カテゴリー

Line

画像処理ソフトの受託開発などを手がけるITベンチャー:VOL.218 

PLOFILE

荒井潤一さん(61歳)

(株)とことん/福島県郡山市
大学卒業後、バーチャルリアリティの開発を経て、2001年にNテクノロジーを設立するも倒産。12年、「とことん」を創業し、再起。現在は画像処理系の機械学習ソフトの受託開発や、写真の第一印象をよくする「みちがえ~る」などを展開している。

VOL.218
画像処理ソフトの受託開発などを手がけるITベンチャー

「絶対いける」で傷を広げた。
マーケットインのもの作りで再起

かつて創業した3DCGの会社では、ブラウザで製品画像を3次元表示するソフトを展開していました。ウェブ上のカタログに応用できると期待しましたが、これが完全な見込み違い。当時のPCのスペックが足りなかったせいもありますが、今になっても普及していないということは、結局ニーズがなかったのでしょう。なのに私は「絶対いける」と思い込んで8年も粘った。それで借金が膨らみ、会社は倒産。再起を図ってもう1度起業しましたが、結論からいうと今のところ成功とはいえません。

2度の失敗を経て分かったのは、私は理屈に固執するということです。「こうだから売れる」と思い込み、芽のないアイデアも見切りをつけられない。捨てられない性格なんです。でも倒産という形で自分のやってきたことが間違いだとわかった。これまで得たものや開発したもの、人間関係も捨てることが再起のスタートです。開発の方法も見直しました。以前はサービスを作ってからお客さんを集めるという順番でしたが、本来はお客さんを見つけてからサービス化という順番であるべき。今は無料サービスを発信し、お客さんの声を集めているところです。これだけの経験を積めばさすがに「ここに餌を投げれば食いつくぞ」というのは分かるようになりました(笑)。もう失敗を繰り返さずに済みそうです。

 

構成・文/東 雄介
撮影/刑部友康、片桐圭、阪巻正志、宮田昌彦
アントレ2018.夏号 「やっちまった」も財産だ 起業家7人の ザ・失敗より

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

©︎うさぎ写真家uta

独立すればやりたい仕事だけができる、というのは本当でしょうか。

思うようにいかず、「こんなはずじゃなかった」と夢を諦める人も多くいる中で、本当に好きなことを仕事にしている人もいます。

今回お話を伺ったのは、写真家ユニット『うさぎ写真家uta(うた)』のお2人。大好きなうさぎを撮影して生活するご夫妻です。収入が厳しく、思うような働き方ができなかった時期もあるようですが、お2人はどのようにして、うさぎ専門の写真家として生活しているのでしょうか? これまでの経緯や現在の活動内容について伺いました。
(さらに…)

2019年7月24日

先祖代々、事業を継続してきた老舗企業であっても後継者が見つからないまま、経営者の高齢化が進み存続の危機に立たされている企業は少なくありません。国も本格的に事業承継対策に乗り出し、事業承継問題の認知は進んできていますが、円滑に事業承継を進めるために具体的にはどうすればよいのでしょうか。また、どのような支援が国から受けられるのでしょうか。 (さらに…)

2019年7月22日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ