オリコの法人カードEX Gold for Biz Sのメリットと他のカードとの比較

FacebookTwitterLine

「信販会社として有名なオリコにはどんな法人カードがあるの?」
「個人事業主なら、オリコの法人カードはどれがおすすめ?」

大手信販会社のオリエントコーポレーション(以下、「オリコ」)では6種類の法人カードを取り扱っており、それぞれ想定している利用者や機能が異なっています。

今回は、そのうち個人事業主を対象とした「EX Gold for Biz S」のメリットやサービスについて、他のカードと比較しつつ解説します。

オリコカードのビジネス用カードは6種類

まず、今回の記事で対象とするEX Gold for Biz Sの位置付けについて解説します。

オリコが扱う法人カード一覧

オリコが扱っている法人カード(ビジネスカード)には、以下の6種類があります。

オリコの公式サイトにはそれぞれのカードの想定利用者が「個人事業主」「法人代表者」「法人」とはっきりと書かれているので、あまり迷わなくて済むでしょう。

カードの名称 対象(想定利用者)
EX Gold for Biz S
(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)
個人事業主
EX Gold for Biz M
(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)
法人代表者
UPty for Biz S
(アプティ フォービズ エス)
個人事業主
UPty for Biz M
(アプティ フォービズ エム)
法人代表者
オリコビジネスカード スタンダード 法人
オリコビジネスカード Gold 法人

個人事業主を対象としたカードと法人代表者を対象としたカードはそれぞれ2種類ずつあり、これらはランクではなく機能面に違いがあります。

また、法人を対象としたカードも2種類ありますが、これらはカードのランクが違います。Goldはスタンダードより年会費がやや高くなりますが、付帯サービスも充実しています。

個人事業主を対象としたカードの比較

個人事業主を対象としたカードは「EX Gold for Biz S」と「UPty for Biz S」の2種類で、これらの違いをまとめると以下のとおりです。UPty for Biz Sはリボ払い専用カードなので、特に選ぶ理由がない場合はEX Gold for Biz Sにすれば良いでしょう。

EX Gold for Biz S UPty for Biz S
特徴 ・オーソドックスな法人カード ・リボ払い専用カード
・総量規制の例外貸付商品
国際ブランド Visa/Mastercard Mastercard
年会費 2000円
(初年度無料)
2000円
(Web入会で初年度無料)
還元率 0.6% 0.5%
ショッピング利用可能枠 10~300万円 10~200万円
ショッピング返済方式 ・1回払い
・分割払い
・据置き一括払い
・半年賦併用払い
・リボ払い※1
・リボ払い※1
キャッシング利用可能枠 10~100万円 10~100万円
キャッシング返済方式 ・一括返済方式(1回払い)
・リボ払い※1
・リボ払い※1
代表的な付帯サービス※2 ・Mastercardビジネスアシスト
・Mastercard T&E Savings
・Visaビジネスオファー
・Visaゴールドカード優待特典
・福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」
・ご融資金利優遇制度
・各種保険
・空港ラウンジサービス
・Mastercardビジネスアシスト
・Mastercard Taste of Premium
・福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」
・各種保険

※1 定額リボルビング方式(残高スライド)
※2 国際ブランドが提供する付帯サービスは、選んだ国際ブランドのもののみ利用できます。

違いはいくつかありますが、ビジネスで利用するにあたり知っておきたいおもな違いとしては以下のような点を挙げることができます。

EX Gold for Biz Sは「ご融資金利優遇制度」が利用可

EX Gold for Bizカード(SおよびM)会員は、証書貸付「ビジネスサポートプラン」またはローンカード「CREST for Biz」の入会と同時に借り入れをすると、通常金利より最大で2.0%の割引となる「ご融資金利優遇制度」が利用できます。

UPty for Biz Sは貸金業法の「例外貸付商品」

貸金業者(カード会社も含みます)が、個人に対して年収の3分の1を超える貸付(クレカの場合はキャッシングのこと)をすることは原則として禁止されています。

しかし、個人事業主が事業用資金として借り入れをするにあたり、返済能力を超えないと認められた場合は年収(事業所得)の3分の1を超えることができます。UPty for Biz Sはこの総量規制の「例外貸付商品」という位置付けとなっています。

UPty for Biz Sはリボ払い専用カード

EX Gold for Biz S 、UPty for Biz Sともにショッピング・キャッシングのいずれも利用することができますが、UPty for Biz Sではその返済方式としてリボ払いしか利用できません。リボ払いは手数料の負担が高くなりがちなので注意が必要です。

EX Gold for Biz Sはコストパフォーマンスに優れた一枚

EX Gold for Biz Sがもつ代表的なメリットについて、それぞれ簡単に解説します。

1.年会費が安くても充実のサービス

EX Gold for Biz Sに入会すると、わずか2000円の年会費でビジネスに役立つ充実したサービスを利用することができます。こうしたサービスを有効活用すれば、それだけで年会費以上のメリットを得ることも可能です。

1.VisaビジネスオファーとMastercardビジネスアシスト

国際ブランドとしてVISAを選ぶと、「Visaビジネスオファー」を利用することができます。Visaビジネスオファーとは、以下のようなサービス(一例)を割引価格で利用できるものです。

  • ブラザーダイレクトクラブ(オフィス用品・ブラザーの公式通販サイト)
  • ウォータースタンド(定額制ウォーターサーバー)
  • スマイルワークス(バックオフィス業務のサポート)
  • サーブコープジャパン(レンタルオフィスなどの提供)

同様に、Mastercardを選ぶと「Mastercardビジネスアシスト」を利用でき、以下のようなサービス(一例)が割引価格になります。

  • MICEコンシェルジュサービス(イベントなどの開催をサポート)
  • 経費Bank(経理業務のサポート)
  • ソフトバンク 携帯電話使い分けサービス
  • じゃらんコーポレートサービス

2.福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」

EX Gold for Biz Sに入会すると、約140万件の優待サービスを有する福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」を、オリコ優待価格で利用することができます。

ベネフィット・ステーションでは宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、資格取得講座など幅広いジャンルを扱っているので、こちらも使いこなせばメリットは大きいです。

2.ビジネスでの利用でもポイントが貯められる

法人カードで経費を支払った場合も個人向けカードと同様に、ポイントが貯まるのが一般的です。EX Gold for Biz Sでは1000円につき1ポイントの「暮らスマイル」が貯まり、200スマイル以上貯まると100種類以上の商品の中から好きなものと交換できます。

3.資金調達にも使える

EX Gold for Biz Sにはキャッシング機能があります。また、ショッピングで分割払いを利用することもできるので、資金繰りに役立てることが可能です。また、先述したとおり「ご融資金利優遇制度」を利用する場合は金利の負担を抑えることができます。

4.海外出張でも強い味方になる

EX Gold for Biz Sに入会すると、以下の海外旅行保険が自動付帯されます。

  • 死亡・後遺障害補償:5000万円
  • 傷害治療費用:200万円
  • 疾病治療費用:200万円
  • 携行品損害:100万円(免責1事故3000円)
  • 賠償責任補償:2000万円
  • 救援者費用等:200万円

また、国内の主要空港ラウンジと韓国の仁川国際空港、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港も利用できます。こうしたサービスは海外出張の多い仕事であれば役立つでしょう。

国内空港ラウンジはその大半をカバーしているので、海外出張のみならず国内出張でも活用できます。

EX Gold for Biz Sの申し込み

EX Gold for Biz Sの申し込みを考えている方のために、ここでは申し込みの流れや注意点を解説します。

1.対象は個人事業主

先述のとおり、オリコは6種類の法人カードについて、それぞれ想定利用者を設定しています。EX Gold for Biz Sは個人事業主を対象としたカードなので、法人の代表者ならEX Gold for Biz M、多くの社員が利用する法人の場合はオリコビジネスカードを検討しましょう。

2.必要書類と申し込みの流れ

EX Gold for Biz Sのオンライン申し込みの流れは以下のとおりです。

  1. 申し込みフォームの入力・送信
  2. 申し込み内容に基づいた審査
  3. 審査通過後、申込書が届く
  4. 申込用紙・必要書類の返送
  5. カードが届く

オリコ公式サイトの申し込みフォームで必要事項を入力して送信すると、その情報に基づいて審査が行われます。審査に通過すると申込書が届くので、必要書類とともに返送してください。返送する書類は以下のとおりです。

  • 入会申込書
  • 本人確認資料
  • 所得証明書類(必要な人のみ)
  • 個人事業開業届出書または営業許可証(必要な人のみ)

キャッシング枠を希望し、一定の基準に該当する場合は確定申告書や納税通知書などの所得証明書類が必要になります。

また、審査の結果によっては個人事業開業届出書または営業許可証が必要になることもあります。

オリコ法人カードと他のビジネス用カードを比較

EX Gold for Biz Sを検討するにあたり、他社が発行するカードも検討したいという方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここではEX Gold for Biz Sと想定利用者が近いと考えられるカードを3枚、紹介します。

NTTファイナンスBizカード レギュラー セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 三井住友ビジネスカード for Owners クラシック(一般)
年会費(本会員) 無料 1000円
(初年度無料)
1250円
(ネット入会で初年度無料)
年会費(追加カード) 無料(4枚まで) 無料 400円
国際ブランド VISA American Express VISA/Mastercard
還元率 1.0% 0.5% 0.5%
ショッピング限度額 40~80万円 一律の限度額なし 10~150万円※
キャッシングの可否・限度額 海外キャッシング可
(限度額の記載なし)
海外キャッシング可
(限度額の記載なし)
0~50万円※
上位カード ・NTTファイナンスBizカード ゴールドカード ・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード ・三井住友ビジネスカード for Owners ゴールド
・三井住友ビジネスカード for Owners プラチナ

※本会員が個人向けカードを持っている場合は合算されます。

年会費をもっと抑えたいならNTTファイナンスBizカード レギュラー

「NTTファイナンスBizカード レギュラー」は、法人カードでは数少ない年会費無料のカードです。また、還元率が1.0%であるのも大きな特徴です。

法人カードは還元率が0.5%程度に設定されているものが多いので、経費の支払いで積極的にポイントを貯めたいという方には魅力的なカードといえます。

最低限の機能で十分ならセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

手頃な年会費で法人カードとしての機能を利用できるのが「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

特に際立った特徴はありませんが、追加カードが発行可能な点や入会キャンペーンが積極的に行われている点がEX Gold for Biz Sと比べた場合のメリットです。

ランクの高いカードへのグレードアップを想定しているなら三井住友ビジネスカード for Owners

三井住友カードでは、個人事業主向けの法人カードとして「三井住友ビジネスカード for Owners」シリーズを用意しています。

ゴールドカードやプラチナカードは年会費が高くなりますが、その分サービスもクラシックカードより充実しているので、サービスの内容を重視する方はこうした上位カードも検討してみてください。

法人・ビジネスカードのおすすめ14枚はこちらの記事も参考にしてみてください。

この記事のまとめ

EX Gold for Biz Sは年会費が安いにもかかわらずサービスが充実しているため、コストパフォーマンスに優れています。

特にショッピング・キャッシングの限度額が他のカードと比べて高い点は注目に値します。

ただ、従業員用の追加カードを発行できない点やランクの高い上位カードがないというデメリットもあります。

将来、従業員にもカードを持たせることや上位カードに切り替えることを想定している方は、他社カードもあわせて検討しましょう。

FacebookTwitterLine