カテゴリー

Line

手芸用クラフトバンド専門店。講師を増やす活動も:VOL.192

PLOFILE

松田裕美さん(50歳)

(株)エムズファクトリー/千葉県茂原市
3人のこどもを育てる専業主婦だった頃、手芸教室で出合ったクラフトバンドに感動。2006年4月にクラフトバンドのネット販売を手がけるエムズファクトリーを創業。同時に、手芸を教えたり講師を養成したりするクラフトバンドエコロジー協会も設立。

VOL.192
手芸用クラフトバンド専門店。講師を増やす活動も

「嫁」の足かせを外しへそくり7万円で起業

業は内緒にしてました。家事も育児もしない、とても亭主関白な元夫。きっと反対するに決まってる。だから黙って近所にアパートを借りて、資金はへそくりの7万円だけ。そんな起業です。

 ママ友に手芸教室に誘われてクラフトバンドを知りました。手芸は苦手だったのにハマっちゃったんです。材料は紙だからバッグを作っても500円。小遣い5000円のケチケチ主婦に、これはありがたい。作っては人にプレゼントしているうち、近所の主婦に作り方を教えるようになりました。材料が手に入らない田舎に引っ越した時は諦めたんですけどね。「それ教えて」というママ友がきっかけで、ママ友全員がうちに集まり始めました。

 でも、お金を稼げるようになると、今度は生意気だといってイジメが始まった。
もう悔しくて。だったらとことん突き抜けてやろうと法人化を決めたんです。
元夫に打ち明けたのは半年後。数年後に離婚しました。明日から夫の食事を心配しないでいいと思うとうれしかった。私、本当に頑張って「いい妻」してたんですよ。でもほかにやりたいことができた。昔の私みたいにクラフトバンドで救われる人のために頑張りたいんです。私の夫に限らず身内は起業に反対するのが普通。それを分かってるなら相談しないでやっちゃえばいいのにって、私は思います。




構成・文/東 雄介 撮影/刑部友康、太田未来子、片桐圭、日高康智
アントレ2017.秋号 「会社員の肩書、プライド、業界の慣習から自由に! 捨てれば始まる」より

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。 (さらに…)

2018年6月19日

人事・労務管理のエキスパートである社会保険労務士(以下、社労士)。れっきとした国家資格取得者です。一方で、社労士と混同されやすい士業に労務管理士があります。今回は、この2つの資格の違いを詳しく見ていきましょう。 (さらに…)

2018年6月18日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ