独立時に役立つといった観点から、資格を取得することをおすすめします。

この記事を読んだ方におすすめ転職サイトはこちら

転職先の探し方が分からない方はこちら!

一口に転職サービスといっても、サービスごとに得意分野があります。それぞれの特徴を理解し、自分に合った転職サービスを利用できれば、もっと円滑に転職活動が進められますよね。
こちらの記事ではおすすめな『転職サービス』について紹介しています。「どんな人に合っているか、どのように使ったらよいか」サービスごとに解説していますので、あわせて読んでみてください。

【性別・年代別】転職サイトのおすすめ10選と選び方
https://entrenet.jp/magazine/28961/

PROFILE

TOM

ベンチャー企業のシステムエンジニアから独立し、フリーランスエンジニア兼Webライターとして活動中。ライティング業は、M&Aなどビジネス系の記事を中心に執筆。

PICK UP この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。