カテゴリー

税理士ドットコム

ネット通販から「街のふるほんや」へ。商店街の支援で実店舗を開業:VOL.237

ネット通販から「街のふるほんや」へ。商店街の支援で実店舗を開業:VOL.237

PROFILE

稲葉茂文さん(30歳)

古書肆 右左見堂/東京都墨田区
大学在学中から古書の「せどり」をスタート。卒業後もネット通販を続けるが、2015年に東京都墨田区にある鳩の街通り商店街の、空き店舗活性化の取り組みに参加、資金援助を受け実店舗を構えた。写真左は元お客にして現店員、そして婚約者の栗谷のぶ子さん。

VOL.237
東京下町の商店街にある古書店

勤めをしないで生きていく方法はないかしらと考えていたわけです。哲学科で2年もダブっていましたし、就職難も重なりました。それで在学中から始めたのが「せどり」です。古本屋に通い、100円均一の棚から掘り出しものを見つけてネットで売っていました。大学卒業後はせどり専業に。JR乗り放題のきっぷを買って、東京中の古本屋を巡るのは楽しかったですよ。でも次第に分かってくるんです。100均の棚にある本はやっぱり理由があって安い。そこばかり狙っていると一流の仕事はできません。東京中を歩き回るのも体力的にきつい。それに結局、いい本を仕入れるにはお客さんから仕入れるのが一番なんです。となるとお店を構えるのがいい。

同人誌「右左見」を発行。


現在は商店街の理事も務める。「商店街、面白いですよ。やる気があれば若くても街づくりのプレイヤーになれます」。


この物件は、商店街の空き店舗活性化の取り組みの一環で、若い出店者を募集していたものです。ネット通販もやっているから売り上げの最低保証があります、客が入らなくても逃げません!と訴えて面接に通りました(笑)。初期の棚に並べたのはせどり時代に買い集めた本とかわいい自分の蔵書。それでも半分しか棚が埋まらず焦りましたけどね。接客も初めて。でも僕が好きな落語に出てくる商人をまねして「ありがとう存じます」とやっているうちに慣れてきました。本が好きでやっている仕事。待っていても次々新しい本が来るというのはいいものです。

 

構成・文/東 雄介
撮影/刑部友康、片桐 圭、阪巻正志
アントレ2019.春号 「金も人脈も経験もなかった『まるごし企業 7人の勝ち方』」
より

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

オンラインで独立開業に役立つ情報や新しいはたらき方をお届けする、アントレまなびWeekを開催します!
新しい働き方についてオンラインで学ぶ5日間!1度の参加お申込みですべてのプログラムに参加できます。1日でも!毎日でも!気になるプログラムに是非ご参加ください。 (さらに…)

2020年9月18日

「自己成長できそう」「やりがいがありそう」などの理由から、スタートアップで働いてみたいと考えている人は多いでしょう。少人数体制であることの多いスタートアップには、一人ひとりの裁量が大きく、より幅広い業務を経験できるという特長があります。いずれは自分で事業を起こすために、スタートアップで経験を積みたいという人もいるのではないでしょうか。本記事では、スタートアップで働く方法とメリット、混同しがちなベンチャー企業との違いについて解説します。 (さらに…)

2020年9月18日

人生100年時代と言われる今、もはや定年という言葉は崩れつつあります。加えて、コロナ禍という誰もこれまで経験していないような世の中となり、皆さんの働き方や生き方の選択肢や価値観もずいぶん変わってきたのではないでしょうか。 (さらに…)

2020年9月17日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

注目先輩レポート一覧

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ