無料の不動産一括査定サイトのデメリットやリスクは?やばい?失敗談や口コミ、注意点

査定について 2022.07.20

「不動産をできるだけ高く売却したい」と思うときに、便利に使えるのが不動産一括査定サイトです。自分にとって必要な情報を、手間なく収拾できるでしょう。

とはいえ、便利なサービスだからこそ、「やばい」という声や失敗リスク、注意点が気になってしまう方も多いのではないでしょうか?

不動産一括査定の特徴や詳細と共に、デメリットについてもわかりやすく解説します。安心して利用するため、ぜひ参考にしてみてください。

思ったより高値で売れるかも?

不動産一括査定サイトとは?仕組みや査定方法を知ろう

不動産一括査定とは、一度の情報入力で、複数の不動産会社にコンタクトを取れる仕組みを備えたサイトのこと。

不動産査定にまつわる手間を軽減できるというメリットがあります。

不動産一括査定サービスには、さまざまな不動産会社が登録しています。ユーザーは自身が住む地域や希望、売却物件などから好みの不動産会社を選び、自身の状況を送信してもらい、査定を受けるという仕組みです。

不動産一括査定の利用に関して、一点誤解しやすいのは、「不動産一括査定サービスを提供する会社が、直接査定を行うわけではない」という点です。

不動産一括査定サービスが行っているのは、あくまでも「不動産会社」と「査定希望者」のマッチングです。査定依頼するために入力した情報で、一気に複数社に査定依頼をすることができるサービス。

査定結果に何らかの責任を負ってくれるわけでもありません。

不動産一括査定は、無料で利用できるケースがほとんどです。これは、サービスに登録している不動産会社側が、手数料を支払う仕組みになっているから。

サービスを介して査定希望者を紹介してもらった場合、不動産会社からサイトにお金が支払われます。利用する際には、こうした仕組みも頭に入れておきましょう。

不動産一括査定で依頼できる2つの査定方法とは?

不動産査定の方法には、大きく分けて2つの種類があります。

机上査定
物件に関するデータと過去の売却情報を照らし合わせて、物件の状態を確認することなく査定金額を導き出す方法。
訪問査定
不動産会社のスタッフが、実際に現地を訪れて行う査定方法。物件に関する基本的なデータや過去の売却情報にプラスして、その物件ならではの特徴を考慮して査定金額を導き出す方法。

机上査定にも訪問査定にも、それぞれメリットとデメリットの両方があるもの。より正確な結果を得られるのは訪問査定の方ですが、手軽さという点では机上査定の方が優れています。

どちらの査定方法を選択したいかは、どれだけ本気で不動産売却を捉えているかによっても変わってくるでしょう。

不動産一括査定サイトの中には、机上査定と訪問査定のどちらか一方にしか対応していないケースもあれば、自身のニーズに合わせて選択できるところもあります。

自分に合った査定方法を選択できるサービスを選択する必要があるでしょう。

不動産一括査定の場合、その性質上、多くの不動産会社にコンタクトを取る方も多いことでしょう。まずは机上査定からスタートすると、さらに話を聞いてみたい不動産会社を絞り込むための、ヒントとして活用できます。

不動産一括査定のデメリット5つ

不動産を売却する上で、不動産査定は避けて通れない道の一つです。不動産一括査定を利用すれば、以下のようなメリットが期待できるでしょう。

  • 地域の不動産屋を、自分で一から探す必要がない
  • 一度の入力で、複数の不動産会社にコンタクトを取れる
  • 不動産会社同士の比較検討が容易になる
忙しい中、複数の不動産会社を回って一から話をして・・・となると、かなりの労力と時間を要します。一括査定サイトであれば、どこからでもいつでも無料で自宅の査定依頼が出来るため大変魅力です。

効率的に売却活動のスタートが切れるでしょう!

しかし一方で、不動産一括査定にはデメリットを感じる人もいるかもしれないという点を忘れてはいけません。5つのポイントを紹介するので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

不動産一括査定結果で「実際に売れる」とは限らない

不動産一括査定に限らず、不動産売却に向けて不動産会社の査定を受ける場合、「その結果が正確な売却価格になるとは限らない」というデメリットがあります。

不動産会社が出す査定結果は、あくまでも「このくらいの価格で売却できるだろう」という予測を数値にしたものです。確実にその価格で売却できるわけではありません。

特に机上査定の場合、物件の詳細が査定結果に反映されていないため、実際の売却価格からかけ離れた数字が出てしまう可能性もあるでしょう。

不動産一括査定の場合、不動産会社側も、「複数業者間で比較検討されている」という事実を十分に承知しています。

「高い査定結果を出してくれた不動産会社の方が、不動産を高く売却してくれそう」というのが、ユーザー側の心理です。契約を取るため、あえて高めの査定価格を提示する不動産会社も存在しています。

もし、こうした不動産会社に依頼してしまうと、

  • 査定価格で売り出したものの、まったく売れない
  • 売却はできたが、査定価格よりもかなり安くなってしまった

このようなトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

査定時のやり取りで判断したり、あまりに他より高い査定額を出してきた業者については、その査定額の根拠を聞いたり、あまり納得行く回答が得られなかった場合は検討先から外すなどで対応しましょう。

少しでも多くの会社の登録があったり、悪徳業者を排除するサービスがある査定サイトであれば安心して利用することができますよ。

不動産会社によって査定基準が異なる

不動産一括査定を利用すれば、さまざまな不動産会社とコンタクトを取りやすくなり、それぞれの査定結果をもとに比較検討できるでしょう。

ただし、不動産会社によって、不動産査定の基準は異なるため、査定結果同士の比較検討は、簡単なようで難しいものです。

不動産一括査定サービスを通じて、さまざまな不動産会社から査定結果を受け取ったものの、結果を十分に生かしきれなかった…と感じる方も多いようです。

無料の査定サイトで知り合った不動産会社とは、その後やり取りが出来るはずなので、担当営業さんに、査定金額の根拠や何を重視してその査定額になったのかをしっかりと聞くと良いでしょう。

好きな不動産会社を選べるとは限らない

不動産一括査定サービスでは、日本全国、どの不動産会社からでも好きなところを選べるというわけではありません。

選択できる不動産会社は、不動産一括査定サービスに登録しているところのみです。当然、利用する一括査定サイトが変われば、選べる不動産会社も変わります。

不動産会社は、一括査定サイト経由で顧客情報を入手した場合、一括査定サービス側に手数料を支払います。自力で多数の顧客を獲得できる人気不動産会社は、そもそも一括査定サイトに登録していない可能性もあるでしょう。

自分が気になっている不動産会社が登録している一括査定サイトを選べれれば良いですね。提携している会社の数が多かったり、大手だけであったりなど、自分が気になっている不動産会社が登録されているのかを事前に確認しておきましょう。

しつこく営業される可能性がある

不動産会社にとって、査定依頼は営業のチャンスです。一括査定サイトを通じてコンタクトを取った不動産会社の数が増えれば増えるほど、営業電話に対応する手間も多くなるでしょう。

査定依頼した人に対して、どの程度営業をかけるのかは、不動産会社によって差があります。中には、「はっきり断っているつもりなのに、なかなか諦めてくれない」と思うこともあるかもしれません。

無料査定サイトによっては、こういった営業に対してのサポートがあるところもあります!

地方では十分な結果が得られない恐れがある

不動産一括査定の良いところは、一度の情報入力で多数の不動産会社とマッチングできる点です。

ただし地方で不動産売却を検討している場合、そもそも一括査定サイトに登録している不動産会社が少なく、十分な成果を得られないこともあるでしょう。

「一括査定サイトを利用してみたものの、表示された不動産会社が1~2つのみ」という場合、一括査定サイトを使うメリットは少なくなります。

農地や田舎に強い査定サイト、など、自分が売りたい不動産に合った一括査定サイトを選択して利用すると良いですよ。

「不動産一括査定はやばい!」は本当?気になる口コミと対処法

実際に不動産一括査定を使いたいと思ったときに、気になるのが各種口コミについてです。

なかでも、「一括査定はやばいから使わない方がいい」などといった、ネガティブな口コミは気になるもの。本当のところはどうなのか、そして具体的な対処法を紹介します。

口コミ①「不動産が全く売れない!」

不動産をできるだけ早く売却したいと思っている方にとって、もっとも気になるのが売却活動に関する口コミです。

「一括査定を通じて営業してきたときには、すぐにでも売れそうな雰囲気を醸し出していたのに、実際にはまったく売れない。」
「査定金額が高かったため、A不動産会社と専属専任媒介契約を結んだ。しかしなかなか問い合わせが入らないため、値引きせざるを得なかった。」

不動産が売れない理由はさまざまですが、以下のような原因が隠れている可能性が高いです。

  • 売り出し価格と物件の価値が見合っていない
  • 不動産会社が積極的に売却活動をしてくれていない

不動産一括査定サイトを使って、多くの不動産会社にコンタクトを取る場合、査定金額だけではなく、その妥当性や不動産会社の姿勢についてもしっかりとチェックしておきましょう。

不動産が売れないのは、一括査定サービスを利用したからではありません。一括査定サービス利用後の比較検討を、疎かにしないことが大切です。

口コミ②「営業電話がとにかくしつこい!」

不動産会社からの営業電話に関する口コミが気になる…という方も多いのではないでしょうか?「対応するのが面倒」と思うと、つい査定そのものを後回しにしてしまいがちです。

「一括査定サービスを利用した直後から、電話が鳴りやまない。すべての不動産会社に対応するのがとにかく大変だった。」
「何度断ってもしつこく電話してくる不動産会社があった。対応に辟易し、最終的には電話を無視するようになった。」

不動産会社にとっては、より正確な査定結果を出すためには、顧客と直接コミュニケーションをとる必要があります。一括サイトを通じて査定申し込みがあった際に、あらためて電話で状況を聞くというのは、自然な流れと言えるでしょう。

もしも、

  • すぐに電話対応するのは難しい
  • 電話で知らない人と話すのは苦手
  • しつこく営業されるのは嫌だ

といった要望がある場合、不動産一括査定サービスを利用する際に、備考欄に記入しておきましょう。

  • メール連絡希望
  • 連絡可能時間○時~△時

はっきりとこちらの要望を伝えておけば、それに沿って対応してくれる不動産会社も多いです。

嫌だと言っているにもかかわらず、しつこく営業電話をかけてくる場合には、不動産一括査定サービス側に連絡し、対応してもらいましょう。

一括査定サービスにとっては、ユーザー側の評判が命。「この一括査定はやばい」といった口コミを広げないためにも、速やかに対応してもらえるはずです。

口コミ③「実際には一括査定できなかった!」

こちらは、地方在住者に多い口コミです。

「自分の住んでいる地域や希望を入力したら、該当する不動産屋は1件しか表示されなかった。一括査定を利用する意味がない…」

地方よりも都市部の方が、登録不動産会社数が多いのは事実。とはいえ、実際にどの地方でどれくらいの会社がヒットするのかは、一括査定サイトによっても異なります。

だからこそ、自分の地域に強い不動産一括査定サイトを利用しましょう。具体的には、できるだけ登録不動産会社数が多いところや、地方展開にも力を入れている一括査定サイトを活用するのがおすすめです。

以下の一括査定サイト「リビンマッチ」のフォームからであれば、無料で査定依頼をすることが可能ですよ!

簡単・無料で査定依頼

不動産一括査定で後悔しないための注意点3つ

メリットもデメリットもある不動産一括査定だからこそ、上手に活用するにはコツがあります。3つ紹介するので、ぜひ注目してみてください。

利用するサービスはあらゆる意味で厳選しよう

不動産一括査定サービスは、どこを選んでも同じというわけではありません。まずは、自分に合った一括査定を探すところからスタートしましょう。

注目するべきポイントは、以下のとおりです。

  • 査定を受けたい不動産会社が登録している
  • サポート体制が充実している
  • 好みの査定方法を選択できる
  • 自分が売りたい物件タイプに対応している

せっかく一括査定を利用するなら、目当ての不動産会社を候補の一つに加えたいもの。あらかじめ、どういった不動産会社が登録しているのかチェックしておきましょう。

サポート体制は、特にしつこい営業に合った際の対応力をチェックしておくと安心です。

また、ひと言で不動産売却と言っても、築浅のマンション売却と空き家売却では、ニーズも売却戦略も大きく異なります。一括査定サービスの中には、ニーズの低い不動産を対象外に設定しているところも少なくありません。

たとえば「空き家」や「農地」、「工場」など、少し変わった不動産の売却を考えている方は、売りたい物件に対応した一括査定を探してみてください。

不動産一括査定を受ける前に相場価格を把握しておこう

先ほどもお伝えしたとおり、不動産会社が提示する査定金額は、実際の売却価格とイコールではありません。

査定金額とは、不動産会社が「わが社ならこの価格で売る自信がある」という数値を示すためのもの。査定金額どおりに売れなかったとしても、不動産会社が何か不利益を被るわけではないのです。

このため、不動産会社によっては、契約欲しさにあえて高い査定金額を提示するケースも。物件に見合わない価格で売り出したところで、なかなか買い手が見つからず、売却活動が長引く可能性が高いでしょう。

だからこそ重要なのは、一括査定前に、ある程度の相場価格を把握しておくことです。どの業者が提示した査定金額が妥当なのか、見極めやすくなるでしょう。

相場価格は、近隣地域で似た条件の物件が、過去にいくらくらいで売れているのかをリサーチすると見えてきます。ざっくりとした数字で構いませんから、ぜひチェックしておいてください。

不動産会社からの連絡を想定して動こう

不動産一括査定後に、不動産会社から連絡が来るのは、決して珍しいことではありません。より正確な査定結果を出すためには、顧客とのコミュニケーションが欠かせないからです。

利用後に後悔しないために重要なのは、「連絡が来ること」を前提として、行動することです。自分にとって負担のない連絡手段を、あらかじめ検討しておきましょう。

また、どうしても不動産会社から連絡が来るのが嫌な場合には、匿名で利用できる一括査定サイトを利用する方法もあります。

査定結果の精度は劣ってしまいますが、気軽に利用できるという点では、優れたサービスと言えるでしょう。

一括査定は売却活動のスタート!不動産会社の選び方は?

不動産一括査定サイトの利用は、売却活動のスタートに過ぎません。各不動産会社から査定結果を受け取った後、どのようなポイントで不動産会社を選べば良いのでしょうか。

3つのポイントを紹介します。

査定金額の根拠を示してくれること

不動産会社から受け取った査定額が高かった場合も低かった場合も、重要なのは「その金額になった根拠を示してくれること」です。

なぜこの価格になったのか?を聞いてみて、納得いく説明が受けられるかどうか、確認してみてください。

きちんとした根拠を示してくれる不動産会社であれば、「契約を取るために相場価格よりも高い査定金額を伝える」というリスクは避けられるでしょう。信頼してお任せできる業者を見極めやすくなります。

売りたい不動産に関する確かな実績があること

ひと言で不動産売却と言っても、人によって売りたい物件はさまざまです。不動産会社によって、得意・不得意がある点も、頭に入れておきましょう。

たとえば、マンション売却が得意な会社に一戸建ての売却を依頼しても、思うような結果が出ない恐れがあります。空き家や田舎の物件など、難易度が高い物件になればなるほど、その物件を得意とする業者を見極める必要があります。

どの不動産会社がどういった物件を得意にしているのかは、過去の実績を聞いてみるとわかりやすいでしょう。どんな物件をどのくらいの価格で売った経験があるのか、ぜひ担当者に直接聞いてみてください。

口コミでの評価が高いこと

不動産売却に向けた活動は、不動産会社と二人三脚ですすめていくもの。だからこそ、親身になって対応してくれる業者を選ぶことが大切です。

気になる不動産会社を見つけたら、ぜひ口コミ評価も参考にしてみてください。インターネット上の情報のほか、リアルな口コミを収拾するのもおすすめです。

口コミでの評価が不自然に低い不動産会社には、何か問題がある可能性も。慎重に検討すると良いでしょう。

口コミ評価が高い無料一括査定サイト3選

一括査定サイト選びで悩んだときには、ぜひこちらを参考にしてみてください。「使って良かった!」の声が多い無料一括査定サイト3つを紹介します。

リビンマッチ:最短45秒で査定依頼終了、15年の運営実績がある老舗サイト

リビンマッチは、東証グロース上場の不動産一括査定サービスです。利用者累計は440万人を突破。全国の約1,700社の不動産会社から好みの会社を見つけられます。

2021年に行われた調査では、

  • 不動産査定サイト認知度ナンバーワン
  • 使ってみたい不動産査定サイトナンバーワン

の2冠を達成しています。

加盟する不動産会社に対して、リビンマッチでは厳しい審査を実施。優良企業のみを厳選して登録しています。プライバシーマーク取得で個人情報にも配慮しており、安心・安全に使えるサイトと言えるでしょう。

【リビンマッチを利用した方の声】

「こちらのことをきちんと考えてくれてうれしかった」
「住宅ローンの残債があったため、少しでも高く売るための工夫をして査定額を出してくれた」
「大手だけではなく、地元の不動産会社も紹介していただけた」

(※リビンマッチ公式サイトより一部抜粋)

リビンマッチは、リピーターが多いことでも知られる一括査定サイトです。リピーターの多さが、安心・安全に利用できる証拠と言えるでしょう。

イエウール:提携会社数、2000社以上、最大6社の査定結果が比較可能!

2,000社を超える不動産会社の中から、自身の条件に合わせて比較検討できるのがイエウールです。利用者数は2万人を突破しています。

47都道府県すべての査定依頼に対応しており、地方在住者にとっても利用しやすい点が大きな特徴と言えるでしょう。

イエウールでは、過去の利用者からクレームが多かった不動産会社を排除しています。安心して利用できる不動産会社だけが残る仕組みを採用中です。

【イエウールを利用した方の声】

「はじめは興味本位で査定を受けたが、親身になって対応してもらえた」
「地元不動産会社では1年経っても売却できなかった物件が、1ヶ月程度でスピード売却できた」

(※イエール公式サイトより一部抜粋)

イエウールでは、1度の情報入力で最大6社まで査定依頼することが可能。不動産査定の手間を大幅に省けるでしょう。

イエイ:悪徳企業排除の制度があり安心して利用可能!

創業から10年で、のべ400万人以上が利用しているイエイ。登録不動産会社数は1,700社以上です。

イエイでは、利用者の口コミ評価が低い業者対する「イエローカード制度」を導入しています。監督・注意・排除の体制をしっかりと整えることで、安心・安全のマッチングサービスにつなげています。

【イエイを利用した方の声】

「結婚を機に購入したマンションを手放すことになり、わずか1ヶ月で売却できた」
「イエイを使うことで、査定金額が高くしっかりと売却してくれそうな不動産会社と出会えた」
「4社から見積もりをもらったところ、購入時とほとんど変わらない価格を提示してもらえた」

(※イエイ公式サイトより一部抜粋)

イエイは不動産売却マッチングサイトですが、専門知識を持ったスタッフが常駐しています。困ったことがあればすぐに相談できる点、また不動産会社に対する「お断り代行サービス」がある点も魅力的です。

不動産一括査定の利用の流れ

不動産一括査定を利用する際の流れは、以下のとおりです。

  1. 入力フォームを埋めていく
  2. 不動産会社を選択する
  3. 不動産会社からの連絡を待つ

不動産一括査定を利用する際には、以下の情報を求められることが多いようです。

  • 物件の所在地
  • 物件の詳細条件(面積や間取り、築年数や査定の理由など)
  • 個人情報(氏名や住所など)
  • 査定結果の連絡先

できるだけ正確な査定結果を受け取るためにも、正しい情報を入力しましょう。

不動産会社は、入力した物件所在地をもとに、自動で表示されます。その中から、気になるところをいくつかピックアップして選択してください。

不動産一括査定では、その場ですぐに査定結果が表示されるわけではありません。

査定をするのは不動産一括査定に登録している不動産業者で、査定結果はそれぞれの業者から受け取ることになります。

一括査定サイトに入力した情報だけで査定結果を出す業者もいれば、さらに詳しい情報を聞くため、査定結果を出す前に電話連絡してくる業者もいます。しっかりと比較検討してみてください。

デメリットはあっても不動産一括査定は非常に便利

どんなサービスにもメリットがあればデメリットもあるもの。不動産一括査定の場合も、例外ではありません。

とはいえ、「不動産をできるだけ高く売却したい」と思うときには、複数の不動産会社の比較検討は欠かせないでしょう。一括査定サイトを使えば、手間を省けます。不動産一括査定サイトを使うメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

不動産一括査定に対する悪い口コミ評価を目にする機会もあるかと思いますが、「やばいサービスだから利用しない方が良い」というわけではありません。

一括査定サイトの意味や目的を十分に理解し、正しく活用できれば、無料で査定依頼を複数社に一気に出すことができる、大変使える便利なサービスです。

今回紹介した注意点も参考にして、売却活動をスムーズに進めてみてください。

今すぐ売却価格を調べてみる!
関連記事