カテゴリー

Line

事業承継問題を放置すると、22兆円の損失になる?!

少子高齢化が進む中、中小企業を中心に後継者問題に悩む経営者が増えています。2017年には、「事業承継問題をこのまま、放置すると2025年頃までの約10年間で約650万人の雇用と約22兆円の国内総生産(GDP)が失われる可能性がある」と経済産業省・中小企業庁が発表しました。事業承継問題を放置すると、どんな恐ろしいことが起こるのでしょうか。(出典:中小企業庁「日本経済・地域経済を支える中小企業の円滑な事業承継に向けた集中支援」 )

後継者へのバトンタッチは5年~10年かかる

中小企業庁の「経営者のための事業承継マニュアル」によると、会社の規模や業種によるものの、中小企業の経営者の引退年齢は平均すると67歳~70歳です。一方、「中小企業白書」 によると、後継者探しを始めてから了承を得るまでの期間として、3年以上かかったという企業が37%。中には、10年超かかったという企業もあります。

もし70歳で引退したいとすると、60歳ごろには後継者を見つけておく必要があります。なぜなら、事業承継をスムーズに行うには、数年~10年の長期スパンで後継者教育をしなければならないからです。「経営者のための事業承継マニュアル」によると、後継者の育成に必要な期間について、「約5年」「5年~ 10年」と回答した経営者は全体の半数以上に上っています。(出典:中小企業庁「経営者のための事業承継マニュアル」 )

事業成長の可能性はあるものの、廃業する企業が4割

しかし、日本政策金融公庫総合研究所が全国約4,000社の中小企業の経営者に対してインターネット調査を行ったところ、60歳以上の経営者の50%が「廃業を予定している」と回答しました。理由として最も多かった回答は、「当初から自分の代でやめようと思っていた」(38.2%)というものですが、「子どもに継ぐ意思がない」(12.8%)、「子どもがいない」(9.2%)、「適当な後継者が見つからない」(6.6%)と、後継者問題を理由に挙げた回答が3割に及びます。

このように、廃業予定の企業が全て、事業の展望や企業としての伸び代に限界を感じて、廃業を決めたとはいえません。その証拠として、同様のインターネット調査では、4割を超える企業が「今後10年間の事業の将来性について、事業の維持、成長が可能」と回答しています。事業としては継続できる可能性があるにも関わらず、廃業せざるを得ないのは、後継者問題がそれほど深刻であるということでしょう。これでは、事業承継問題が雇用とGDPに大きな損失を与えることは明白です。(出典:日本政策金融公庫総合研究所「中小企業の事業承継に関するインターネット調査」)

事業承継に向けた準備は、できるだけ早く開始

事業承継・後継者問題が深刻化する背景には、事業承継の進め方や実情を知らないため、問題を先送りにしがちになってしまっているという理由があります。

帝国データバンクの調査では、60歳代の経営者であっても、「事業承継の準備ができている」と回答しているのは4割ほど。70代でようやく49.5%、80代でも47.7%に過ぎません。これでは、いつまで経っても後継者が定まらず、経営者は引退できないことになってしまいます。

事業承継の大切さと引き継ぎには数年~10年もの時間がかかることを認識し、できるだけ早く行動を起こす必要があるでしょう。

事業承継時に残すべきもの

事業承継にあたって、まずやるべきことは何でしょうか。

中小企業の事業承継で多いのは、実子や親族などに託す“親族内承継”です。親子代々守ってきたのれんを次世代に伝え、家業を守っていくスタイルは、王道ともいえます。

この場合、次世代に引き継ぐのは自社株式・事業用資産、債権や債務などの“資産”や、従業員、経営権といった“人(経営)”だけでなく、創業の精神や社風、経営理念、取引先との人脈や技術・技能といった“知的財産”も含まれます。

資産だけ引き継ぐのであれば、法務や税務の専門家の手を借りつつ法に則って手続きをすれば良いのでしょうが、精神的な部分まで引き継ぐとなると、それを可能にするのは先代の経営者のみとなります。後継者の教育は、経営者としての集大成、最後の大仕事といえるでしょう。

“事業価値を高める経営レポート”を作成しよう

創業の精神や経営理念を伝えていく場合、事業価値を高めるためにレポートの作成をおすすめします。なぜなら、経営に対する想い、価値観、信条を明文化することで、後継者のみならず従業員にきちんと想いを伝えられるからです。

“事業価値を高める経営レポート”に盛り込むべき項目は、以下から構成されます。
・企業概要(コアとなる事業や技術、会社の資産など)
・内部環境(業務の流れ、自社の強み・弱み)
・外部環境(競合や事業環境、マーケットの潜在性など)
・今後のビジョン(現在の事業領域を維持するか、多角化を進めるかなど)
・価値創造のストーリー(どのように付加価値を生み、収益を拡大するか)
こうしたレポートの作成は、後継者にも参加を促すことをおすすめします。自らコミットすべき目標を立てることで、後継者にも経営者としての自覚が生まれるからです。

事業承継計画で具体的なアクションプランを決めよう

会社の成長に向け、さらに具体的な行動計画などを盛り込んだものが事業承継計画です。今後10年程度を想定し、自社の中長期的な経営方針、方向性、目標などを「いつ」「何を」「誰に」「どのように」して実行するのかを計画します。

まず、経営者が現在に至るまでの過去を振り返り、創業時の想いや信条、価値観などを整理します。そこから後継者とともに、今後の目標や守るべきビジョン、目標達成に向けた具体的なアクションなどを盛り込んでいきます。こうした詳細な事業承継計画を作成しておくことで、取引先や従業員、金融機関などにも危機感を与えることなく、新たな経営者のもとでも安定した経営を引き継ぐことができます。

M&A(企業の合併や買収)による承継は、ますます「事業の見える化」が重要に

最近では、跡を継ぐべき実子や親族がいない、もしくは継がせたくない(継ぎたがらない)といった理由から、中小企業でも事業譲渡や会社売却を選ぶケースが増えています。こうしたM&Aでの事業承継を“第三者承継”と呼びます。
M&Aで事業承継する場合、第三者を介しての引受先探しになるため、こうした会社の資産の棚卸や競争力の分析はさらに重要性を増します。

もし、プランの作成に行き詰まるようであれば、身近な専門家や商工会議所、事業引き継ぎセンターなどの支援を受けることをおすすめします。

事業承継は早めの行動を

ここまで、事業承継の重要性や第一歩として取り組むべきことについてお伝えしました。事業承継問題は、先送りにすればするほど深刻さを増します。取り返しのつかない事態になる前に、できるだけ早めの行動をお勧めします。

ebook_foundation_cover-smal

目次

  1. 1.会社の経理を始めるために
  2. 2.法人の決算に必要なものまとめ
  3. 3.貸借対照表で会社の資産状況を把握しよう
  4. 4.損益計算書で会社の利益を把握しよう
  5. 5.法人のための税申告・納付まとめ
  6. 6.法人にかかる税金は9種類もある
  7. 7.税金を滞納したら、どんな罰則がある?
  8. 8.法人のための節約のコツ

無料でダウンロード

5分でできる会社設立
https://www.freee.co.jp/launch

開業手続きが無料・簡単・最速
https://www.freee.co.jp/kaigyou

元記事はこちら
https://keiei.freee.co.jp/do_not_leave_jigyou_shoukei/

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

PLOFILE

小杉盟子さん(40歳)

美麗Kimono&Culture/東京都墨田区
幼少時から着物に親しむ。米国留学後、航空会社に勤務。地上職として接客の経験を積む。結婚後は派遣で秘書の仕事を続けていたがこども3人の育児との両立に悩む。2014年、夫の提案を機に浅草で着物レンタルのお店を始める。夫が浅草で営業している人力車とのコラボも。 (さらに…)

2019年8月22日

PLOFILE

角 勝さん(46歳)

(株)フィラメント/大阪市中央区
大阪市役所出身。2012年からは「大阪イノベーションハブ」の設立・運営に携る。15年に退職。オープンイノベーションによる新規事業開発や人材開発などを行う。取材場所は、自身も立ち上げに参画したコワーキングスペース「THE DECK」。 (さらに…)

2019年8月21日

病気で仕事ができなくなってしまう。

会社員であろうが、独立・起業をしていようが、誰もが起こりうるリスク。それが病気である。

今回お話を伺ったのは、声優の宮村優子さん。

宮村さんは人気アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の惣流・アスカ・ラングレー役として来年の6月に公開予定の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』に出演。世界中から大きな期待が寄せられている。
(さらに…)

2019年8月20日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ