カテゴリー

Line

変化しなければ生き残れない。プロゲーマー・ハイタニが語る、勝負の世界を生き抜く方法

最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である。

進化論で有名なダーウィンの名言にもある通り、変化とは、この世界で生き抜く者にとって、極めて重要なことです。

今回お話を伺った、ハイタニさんの職業はプロゲーマー。プロ同士が熾烈な戦いでしのぎを削る、eスポーツ界の第一線で活躍するプレイヤーです。

厳しい世界で生き残るために、常に自分の可能性を模索し、変化をし続けているというハイタニさん。

今回はハイタニさんがプロゲーマーになるまでの道のり、厳しい世界で生き残るために実践していること、そして仕事観についてお伺いしました。

<プロフィール>
ハイタニさん
1986年生まれ。大阪府出身のプロゲーマー。
プロゲーミングチーム 『Fudoh』所属
格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズで世界的に活躍する“格ゲー五神”の1人。

格闘ゲーム界の雄として数々の激戦を制し、多くのファンを魅了。その攻撃的なプレイスタイルは日本という枠を超え、世界中のプレイヤー達に感動を与えている。

ゲームを創る側から「ゲームでご飯を食べる」プレイヤーへ。1人のゲーマーがプロへの扉を開くまで

ー現在はプロゲーマーとして活躍されているハイタニさん。まずは、これまでの経歴を教えてください。

ハイタニさん
小学生の頃からずっとゲームをしてきていたので、いずれはゲーム関連の仕事に就きたいと思っていました。

なので中学校を卒業してから1年ほど経った17歳の時、大阪に本社を置くゲームメーカーでアルバイトを始めました。

普通の高校生であれば、学業を優先しつつ、空いた時間でアルバイトをすると思います。しかし、僕は将来のことを考えて、できるだけ早くゲーム業界で多くの経験を積みたいと考えました。

加えてアルバイトが平日5日勤務ということもあったので、できる範囲で学業とアルバイトを両立させるために単位制高校に通うことを選択したんです。

単位を取得するには土日に登校するしかなかったので、丸1日休みの日は当時、ありませんでしたね(笑)。

ー学生の頃からハードな生活を送っていたんですね…。アルバイトはどれくらいの期間働いたのですか?

ハイタニさん
4年ほど勤務していたので、21歳になるまで続けていましたね。

そして、いつも仕事終わりにゲームセンターに通っていたのですが、ある時そこでよく一緒に遊んでいたゲーム仲間が、アパレル企業の社長だということを知ったんです。

僕がアルバイトを今後も続けるか迷っていたところに、その社長から「うちの社員はゲーマーの集まりだから、よかったら一緒に働かない?」と誘っていただきました。

それをきっかけに勤めていたアルバイト先を辞め、その社長のもとで働くことを決めたんです。

ーゲームがお好きなのに、なぜでしょう?

ハイタニさん
理由として1番大きかったのは「ゲームばかりやっているのはマズいな」と将来に対する危機感を抱き始めていたからです。

というのも、今でこそeスポーツのように、プロゲーマーとして生活できる世界がありますけど、当時は「ゲームでご飯を食べる」という選択肢がありませんでしたからね。

「そろそろゲーム以外の仕事を経験していかないといけないな」と、思い切って就職しました。

ー確かに、昔は「ゲームをする」ことを仕事にできるなんて到底考えられませんでしたよね。アパレル企業ではどのような仕事をされていたのですか?

ハイタニさん
アパレル系のネット通販の会社だったんですけど、倉庫での顧客対応や受発注管理が主な仕事でした。

ただこれも結構ハードで…。

月末は家に帰る時間もなかったので、会社にあるダンボールを布団がわりに倉庫内で寝泊まりすることも多々ありましたよ(笑)。

ー納期に追われる仕事ですからね(笑)。

ハイタニさん
そうなんです。

当時は、趣味でゲームをする時間を確保することも難しかったですね。

それからアパレル企業では3年間働かせていただいたのですが、やっぱり「ゲームに関する仕事がしたい」と思い始めたんです。

ーなぜですか?

ハイタニさん
一通り、ゲーム以外の仕事を経験してみましたが、やっぱりゲームの仕事ほどテンションが上がらないんですよね。

そこで、大手ゲーム会社の下請けの制作会社に転職して、ゲームの総合的なシステムを作ったり、アクションゲームのステージを考えていましたね。

ー本格的にゲーム製作に携わっていったんですね。

ハイタニさん
そしてその後、アパレル企業の社長から「最近eスポーツが盛り上がってきたから、私もゲーム会社を立ち上げたい。プレイヤーとしてウチに入ってくれないか」という話がありました。

社長自身もともとゲーマーだったという背景や時代の流れもあり、今度はゲーム事業に転換しようと思ったのでしょう。

そして社長は、ゲーム配信代行会社の株式会社YOUDEALを新たに設立し、2015年に僕とスポンサー契約を結んでくれました(現在は株式会社忍ism(シノビズム)が運営するプロゲーミングチーム「Fudoh」に移籍)。

その頃にはプロゲーマーとして数名活躍している選手がいたので、僕も改めて「ゲームをする側」の世界に挑戦しようと、決意を固めたんです。

また、大阪より東京の方がeスポーツ専用の施設や環境が整っていますし、YOUDEALには東京のオフィスもあるので、スポンサー契約を結んでくれるタイミングで上京することも決めました。

ーそれまで、さまざまな企業で仕事を経験されてきましたが、プロゲーマー1本で生きていくことに不安はなかったのでしょうか?

ハイタニさん
正直、不安はありました。

まず出身が大阪なので、そもそもプロゲーマーになるために東京に来ること自体、ハードルが高かったんです。

やはり、これまで仕事ができていたのは大阪の人とのつながりが大きかったので、知り合いがいない東京で働くことは人間関係もリセットされ、ほぼゼロからのスタートになりますから。

でもそれ以上に、ゲームをプレーすることを仕事にできる喜びの方が勝っていたので、迷いはありませんでしたね。

生き残るために、常に変化し続ける。プロの世界で活躍するための秘訣

ー時代の後押しもあり「ゲームでご飯を食べる」という夢が、現実になりましたからね。では、ハイタニさんのプロゲーマーとしての活動を具体的に教えていただけますか?

ハイタニさん
はい。

現在は所属しているチームのストリートファイターV部門の選手として、ゲームの大会に出て試合に勝つことが、僕ら選手の仕事です。

その他の活動としては、ゲーム実況プラットフォーム『Twitch(ツイッチ)』で動画を配信したり、SNSでの発信・宣伝、メディア出演によるタレント活動も行っています。

ーなるほど。1週間のスケジュールでいうと、どれくらいの時間・頻度でゲーム(練習)をされているのですか?

ハイタニさん
毎日平均して、8〜10時間くらいは練習していますね。

ー練習をする時に、心がけていることはありますか?

ハイタニさん
必ず試合をイメージしながら練習するようにしています。

人間って、イレギュラーな事態が起こると焦ったり、パニック状態になってしまうことが多いじゃないですか。

それを防ぐためには、どんな状況に陥っても対応できるように、試合前から考えられる全てのイレギュラーを想定しておくことが重要だと思います。

「あの攻撃をされたら、この技で防ぐ」「必殺技を防御されたら、次はこの攻撃をする」というように、ありとあらゆる可能性を想定することでイレギュラーな事態を防ぎ、試合を有利に展開することができるんです。

ープロである以上、試合に勝つのは最重要課題ですからね。その他、勝つために挑戦していることはありますか?

ハイタニさん
最近、大会で使用するキャラクターを変更しました。

理由は単純で、今までのキャラクターより、新キャラクターの方がポテンシャルが高かったからです。

ー以前使っていたキャラクターだと結果が残せなかった、ということでしょうか?

ハイタニさん
いえ、実はその逆でずっと良い結果を残せていたんです。

ですがプロゲーマー生活も3年目を迎えるにあたり、僕としては昨年の自分の成績を、何としても超えたいと思っていたんです。

初めは勝率が落ちるのを覚悟してでも、ポテンシャルの高い新キャラクターに挑戦した方が、長い目で見て自分のためになると判断したんです。

ー実際に成績が落ちるとなると、周りからいろいろと言われることもあると思うのですが…?

ハイタニさん
そうですね。

それでもこの業界に足を踏み入れたからには、ずっと活躍できる選手になりたいんですよ。

そのためには、常に進化し続けなければいけません。

現状に満足してしまったら、すぐに若い選手たちに追い抜かれてしまいます。

だからこそ、プロの世界ではできる限り難易度の高いことに挑戦するという気持ちを持ち続ける必要があると思うんです。

どうせ“大変”なら、好きな仕事の“大変”を選びたい

ーハイタニさんの今後の展望をお聞かせだくさい。

ハイタニさん
プロゲーマーとしては、『カプコンカップ』と『Evolution (エボリューション)』という2つの格闘ゲーム大会で、好成績を残すことが最大の目標ですね。

それに加えてゲーム業界に、より良い影響を与えられるような活動をしていきたいです。

eスポーツという名前は何となく聞いたことがあっても、詳しく知っている人は多くはないと思うんですよね。

メディアに出演してeスポーツの世界を広めたり、他のプロゲーマーとイベントを開催してファンと交流したりと、さまざまな形でゲーム業界について知っていただけたらと思っています。

ーありがとうございます。最後に、ハイタニさんのように好きなことを仕事にして生きていきたい方に向けて、メッセージをお願いします。

ハイタニさん
好きなことを仕事にできるチャンスがあるのであれば、絶対に挑戦するべきだと思います。

何もせずに「あのとき挑戦していたら、どうなっていただろう」って思いながら過ごすことになるのは絶対に嫌だなと、僕は思うんです。

もし失敗したとしても、後悔するよりはずっとマシですから。

それに、どんな仕事でもつらいときって必ずあります。

好きじゃない仕事で苦しみながらがんばるくらいなら、好きなことでがんばり続ける道を選んだ方が、僕は楽しいと思うんです。

今後、目の前に好きなことを仕事にできるチャンスが訪れたら、その人生の転機を必ず掴みにいってほしいと思いますね。

※この記事は、2018年6月20日に掲載したものを再掲しています。

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

0から1を生み出す。

クリエイターにとってはもちろん、独立・起業を考えている人にとっても必須の力です。

前回に引き続き、今回も映像監督・演出家の上堀内佳寿也さんにお話を伺いました。

上堀内さんは「平成仮面ライダーシリーズ」においてわずか30歳で監督となり、2019年3月17日にスタートした『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(テレビ朝日系 毎週日曜午前9:30~10:00放送)では、パイロット監督(※)を務められています。

※パイロット監督とは、主に特撮番組において、1〜2話を担当する監督のこと。その番組の方向性やカラーを位置づける、監督陣の中でも極めて重要な役割をするメイン監督を指す。

(さらに…)

2019年3月18日

映画やドラマの映像制作を管理する、映像監督。

よく「◯◯監督作品」などといった言葉を耳にしますが、映像監督になるためにはどのようなキャリアを歩めばいいのか、知っている方は意外と少ないのではないでしょうか。

今回お話を伺ったのは、映像監督・演出家の上堀内佳寿也さん。
(さらに…)

2019年3月15日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ