カテゴリー

Line

「ビビリ」の元プロボクサー セカンドキャリアで王者を目指す:VOL.225

PLOFILE

小澤幸治さん(40歳)

(株)BOXフィットネス/横浜市旭区

2000年にプロボクサーとしてデビュー。
10勝1敗の好成績を残し、日本タイトル挑戦目前だったが、08年に網膜剥離で引退。
会社員として働き始める。週末起業を経て、13年8月に独立。パーソナルトレーナーとして活動しながら、ボクシングジムも経営。

VOL.225
「ビビリ」の元プロボクサー セカンドキャリアで王者を目指す

本気で強くなりたい人お断り。
ダイエット目的のジム

ここはダイエット目的に楽しくボクシングをしてもらうジム。「本気で強くなりたい人お断り」と謳っています。会員は女性が半分以上。このビジネスモデルで後輩ボクサーのセカンドキャリアも応援できたらと。

日本タイトル直前までいったのに網膜剥離でプロ引退。夢も収入も失って、しばらく泣いて暮らしました。でも悔しくて。今度はセカンドキャリアでチャンピオンになる、社長になって年収1000万円だと誓いました。それから会社員として働いて、独立は35歳になる手前です。実は2年ぐらい踏み出せなかったんですよ。会社ではかわいがってもらっていたし、定収入を失うのは怖い。ビビって勉強ばかりしてる自分が嫌になりました。でも週末起業で「小澤式ダイエット」をテストしたら、これならやっていけるというぐらいの見込み客が。その安心感でやっと独立できました。ジム開業はまだ先だと思っていましたが、たまたま人から譲っていただくお話があり、初期投資をだいぶ抑えられたんです。

ビビリも悪いことばかりじゃないと思います。ビビリだからこそ、ボクサー時代は人一倍練習したし、減量法も科学的に学べた。起業前、不安で勉強に逃げたことも、今思えば役に立っています。そういう自分に週末起業はぴったり。テストして「やれる」と思ったから一歩踏み出せたんですよ。 

構成・文/東 雄介
撮影/刑部友康、片桐 圭、阪巻正志、宮田昌彦
アントレ2018.秋号 副業も事業承継も週末起業も私が選んだ「独立」のカタチより

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

PLOFILE

小杉盟子さん(40歳)

美麗Kimono&Culture/東京都墨田区
幼少時から着物に親しむ。米国留学後、航空会社に勤務。地上職として接客の経験を積む。結婚後は派遣で秘書の仕事を続けていたがこども3人の育児との両立に悩む。2014年、夫の提案を機に浅草で着物レンタルのお店を始める。夫が浅草で営業している人力車とのコラボも。 (さらに…)

2019年8月22日

PLOFILE

角 勝さん(46歳)

(株)フィラメント/大阪市中央区
大阪市役所出身。2012年からは「大阪イノベーションハブ」の設立・運営に携る。15年に退職。オープンイノベーションによる新規事業開発や人材開発などを行う。取材場所は、自身も立ち上げに参画したコワーキングスペース「THE DECK」。 (さらに…)

2019年8月21日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ