【今すぐ解約!】エディオンカードの退会方法!ポイントは消滅?年会費の請求タイミング・電話番号が繋がらない対処法

【失敗しない!】エディオンカードの解約方法!信用情報が傷つく?デメリットを避けるおすすめ退会タイミング

今回はエディオンカードの解約方法」について解説します。

エディオンカードを作ったものの、以下のような理由から解約を考えている人も多くいます。

「あまり使う機会がなかった…」
「他に作りたいカードができた…」
「年会費を払い続けるのが、もったいない…」

そこで今回は、エディオンカードを「たった数分」で解約する手順をわかりやすく、まとめました!

この記事を読めば、

などの内容が分かります。

クレジットカードの解約では、タイミングや手続きを誤ると「信用情報が下がる」「次のカードが作れなくなる」というデメリットも存在するので注意しましょう。

そこで本記事では、知識不足が原因で損をしないために「解約の正しい手順」や「気を付けるべき点」など、エディオンカードの解約に必要な情報を網羅しました。

さらに「クレジットカードの信用情報(クレヒス)」や「捨てる&残すカードを選ぶ基準」などの上級者向けの知識もまとめています。

ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

\「エディオンカード」を解約してでも作りたい!/

目次

エディオンカードの解約方法は電話のみ!

電話での解約手続き

ここでは、エディオンカードの解約方法をまとめました。

「簡単にできる解約手順」を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

エディオンカードの種類によって、以下のようにカードを発行している会社が異なります。

  • オリコカード
  • セディナ(オーエムシー)

そしてカード発行会社によって、解約連絡先や手順も異なるため、注意が必要です。

ここからは、発行会社ごとに解約連絡先や手順を紹介していきます。

方法1. オリコカードの場合

オリコカードの場合、解約方法は「電話連絡」のみです。

オリコ・エディオンカードデスクの連絡先

電話番号 0120-33-2702
受付時間 9:30~17:30(年中無休)

    解約するエディオンカードを手元に用意した状態で、電話連絡しましょう。

    セキュリティの関係上、解約手続きは必ず契約者本人が連絡する必要があります。

    電話が繋がると、自動音声で案内があるため、ガイダンスに従って番号を入力しましょう。

    1. カード番号を入力
    2. 暗証番号を入力
    3. 6点の注意点を案内(聞くだけ)
    4. 解約通知書(届くまで1週間程度)の要・不要を選ぶ

    最後に、「解約通知書が必要かどうか?」を聞かれるので、好きな方を選択しましょう。

    その後、約一週間で、退会手続完了の通知が書面で届きます。

    方法2. セディナまたはオーエムシーの場合

    セディナまたはオーエムシーの場合も、解約方法は「電話連絡」のみです。

    セディナアンサーセンター・エディオンカードデスクの連絡先

    電話番号 0120-084-665
    受付時間 9:30~18:00(元旦休み)

      解約するエディオンカードを手元に用意した状態で、電話連絡しましょう。

      セキュリティの関係上、解約手続きは必ず契約者本人が連絡する必要があります。

      電話が繋がると、自動音声で案内があるため、ガイダンスに従って番号を入力しましょう。

      1. カード番号を入力
      2. 暗証番号を入力
      3. 6点の注意点を案内(聞くだけ)
      4. 解約通知書(届くまで1週間程度)の要・不要を選ぶ

      最後に、「解約通知書が必要かどうか?」を聞かれるので、好きな方を選択しましょう。

      その後、約一週間で、退会手続完了の通知が書面で届きます。

      解約手続きに「必要なもの」

      解約手続きに「必要なもの」

      エディオンカードの解約手続きに必要なものは、以下です。

      • クレジットカードの番号
      • 暗証番号
      • 本人確認のための情報(住所、生年月日、氏名、登録時の電話番号)

      基本的には、カード情報さえ確認できれば、他に用意するものはありません。

      ただし、電話で手続きをする際は暗証番号や本人確認事項を聞かれる場合があるため、事前に準備しておきましょう。

      解約理由例一覧

      クレジットカード解約理由の例文一覧

      クレジットカードの解約を電話で手続き場合、解約理由を聞かれることがあります。

      そこでここでは、エディオンカードの解約理由例を一覧で紹介します。

      • もう使わなくなったから
      • カード枚数が増えすぎて、管理が大変になったから
      • 限度枠を超えてしまったので、カードを減らさないといけないから
      • 別のカードにポイントを集約したいから
      • 年会費が高いから

      ※ただし、無理に引き留められることはないので、正直に答えても問題ありません。

      年会費が高いクレジットカードの場合は、解約時に「ポイントプレゼント」「年会費の割引」などの条件を提示されて引き止められることもあるようです。

      解約の電話が繋がらない場合は?

      解約の電話が繋がらない場合の対処法・混雑&狙い目の時間帯

      営業時間内なのに電話が繋がらない場合、コールセンターが混雑している可能性があります。

      そこでここでは、「混在している時間帯」と「狙い目の時間帯」をそれぞれ紹介します。

      時間帯

      混雑している時間帯
      • 土日祝日や平日の12時~13時前後
      • クレジットカード代金の支払日&その翌日
      狙い目の時間帯
      • 午前中(特に朝一)
      • 15時~17時

      混雑している時間帯

      土日祝日や平日の12時~13時前後は電話が集中して混雑するので、それ以外の時間に電話するのがおすすめです。

      特にお昼の時間帯は、日本のビジネスマンが12時~13時の間しか休憩が取れないため、電話が集中してしまうので、できれば避けましょう。

      さらにクレジットカード代金の支払日&その翌日は、カード会社のコールセンターが一番混み合うと言われています。

      ※支払日とは、クレジットカード代金が銀行口座から引き落とされる日のこと

      なぜなら「引き落とし日が今日なのに入金を忘れてしまった!」という人が、慌ててコールセンターに電話するからです。

      コールセンターもそれを把握しており、オペレーターの人員を割いているため、解約の窓口が繋がらないことがあります。

      空いてる、狙い目の時間帯

      一方で空いている時間帯は、「午前中(特に朝一)」や「15時~17時」です。

      なかなか「電話が繋がらない」という場合は、こうした時間帯を狙って電話してみてください。

      注意:インターネットや書類、窓口からは解約できない

      エディオンカードは、インターネットや郵送での解約はできないので注意してください。

      ただし、電話一本で済むため、わざわざ書類に必要事項を記入して印鑑を押したり、店頭に行って解約手続きをするといった手間が省けます。

      \「エディオンカード」を解約してでも作りたい!/

      つづいては、エディオンカードとは「どんなカードのなのか?」について見ていきます。

      エディオンカードとは?こんなカード!

      エディオンカード

      エディオンカードとは、日本の家電量販店チェーンであるエディオンでの買い物がお得になるクレジットカードです。

      加入するとエディオンで購入した製品(税別5,000円以上)に5年~10年の長期修理保証がつきます。

      サービス利用料として年間980円(税別)を支払うと、修理工賃・修理部品代・修理対象商品の出張費がすべて含まれている安心保証です。

      対象商品は、パソコン・デジカメ・プリンターなどの幅広い家電100品種以上!

      エディオンのカードで決済した場合の、ポイント還元率と1%と高いのが特徴です。

      また、購入時にエディオンカードを提示すれば、家電品なら税別100円で1ポイント、指定用品では100円で3ポイント、新品のゲームソフトなどは100円で5ポイントがつきます。

      さらにエディオンネットやクオルネットといったサービスの月額料金が割引され、分割払い際に金利が低くなるなど、エディオンでよく買い物をする人にとっては、使い勝手の良いお得なカードです。

      その上、「セディナポイントUPモール」から製品を購入すれば、最大20倍のポイントをもらえることも!

      家族会員として登録をするだけで、同一世帯の家族なら長期修理保証が適用されます。

      大きな保証を受けられるにも関わらず、エディオンカードは、解約するときも電話一本で解約できますから、安心して加入できるカードです。

      \「エディオンカード」を解約してでも作りたい!/

      エディオンカードの解約前に確認すべき注意点

      クレジットカードの解約前に確認すべきポイント・注意点

      ここではエディオンカードを解約する前に確認すべきポイントや注意点をまとめました。

      ここから詳しく解説していくので、解約前に確認して不安が残らないようにしましょう。

      注意点1. 貯まっていたエディオンポイントは失効する

      エディオンカードを解約すると同時に、「エディオンポイント」も失効してしまいます。

      そのため、カードを解約をすると決めたら、溜まったエディオンポイントはなるべく使い切りましょう。

      クレジットカードで決済していると、ポイントは意外と貯まっているものです。

      エディオンポイントの残高は、下記の方法で確認できます。

      • エディオンメンバーサイト
      • 買い物時のレシート

      注意点2. 家賃/光熱費/公共料金/スマホ料金/サブスクなど「定期支払い」の変更手続きが必要となる

      現金のやり取りが少ない現代では、家賃から始まり公共の料金やサブスクの支払いなどもクレジットカードを使った引き落としが多いものです。

      これらの支払いが解約したカードで契約されていた場合は、引き落としができなくなり、公共料金や家賃の未納などで差し押さえを受けたり、サブスクの強制解約や塾などの強制退会になってしまうことがあります。

      クレジットカードを解約する場合は、そのカードで契約した支払いがあるかどうかを確かめ、ある場合は他のカードに変更することを忘れないようにしましょう。

      注意点3. ETCカード・家族カードなどの追加カードも同時解約となる

      エディオンカードを解約すると、自動的に家族カードや紐づけられたETCカードも、解約され使用できなくなります。

      家族カードやETCカードをつくって使用している場合は、解約する前に新たなカードを用意しておきましょう。

      家族が知らずにカードを使わないように、解約を伝えてから、新たなカードに切り替えるように促します。

      ウッカリしていたでは済まない事故に、繋がることもあるので注意が必要です。

      注意点4. 付帯サービスも利用できなくなる

      クレジットカードには加入しているだけで、旅行保険(旅行先のケガや入院費用を補償)・割引サービス・支払額に応じたポイントの還元などのサービスが付いているものがあります。

      エディオンカードも加入すると、旅行保険のサービスが受けられるクレジットカードです。

      それを知らずに、海外旅行にいくときに、お金を払って旅行保険に加入する人もいます。

      その他にも割引や優待特典のサービスが受けられるクレジットカードもありますが、解約と同時にそれらのサービスを受けることができなくなります。

      注意点5. 決済に使える国際ブランドの種類が減ってしまう

      国際ブランドとは、VISA・Mastercard・JCB・American Express・Diners Clubといった、海外でも使えるクレジットカードのことです。

      たとえばあなたが「VISA」と「JCB」のクレジットカードを1枚ずつ持っていたとしましょう。

      そして、JCBを解約したとします。

      VISAカードを持っているので、クレジットカードで買い物ができると気にも止めません。

      しかし、もしいつも行っているお店がJCBでしか決済できないとしたら、そのお店ではカードでの支払いができないことになります。

      最近では複数の国際ブランドで決済できるお店が増えてきましたが、やはり小さなお店では使えないこともあります。

      特に海外旅行でカードで買い物をする場合は気を付けたいものです。

      普段行きつけのお店も決済方法を確認し、困るようなことがないようにしましょう。

      注意点6. 通販の決済はクレカがないと不便

      数年前から在宅ワークなども増え、Amazonや楽天市場をはじめとした通販サイトで買い物をする人が増え続けています。

      代引きや振込の手間や手数料を考えれば、ポイントなども付与されるクレジットカードでの引き落としは、便利で簡単ですね。

      きちんと管理さえしていれば、これほど生活が効率的にできるものはありません。

      最近ではA通販サイトなどが運営している「定期便」なども人気があり、日用品を定期的に購入する人も増えています。

      クレジットカードを解約するときには、通販に登録しているカードかどうか確かめてから、解約することをおすすめします。

      そこで頻繁に使用している通販サイトがある場合、「このカードを解約しても問題ないか?」を確認しておきましょう。

      また現在では、ほとんどの通販の決済(=支払い)方法が、クレジットカードになっています。

      ※それ以外の支払い対応は時間がかかることがほとんどです。

      そのため、通販サイトの決済で使えるクレジットカードが、一枚も無いということになれば不便極まりないことになります。

      新規でほかのクレジットカードを作る予定がない限り、通販で使えるクレジットカードを「持っているのか?」を確認しましょう。

      注意点7. 分割払い/ボーナス払い/分割払い/リボ払いなどの「残債務」があれば解約予約となる(完済まで退会不可)

      解約したいと思っても、分割払い・リボ払い・ボーナス払いをしている場合は、すぐに解約できません。

      たとえば電話で解約の手続きをしても、「解約予約」という形になります。

      今まで通りの支払いの引き落としが行われ、それを完済してからでなければ、解約が成立しません。

      ただし、今すぐに解約したい場合は、支払いの残金を一括で返済すれば解約できます。

      安易に解約しようとすれば、一括返済が必要な場合もあります。

      クレジットカードは「完済するまで解約できない」ので、残金があるか確認するなど注意が必要です。

      \「エディオンカード」を解約してでも作りたい!/

      エディオンカードを解約してもデメリットがない退会タイミングはいつ?

      解約してもデメリット無!クレジットカードの退会タイミング

      クレジットカードを解約する時は、デメリットのないタイミングで行いましょう。

      そこで、ここではエディオンカードを解約する際にデメリットがない、おすすめの退会タイミングを紹介します。

      あらかじめ理解した上で解約を進めれば、損をする心配はなくなります。

      タイミング1. 残ったエディオンポイントを交換するか、使い切ってから

      エディオンカードを解約すると、溜まっていたポイントもすべて失効してしまいます。

      そのため、エディオンカードの解約を決めたら、エディオンポイントは早めに使い切っておきましょう。

      エディオンポイントは、割引に使えたり、別のポイントに交換可能なので、実質的にお金と同じ価値があります。

      残ったエディオンポイントを使い切ったタイミングで、カードを解約できると損がありません。

      タイミング2. カード自動引き落としの変更手続きをしてから

      解約しようとしているエディオンカードで、光熱費などの自動引き落としの契約をしていないかをチェックしましょう。

      その場合は他のクレジットカードに変更するか、支払い方法を変えるなどの対応が必要です。

      たとえば

      • ガス・水道・電気代の光熱費
      • 携帯代・インターネット代の通信代
      • 保険料
      • 家賃
      • サブスクなどのサービス

      その他にも挙げればいろいろありますよね。

      これらが全部同じクレジットカードで契約されていればわかりやすいのですが、別々のクレジットカードだった場合は、解約予定のものが使われていないか、しっかりとチェックしましょう。

      変更するのを忘れると、引き落としができず、延滞料金が発生することもあります。

      中には強制的に解約になるものもあります。

      通販サイトにに登録してあるクレジットカードを解約した場合は、買い物ができなくなることもあるので注意が必要です。

      予定の引き落とし日に合わせて、カードを変更しましょう。

      タイミング3. カード入会から半年以上経過してから

      なぜ作ってから半年以上の経過を待つのか?

      結論からいうと、最低でも半年間はクレジットヒストリー(信用情報)に記録が残るからです。

      そのため、必要になって再び作るときも、最低でも半年以上は期間を空ける必要があります。

      また、何枚ものクレジットカードをまとめて解約したり、短期解約を繰り返した場合も記録が残り、それで審査が通らないことが無きにしも非ずです。

      信用が落ちないように慎重に解約しましょう。

      タイミング4. 年会費が発生する直前

      年会費のかかるクレジットカードは、年会費が引き落とされた後は返金されることはありません。

      そのため、年会費の支払いが生じる前に、解約手続きを済ませましょう。

      エディオンカードの年会費が発生するタイミングはいつ?

      カード有効期限の翌月になると、年会費が請求されます。

      <例>
      カード裏面の有効期限は「月/西暦(下二桁)」で表示
      有効期限が「09/22」なら、2022年10月に請求されます。

      年会費が引き落とされる月の前月末日までに、解約手続きが終わっていれば、年会費を引き落とされることはありません。

      たとえば、年会費が7月に引き落とされる場合は、6月30日までに解約手続きを完了してください。

      年会費を無駄にしないためにも、クレジットカードの年会費が引き落とされる月を控えておきましょう。

      \「エディオンカード」を解約してでも作りたい!/

      エディオンカードを解約した後の処分方法は?【悪用防止】

      解約後のクレジットカードの処分方法(ハサミを入れる)

      クレジットカードを解約後も、カードを放置したり、財布に入れたままにするのはやめましょう。

      不正利用の原因にもなりかねません。

      クレジットカードの処分方法は、カードをハサミで細かくカットしてゴミと一緒に捨てます。

      特にICチップや磁気ストライプの部分には、個人情報が含まれているので、その部分には必ず切断するようにします。

      一般社団法人「日本クレジット協会」によれば、クレジットカードの不正利用による被害額は年々増加傾向にあります。

      2021年の不正利用被害額は330.1億円ですが、これは前年比で30.5%も増加しています。

      セキュリティがきびしくなっているにも関わらず、被害額が増加しているのには驚かされます。

      クレジットカードの処分にも注意が必要ですね。

      \「エディオンカード」を解約してでも作りたい!/

      エディオンカードの解約は代理でできる?

      本人以外が代理でクレジットカードを解約できる条件(病気・死亡・認知症)

      以下のケースにおいては、代理人によるエディオンカードの解約が可能です。

      • 契約者本人が病気や死亡した場合
      • 契約者本人が認知症になった場合

      もし代理人がエディオンカードを解約する場合に「必要なもの」は、以下になります。

      • 会員の氏名
      • 生年月日
      • 登録住所
      • カード番号

      契約者本人が病気や死亡した場合、エディオンカードの解約は本人以外でもできる?

      基本的に全て手続きは、契約者本人しかできませんが、本人死亡・または準じた状態であるときには、法定相続人が代理人となって電話で解約するという流れになります。

      まずは、電話でオペレーターにご相談ください。

      もしカード会社が電話連絡だけでは不十分だと判断すると、必要とされる書類を用意する必要があります。

      オリコカードの場合

      オリコ・エディオンカードデスクの連絡先

      電話番号 0120-33-2702
      受付時間 9:30~17:30(年中無休)

      セディナまたはオーエムシーの場合

      セディナアンサーセンター・エディオンカードデスクの連絡先

      電話番号 0120-084-665
      受付時間 9:30~18:00(元旦休み)

      親が認知症になったら、子供や親族がエディオンカードを解約できますか?

      特殊な事情があれば、契約者本人以外でも解約の手続きが可能です。

      認知症の他、病気などのやむを得ない事情がある場合は、その状況を連絡して相談しましょう。

      ただし、解約手続きが成立したときに、未払い・借入・分割払いなどを一括で請求されることもあります。

      カード会社によって判断は多少異なりますが、特殊な事情があれば本人以外でも解約可能です。

      認知症に関わらず、病気ややむを得ない理由がある場合には、その状況をカード会社に相談することで対応してもらえます。

      これまでの未払い・借入・分割払いなどが一括請求された場合は、振込など用意も必要になります。

      そのため、あらかじめカードの請求書や利用履歴を確認し、請求や支払いの有無を調べておきましょう。

      \「エディオンカード」を解約してでも作りたい!/

      エディオンカードの解約後に再入会できる?

      クレジットカードの解約後に再入会・入会キャンペーンや特典は同じ?

      クレジットカードによっては解約後に再入会できないものもありますが、エディオンカードは一度解約しても再入会が可能です。

      その場合の留意点を3つご紹介します。

      エディオンカードは再入会時にも審査が実施される

      解約後の再入会も可能ですが、再審査がおこなわれ、結果が出るのに時間がかかることがあります。

      まだ解約していない方は、いろいろと検討した上でカードを解約することをおすすめします。

      「一度は審査に通ったからすぐに入会できる」と考える人もいますが、年収・職業・支払い状況などの信用具合は変わるため、次に必ず審査に通るとはいえません。

      他の信用機関から借入があったり、支払いの延滞があった場合は「支払い能力に問題あり」と判断されることもあります。

      その場合は再入会ができないということもあります。

      また解約がトラブルが原因だった場合は、再契約は厳しくなります。

      退会後に再契約するには、新規加入手続きが再び必要となります。

      再入会の場合、新規入会の特典(ポイントや割引優待キャンペーンなど)は受け取れない

      各カード会社では、優良なクレジットカードの新規ユーザーを獲得するために、規格しているのが新規入会特典です。

      新規入会特典は、そのクレジットカードを初めて作る顧客に対して提供される、ポイント付与や割引優待などの特典です。

      この内容が申し込みのきっかけにもなるので、各社とも力を入れています。

      もちろんエディオンカードも新規入会&利用特典をご用意!

      しかし、過去に一度退会した人は対象外となっています。

      要はどこのカード会社でも同じですが、キャンペーン目当てで入退会を繰り返すことを防ぐ意味もあり、過去に一度退会した人は、原則的に特典を受けられない決まりとなっています。

      審査を通過しても以前のカードは利用できない

      エディオンカードを一度解約して、再入会した人の中には、以前のカードナンバーをもう一度使いたいという人がいます。

      残念ながらクレジットカードは一度解約してしまうと、そのカードナンバーは使用不可能となります。

      新規にエディオンカードに登録した段階で、新たなカードナンバーが付与されます。

      以前のナンバーになじみがあったり、縁起のいいナンバーであった場合もあるかと思いますが、前のカードナンバーはご使用になれませんので、ご理解の上新たなカードをお使いください。

      \「エディオンカード」を解約してでも作りたい!/

      エディオンカードを解約すると信用情報に傷がつくって本当?

      解約すると信用情報に傷が付く?

      基本的に、一度クレジットカードを解約したからといって、信用情報に傷がつく訳ではありません。

      ただし、クレジットカード会社や金融機関のほとんどは、信用情報を共有しています。

      こういった情報は記録され半年間保管されています。

      そのため、カードを解約するのは、半年間保有してからにしましょう。

      そこで信用情報について2つのポイントを解説します。

      信用情報に傷がつくとどうなる?(クレヒスへの影響)

      エディオンカードを退会した場合でも、2度と加入できないということはありません。

      審査さえ通過すれば、再度加入できます。

      ただ再加入したからといって、一度無効になった長期修理保証やポイントは戻りません。

      一度解約した場合は、新規の審査よりも厳しくなるので、本当に必要がないか良く検討してから解約することをおすすめします。

      信用情報に傷がつく危険性があるケース

      その他にも注意することとしては、短期間でクレジットカードを複数解約すると、信用情報に傷をつける可能性を2つお伝えするのでご注意ください。

      ①短期間で解約した場合

      入会してすぐにクレジットカードを解約してしまうと、入会時の特典やアフィリエイトが目的であると判断される危険性があります。

      すると、カード会社からの印象が悪くなって、今後のクレジットカード作成時に審査が通りずらくなる危険性があります。

      ②一度もカードを使わずに解約した場合

      クレジットカードを作ったものの、結局一度も使わないうちに解約に至るケースがあります。

      一度も使わないまま解約することは、通常の手続きでできますが、入会特典が受け取れない場合や今後のカード発行の審査に影響する可能性があるのをご存知でしたか?

      クレジットカードの利用を見込んで、カード会社は豪華な入会特典を用意しています。

      特典受取りの条件として「カード利用一回後」や「5,000円以上のカード利用」などと設定されていることも。

      また、アフィリエイト目的でクレジットカードを作ったとみなされ、その後の信用情報に影響を及ぼすこともあります。

      最初からすぐに特典を目的にして、すぐに解約するつもりでカードを作るのはおすすめしません。

      \「エディオンカード」を解約してでも作りたい!/

      エディオンカードのよくある退会理由!解約した方がいいケースは?

      よくあるクレジットカードの退会理由!解約した方がいいケース

      クレジットカードを解約する理由は人によっていろいろありますが、ここでは代表的な理由を4つ挙げてみます。

      当てはまる理由があれば、クレジットカードを整理することを考えましょう。

      ここから詳しく解説していくので、参考にしてご検討ください。

      使用頻度が少なく、年会費だけがかかり続けている時

      クレジットカードを解約する理由で「年会費がかかるので、もったいないから」という声も多くあります。

      特にステータスカードと呼ばれるカードは、持っているだけで年会費がかかるものがありますよね。

      実は、サービスが豊富にあっても「年会費を払った分を使いこなせていない」という話も多いものです。

      メリットをあまり感じられていない場合は、解約すると年会費の負担も無くなります

      何枚ものカードがあると、年会費の額もそれなりに負担になり、もったいないと思うようであれば思い切って解約しましょう。

      「初年度のみ年会費無料」や「年間でいくら使うと年会費無料になる」といったカードもあるため、自分はそのカードを今後使うのかどうかを今一度検討してみましょう。

      カード枚数が多く、管理がストレスに感じた時

      クレジットカードを解約する理由の中に「カードがたくさんあって管理が大変だ」というものがあります。

      たとえば、暗証番号の管理はどこでするのが安全かという問題や、引き落とし口座がカードによって異なる場合も、どの銀行口座から何の代金を払ったのか管理が難しくなります。

      複数のカードの管理が大変で、手間を省きたいと思ったら、カードを見直してみましょう。

      それもカードを整理するきっかけになりますね。

      所有カードが多く、新しいカードを作れなくなった時

      クレジットカードを解約する理由として挙げられるのが「新しくクレジットカードを作れなくなるから」という声です。

      実はクレジットカードを複数所有していると、新しいカードを作りづらくなったり、利用限度額を増やしづらくなるということがあります。

      利用限度額とはカード会社が契約者に許可できる利用額で、年収や信用度などで計算される金額です。

      たとえば、最初に契約したメインカードは100万円の利用限度額なのに対して、必要に応じて作った2枚目のカードは利用限度額が50万円になり、その次のサブカードに至っては利用限度額が15万円!といったように枚数を増やすと、利用限度額はどんどん小さくなります。

      仕入れのために大きな金額を動かしている人は、利用限度額が少ないと仕事に支障をきたすことも!

      使っていないカードを解約し、利用限度額を増額して、仕事が大きく発展することもあります。

      定期的にカードの整理を見直す機会を作りましょう。

      解約理由4. 月々の支払いの集計が複雑になってしまった時

      使用しているクレジットカードがたくさんあると、「集計が複雑になる」というデメリットがあります。

      • 引き落とし口座はどこか?
      • どの口座でいくら引き落とされるのか?
      • 今月の引き落とし金額はいくらか?
      • この引き落とし日ごとの金額はいくらか?

      こんな具合では、しっかりと支払いの管理が難しくなります。

      さらに管理が複雑になればなるほど、未払いのリスクが高まります。

      うっかりして、信用情報に傷が付いてしまっては元も子もありませんので、しっかり管理できる枚数でクレジットカードを使いこなしましょう。

      \「エディオンカード」を解約してでも作りたい!/

      エディオンカードを強制解約されないためには?

      クレジットカードを強制解約されないためには?(事例や理由)

      カードの自動解約・強制解約とは、あまり聞きなれない言葉ですが、契約者の意向に関わらずカード会社の判断によって、契約関係を打ち切られてしまうことです。

      それについて3つのポイントに絞って解説します。

      詳しく解説しるのでご注意ください。

      クレジットカードが自動解約・強制解約された事例もある

      クレジットカードが自動解約・強制解約されることもあるので、そのようなことにならないように注意しましょう。

      自動解約・強制解約の原因として挙げられるのは

        • 支払いを無視し続ける
        • 登録情報の虚偽
        • 不正利用

        など

        引き落としができなかった場合、翌日から延滞金が発生し、一ヶ月以上連絡がないなど、放置すると強制解約の対象になると言われています。

        また、クレジットカードの不正利用は、クレジットカードの現金化や契約者以外の家族友人への貸し出しを含みます。

        クレジットカードの契約は、あくまでも契約者本人を対象としているので、家族や親しい親戚であってもカードの貸し出しはルール違反です。

        また、登録情報に虚偽があった場合も、契約に反することになるので、正確な情報を登録するように注意が必要です。

        ブラックリストに載るようなことになれば、カードが作れなくなるので困ることになりますね。

        強制解約されると一括での支払いが必要となる

        強制解約された場合は、契約者の事情とは関係なく、一括で料金の支払いを請求されます。

        そのため引き落としの金額を、分割払いやリボ払いに設定していると、一括請求の金額が思いの外嵩むこともあるので気を付けましょう。

        それを延滞したり無視した場合、職場に連絡の上で給与や資産の差し押さえがおこなわれます。

        結果的に信用情報が傷つくことになるので、カード会社からの連絡は、真摯に対応することをおすすめします。

        特に短期間で繰り返し解約すると信用情報に傷がつく

        その他にも、短期間でクレジットカードを複数解約するなど、信用情報に傷が残る場合があります。

        カード会社は常にユーザー獲得のため、キャンペーンや期間限定の特典などを打ち出して、顧客を誘っています。

        たとえば、楽天カードは定期的に新規入会を誘うキャンペーンを打ち出し、その度にポイント付与を謳ってユーザーに大きく宣伝をおこなっています。

        ユーザー側からすると、お得なポイント目当てに入りたくなり「すぐ解約すれば…」などと考える人もいるでしょうが、後々の信用情報のことを思えばおすすめできないことです。

        そして、ポイントや特典目当てに解約を繰り返すと、信用機関からの心象が悪くなり、本当に必要なクレジットカードやカードローンの審査に落ちることにもなりかねません。

        将来のことを思えば目先の欲に惑わされて、信用情報を傷つけるような短期間の解約を繰り返す行為は慎みましょう。

        \「エディオンカード」を解約してでも作りたい!/

        クレジットカードを断捨離する基準:複数枚あるカードの中でどれを残す?

        クレジットカードの断捨離基準、残すカードと捨てるクレカの選び方

        付き合いで作ったり、買い物のために作ったカードがいつの間にか増えてしまいます。

        整理したいけど、どんなことに注意してカードの断捨離を進めればいいのでしょうか?

        ここでは、クレジットカードの選び方の基準として代表的な4つのポイントをまとめました。

        ここから詳しく解説していくので、参考にしてカードをお選びください。

        基準1. 年会費無料のカードを残す

        年会費が無料というのは、残した方がいいカードの条件の一つです。

        維持費がかからないので、そのまま持っていても年会費を管理する必要がないので、負担になることもありません。

        むしろ、中には年会費がかかるカードと比べて、遜色のない特典が付帯されている場合もあります。

        そのため、カードを整理する機会があれば、付帯特典をしっかり確認して、自分の家計に合っているカードを残しましょう。

        基準2. ポイント還元率が高いカードを残す

        ポイント還元率の高さは、クレジットカードを作る判断基準にもなります。

        それは、残すカードを選ぶ基準でもあります。

        たとえば、ポイント還元率が0.5%と1%のカードのどちらを選びますか?

        もし毎月3万円ずつ決済したとすると、以下のように年間で2倍の差が生まれます。

        還元率 ポイント
        0.5% 1,800円
        1% 3,600円

        一般的なカードの還元率は0.5%なので、還元率が1%を超えるなら高還元率のカードと言えます。

        残すカードはポイント還元率で判断するのもおすすめです。

        基準3. 付帯サービスが充実したカードを残す

        ステータスカードというのは、そのカードを持っているだけで一目置かれるというカードです。

        ゴールドカードやアメックスのカード、その他ブラックカードなどが知られています。

        保険などのサービス内容が他のカードに比べて充実しており、満足をのいくサービスを享受できます。

        もちろん年会費がかかりますが、その年会費を払う余裕があることがステイタスともなり、また年会費以上の恩恵も得られます。

        そのため、ステータスの高いカードは残すカードを選ぶ基準となり得ます。

        基準4. 海外で使用できる国際ブランドのカードを残す

        海外でよく使われるカードは「VISA」や「Mastercard」です。

        日本国内で盛んに使われている「JCB」は、実は海外では使えないところもあります。

        使えるところが増えて来てはいますが、支払いで困る場合がまだまだあります。

        VISAはアメリカに強く、Mastercardはヨーロッパに強いというのが一般的な認識です。

        日本生まれの国際ブランドJCBは、ハワイやグアムなど日本人観光客が多い地域を中心に広がっています。

        そして、国内のシェアが半分を超える国際ブランドVISAは、やはり知名度も高く「ほとんどの国で使える」という認識があります。

        カードの整理で手元に置くものを迷ったら「海外でも使えるカード」という基準になり「VISA」を残すことをおすすめします。

        \「エディオンカード」を解約してでも作りたい!/

        エディオンカードの解約でよくある質問と回答

        クレジットカードの解約でよくある質問と回答(QA)

        ここからエディオンカードの解約について、利用者から寄せられる質問と回答を、Q&A形式で解説します。

        解約で不安に思うことは、全て解消してきちんと解約しましょう。

        エディオンカードを解約すると手数料(違約金/解約金)はかかる?

        基本的に、クレジットカードを解約しても手数料がかかることはありません。

        しかし、中には「〇年以内に解約すると手数料が発生します」というカードもあります。

        たとえば、以下のカードです。

        カード名 条件
        JCB CARD EXTAGE JCB一般カードへのランクアップ(5年後)までに解約すると2,200円の手数料がかかる
        JCB GOLD EXTAGE JCBゴールドへのランクアップ)までに解約すると2,200円の手数料がかかる

        このようなカードは契約時に必ずアナウンスがあるので、きちんとチェックしてから契約することをおすすめします。

        エディオンカードを解約したのに支払い請求や引き落としが続くのはなぜ?

        支払いの残金がある場合は、支払い請求されたり、引き落としが続くことがあります。

        決済した日付けによっては、カード会社に来る支払いデータが、解約後になる場合もあるためです。

        翌月(または翌々月)に支払いデータが来ることもあるので、その場合はその後も引き落としが続きます。

        高額な商品を購入して、分割払いを選択した場合は、それが完済されるまで引き落としされます。

        たとえば、商品によっては分割払いの金利が無料になることもあるので、負担にならない金額で長期の分割払いにする人もいます。

        精算を希望する場合は、契約者本人からの連絡が必要です。

        一括精算のお振込みを案内しています。

        また、サブスクなどの継続利用のサービスで契約している支払いに関しては、契約者本人が解約するまで請求が続いてしまうので、注意してください。

        エディオンカードの解約後、解約証明書(退会証明書)は発行した方がいいの?

        解約証明書とは、記載されている金融機関への債務(借りたお金を返す義務のこと)が無いことと、また現在解約された状態であることを証明するための書類です。

        たとえば、住宅ローンは非常に高額なローンなので、自由に借りられる金融機関の商品を利用すると、返済が滞ってしまうリスクが大きくなります。

        その場合、他のカード会社との解約を条件に、契約可能になる場合があります。

        そのときに必要なのが、解約後の解約証明書を金融機関に提出すれば、スムーズに契約できます。

        また、融資したお金を別の目的に流用されるリスクがある場合にも、利用者が完済した後で、解約証明書の提出を求められることもあります。

        エディオンカードで、リボ払いやキャッシングを利用していた人は、解約証明書が必要な場面を予測して、発行を申し出ましょう。

        解約時に申し出があれば、解約申請書を発行しているので、ご希望があればお申し出ください。

        もちろん解約証明書は無料で発行されます。

        エディオンカードを解約したいのにカード会社に電話が繋がらないときは?

        電話の混雑状況はその日によって違います。

        混み合っていて繋がらない場合は、しばらくたって再度かけ直すか、曜日を改めてかけ直してください。

        特に11時半~13時半は休憩時間と重なるため、電話が混み合って繋がらないケースがあります。

        また、受付時間終了の1時間ほど前から混み合うので、電話が繋がりにくいことがあります。

        「平日は電話できない」という方は、土日祝でも電話受け付けしているので、混雑する時間帯や曜日を避けて連絡をお願いします。

        エディオンカードを一度も使わず解約しても大丈夫?

        はい、大丈夫です。

        通常の解約手続きで解約できます。

        ただし、一度も使わないまま解約すると、入会特典が受け取れない場合や今後のカード発行の審査に影響する可能性があります。

        また、アフィリエイト目的でクレジットカードを作ったとみなされた場合と、その後の信用情報に影響を及ぼすこともあります。

        最初からすぐに特典を目的にして、すぐに解約するつもりでカードを作るのはおすすめできません。

        エディオンカードを引き落とし前に解約したらどうなる?

        残金がある場合は、解約したとしても「ご利用代金明細書」にある通りに、引き落としされます。

        精算を希望する場合は、契約者本人からご連絡お願いします。

        一括精算のお振込みの案内しています。

        エディオンカードの解約時に引き止めはある?

        クレジットカードの解約時の引き止めは、カード会社によって異なります。

        優良顧客が多いカード会社では、継続利用を考えて引き止めることもあります。

        しかしエディオンカードの場合は電話での解約なので、引き止めはありません。

        たとえ、解約時に引き止められたとしても、必要がないため解約すると決めて連絡したので、相手に流れないようにしましょう。

        エディオンカードを解約し忘れていて年会費が引き落とされてしまったけど返金される?

        いったん引き落とされた年会費は、返金されることはありません。

        そのため、解約を予定している場合は、1~2ヶ月前から解約時の注意点に留意して、解約の準備をすることをおすすめします。

        エディオンカードを郵送で受け取れず、保管期限が切れたら解約になる?

        自動的に解約になることはありません。

        日本郵便の保有期間中に、カードの受け取りができなかった場合は、オリコカードセンターまでご連絡ください。

        一定の期間が過ぎると、再送付ができなくなり、再申込みの手続きが必要となることがあります。

        エディオンカードで特定の請求や引き落としを停止させる方法はある?

        特定の請求や引き落としの停止は、カード会社に申請すればできます。

        カード会社では特定の引き落としを停止できる「支払停止の申入書式」をご用意しています。

        この用紙は公式Webサイトからのダウンロードか、または電話で用紙を郵送してもらうこともできます。

        さらに「その支払いの停止を受け付けられるかどうか?」をカード会社に相談することもできるので、不安に感じた場合は連絡してみましょう。

        \「エディオンカード」を解約してでも作りたい!/

        まとめ

        解約方法まとめ

        • エディオンカードの解約手続きは「電話のみ」
        • 解約連絡先の電話番号はカード発行会社ごとに異なる
        • 解約するとエディオンポイントも失効する
        • 年会費の発生タイミングは「カード有効期限の翌月」
        • 追加で発行したETCカードも同時解約となる
        • 再入会も可能だが、再度審査が必要
        • 契約者本人の死亡や特別な病気による代理解約が可能
        • 入会特典目当てで短期解約した場合、ブラックリスト入りする恐れがある
        • 電話がつながらない場合は平日12時~13時の時間を避け、15時以降など比較的空いている時間帯にかけ直す

        この記事では、「エディオンカードの解約方法」について詳しく解説しました。

        エディオンカードは解約と同時に使えなくなってしまうため、家賃や光熱費、サブスクなど「継続的な支払い」に使っている人は注意しましょう。

        解約は電話一本で完了し、面倒な手続きも必要ありません。

        カード発行会社ごとの解約連絡先

        オリコカードの場合 0120-33-2702
        9:30~17:30(年中無休)
        セディナまたはオーエムシーの場合 0120-084-665
        9:30~18:00(元旦休み)

        手続きにかかる時間も「たった数分」なので、エディオンカードは「解約しやすいカード」と言えます。

        クレジットカードの解約には注意点もありますが、今回紹介した方法を参考にすればデメリットなく手続きを進められます。

        最後に、エディオンカードよりもお得で「おすすめのクレジットカード」を5枚紹介します。

        エディオンカードを解約してでも作りたい!
        【おすすめカード5選】

        目次
        目次
        閉じる