カテゴリー

税理士ドットコム

経営者に必要な「着眼点」の鍛え方 第92回・4000円が1300円に

経営者に必要な「着眼点」の鍛え方 第92回・4000円が1300円に

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。

いきなりですが、クイズです!

私自身、ずっと経営戦略コンサルタントとして働いてきたこともあり、自分の会社を立ち上げた20年前からずっと無駄なコストを省くことを徹底してやってきました。その内容についても自信を持っていたのですが、最近、1つの「見落とし」を見つけて反省したことがあります。それは、仕事をするうえでは欠かせない「ある消耗品」のコストの話で、創業した20年前に比べると価格が大幅に安くなっているものなのですが、それは一体何でしょうか?

クイズの答えの中に、着眼点を鍛えるポイントがある

私は経営戦略コンサルタントであり経済評論家ですが、同時に中小企業の社長でもあります。

2000年に自分の会社を立ち上げて以来、コンサルタントという職種柄もあって、いろいろな消耗品の購入コストについては厳しくチェックしてきました。いかに無駄を省くかを徹底してきたのです。

それでは解説します!

例えば、多くの会社は社名ロゴ入りの封筒や便箋を業者に発注して用意するものですが、当社は創業時から廃止していました。

中に入れるレターを印刷するように、プリンターの機能を使って、必要な時に無地の封筒に印刷すればいいからです。

社名や住所が入ったハンコを用意しておく方法もありますが、印刷した方がきれいに出せます。しかも仕事をするうえでプリンターは間違いなく必要なものですから、その中にある機能を使えば余計なコストもかかりません。

年賀状も10年ほど前に廃止しています。それまでは、年に1回の貴重なマーケティングの機会だからと、広告宣伝費のつもりでしっかり投資していたのです。しかし、12月の忙しい時期に一枚一枚に手書きで一言を添えるコストは結構なものであり、社員共々その時間をコンサルティングに使った方が効率がいいと考えて、思い切って廃止したのです。

紙のもの以外だと、携帯電話やスマホの料金にはものすごく注意を払っており、少しでも安いプランが出たら効率を落とさない範囲でプラン変更しています。最近だと、楽天モバイルが出たタイミングで真っ先に申し込み、今では主力で使用しています。

その他、細かいことまで気にして、どちらかというと楽しみながらいろいろな削減に取り組んでいる私ですが、最近、見落としに気づいて愕然としてしまったものがあります。

それは「名刺」です。

気がついたらどんどん安くなっている

名刺については、創業当時からずっと100枚4000円程度で同じ業者に発注していました。

しかし、数年前に業者側から2000円ほどに割引の打診があり、「安くなってよかったな」と思っていました。でもなんでこんなに安くなったのだろうと思い調べてみると、何のことはない、ただ単純に相場が安くなっていただけでした。

それに気づいてからはいろいろと調べるようにし、もっと安いところはあるでしょうが、現在では100枚1300円ほどで発注しています。思わぬかたちでコスト削減ができ、名刺がこんなに安いのだと気づくことができたわけです。

最近事業を始めた人からしたら、「そんな当たり前のことを、なんで今さらいっているのか」と思うかもしれませんね。

物を選ばなければ、100枚あたり1000円を切る価格で発注できるのは当たり前ですし、そこに対して4000円も払う必要など全くないでしょう。

しかも、以前はカラーや両面で印刷しようとすると値段が倍近くなるのが当たり前でしたが、今はそうでもなく、値段に差があったとしてもほんの数百円程度。いってみれば、名刺はそれほどコストをかけずに済むものになっているわけです。

だからこそ、私のように10年以上前に起業した人にとっては、意外と落とし穴かもしれません。

というのも、名刺というものはそもそも「リピート発注」するものであり、あまり考えずに同じところに同じものを発注しやすいのです。頻度の割に、購入のたびに細かく値段を見直す人は少ないでしょう。

そんな思い込みの中にこそ、実はコスト削減の芽があるということかもしれません。

「当たり前」と思っている部分にこそ新たな発見がある

今回は、私の失敗談(ちょっと大げさでしょうか)から思わぬ経費削減ができるかもしれないという話をしてみました。

世の中では数年前から「紙を廃止してデジタルに」という流れがあるため、その文脈で考えることは多いと思います。一方で、毎月当たり前のように払っているものの中にも、意外と見直せるものがあると思います。新年を迎えた今のタイミングで、一度見直してみると新たな発見があるかもしれませんね。

最後に、もうお分かりだと思いますが、冒頭のクイズの答えは「名刺」でした。月換算で数百円と、大した額の削減ではありませんが、長く事業を続けるうえでは、こうした積み重ねが非常に大事になってきます。一緒に頑張りましょう!


PROFILE
プロフィール写真

経営戦略コンサルタント
百年コンサルティング株式会社
代表取締役
鈴木貴博

東京大学工学部卒業後、ボストン・コンサルティング・グループに入社し、数々の大企業の戦略立案プロジェクトに従事。1999年にはネットイヤーグループの創業に取締役として参加。2003年に独立し、百年コンサルティングを創業する。大手企業の経営コンサルティング経験を元に2013年に出版した『戦略思考トレーニングシリーズ』(日本経済新聞出版社)が累計20万部を超えるベストセラーに。現在はビジネスをエンタメクイズ化する経済エンタテナーとしても活動中。『パネルクイズ アタック25』(優勝)、『カルトQ』などのクイズ番組出演経験も豊富。近著に『戦略思考トレーニング 最強経済クイズ[精選版]』(日本経済新聞出版社)、『日本経済 予言の書 2020年代、不安な未来の読み解き方』『「AI失業」前夜―これから5年、職場で起きること』(ともにPHPビジネス新書)など。

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

前回、「ゼロトラスト」について、その背景等とともにご紹介しました。サイバー犯罪の発生件数が増え、また内部不正・内部犯行による情報漏えいも増加している中、自社が提供するシステムやネットワークのセキュリティをどう維持していくかは、これから独立開業するうえで大きな問題になると思います。

今回は、「ゼロトラスト」環境を導入するうえで大切なことは何か、導入によるメリットや働くメンバーへの影響とともに、ご紹介していきましょう。

(さらに…)

2021年1月15日

株式会社ECOP/代表取締役社長

大原 実

事業内容
当社は窓ガラスコーティングのパイオニアとして17年間業界を牽引してきました。
又、全国に無数にある窓ガラスにフィルムを貼ることで様々なお悩みを解決しています。
・日焼防止の為の紫外線カット
・断熱/遮熱によるコストカット
・低階層の方には目隠しや防犯フィルム
・台風や地震対策としての飛散防止
・近年はウイルスに対する抗ウイルス抗菌フィルム
全国で困っている方の助けになればと考え事業展開しています。

我が子を紫外線ダメージから守りたい。子どもが集う施設に紫外線対策も含めた安全対策をしたいと考えたのが起業のきっかけです。

(さらに…)

2021年1月15日

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。
(さらに…)

2021年1月14日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

【今年度】人気ランキング

総合ランキング

注目先輩レポート一覧

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ