ふるさと納税のやり方とは?確定申告の流れを初心者にもわかりやすく解説します!

「ふるさと納税をしたいけどやり方が分からない」「仕組みが複雑で手続きも難しいのでは?」と悩んでいませんか?ふるさと納税は、注意点を守れば非常に簡単に手続きを進めることができます。

ふるさと納税はWeb上で注文ができるので、お買い物感覚で返礼品を選ぶことができます。また、確定申告が必要ない場合もあるので、ご自身に合った申請方法で手続きを進めましょう。

ふるさと納税の返礼品を選ぶことができるサイトは、ここ最近でかなりたくさん増えてきました。ご自身に合ったサイトを選ぶことで、さらにお得にふるさと納税ができるようになるかもしれません。

今回の記事では、ふるさと納税の概要や実際のやり方、注意点やおすすめのふるさと納税サイトについて紹介しましょう。

そもそもふるさと納税とは?


そもそも、ふるさと納税とはどういった仕組みで行われているのでしょうか?

自治体に納税をして、返礼品がもらえる…といったざっくりとした流れは分かるものの、具体的な税金の行き場や金額などは分からない方が多いかもしれません。

また、なぜ返礼品がもらえるのか、自分で負担しなければならないお金はあるのかといった疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。ここでは、ふるさと納税の概要について詳しく紹介していきます。

応援したい自治体に寄付ができる仕組み

ふるさと納税は、自分が応援したい自治体に寄付ができる制度です。

一般的に税金は居住している地域に納めるものですが、ふるさと納税を行うことで自分の出身地や取り組みを応援したい自治体などに寄付として納めることができます。

納めた寄付金は自己負担額2,000円を除き、自分自身の税金控除に使用されます。

「寄付」といわれると、無償でお金を支払うというイメージに捉えるかもしれませんが、自治体に支払った税金はきちんと税金として控除されるので安心してください。

そのため、実質少ない自己負担金でも、結果として「自分の税金を応援したい自治体に納めた」という形になります。

ふるさと納税で住民税や所得税が控除・還付される仕組み

先述した通り、ふるさと納税で自治体に寄付したお金は税金として控除・還付されます。

ここで控除される税金は、「住民税」と「所得税」です。税金控除される割合は個人の収入や家庭状況によって違うものの、この2つに割り当てられます。

「ふるさと納税を行うと税金が少なくなる」と思っている方がいらっしゃいますが、これは間違いです。支払う税金の額は所得や家庭状況によって決まるため、総額が少なくなるわけではありません。

あくまで寄付した分が税金として控除されるだけなので、税金自体がお得になるわけではないという点を覚えておきましょう。

ふるさと納税は、実質自己負担金2,000円だけで自分の応援したい自治体に寄付ができるだけでなく、豪華な食材や伝統工芸品などの返礼品をもらうことができます。そのため、ふるさと納税をして損をすることはないと言っていいでしょう。

ふるさと納税はどうやって行うの?

好きな自治体に寄付ができるだけでなく、豪華な返礼品ももらえてお得なふるさと納税です。しかし、手続きが難しそうと、敬遠している方が多いのも事実です。

ふるさと納税の手続きは、実はとても簡単にできます。ふるさと納税のためだけに煩雑な手続きをする必要はありません。

ここでは、ふるさと納税のやり方を手順ごとに紹介しましょう。こんなに簡単なんだ!とびっくりするくらい簡単に手続きができる仕組みになっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

【簡単】ふるさと納税のやり方・手順


ふるさと納税の手順は、主に以下の通りです。

  1. ふるさと温泉納税を行うポータルサイトを選ぶ
  2. 寄付上限額を調べる
  3. 応援したい自治体・欲しい返礼品を選ぶ
  4. 「返礼品」と「寄附金受領証明書」が届く
  5. 税金の控除・還付手続きを行う

これらの詳しい手順やポイントについて、詳しく解説しましょう。

1:ふるさと納税を行うポータルサイトを選ぶ

ふるさと納税における手続きは、まずインターネットから行います。最初はふるさと納税を行うポータルサイトを選びましょう。

「さとふる」や「ふるなび」、さらにはネットショップが運営する「楽天ふるさと納税」など、ふるさと納税ができるサイトはたくさんあるので迷ってしまう方もいるかもしれません。

選び方のポイントをおさえてサイト選びをすることで、さらにお得にふるさと納税ができるようになります。以下で、ふるさと納税のポータルサイトを選ぶポイントを紹介します。

ふるさと納税のポータルサイトを選ぶポイント

ふるさと納税のポータルサイト選びのポイントは、次の通りです。

  • 自治体や返礼品の掲載数
  • ポイント還元率
  • レビューの有無など

自治体や返礼品の掲載数が多ければ多いほど選択肢が増すので、自分に合った自治体や返礼品を選べる可能性が高くなります。

既に寄付したい自治体が決まっている場合は、その自治体が掲載されているかどうか、各サイトをチェックしてみましょう。

また、お得にふるさと納税をしたいならポイント還元率が非常に重要です。ポイント還元率次第では、自己負担金2,000円以上のポイントが還元されることもあるので、実質プラスになることもあります。

返礼品のレビューが掲載されている場合は、そちらもチェックするのがおすすめです。

レビューの写真なども見られるサイトもあるので、どのような返礼品が人気なのか、自分が申し込んでいる返礼品のレビューはどうなのかといった点をチェックすることができます。

2:寄付上限額を調べる

ふるさと納税に利用したいポータルサイトが決まったら、次はご自身の寄付上限額を調べます。寄付上限額は年収や扶養家族の有無、医療費やローンなどの控除の有無などによって人それぞれです。

そのため、寄付上限額は自分で調べておく必要があります。また、寄付上限額を超えて寄付をしてしまうと、超えた分は税金として控除されなくなるので注意しましょう。

お得にふるさと納税をしたいのであれば、事前に寄付上限額をなるべく正確にシミュレーションすることが大切です。以下で、寄付上限額のシミュレーション方法について解説しましょう。

寄付上限額の調べ方(シミュレーション)

ご自身の寄付上限額は、ふるさと納税のポータルサイトからシミュレーションを行うことができます。それぞれのポータルサイトにシミュレーションのページがあるので、そのページを表示してください。

寄付上限額を正確に算出するために必要な情報は以下の通りです。

  • 給与収入
  • 株式譲渡利益
  • 配偶者の情報
  • 扶養家族の有無
  • 社会保険、生命保険、地震保険等の金額
  • 医療費控除、ローン控除の金額

特に、自分自身やご家族の年収によって寄付上限額は大きく変動するので、なるべく正確な数値を入力できるように情報を集めておいてください。

また、マイホームの購入や多額の医療費が掛かった場合は、控除となる金額を抑えておく必要があります。

正確さには欠けますが簡単に寄付上限額を計算したいのであれば、以下の情報があればOKです。

  • 年収
  • 家族構成
  • 扶養家族の有無

最低限、上記の情報があればある程度の寄付上限額を算出できますが、正確な数値ではないので、参考程度にしておきましょう。

3:応援したい自治体・欲しい返礼品を選ぶ

寄付上限額の計算ができないと、返礼品を選ぶことができません。おおよその寄付上限額が分かったら、応援したい自治体や欲しい返礼品を選択しましょう。

ポータルサイトでは自治体から探したり、人気の返礼品から探したりすることができます。ご自身が欲しい返礼品や、応援したい自治体から返礼品を選んでください。

しかし返礼品の数があまりに多すぎて、どれを選べばよいか迷ってしまう場合もあるでしょう。以下で、お得な返礼品の選び方について紹介します。

お得な返礼品の選び方

お得な返礼品の選び方のポイントは、次の通りです。

  • 人気ランキングから選ぶ
  • 応援したい自治体から選ぶ
  • 実際のレビューから選ぶ

人気ランキング上位の返礼品は、とてもお得なものが多いです。特に牛肉や海鮮、お米などの特産品が人気を集めています。

「とにかく豪華な返礼品が欲しい」という方は、人気ランキングからチェックしてみてください。

また、応援したい自治体から選ぶ場合もあります。地元や取り組みを応援している地域などがある方は、まずは自治体を検索してみましょう。

ひとつの自治体でもさまざまな種類の返礼品を用意している場合もあるので、そこから選んでみてください。

「返礼品選びに失敗したくない」という方は、実際のレビューを参考に選ぶのもおすすめです。実際のレビューでは返礼品の大きさや味わい、写真などを掲載している場合も多いです。

どのポータルサイトも、返礼品のジャンルや価格帯などから検索・絞り込みができるので、そういった機能も活用してみましょう。サイトによっては、寄付金の使い道から返礼品を選ぶことができるところもあります。

4:「返礼品」と「寄附金受領証明書」が届く

返礼品を注文してから返礼品が届くまでは、ある程度の時間がかかります。注文から1ヶ月程度の時間がかかることもあるので気長に待ちましょう。

また、年末などの注文が混み合う際は、返礼品が届くまでさらに時間がかかる場合もあります。混み合う時期には人気の返礼品が売り切れとなることもしばしばあるので、なるべく余裕を持って注文することをおすすめします。

実際に返礼品が届いたら、「寄付金受領証明書」が同封されている場合があります。あるいは、後日別で届くこともあるのでポータルサイトを確認してください。

寄付金受領証明書は税金の手続きに使用するので、必ずなくさないように保管しておきましょう。寄付金受領証明書に記載されている情報を確認の上、間違いがなかったら手続きに進みます。

5:税金の控除・還付手続きを行う

寄付金受領証明書をもとに、税金の控除・還付手続きを行います。寄付金受領証明書がないとふるさと納税をしたという確認ができないので、絶対に無くさないように保管しておいてください。

特定の条件を満たしていれば、寄付先の自治体に手続きをしてもらえる「ワンストップ特例制度」を利用することができます。

確定申告が必要な方の場合は、確定申告を行って税金の控除の手続きをするといった流れになります。

ふるさと納税の控除・還付手続きには2パターンある


先述した通り、ふるさと納税の控除・還付手続きには「ワンストップ特例制度の利用」と「確定申告」の2パターンがあります。

それぞれの方法によって手続き方法が大きく異なります。ここでは、ワンストップ特例制度と確定申告それぞれの概要や適用条件、手続き申請方法について詳しく解説しましょう。

ワンストップ特例制度

ワンストップ特例制度とは、特定の条件を満たすことで寄付先の自治体に手続きをしてもらえる制度です。

ワンストップ特例制度を利用することで、確定申告をするよりもはるかに手続きが簡単になります。基本的に、書類を1枚記入して郵送するだけで手続きが完了します。

ワンストップ特例制度を利用する場合、税金の控除はすべて住民税からの控除となります。その場合でも控除の総額は変わりませんので安心してください。

条件は、自分で満たすことができる場合もあれば、収入の金額や勤務形態によって満たすことが難しい場合もあります。以下でワンストップ特例制度の条件について詳しく解説しましょう。

ワンストップ特例制度の条件

ワンストップ特例制度が適用となる条件は、以下の通りです。

  • もともと確定申告の必要がない給与所得者であること(自営業、年収2,000万円以上、医療費やローン控除がある場合は対象外)
  • 1年間の寄付先が5自治体以内
  • 申し込みのたびに自治体へ申請書を郵送している

まず、もともと確定申告が必要ない給与所得者であることが前提です。

自営業やフリーランス、年収2,000万円以上、医療費やローンの控除がある場合などは必ず確定申告を行う必要がありますので、ワンストップ特例制度の対象外となります。

また、ふるさと納税における寄付先が1年間で5自治体以上となってしまうと、ワンストップ特例制度の対象外となります。

この点はご自身で気を付ければ守れるので、5自治体以内におさめるように心がけましょう。

申し込みのたびにそれぞれの自治体へ申請書を郵送する手続きも必要です。複数の自治体に寄付をしている方は、全ての自治体に申請書を郵送することを忘れないでください。

ワンストップ特例制度の手続き申請方法

ワンストップ特例制度の手続きは、非常に簡単です。

「寄付をする」→「寄付をした自治体に申請書を提出する」だけの2ステップで手続きが完了します。申請書もA4の半紙1枚なので、記載もすぐに終わります。

これだけでふるさと納税の手続きがすべて完了してしまうので、あとは返礼品を楽しんだり、必要であれば税金がきちんと控除されているか確認したりするだけでOKです。

ワンストップ特例制度はかなり手続きが簡単です。そのため、手続きが複雑そうだと諦めていた方は、一度ご自身がワンストップ特例制度の適用になるか確認してみてください。

確定申告

確定申告は、税金の精算を行うために2月~3月に行われています。個人事業主や自営業の方や副業を行っている方、年収が2,000万円以上ある方などは毎年忘れずに行わなければなりません。

会社員の場合は「年末調整」として会社側が税金の調整を行ってくれるので、個人的に確定申告する必要はないというしくみです。

ふるさと納税を行う場合も同様です。会社員であり、なおかつ寄付先が5つ以下、それぞれの自治体に申請書をきちんと提出していれば確定申告の義務はありません。

しかし、上記の条件に当てはまらない方の場合は確定申告が必要となります。以下では確定申告の具体的な手続き方法と手順を紹介しましょう。

確定申告の手続き手順・方法

確定申告までの流れは以下の通りです。

  1. 必要書類の準備
  2. 確定申告書の作成
  3. 確定申告書を税務署に提出
  4. 税金の納付、あるいは還付

まずは必要書類を準備します。確定申告に必要な書類は人によって異なりますが、主に必要な書類として挙げられるのは以下の通りです。

  • 確定申告書
  • 収支内訳書または青色申告決算書
  • 金融機関の口座情報
  • 保険料控除明細書
  • 医療費控除明細書
  • 寄付金受領証明書
  • 源泉徴収書

これらの書類が一通り準備できたら、資料に基づいて確定申告書を作成します。確定申告書の作成は、会計ソフトなどを用いて自分で作成する方法と、税理士に依頼して作成してもらう方法があります。

確定申告書の作成が完了したら、税務署に確定申告書を提出しましょう。提出方法には以下の4種類があります。

  • 税務署窓口への持参
  • 郵送
  • e-Taxによる電子申告
  • 税務署の時間外収集箱への投函

この中からご自身に合った方法で提出を行いましょう。これにて確定申告の手続きは完了となります。

確定申告書の提出が完了したら、税務署のほうで税金の計算を行います。内容次第で税金を納税する必要がある場合と、税金が戻ってくる場合があります。

ふるさと納税を行う上での注意点


ふるさと納税は、正しく行えば応援したい自治体に寄付できるだけでなく、少ない自己負担金で豪華な返礼品を受け取ることができます。

しかし、注意点を守らないと手間が増えてしまうことになります。

ここでは、ふるさと納税を行うにあたっていくつか注意すべき点について解説しましょう。自分が損をしたり手続きを煩雑にしたりしないためにも、ここで紹介する注意点をしっかり守ってください。

確定申告を行う場合はワンストップ特例制度を使えない

何らかの理由で確定申告を行う場合は、ワンストップ特例制度を使うことができません。

一般的な会社員の場合はほとんどが確定申告をする必要がありませんが、例えば「今年マイホームを購入した」「医療費が10万円以上になったので控除の手続きが必要になった」など、会社員でも突発的に確定申告が必要になる場合も考えられます。

また、自営業の方がふるさと納税を行う場合でも、例年通り確定申告を行う必要があるので覚えておきましょう。

ワンストップ特例制度を利用したい場合は寄付する自治体を5自治体以内にしよう

すべての条件を満たしていて、ワンストップ特例制度を利用したい場合にも注意が必要です。ワンストップ特例制度が利用できるのは、1年間で寄付した自治体が5自治体以内の場合のみです。

そのため、ふるさと納税で寄付する自治体を選ぶ際は、必ず5自治体以内におさめるようにしてください。

6自治体以上になってしまうと、それ以外の適用条件を満たしていても確定申告が必要となってしまいます。

また、寄付したすべての自治体に申請書を送付することも忘れずに行ってください。こちらも忘れてしまうと、確定申告が必要となるので注意が必要です。

【人気】初心者におすすめのふるさと納税サイト3選

ここからは、「初めてふるさと納税をする」「まだふるさと納税の手続きがあまりよく分かっていない」といった、ふるさと納税初心者さんにおすすめのポータルサイトを3つ紹介します。

  • ふるなび
  • 楽天ふるさと納税
  • ふるさとチョイス

これら3つのサイトの特徴について、詳しく紹介しましょう。

ふるなび

ふるなびは、完全無料ながらも豊富な会員限定サービスを提供しているポータルサイトです。寄付額に応じて「ふるなびコイン」というポイントが付与され、Amazonギフト券などに交換することができます。

また、寄付の手続きにおける登録情報入力の短縮、お気に入り登録の機能や寄付履歴の確認といった機能がたくさんついているので、初心者の方にも使い勝手がよくおすすめです。

会員に配信されるメールマガジンにはお得な耳より情報が記載されていますので、会員になった方はぜひそちらもチェックしてみましょう。

楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税は、楽天が運営しているふるさと納税ポータルサイトです。大手企業の楽天が運営しているということだけあって、安心感が抜群です。

また、ふるさと納税の返礼品選びも、普段楽天でネットショッピングをするときと同じように選ぶことができるので操作がとても簡単です。

そのため、よく楽天でネットショッピングをするけど、ふるさと納税は初めてという方にとてもおすすめできます。

楽天ふるさと納税は、ポイント還元率がとても高いこともポイントのひとつです。

特に楽天カードを使って、お買い物マラソンなどのキャンペーン中にふるさと納税を行った場合、30%ものポイント還元が受けられる可能性もあるので要チェックです。

ふるさとチョイス

ふるさとチョイスは、返礼品の掲載数が多いことでよく知られているポータルサイトです。

ふるさとチョイスには、サイト内に「ふるさと納税ガイド」のページがあります。ふるさと納税が初めての方に向けて詳しい情報が記載されているので、初心者に優しいサイトです。

また、ふるさとチョイスはさまざまな方法で返礼品の検索をすることができます。

寄付金額別のおすすめや寄付金の使い道などから探すこともできるので、「返礼品だけではなくて寄付金をどう使うかによって自治体を決めたい」というかたにはもってこいのサービスでしょう。

随時キャンペーンなどもご紹介しているので、お得な情報が満載のポータルサイトです。

まとめ

今回の記事では、ふるさと納税の概要や具体的な手続き方法、ふるさと納税を行う際の注意点やおすすめのポータルサイトについてご紹介しました。

ふるさと納税は、誰でも好きな自治体に寄付をしながら返礼品を受け取れる制度です。寄付金は自身の税金として控除されるので、実質自己負担2,000円で豪華な返礼品を受け取ることができます。

ふるさと納税の手続き方法は、ワンストップ特例制度と確定申告の2パターンがあります。その中でも、条件を満たした場合に利用できるワンストップ特例制度は手続きが非常に簡単です。

「ふるさと納税をしてみたいけれど仕組みが難しそう」という方は、ご自身がワンストップ特例制度を使えるかどうか確認してみましょう。

ワンストップ特例制度を利用するためには、いくつかの条件を満たす必要があります。特に寄付先を5つ以内に絞ること、寄付した自治体すべてに申請書を送付することは注意しましょう。

今回ご紹介したポータルサイト以外にも、ふるさと納税ができるサイトはたくさんあります。

ご自身の状況や寄付金額、ポイント還元率などをもとに、最も自分にあったサイトを選ぶための参考にしてみてください。



<参考>

よかったらシェアしてね!

PAGE TOP