楽天ふるさと納税は簡単で初心者におすすめ!メリットや寄付をお得に行う上での注意点を詳しく解説!

ふるさと納税は、「お得に返礼品がもらえる」「自分のふるさとを応援できる」といった理由から、多くの人が活用している制度です。

ふるさと納税をするための方法としては、自治体のホームページから申し込む方法や、ふるさと納税を行っているWebサイトから申し込むといった方法があります。

「ふるさと納税はなんだか複雑そうで、申し込みができていない」という方も多いかもしれません。ふるさと納税ができるサイトはたくさんあるので、どれを選ぶかも悩んでいる方が多いでしょう。

数あるふるさと納税サイトの中でも、簡単に手続きができてふるさと納税初心者の方におすすめなのが「楽天ふるさと納税」です。

楽天は普段からショッピングなどで活用している方が多いことや、操作方法も簡単であることからとてもおすすめのサービスといえるでしょう。

今回の記事では、楽天でできるふるさと納税の概要や特徴、実際に楽天からふるさと納税を行う前に準備をしておくべきことなどの詳細について解説します。

さらに楽天ふるさと納税のメリット・デメリット、口コミや評判、実際の申し込み方法についても詳しく紹介しましょう。

「初めてふるさと納税をするけど、何からすればよいか分からない」「簡単にふるさと納税の申し込みができるサイトが知りたい」という方は、ぜひ参考にしてください。

【大人気】簡単でお得な楽天ふるさと納税とは?


最近では、Web上でふるさと納税の申し込みができるサービスが増えています。その中でも、まだふるさと納税になれていない方や初めて申請をする方に特におすすめなのが楽天ふるさと納税です。

ここでは、そもそもふるさと納税とはどういった制度なのか解説します。さらに、楽天ふるさと納税のおすすめポイントなどについても紹介していきましょう。

そもそもふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、自分が選択した自治体に寄付をすることで、寄付した分の金額を税金の控除に活用したり、自治体から返礼品をもらうことができたりする制度です。

まずは自分の生まれ故郷や応援したい自治体など、好きな自治体を選択して寄付を行います。その寄付のお礼として、自治体から返礼品を受け取ることができます。

寄付した分のお金は「税金」として扱われ、国に支払うべき税金から控除されるというしくみです。

ふるさと納税には自己負担金が最低2,000円必要になりますが、2,000円の負担だけで豪華な返礼品を受け取ることができるので、とてもお得だと感じている人が多いようです。

実際の返礼品には2,000円以上の価値があるものがほとんどで、中には高級なお肉や海産物、その他の特産品などを返礼品として送っている自治体もあります。

このように、ふるさと納税には次のようなメリットがあります。

  • 自分が応援したい自治体に寄付ができる
  • 寄付したお金は自分が支払うべき税金から控除される
  • 豪華な返礼品を受け取ることができる

正しくふるさと納税を活用すれば、損をしてしまうことはありません。

むしろかなりお得に返礼品がもらえるサービスと感じている方が多いので、普段買えないものを買ったり、おいしいものを食べたりしたいという方にはぜひ活用していただきたいサービスです。

楽天ふるさと納税は初心者でも簡単にふるさと納税を行える!

初めてふるさと納税を行う場合、いったいどのように手続きをすればよいか迷う方も少なくありません。そこでおすすめなのが楽天ふるさと納税です。

楽天ふるさと納税は、ふるさと納税初心者の方でも分かりやすい、簡単な操作で手続きができます。さらには、数あるふるさと納税サイトの中でもかなりお得にふるさと納税をすることが可能です。

楽天はポイント還元率が高く、多くの方々から利用されているサービスです。楽天ふるさと納税を活用することでも、お得にポイントの還元を受けることができます。

また、楽天のセールなどを利用すればさらにポイント還元率がアップします。普段から楽天市場で買い物をしていたり、楽天で口座やカードを揃えていたりする人には特におすすめです。

楽天ふるさと納税の特徴

ふるさと納税ができるサイトはたくさんありますが、楽天ふるさと納税にはどういった特徴があるのでしょうか?楽天ふるさと納税の大きな特徴は、主に以下の4つです。

  • 初心者にも分かりやすい、少ない操作ステップ
  • 1,300以上の参加自治体と20万点を超えるさまざまな返礼品がある!
  • 自己負担額2,000円で高級お肉や海産物などが食べられる
  • ネットショッピング感覚で楽しくふるさと納税を行える

楽天ふるさと納税は操作が簡単なことはもちろん、他のサービスと比べてかなりお得になる部分があります。これらの特徴について、それぞれ詳しく解説しましょう。

初心者にもわかりやすい、少ない操作ステップ!

楽天ふるさと納税は、初心者にも分かりやすいように操作がとても少なくなっています。そのため、ふるさと納税初心者やパソコンが苦手な方でも問題ありません。

基本的に、楽天ふるさと納税のサイト上では欲しい返礼品を選んで注文をするだけです。商品を選ぶだけなのでとても簡単です。

また、返礼後を受け取った後の手続きも「ワンストップ特例制度」を活用すれば非常に簡単にできます。

ワンストップ特例制度を活用できる方には条件があるものの、書類に必要事項を記入して郵送するだけで、全ての手続きが完了します。

詳しいワンストップ特例制度については後述しているので、ぜひ参考にしてください。

1,300以上の参加自治体と20万点を超えるさまざまな返礼品がある!

楽天ふるさと納税には、1,300以上の参加自治体と10万点を超えるさまざまな返礼品があります。そのため、数多くの選択肢から自分の欲しい返礼品を選ぶことが可能です。

ふるさと納税は、それぞれのサイトによって掲載されている返礼品や自治体の数が異なります。

楽天ふるさと納税は参加自治体が多いので、もともとふるさと納税をしたい自治体が決まっている場合もおすすめです。

サイトによっては希望する自治体の掲載がない場合もありますが、楽天ふるさと納税なら多くの自治体が掲載されているので安心です。

また、まだ寄付をしたい自治体が決まっておらず、返礼品や条件から自治体を選びたいという方にもおすすめです。非常に多くの選択肢から選ぶことができるので、選択の幅が広がります。

自己負担額2,000円で高級お肉や海産物などが食べられる


楽天ふるさと納税に限らずふるさと納税全体の制度として、自己負担額が最低2,000円必要になります。

つまり、30,000円を寄付した方であれば、そこから2,000円を差し引いた28,000円が税金として控除になるということです。

自己負担金2,000円で高級なお肉や贅沢な海産物、特産のお米などを手に入れることができるのですから、ふるさと納税はとてもお得です。

どの自治体も寄付してもらえればもらえるほど嬉しいので、返礼品にかなり力を入れている自治体も多いといいます。

普段はなかなか買えない高級食材でも、ふるさと納税なら自己負担金2,000円で手に入れることができます。

寄付をしながら税金の控除もでき、さらには豪華な返礼品まで受け取れるので、まだふるさと納税をしたことがない方はぜひ一度してみてください。

ネットショッピング感覚で楽しくふるさと納税を行える

楽天ふるさと納税は注文が非常に簡単なので、楽天市場でネットショッピングをするのとほぼ同じ手順で進めることができます。

そのため、普段のネットショッピング感覚で返礼品が選べるので楽しみながら注文が可能です。

また、「ふるさと納税はなんだか複雑そうで始められない」という方にもおすすめです。普段から楽天市場を使っている方であれば、問題なく操作が可能です。

楽天はネットショッピングの中でも最大手の通販サイトなので、あまりなじみがないサイトで多額の注文をするよりも安心して利用できるといった点も魅力のひとつといえます。

楽天ふるさと納税をお得に行う上で事前に知っておくべきこと


このように、楽天ふるさと納税はネットショッピング感覚で簡単に手続きができる点が魅力ということが分かりました。

さらには掲載されている返礼品や自治体の数も非常に豊富なので、多くの選択肢から選ぶことができます。

それでは、楽天ふるさと納税をもっとお得に活用するため、事前に知っておくべきことや注意点についてご紹介しましょう。注意点としては、以下の2つが挙げられます。

  • 自己負担額を除く税金控除額は給与収入(所得)・家族構成により異なる
  • 控除上限額(限度額)を超えた分は税金控除とはならない

この2つは、楽天ふるさと納税を利用しない場合でも大切なことです。ふるさと納税をする予定の方は必ず覚えておきましょう。

それぞれについて、詳しく解説します。

自己負担額を除く税金控除額は給与収入(所得)・家族構成により異なる

ふるさと納税には、税金控除の上限額というものがあります。この上限額さえ超えなければ、自己負担額は2,000円で済むのです。

寄付自体は上限なくいくらまででも可能なのですが、税金が控除される上限額は設定されているので注意しましょう。

税金が控除される上限額は、ご自身や家族の収入、家族構成や保険料などのさまざまな要因によって異なります。

そのため、上限額については事前にシミュレーションを行い、把握しておくことが大切です。

「自分・家族の収入」「年齢」「保険料」「ローンや医療費の控除」等の金額が分かればおおよその上限額が算出できます。

シミュレーションは楽天ふるさと納税のサイトからもできるので、ぜひ活用してみてください。

せっかくお得なふるさと納税なので、損をしないためにも申し込む前に必ず上限額について把握しておきましょう。

控除上限額(限度額)を超えた分は税金控除とはならない

税金が控除される上限額は、ひとりひとりの収入や保険料によって変わることが分かりました。

この上限額を超えてしまうと超えてしまった分の金額は税金の控除として使うことができないので、細心の注意を払いましょう。

万が一税金が控除される上限額を超えてしまった場合、上限額を超えれば超えるほど自己負担額が増えてしまうので、払い損となってしまいます。

最もお得にふるさと納税を活用するためには、事前に上限額を把握しておくことが大切です。

例えば、税金が控除される上限額が50,000円だった場合、自己負担額2,000円をプラスした52,000円が最もお得にふるさと納税ができる寄付金額となります。

家族などと確認しあいながら、上限額について理解をしておきましょう。

楽天ふるさと納税のメリット


ここからは、楽天ふるさと納税を活用するメリットについてご紹介しましょう。楽天でふるさと納税を行うことにはメリットがたくさんありますが、主なメリットは以下の3つです。

  • 楽天ポイントが最大30%貯まる・使える!
  • 「楽天スーパーセール」や「お買い物マラソン」などでお得にポイント還元
  • 「ROOM」にてユーザーのおすすめが見られる

楽天ふるさと納税は、特に普段から楽天をよく活用している方やよりお得な返礼品が知りたい方におすすめです。

これら3つのメリットについて、それぞれ詳しく解説しましょう。

楽天ポイントが最大30%貯まる・使える!

普段から楽天カードを利用している方であれば、楽天ふるさと納税がかなりお得になることをご存知でしょうか?

楽天市場には、SPU(スーパーポイントアッププログラム)というサービスがあります。こちらは、楽天のさまざまなサービスをどんどん活用することで、獲得できるポイントが増えていくというしくみです。

楽天ふるさと納税はクレジットカード決済が可能です。楽天カードではない通常のクレジットカード決済だと、基本的には1%のポイント還元を受け取ることができます。

しかし、ここで楽天カードを利用して決済をすると、SPUが適用となるので還元率が通常の3倍、つまり3%になります。

還元率3%でもだいぶお得になるのですが、さらに10倍もお得になるサービスがあるのです。それは、随時行われている楽天のキャンペーンです。

キャンペーンの内容によっては、ポイント還元率がさらに10倍になるタイミングもあります。そのタイミングでふるさと納税の決済をすることで、最大30%のポイント還元を受けることができます。

つまり、50,000円のふるさと納税を行うと、なんと15,000ポイントが貯まるのです。

自己負担額は2,000円なので、15,000ポイントから差し引きすると、13,000分のポイントが自由に使えるようになります。

ふるさと納税をするだけで、返礼品がもらえるだけでなく実質使えるお金が13,000円分増えるという、なんともお得な仕組みです。

このように楽天はポイントの還元率がとても良いサービスなので、ぜひ活用してみましょう。

「楽天スーパーセール」や「お買い物マラソン」などでお得にポイント還元

先述した通り、楽天市場では随時キャンペーンが開催されています。

特に「楽天スーパーセール」や「お買い物マラソン」などのキャンペーンは非常にお得で、ポイント還元率が最大10倍になることもあります。

このタイミングで大きな買い物をしたり、ふるさと納税の決済をしたりすることで、多額のポイント還元を受けられるようになります。

自己負担額の2,000円を差し引いても、楽天ふるさと納税の決済で発生したポイントによってかなりお得に買い物ができるようになるので、楽天ユーザーの方はかなりお得です。

「ROOM」にてユーザーのおすすめが見られる

楽天市場には、「ROOM」という機能があります。これは、楽天を利用しているユーザーがおすすめしている商品などを見ることができる機能です。

そのため、楽天ふるさと納税でROOMを活用すると、他のユーザーたちが選んだ返礼品のおすすめを見ることができます。

ユーザーによっては実際に届いた返礼品の写真を掲載していたり、コメントやレビューをしていたりする方もいるので、自分に合った返礼品を見つけるための基準にもなります。

楽天ふるさと納税には非常に多くの返礼品が掲載されている分、自分に合った返礼品を見つけるのが難しいのがデメリットとも言えるでしょう。

しかし、ROOMを活用することで数多くの返礼品から特にお得な返礼品を見つけやすくなりますので、ぜひ一度見てみてください。

楽天ふるさと納税のデメリット

続いて、楽天ふるさと納税のデメリットもご紹介します。楽天ふるさと納税の主なデメリットは、以下の2つです。

  • 楽天を普段利用する人以外にはお得感があまりない
  • 寄付者本人の楽天IDでないとふるさと納税は行えない

このように、お得に楽天ふるさと納税を利用するためには、いくつかの条件があります。

これらのデメリットについて、それぞれ詳しく解説しましょう。

楽天を普段利用する人以外にはお得感があまりない

楽天ふるさと納税は、普段から楽天をよく活用している方にとっては非常にお得なサービスといわれています。なぜなら、楽天カードなどを利用した決済で多くのポイントが還元されるからです。

しかし、逆を言えばあまり楽天を使っていない方にとってはお得感が少ないといえるでしょう。特にポイントの還元などは、楽天のクレジットカードを持っているからこそお得になるサービスです。

普段のポイント還元率は1%なので、他のサービスとあまり変わりがありません。デメリットというよりは、先ほどご紹介したメリットや恩恵が受けられないといった方が近いかもしれません。

しかし、今からでも楽天のクレジットカードを作ることでポイントを受け取ることができるので、結果としてはどなたでもお得に利用できるサービスといえるでしょう。

寄付者本人の楽天IDでないとふるさと納税は行えない

楽天ふるさと納税を活用するためには、楽天IDが必要となります。楽天ふるさと納税は楽天IDを利用して寄付者を判別しているので、寄付者本人しかふるさと納税ができません。

そのため、家族の楽天IDを利用してふるさと納税を行ったり、家族に頼んで自分のふるさと納税を注文してもらったりすることはできないので注意しましょう。

どうしても楽天ふるさと納税を利用してふるさと納税がしたい方は、ご自身の楽天IDを作成するのがおすすめです。楽天IDの作成はとても簡単なので、すぐに手続きが完了します。

そのため、ご自身の楽天IDを作成することで、このデメリットは解消することができるでしょう。

楽天ふるさと納税を利用する手順・方法


ここからは、楽天ふるさと納税を利用する方法について紹介します。楽天ふるさと納税の手順はとても簡単です。

実際の手順は以下の通りです。

  1. 自分の寄付限度額を計算する
  2. 楽天の会員登録をする
  3. 返礼品を選ぶ
  4. 寄付を行う(注文を確定する)
  5. 返礼品到着後、ワンストップ特例制度の手続きを行う

楽天ふるさと納税は、以上の5ステップで簡単に手続きが完了します。これらの手順について、それぞれ詳しく解説しましょう。

1:自分の寄付限度額を計算する

「ふるさと納税をしよう」と思い立ってからまず初めにやるべきことは、自分の寄付限度額の計算です。限度額の上限を超えると損をしてしまうので、なるべく正確な数値を用いて算出しましょう。

楽天ふるさと納税のページから「簡易シミュレーション」「詳細シミュレーション」のどちらかから上限額を計算することができるので、ぜひ活用してみてください。

ここで、自分がふるさと納税できる予算が決まります。予算が決まらないと返礼品の選択ができないので、まずは限度額を計算してみましょう。

2:楽天の会員登録をする

続いて、楽天の会員登録をします。会員登録なしでも利用可能ですが、ポイントの還元が受けられなくなるので登録しておいた方がかなりお得です。

また、既に会員登録済の方は新たに登録する必要はありません。会員登録の手順は、以下の3ステップです。

  1. 会員情報(住所、名前等)の入力
  2. 会員規約への同意
  3. 入力内容の確認

このように、非常に簡単に会員登録ができるので、まだ楽天会員でない方はこれを機に登録してみましょう。

楽天は楽天ふるさと納税以外にもお得なサービスが盛りだくさんなので、日用品の買い物などにもおすすめです。

3:返礼品を選ぶ

楽天会員の登録ができたら、いよいよ返礼品を選びます。

おすすめの選び方は、「人気の返礼品から選ぶ」「検索して自分の条件に合った返礼品を選ぶ」の2通りです。

「人気の返礼品から選ぶ」方法は、実際に楽天ふるさと納税を利用したユーザーから人気の高い返礼品が表示されます。

返礼品の中でもかなり豪華なものやお得なものをたくさんチェックできるので、より利益の高い返礼品が選択しやすくなります。

そのため、「とにかく豪華でお得な返礼品がいい!」「普段できない贅沢をしてみたい!」という方はこちらの方法で返礼品をチェックしてみましょう。

返礼品のランキングもあるので、ひとまず人気の返礼品をチェックしたい方はランキングから探すのもおすすめです。

また、欲しい返礼品が決まっていたり、欲しい返礼品のだいたいのカテゴリが決まっていたりする方は検索から自分に合う返礼品を選ぶのがおすすめです。

お肉や海鮮、フルーツなどのカテゴリから検索ができるので、自分が希望する返礼品にたどり着きやすくなります。

応援したい地域や自治体が決まっている場合、「地域から探す」タブで自治体を絞ることができます。自分のふるさとや居住地、取り組みを応援している自治体がある方はこちらから検索してみましょう。

楽天ふるさと納税には非常に多くの返礼品が掲載されているので、自分の好みに合った返礼品を選ぶのが難しいかもしれません。上記の方法を参考にして、納得できる返礼品を選びましょう。

4:寄付を行う(注文を確定する)

希望する返礼品を選び終わったら、その品物をカゴに入れます。籠をクリックすると、返礼品やふるさと納税の確認ページになります。

返礼品の確認ページでは、「ふるさと納税のページであることを理解したか」「寄付金の使い道」「ワンストップ特例制度について」「返礼品の配送について」を確認するページがあるので、しっかりと確認しましょう。

特にワンストップ特例制度をするためにはここで申請書を依頼したほうがスムーズなので、申請書の希望を選択してください。

確認ページでこれらの事項について確認し、返礼品の注文数を設定したら、「寄付を申し込む」のボタンをクリックしてください。続いて、注文画面に遷移します。

注文画面では、「送付先」「支払い方法」「利用ポイント」「注文者情報」「クーポン利用」についての確認を行います。

支払い方法によってはポイントがつかなくなってしまうこともあるので、きちんとチェックすることをおすすめします。

また、注文者情報も重要です。注文者情報は、そのまま寄付者の名前ということになりますので、正しい名前が入力されているかチェックしてください。

これらの情報に間違いがないか確認したら、「注文を確定する」をクリックしましょう。これにて返礼品の注文が完了となります。

5:返礼品到着後、ワンストップ特例制度の手続きを行う

返礼品は、注文からおおよそ1か月後に到着する場合が多いようです。

また、返礼品の確認ページで「ワンストップ特例制度」の申請書を申し込んだ場合、返礼品と共に申請書が届くのでこちらに必要事項を記入して返送する必要があります。

ワンストップ特例制度申請書が入っていることを確認したら、書類に必要事項を記入します。ワンストップ特例制度を指定の住所に郵送したら、これにてふるさと納税の手続き全てが完了します。

ワンストップ特例制度の対象外の方は、確定申告を行ったり別の手続きが必要になったりするので注意してください。

ワンストップ特例制度とは?

ワンストップ特例制度とは、ふるさと納税で税金を控除するにあたって必要な手続きのうち、一部を寄付先の自治体に代行してもらえる制度です。

寄付先の自治体に手続きを代行してもらうことで、こちらで行う手続きが減るのでぜひ活用しましょう。

ワンストップ特例制度が利用できる方の主な条件は、次の2つです。

  • 寄付先の自治体が5つ以内であること
  • 確定申告を行う必要がない給与所得者であること

そのため、5つ以上の自治体に寄付を行った方や何らかの理由で確定申告が必要な方はワンストップ特例制度を利用できません。

確定申告が必要になる方は、自営業や個人事業主の方の他、不動産収入がある方、給与額が2,000万円を超える方、医療費や住宅ローンなどの控除がある方などです。

また、ワンストップ特例制度の申請期日に間に合わなかった場合は、6自治体以上にふるさと納税をしたかも確定申告が必要になるので覚えておきましょう。

ワンストップ特例制度は、申請書に必要事項を記入して郵送するだけで手続きが完了します。

手続きが非常に簡単になりますので、条件に当てはまっている方や工夫次第で条件に当てはめることができる方はぜひ活用してください。

楽天ふるさと納税の口コミ・評判

楽天ふるさと納税は、楽天ユーザーにとっては非常にお得感の高いサービスということが分かりました。ここからは、楽天ふるさと納税を実際に利用した方の口コミを紹介しましょう。

良い口コミと悪い口コミについてそれぞれ紹介するので、楽天ふるさと納税を利用したいと思っている方はぜひ参考にしてください。

楽天ふるさと納税の良い口コミ・評判

楽天市場でふるさと納税しました!
お買い物マラソンと10日だったので、楽天ポイントを大量にゲットしました〜
サラリーマンでもワンストップ特例制度を使えばいつも通り、会社での年末調整で問題ないですし、やって損はなし!
引用


■楽天ふるさと納税
ポイントも貰えてお得感あり
ただただお得なのでやっておこう
■高還元率
選ぶならお肉やお米
食品関連がおすすめ
■年末のふるさと納税
駆け込み納税増加でコスパの良い
人気の返礼品はすぐ受付終了しますので、お申込みはお早めに
引用


おはようございます
夜勤明けから見事に帰還しました。疲れた〜
からのまた深夜入りでおます。
ふるさと納税、今年最後の定番のあれ、買っちゃいました。
エンペラーサーモンです。楽天マラソン使って1200ポイントもらえたので良い買い物しました。
また楽しみが増えてきました♪♪
引用


楽天ふるさと納税、ポイントバグってるでしょこれ
やらないともったいないんじゃなくて、普通に損になるの笑う
しかも5.0のつく日だからさらにポイント加算されるww
実質2000円がポイントでプラス収支に転じるの草
#楽天ふるさと納税
引用


このように、とにかくポイントがお得という口コミが多くありました。特に5や0の付く日や楽天お買い物セールなどのキャンペーン中はさらにポイントが加算されるので狙い目です。

2,000円の自己負担額がありますが、ポイントによって負担額がなくなるどころかプラスになることも珍しくないようなので、ぜひ活用してください。

口コミにある通り、会社員の方かつ条件に当てはまる方はワンストップ特例制度が利用でき、手続きもラクラクです。

楽天ふるさと納税の悪い口コミ・評判

次の楽天ふるさと納税の悪い口コミをご紹介します。

楽天お買い物マラソン、5のつく日でダッシュしたら、金額計算してなくて余裕で上限オーバー(;ω;)先送りできないものとふるさと納税だからなあ…完走してないからそれほど大幅オーバーではなさそうだけど損した気分(´・ω・`)
引用


知らなかったんだけど、
ふるさと納税は12月になると駆け込み需要で人気商品は売切れ多いんだって
おトクなものは早めに買っておかないと損だよねー
レビュー読んで気になった3位のを買ってみた!
引用


楽天ふるさと納税自体が損をするという口コミは見かけませんでしたが、1つめの口コミのように「セールに間に合うように急いでいたら上限をオーバーしてしまった!」という失敗談がありましたので注意してください。

しかし上限をオーバーしてしまってもポイント分で結果お得になる可能性があるのも楽天ふるさと納税の強みです。

楽天は日にちによってポイントの付く日が決まっているので、あらかじめ注文するものを選んでおいて、セールの日に注文するという流れにすると焦らずに済むでしょう。

また、年末は駆け込み需要で返礼品の売り切れが続出するようです。

欲しかった返礼品が売り切れてしまってもらえなかった…という方もいるようなので、ふるさと納税を考えている方はなるべく早めに注文をしておきましょう。

ふるさと納税には、返礼品の注文やワンストップ特例制度などに期日が設けられています。

期日に間に合わない場合はせっかくふるさと納税をしても恩恵が受けられなくなってしまうので、慎重に確認しておいてください。

楽天ふるさと納税に関するよくある質問


楽天ふるさと納税やふるさと納税の制度自体について、疑問をお持ちの方も多いでしょう。ここでは、ふるさと納税に関するよくある質問について解説します。

お得にふるさと納税を進めるためにも、制度について正しく理解しておきましょう。

寄付の金額に上限はあるの?

寄付する金額自体には上限はありませんので、寄付したい自治体に好きなだけ寄付をすることができます。しかし、先述した通り税金の控除額には上限があるので注意が必要です。

最もお得にふるさと納税をするためには、自己負担金を2,000円に抑えられる金額で寄付金を調整する必要があります。

楽天やその他のふるさと納税サイトからシミュレーションができるので、ぜひ活用してください。

自分の出身地以外へのふるさと納税の寄付は可能?

「ふるさと納税」という名前なので、自分の出身地にしか納税ができないのでは?と疑問を持つ方も多いようです。

ふるさと納税は、出身地や居住地に関わらず、どの自治体にも寄付ができます。

そのため、「とにかく豪華な返礼品がある自治体に寄付したい!」という選び方や「この自治体の取り組みを応援したいから寄付したい!」という選び方も可能です。

もちろん、自分の出身地への援助や居住地への援助をすることも可能ですので、じっくり選んでみてください。

同じ自治体に何度もふるさと納税を寄付することはできる?

同じ自治体に何度もふるさと納税を寄付することができます。その際、同じ返礼品を選択しても、また別の返礼品を選択してもOKです。

特に応援したい自治体が決まっているのであれば、同じ自治体に何度もふるさと納税をして、その自治体を応援してあげましょう。

ただし、複数の自治体にふるさと納税をする場合は1点注意点があります。

6つ以上の自治体に寄付をしてしまうと、ワンストップ特例制度が受けられなくなり、確定申告が必要になるので注意してください。

複数の自治体への寄付を行う場合は、5つ以内に収めることでワンストップ特例制度が利用でき、手続きも簡単になるのでおすすめです。

まとめ

今回の記事では、ふるさと納税の概要や楽天ふるさと納税の特徴、実際の申し込み方法や口痕などについてご紹介しました。

ふるさと納税は、自己負担金2,000円で豪華な返礼品が受け取れるだけでなく、寄付した金額を自分の税金として控除できるのでとてもお得な制度です。

最初に税金が控除される上限額をきちんと把握しておけば、自己負担金が増えることもありません。

反対に、事前にシミュレーションをせず適当に寄付金額を決めてしまうと、結果として損をしてしまう可能性が高まります。

楽天やその他のサイトからシミュレーションができるので、ふるさと納税をする前に一度上限額を算出してみましょう。

楽天ふるさと納税は、ふるさと納税サイトの中でもかなりお得なサービスといわれています。

特に楽天のクレジットカードをお持ちの方や普段からよく楽天を利用される方は、かなりお得なポイント還元を受け取ることが可能です。

楽天お買い物マラソンや楽天スーパーセールなどのキャンペーンと組み合わせることで、最大30%のポイント還元が受け取れます。

場合によっては自己負担金よりも手元に入るポイントの金額のほうがお得になることもあるので、ぜひキャンペーンをチェックしてみましょう。



参考:楽天ふるさと納税

よかったらシェアしてね!

PAGE TOP