カテゴリー

Line

行政書士として独立開業、生活するには

資格を取得して独立開業を目指している方は多いと思います。

しかし、独立したとしても、すぐに稼げるわけではありません。

行政書士として独立をして、生活を成り立たせるためには、どのようなことを事前に準備すべきなのでしょうか。

自分の方向性を決めよう

行政書士が作成できる申請書や書類は1万種類を超えると言われています。

従って、そのすべてに対応することはまず不可能でしょう。

まずは、自分がどのような方向に進みたいかを決めていくことが重要です。

なぜ方向性を決めた方が良いかというと、顧客開拓のためにインターネットを利用するにしても、紹介をベースに仕事を得るにしても、自分の専門の分野があるほうが相手に訴求しやすいからです。

行政書士の主な業務としては、「建設土地関連」「企業法務関連」「市民法務関連」「風俗営業関連」「国際関連」「運輸交通関連」「環境関連」などがあります。

必ずしも1つの分野に特化する必要はありませんし、業務によってはいくつかの分野にまたがった仕事をしなければならない場合もあります。

自分がどのような方向で仕事を展開し、どの分野が関係してくるかを考えて、専門分野を決めることが重要です。

方向性を決めるためには、自分のバックグラウンドも重要なポイントとなります。

今までの経験が利用できる分野であれば、全く経験のない人に比べてスムーズに仕事に入れるでしょう。

図面作成が必要な申請の場合は、CADで図面作成ができると作業がしやすいなどがあります。

また、在留許可申請などの国際関連業務に関しては、語学のバックグラウンドがあればコミュニケーションが取りやすくなります。

専門性を高め、ネットワークを構築しよう

今はインターネットで検索すれば、申請書類の基本的な書き方はすぐに分かります。

また、官公署の窓口で説明を聞けるため、申請者自身で行うことも容易になっています。

従って、行政書士に依頼してくる案件は、時間が限られていたり、難しい案件であったりする可能性が高くなります。それに対処するには、専門知識を高める必要があるのです。

では、専門分野の知識を得るためには、どうしたら良いのでしょうか?

地域にもよりますが、各都道府県の行政書士会で行われる研修や自主的に開催される勉強会などで知識を得ることが可能です。またそういった勉強会に参加することで専門分野の先輩とのネットワークを広げ、難しい案件でも相談できる態勢を作っておきましょう。

税金の計算や登記など、他士業の独占業務を行ってはいけませんので、他士業の知り合いをつくることも必要です。異業種交流会などに参加するなど、自分自身でネットワークを広げる努力も必要です。

他士業の方も、知り合いを増やしたいという思いは同じですから、“ギブアンドテイク”を考えながら、付き合える先を広げていきましょう。

助走期間が必要な業務もあります

行政書士登録をしても、すべての事ができるわけではありません。

「特定行政書士」「申請取次」「出張封印」「著作権相談員」などは、登録後に研修を受けて、資格を得なくてはなりません。

上記のように行政書士になってからしか取得できない資格の利用を考えている場合、まず登録をしなければなりません。

資格を得た段階で事業を開始するという選択もありますので、その間は知識を高める期間と割り切って考えることも必要でしょう。

収入以外の分野で考えること

独立開業では、収入に焦点が当てられがちですが、生活をしていくためには経営全般を考えなくてはなりません。

まず税務の知識は最低限必要です。

会計ソフトで管理することも可能ですし、税理士に頼むことも可能ですが、基本的な会計知識は持っていた方が良いでしょう。

特に考えなくてはいけないのが、健康保険と年金です。

国民健康保険については、所得控除前の収入をベースに金額が変わります。

つまり、配偶者控除や扶養控除などで所得税がかからない場合でも、国民健康保険には「均等割」という家族一人当たりに必ずかかる部分と、所得に応じた部分がかかることがあるので、注意が必要です。

また、年金に関して言えば、独立開業すると1号被保険者という分類になり、自分自身で保険料を納めなくてはなりません。

もし、配偶者が専業主婦(夫)であった場合、配偶者も1号被保険者となり、保険料を納付しなくてはなりません。

会社員の時と比べ、負担が倍になるので、こちらも注意してください。

まとめ

行政書士として独立開業して生活していくための方法について、述べてきましたが、参考になりましたでしょうか?

独立開業とは、今まで会社の一部を担っていた“あなた”が会社全体を担うことになるのです。

自分の専門分野でしっかりと成果を出すことも必要ですが、資金の回収や会計など、バックスタッフの仕事もこなしていかなくてはいけません。

加えて、将来の資金についても準備をしなければならないことを理解しましょう。

自分の方向性をしっかりと確認し、準備をして、独立開業に臨んでください。

PROFILE

行政書士 青野 泰弘

1964年静岡県生まれ。同志社大学法学部卒業後、国際証券に入社。その後トヨタファイナンシャルサービス証券、コスモ証券などで債券の引き受けやデリバティブ商品の組成などに従事。2012年にFPおよび行政書士として独立。相続、遺言や海外投資などの分野に強みを持つ。

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。 (さらに…)

2019年6月26日

100万人に1人の人材になる方法を、皆さんは知っていますか?

2013年に発売され、ロングセラーとなっている『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』という本で紹介されている、この「100万人に1人の人材になる方法」。

100万人に1人とは、スポーツで言うとオリンピックのメダリスト級。この著書で勧められているのはまず「100人に1人の人材」になること。
(さらに…)

2019年6月25日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ