カテゴリー

Line

ブーム再燃で人だかり。横浜のミニ四駆レース場 雇われない生き方:VOL.188

PLOFILE

山﨑實さん(45歳)  富さん(44歳)

FORCE LABO/横浜市中区
左から富さん、實さん。兄の實さんは広告制作会社出身。弟の富さんは料理人から転身した。2015年10月に開業。タミヤの公式大会と同じ5レーンのコースがあるレース場は希少で、「ミニ四駆の聖地」に。遠く沖縄、北海道からも練習客が訪れる。

VOL.188
ブーム再燃で人だかり。横浜のミニ四駆レース場

「ミニ四駆で独立なんて」
兄弟一緒だから思い切れた

ニ四駆の公式大会って、下手すると2秒で終わるんですよ。スタート直後にコースアウト。せめて練習したいんですが、小さい市販のコースではできないことがある。だったら公式大会と同じコースを作ればいいじゃん、というのが始まりです。

 料理人だった弟を拉致するみたいに引きずり込みました。兄貴はいつも強引だなあって彼はボヤいてましたけどね。コースを設計するといっても見よう見まね。僕と違って手先が器用で「見て盗む」料理の世界で育った弟がいなきゃ無理だと思っていました。普通に考えて、ミニ四駆で飯を食うなんてどうかしてる。今でこそミニ四駆は第3次ブームで、大人が楽しむカルチャーに育っていますけど、それでも弟がいなければふみ切れませんよ。

 反対したのは親父です。家業は料理屋、親父は僕らが店を継ぐものだと思っていたみたい。でも同じ料理の世界では親父に敵わないでしょう? いまだに親父はいつか僕らが店を継ぐものだと思っているし、僕らも家を背負っていく気持ちはあるけど、それは今じゃない。彼は朝早くから夜遅くまで働き続けて僕らを育てあげた。兄弟一緒になってあのクソ親父を追い抜いて、安心させてやろうと思っているんです。まあ親父も案外楽しそうにしてますけどね。たまに鍋を差し入れにやってきます(笑)。




構成・文/東 雄介 撮影/刑部友康、阪巻正志
アントレ2017.夏号 「1人では決断できなかった 私と家族の独立物語」より

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

西本匡さんは、青森にあるキューピーの工場でマヨネーズなどを作る仕事をしていました。東日本大震災を経験したことで、このままで良いのだろうかと思い悩むようになり、「あのとき、やっておけば良かった」と後悔したくないという思いから、起業を考え始めます。
ですが、なかなか何をやれば良いのかが見つかりませんでした。何年も考え続けた結果、辿り着いたのが、好きな「釣り」を価値に変えることでした。

ビジネスプランコンテストの受賞などをきっかけに、青森で唯一のフィッシングガイドとして会社員時代より幸せな働き方を手に入れた西本さんは、数年間で「釣り」で稼げるガイドとして活躍しています。好きな「釣り」をどうやって仕事に変えたのか、お伺いしました。

(さらに…)

2018年7月20日

起業や開業のノウハウ記事はよく見かけますが、その逆の会社をたたむ際の倒産や譲渡、整理の情報はあまり多くありません。しかし、起業時に気になるのは、こういった実情ではないでしょうか。

「会社を潰すことになった場合、タイミングをどう見極めればいいのか?」
「再起不能にならず、再起をかけるために決してやってはいけないことは?」

ということについて、シリアルアントレプレナーのTさんにお話を伺いました。Tさんは40代(男性)で現在も会社経営者。新卒で入った会社を3カ月で辞め、これまで7社の会社を立ち上げたり閉じたりしてきた方です。
(さらに…)

2018年7月19日

PLOFILE

小津智一さん(45歳)

(株)OZ Company/福岡市中央区
アパレルなどを経て、2006年に創業。
高校卒業後、大手石油化学メーカーに就職。2006年に長女が誕生したのを機に脱サラ。
福岡県、長崎県に6カ所の企業内保育所を運営している。
保育士の働きやすさを向上させる施策を導入し、離職率はほぼゼロ。 (さらに…)

2018年7月18日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ