カテゴリー

Line

全国で展覧会をプロデュース中。世界唯一のセロテープアートⓇ作家:VOL.223

PLOFILE

瀬畑 亮さん(44歳)

ベンチャーアート・プランニング/東京都町田市

幼少期からセロハンテープ遊びを始める。
2004年からテープメーカー大手のニチバン(株)と専属作家契約を結び、世界で唯一の「セロテープアートⓇ作家」に。
全国で個展を開催するほか、セロテープⓇを使った工作キット「セロパンダTM」のプロデュースなども行う。

VOL.223
全国で展覧会をプロデュース中。世界唯一のセロテープアートⓇ作家

セロハンテープを巻いて30年以上。
アートに賭けて見えてきたプロの道

アーティスト活動は20年。セロハンテープで遊ぶようになって30年以上が経ちます。NHKの『できるかな』に憧れてテープをいじってるうちに「テープを丸めると立体ができる」と気がついて以来、ずっと。

お固い銀行員の父を納得させるため、「アートで食べていく」意識は最初から強かったんです。それには作品を売るだけじゃ足りません。スポンサーをつけて自分自身の才能そのものを売らないと。今は展覧会をプロデュースする力や商品企画も含めた、総合力で勝負しています。

昔は他の仕事もしていて、倒れるまで頑張っても作品制作にあてる時間が足りませんでした。そこを見抜かれたんでしょう、展覧会に来たお客さんに怒鳴り散らされたことがあります。「お前の言い訳を聞きに来たんじゃない!」。怖くて作品が作れなくなりましたよ。でもこれで意識が変わった。仕事はやめてアート1本に。お金がないという理由から作品の芯に新聞紙を使っていたのもやめて、100%セロハンテープで作り切ると作品のレベルが変わりました。テープだからという説明がなくてもアートとして成立する説得力が生まれたというか。僕の作品だと責任を持てるようになった気がするんです。これが僕のプロとしての原点。ニチバンというスポンサーがついたのも、それからすぐのことです。 

構成・文/東 雄介
撮影/刑部友康、片桐 圭、阪巻正志、宮田昌彦
アントレ2018.秋号 副業も事業承継も週末起業も私が選んだ「独立」のカタチより

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。 (さらに…)

2019年5月24日

ITシステムの発展とともに企業の経済活動もIT化が進んできており、企業にとって情報システムは欠かせないものとなっています。その中でも、企業の全体最適化や業務効率の向上を目指す上で特に注目を集めているのがERP(Enterprise Resources Planning)です。
今回は、ERPが生まれた背景、導入するメリットを注意点とともに解説します。 (さらに…)

2019年5月23日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ