カテゴリー

Line

フランスパン生地を使った「おい塩ドーナッツ」:VOL.222

PLOFILE

山田康夫さん(69歳)

尾鷲山田堂/大阪市生野区

大学卒業後、大手小売企業に入社。
59歳で退職すると、三重県尾鷲市の海洋深層水塩に出合い、「卵アレルギーの孫にドーナツを食べさせたい」と思い立つ。
2010年に起業。妻の時代さんと二人三脚の経営。移動販売やネット通販も行う。

VOL.222
フランスパン生地を使った「おい塩ドーナッツ」

定年1年前に退職、61歳で起業。
白紙の未来が生きがいのもと

われわれ団塊世代は、生まれた時から競争、競争でね。いい学校を出て、いい会社に入ったら、素晴らしい人生が待っていると聞かされてきました。それはそれで幸せでしたが、気がつけば59歳。会社を辞めてからのことは誰も教えてくれへんかった。

「この先どうすんねん」と先輩から聞かれて、はたと気がつきました。祖父も父も90過ぎまで生きた長寿の家系です。すると定年はゴールどころか、人生の折り返し地点でしかない。頭の中は真っ白です。これから先30年の計画なんて考えたこともなかった。「早よ会社を辞めえや! そしたら考えられるようになるから」「毎日毎日、年金の預金通帳を眺めて暮らすんか」と先輩。それですぐ辞めたんです。定年まであと1年、でも1年ぐらい会社におってもおらんでも一緒やと思ってね。

それで61歳から妻と2人でドーナツ屋さんです。大手メーカーのとはちょっと違う、甘さ控えめのドーナツ。「私はこれがおいしいと思うけど、お客さま、あなたはどう思うの?」というドーナツです。「おいしいね!」と言われたら、感謝感激。先のことは今も真剣に考えてますが、白紙のところから人生の設計書を書く生き方は身につきました。成功するかしないかは、話が別やけど(笑)、これは人生を楽しく過ごすための方法やと思うてます。己の道は己で切り開け!やね。 

構成・文/東 雄介
撮影/刑部友康、片桐 圭、阪巻正志、宮田昌彦
アントレ2018.秋号 副業も事業承継も週末起業も私が選んだ「独立」のカタチより

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

令和元年10月より、いよいよはじまる消費税増税。そして同時に実施される、軽減税率制度。

軽減税率制度とは、あらゆる商品・サービスの消費税が10%になる中で、主に飲食料品などを対象に消費税が8%のまま据え置きになるという制度のことです。

多くのニュースでは、飲食料品にスポットを当てた内容が多いため、消費者目線での理解にとどまっている方も多いのではないでしょうか。
(さらに…)

2019年7月19日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ