カテゴリー

Line

ブーム再燃で人だかり。横浜のミニ四駆レース場 雇われない生き方:VOL.188

PLOFILE

山﨑實さん(45歳)  富さん(44歳)

FORCE LABO/横浜市中区
左から富さん、實さん。兄の實さんは広告制作会社出身。弟の富さんは料理人から転身した。2015年10月に開業。タミヤの公式大会と同じ5レーンのコースがあるレース場は希少で、「ミニ四駆の聖地」に。遠く沖縄、北海道からも練習客が訪れる。

VOL.188
ブーム再燃で人だかり。横浜のミニ四駆レース場

「ミニ四駆で独立なんて」
兄弟一緒だから思い切れた

ニ四駆の公式大会って、下手すると2秒で終わるんですよ。スタート直後にコースアウト。せめて練習したいんですが、小さい市販のコースではできないことがある。だったら公式大会と同じコースを作ればいいじゃん、というのが始まりです。

 料理人だった弟を拉致するみたいに引きずり込みました。兄貴はいつも強引だなあって彼はボヤいてましたけどね。コースを設計するといっても見よう見まね。僕と違って手先が器用で「見て盗む」料理の世界で育った弟がいなきゃ無理だと思っていました。普通に考えて、ミニ四駆で飯を食うなんてどうかしてる。今でこそミニ四駆は第3次ブームで、大人が楽しむカルチャーに育っていますけど、それでも弟がいなければふみ切れませんよ。

 反対したのは親父です。家業は料理屋、親父は僕らが店を継ぐものだと思っていたみたい。でも同じ料理の世界では親父に敵わないでしょう? いまだに親父はいつか僕らが店を継ぐものだと思っているし、僕らも家を背負っていく気持ちはあるけど、それは今じゃない。彼は朝早くから夜遅くまで働き続けて僕らを育てあげた。兄弟一緒になってあのクソ親父を追い抜いて、安心させてやろうと思っているんです。まあ親父も案外楽しそうにしてますけどね。たまに鍋を差し入れにやってきます(笑)。




構成・文/東 雄介 撮影/刑部友康、阪巻正志
アントレ2017.夏号 「1人では決断できなかった 私と家族の独立物語」より

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

ビジネス書著者で商品開発コンサルタントの美崎栄一郎です。仕事術に関する著作をたくさん書いていますが、アントレnet Magazineでは、「経営者のための仕事術」について、実践できるノウハウや考え方をお伝えしたいと思っております。

今回は、名刺作成がテーマです。名刺は会社を始めると必ず必要になるツールですが、意外と間違って作ってしまいやすいツールでもあります。新しい事業を作りたいとか、自分らしい働き方をしたいと思って起業される人でも、名刺は従来通りのありふれたモノを作ってしまいがちなのです。

良い名刺を作るための名刺作成のデザインのヒントを経営者目線で考えてみましょう。
(さらに…)

2018年4月20日

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。 (さらに…)

2018年4月19日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ