カテゴリー

Line

「ビビリ」の元プロボクサー セカンドキャリアで王者を目指す:VOL.225

PLOFILE

小澤幸治さん(40歳)

(株)BOXフィットネス/横浜市旭区

2000年にプロボクサーとしてデビュー。
10勝1敗の好成績を残し、日本タイトル挑戦目前だったが、08年に網膜剥離で引退。
会社員として働き始める。週末起業を経て、13年8月に独立。パーソナルトレーナーとして活動しながら、ボクシングジムも経営。

VOL.225
「ビビリ」の元プロボクサー セカンドキャリアで王者を目指す

本気で強くなりたい人お断り。
ダイエット目的のジム

ここはダイエット目的に楽しくボクシングをしてもらうジム。「本気で強くなりたい人お断り」と謳っています。会員は女性が半分以上。このビジネスモデルで後輩ボクサーのセカンドキャリアも応援できたらと。

日本タイトル直前までいったのに網膜剥離でプロ引退。夢も収入も失って、しばらく泣いて暮らしました。でも悔しくて。今度はセカンドキャリアでチャンピオンになる、社長になって年収1000万円だと誓いました。それから会社員として働いて、独立は35歳になる手前です。実は2年ぐらい踏み出せなかったんですよ。会社ではかわいがってもらっていたし、定収入を失うのは怖い。ビビって勉強ばかりしてる自分が嫌になりました。でも週末起業で「小澤式ダイエット」をテストしたら、これならやっていけるというぐらいの見込み客が。その安心感でやっと独立できました。ジム開業はまだ先だと思っていましたが、たまたま人から譲っていただくお話があり、初期投資をだいぶ抑えられたんです。

ビビリも悪いことばかりじゃないと思います。ビビリだからこそ、ボクサー時代は人一倍練習したし、減量法も科学的に学べた。起業前、不安で勉強に逃げたことも、今思えば役に立っています。そういう自分に週末起業はぴったり。テストして「やれる」と思ったから一歩踏み出せたんですよ。 

構成・文/東 雄介
撮影/刑部友康、片桐 圭、阪巻正志、宮田昌彦
アントレ2018.秋号 副業も事業承継も週末起業も私が選んだ「独立」のカタチより

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

見ている人を「あっ!」と驚かせることができる、マジック。

トランプやコイン、輪ゴムなど身近にある道具を使って披露した経験のある人もいるのではないでしょうか。

巧みな話術やテクニックで成功させれば、観客を魅了し、たちまち人気者になれるのがマジックの良さ。

(さらに…)

2019年11月12日

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。 (さらに…)

2019年11月8日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ