カテゴリー

Line

魚さばき教室にケータリング。店を持たない「ノマド魚屋」 雇われない生き方:VOL.186

PLOFILE

浅井和浩さん(35歳)  有美さん(33歳)

魚屋あさい/東京都中央区
左から和浩さん、有美さん。和浩さんはエンジニアを経て沼津魚市場の仲買人に。
上京後は水産商社に勤務しつつ魚のケータリングや魚のさばき方教室を趣味にした。
現在はPR会社に勤務する有美さんが、産休中に和浩さんのホームページを開設し、事業化を進めた。

VOL.186
魚さばき教室にケータリング。店を持たない「ノマド魚屋」

夫の趣味を妻がビジネス化。
「こんなにすごい妻だとは」

魚のケータリングはもともと僕の趣味です。目の前で魚をさばくと大人もこどもも喜んでくれて、あっという間に平らげてくれる。感動的でした。でもまさか仕事にできるとは。そこは完全に妻のおかげです。

ある日会社から帰ると妻が「H Pを作ってみたよ」。
頼みもしないのに格好いいのができてました。

妻はその頃産休中。もともとバリバリ仕事をする人でしたから「あなたは好きなことをしてるのに、私はなんでずっと家にいなきゃいけないの」ともんもんとしていたみたい。

「100%応援できない気持ちだった。そういうネガティブな気持ちを払拭するために手を動かしたかった」と妻は言います。

妻はそれからチラシを作り、民泊会社と組んで訪日観光客向けに築地を案内するツアーも企画してくれた。
仕事ができる人だとは知ってましたけど、ここまでとは。営業をかけるにしても毎回ちゃんと結果を出してくるんですよ。

「魚屋あさい」の事業は、だからものすごく順調。妻は自分のキャリアのことも大事にする人なので、今は元の職場に復帰していますが、企画やイベント、海外へのアプローチなどは引き続き妻が。おかげで僕は現場の仕事に集中できています。それに、お互いどんな仕事をしているか見えやすくなったせいか、仕事も育児も分担しやすくなった。

今は夫婦、平等感がありますね。



構成・文/東 雄介 撮影/刑部友康、阪巻正志
アントレ2017.夏号 「1人では決断できなかった 私と家族の独立物語」より

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

会社分割とは、会社が事業に関して有している権利義務(資産、負債、契約関係など)の全部または一部をほかの会社に継承させる行為のことで、M&Aで使われる手法です。
会社分割には、2通りの手法があります。1つ目は“吸収分割”といい、事業や権利義務の一部が既存の会社に吸収されるものです。そして2つ目が“新設分割”です。いずれも手続きの方法などについては組織再編行為として会社法で定められています。
(さらに…)

2019年11月15日

青色申告。

フリーランスの方なら、一度は聞いたことがあるかと思います。

青色申告とは確定申告の方法の1つで、白色申告と比べて様々なメリットがあります。その目玉となるのが「65万円控除」。

青色申告で申告した場合、最大で65万円の特別控除を受けられるのですが、実はこの65万円が2020年分から最大55万円に減額されてしまうことを知っていますか?

(さらに…)

2019年11月15日

「将来、社長になりたい」
子どもの頃、そう夢見ていた人は少なくないと思います。

ただ、どんなビジネスでトップになるかは、人それぞれです。

はじめから「この仕事で」と明確に決めている人もいれば、社会に出てから紆余曲折の末に出合う人もいます。

今回お話を伺ったのは、丸井雄介さん。
(さらに…)

2019年11月14日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ