カテゴリー

Line

活版印刷による名刺やポスター、書籍の制作:VOL.221

PLOFILE

溪山丈介さん(50歳)

FIRST UNIVERSAL PRESS/東京都台東区
パチンコ運営会社や、清元節の「太夫」など複数の職を経て、2008年から叔父の経営する活版の印刷所を手伝う。
13年6月、解散した叔父の印刷所から活版印刷の機材を譲り受け、ファーストユニバーサルプレスを創業。
名刺やポストカード、書籍の印刷を請け負う。

VOL.221
活版印刷による名刺やポスター、書籍の制作

廃業した印刷所から設備を承継。
活版印刷の環境を次代に伝える

いき当たりばったりに、バンドをやったり、パチンコの運営会社に勤めたり、江戸浄瑠璃の清元節を語ったりしていたんです。叔父が経営していた活版印刷の会社を手伝い始めた時も、これを続けていくなんてこれっぽっちも。活版印刷は時代とともに縮小傾向。うちも「よくやっていられるな」という経営状態でしたからね。

つぶれるような仕事をなぜ引き継いだかって、面白そうだったからです。以前、大きな印刷所でバイトしたことがあります。今主流のオフセット印刷の設備が並んでいて、何百人という人が動いていた。でも活版印刷は、文字を並べて機械で刷ったら出来上がり。「こんなに簡単な仕組みで本ができるのか」と驚きました。刷り上がった文字には何とも言えない風合いがあります。職人さんたちがまたすごくて。母型彫刻、鋳造、文選、植字、印刷と分業するんですが、仕事が速いだけじゃない、同じ仕事を飽きずに1日続けていられる。とてもマネできません。

だから自分が職人を名乗るなんて、とんでもない話。文字を組む作業もめんどくさいですよ(笑)。でも「橋渡し」ならできるだろうと思っています。活版印刷を続けられる環境を次の世代に渡したい。興味のある方にはノウハウも提供します。このまま活版という産業がなくなったら寂しい、もったいないじゃないですか。 

構成・文/東 雄介
撮影/刑部友康、片桐 圭、阪巻正志、宮田昌彦
アントレ2018.秋号 副業も事業承継も週末起業も私が選んだ「独立」のカタチより

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

©︎うさぎ写真家uta

独立すればやりたい仕事だけができる、というのは本当でしょうか。

思うようにいかず、「こんなはずじゃなかった」と夢を諦める人も多くいる中で、本当に好きなことを仕事にしている人もいます。

今回お話を伺ったのは、写真家ユニット『うさぎ写真家uta(うた)』のお2人。大好きなうさぎを撮影して生活するご夫妻です。収入が厳しく、思うような働き方ができなかった時期もあるようですが、お2人はどのようにして、うさぎ専門の写真家として生活しているのでしょうか? これまでの経緯や現在の活動内容について伺いました。
(さらに…)

2019年7月24日

先祖代々、事業を継続してきた老舗企業であっても後継者が見つからないまま、経営者の高齢化が進み存続の危機に立たされている企業は少なくありません。国も本格的に事業承継対策に乗り出し、事業承継問題の認知は進んできていますが、円滑に事業承継を進めるために具体的にはどうすればよいのでしょうか。また、どのような支援が国から受けられるのでしょうか。 (さらに…)

2019年7月22日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ