dokuritsu_bodytop.htm
common_top.htm
独立、開業、フランチャイズTOP飲食店・宅配・テイクアウト焼き鳥屋(焼鳥)・焼き肉屋(焼肉)の独立・開業情報一覧
dokuritsu_top.htm

焼き鳥屋(焼鳥)・焼き肉屋(焼肉)に関する独立、開業、フランチャイズ情報を探す

エリアの選択・変更
業種を選択
該当1
条件クリア
業種の選択・変更
エリアを選択
  • 小売・コンビニ
  • 飲食店・宅配・テイクアウト
  • 塾・スクール
  • 修理(リペア)・クリーニング
  • 理美容・エステ・整体・医療
  • 介護・デイサービス・訪問介護
  • IT(インターネット)・通信・情報・携帯電話
  • 買取販売(ブランド・貴金属)
  • 各種サービス
該当1
条件クリア
エリア
指定なし
業種
契約タイプ
最低自己資金
キーワード
仕事
事業
収益
ライフスタイル
「独立スタイル」から選ぶ
その他
該当1
詳しい条件を指定する
list_main_top.htm
  • 株式会社ワオ・コーポレーション/「個別指導Axis」
  • KEiROW/HITOWAライフパートナー株式会社
  • 株式会社フレアス

<PR>

アントレに掲載する「開業資金総額」や「契約時に支払う費用」はあくまで目安であり、実際と異なる場合がございます。事前に各企業にお確かめください。

dokuritsu_main_top.htm
1件該当しました 1~1件の独立開業情報を表示
前へ 1 次へ
  • フランチャイズ飲食店・宅配・テイクアウト

    創業40年以上・全国640店舗・未経験から低資金で開業出来る やきとり大吉

    ダイキチシステム株式会社/やきとり大吉 ダイキチシステム株式会社/やきとり大吉 ダイキチシステム株式会社/やきとり大吉

    資金が少ない人こそ見て欲しい。
    飲食店が永く続く秘訣がここに。

    10年生き残るのが1割と言われている飲食業界で、やきとり大吉は10年以上盛業を続けている店主が全体の8割!(2019年12月末現在・640店舗)。全国各地で永く愛され、生き残り続けるシステムを下記で公開

    • 地域密着の仕事
    • 1人で開業
    • 未経験からスタート
    • 40歳からの独立
    対象地域
    北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州・沖縄
    最低自己資金の目安

    250万円

    開業資金総額

    282.3万円 ~ 308.3万円

    実際の開業例

    加盟店実績
    ●東京都 2015年3月開業(30代/男性)
    ●開業資金総額:300万円
    ●用意した自己資金:300万円
    ●年間所得額:720万円
    ※開業3年目/1店舗/従業員2名…他2件掲載中!

前へ 1 次へ

よく利用されている検索条件

dokuritsu_word_M20.htm

焼き鳥屋(焼鳥)・焼き肉屋(焼肉)で独立開業をするための環境は?

安さだけがアピールポイントではない

焼き鳥屋の場合はやはり居酒屋としての利用がメインとなるので、低価格化とともにメニューの多彩さ、焼き鳥以外のアイテム数も重視される傾向にあります。焼き肉屋の場合は低価格チェーン店が登場する以前の、においや汚れがきついイメージがまだ残っているため、清潔な店舗イメージを押し出すだけでも他店舗との差別化が可能となります。その上で低価格ファミリー路線で行くか、高級イメージを押し出すかでも差異をアピールできるでしょう。

価格と品質のバランスが重要

焼き鳥屋、焼き肉屋とも、低価格化の傾向があるなか、ブランド食材や高級肉をウリにしている店も人気があります。低価格店舗の競争は激しくなっており、高級化にシフトする例も少なからず見られます。想定する客層にもよりますが、品質と価格のバランスが高いレベルでとれている店ほど、人気が高まる傾向にあります。長引くデフレ時代に辟易し、安いだけではなく「おいしいものを妥当な値段で食べたい」という人が増えているのに注目したいところです。

dokuritsu_main_bottom.htm
list_main_bottom.htm
開業資金総額とは?

アントレ広告における開業資金総額とは、加盟金・研修費・保証金などの費用に加え、物件取得費、各種工事費、広告宣伝費、備品・仕入などを合計した、「事業のスタート時点までに必要な資金の目安額」を指します。開業場所や物価などによって価格が変動するため、あくまで参考金額としてご活用ください。
※開業資金総額には、独立後発生する運転資金やロイヤリティ等の費用は含まれておりません
※募集企業の契約内容が変更された場合、記載している金額も変わる可能性があります。
※価格変動によって、記載している額よりも安くなる可能性も、高くなる可能性もあります。また、広告表記と実際の契約金額が異ならないか、ご自身でも慎重にチェックをしてください

最低自己資金の目安とは?

最低自己資金の目安とは、融資などの借入金を除く「独立開業のために自分で用意する資金の目安額」のことを指します。掲載企業が融資などのサポートを行うために、最低でも用意しておきたい目安の金額とも言えます。
※最低自己資金の目安はあくまで参考金額であり、独立開業できることを保証するものではありません。
※実際に独立される際は、不測の事態を考慮し、余裕を持った資金計画を立てられることをお勧めします。

実際の開業例とは?

実際の開業例とは、既に独立しているオーナー or 直営店の、実際の収益実績や開業時の資金などの一例を指します。独立する業態、開業エリアや年数、従業員数によっても収益は変わってきます。あくまで参考値としてご覧ください。

まずは無料会員登録!
お気に入り登録・まとめて資料請求など便利な機能が使えます

dokuritsu_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
業種から独立・開業・起業・フランチャイズを探す
エリアから独立・開業・起業・フランチャイズを探す
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
dokuritsu_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_dokuritsu_bottom.htm