フリーランスや個人事業主におすすめのETCカードと経費処理の仕方

FacebookTwitterLine

車を使った業務が多いと、高速道路料金なども経費としての割合が増えてきます。

フリーランスや個人事業者でも持てるETCカードを利用すれば、事業用とプライベートの区分がしっかりとします。

また、申告のときに個人用ときちんと分けておけば、必要経費として認められやすくなるのです。

フリーランスや個人事業主でもETCカードは必要

フリーランスや個人事業主でも、自動車の利用が多く高速道路や有料道路を頻繁に使うのであれば、ETCカードは必須でしょう。

高速道路料金は経費として算入するため、法人向けのクレジットカードのETCカードを使う方が会計処理がシンプルに済みます。

それに、ETCカードには一般料金よりも料金がお得になる割引サービスやポイントサービスがあるので、経費削減にもなります。

事業用のETCカードを持つメリットとは

個人用のクレジットで高速料金を払うのではなく、事業用のETCカードで支払うことのメリットはなんでしょうか。

法人向けクレジットカードでETCカードを作ると、

  • 複数枚発行できる
  • 年会費が経費にできる
  • 事業用と個人用の支出が区分され経費の精算が楽になる
  • クレジットカードの特典が受けられる

などが期待できます。

個人カードの場合、ETCカードは基本的に1枚しか発行されませんが、法人向けクレジットカードであれば、カード会社によって異なりますが、事業パートナーなどのために複数のETCカードの発行が可能です。

法人向けクレジットカードやそれの付随するETCカードの年会費などは経費として認められます

事業用と個人用を区別して支払うことができるので、経費の精算や処理がスムーズになることが期待できます。
それに加えて、個人用をきちんと区別していることで、申告時に税務署の印象がよくなり、経費算入が認められやすくなることも期待できるでしょう。

また、法人向けクレジットカードにはポイントサービスに加え、さまざまビジネス向けのサービスがそろっているので、それを利用すれば事業の助けになることもあります。

ETCカードを持つデメリット

もはやETCカードは高速道路や有料道路を利用する上で必須のものといえるので、これといったデメリットはないでしょう。

ただし、ETCカードは基本的にクレジットカードにひも付いていますので、クレジットカードが発行されないと持つことができないのがデメリットです。

フリーランスや個人事業者向けのクレジットカードは、開業するまでに個人として信用情報に傷がなければ比較的発行されやすいといわれています。

それでも不安のある場合は、後で紹介する審査の必要がないETCカードを選択しましょう。

フリーランスや個人事業主におすすめのETCカード

フリーランスの方や個人事業主が持つのにおすすめのETCカードを、次の3種類に分けてご紹介します。

  • ETCカードが発行できる法人向けクレジットカード
  • ETCカードが発行できる個人向けのクレジットカード
  • 審査が不要でクレジットカードが付かないETCカード

ETCカードが発行できる法人クレジットカード

最近の法人向けクレジットカードは、フリーランスや個人事業主でも発行できます。
せっかく選ぶのですから、ETCカードだけでなくクレジットカードとしても特典やサービスが多い優秀なカードを選ぶといいでしょう。

ステータス性と高品質のサービス「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」

年会費 22000円(年間利用額200万円以上で、次年度11000円)
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
ETCカード 1枚無料(ファミリー会員に追加可能)

年会費が22000円でアメリカン・エキスプレスのプラチナカードがもてる、クレディセゾン発行のカード。
ETCカードは入会費用、年会費ともに無料です。

プラチナカードのサービスも魅力です。
24時間365日可能な、レストランやホテルの手配、航空券・JR特急券の予約、海外出発前の渡航先情報の案内(現地レストラン、オプショナルツアー、舞台チケットの予約など)が付帯します。

年会費は22000円と安価な上、年間200万円以上利用すれば次年度の年会費が半額の11000円になるのもうれしいところです。

経費削減にもぴったりの「三井住友ビジネスカード for Owners ゴールドカード」

年会費 初年度無料。次年度以降、11000円(パートナー会員は1人2000円で追加可能)
国際ブランド VISA、マスターカード
ETCカード 1枚無料(前年度に利用がない場合、550円)

満20歳以上の会社経営者(中小企業代表者もしくは個人事業者)が発行できるゴールドカードです。

ETCカードの発行は無料ですが、前年度に1度も利用がないと年会費が550円かかります。

そのほか、レンタカーや引っ越しが割引される「ビジネスサポートサービス」やゴルフプレーの予約代行、福利厚生代行サービスが受けられます。

また、財務会計システム「勘定奉行」と「三井住友法人クレジットカード利用明細」のデータを連携して、経費管理をスムーズにするサービスも用意されています。

なお、一般カード(クラシック)は年会費が1375円、ETCカードは同様に入会費用と年会費が無料ですが、前年度に利用がないと550円の年会費がかかります。

審査が不安&年会費を抑えたいのなら「ライフカードビジネス(スタンダード)」

年会費 無料
国際ブランド VISA、マスターカード、JCB
ETCカード 1枚無料

ビジネス向けのクレジットカードながら、年会費が無料のうれしいカード。
国際ブランドもVISAやマスターカード、JCBから選べます。

もちろん、ETCカードの発行や年会費も無料です。

年会費が無料であるものの、ビジネス向けのサポートが充実しているのが特徴です。
電話、または面談による弁護士の法律相談を1時間無料で受けられたり、福利厚生サービスを優待価格で利用できます。

海外旅行傷害保険などは付帯しませんが、海外アシストサービスがあり、旅行先でケガや盗難などの被害に遭ったときに相談できます。

複数枚のETCカードが必要なら「JCB法人カード」

年会費 1375円(オンライン入会なら、初年度無料)
国際ブランド JCB
ETCカード 複数枚無料

JCBの法人向けクレジットカードには、ビジネスカードと法人カードがありますが、ETCカードを複数枚発行するのなら、こちらの「JCB法人カード」を選択します。

一般カードながら、国内外の旅行傷害保険が最高3000万円まで付帯しています。
ポイントサービスもあり、JCBのOkiDokiポイントがたまります。

Amazonなどの特定加盟店で還元率がアップするポイントサービスもうれしいところです。
たまったポイントは、JCBギフトカードやJAL、ANAのマイルなどと交換可能。

また、法人向けクレジットカードならではの会計ソフトとの連携など、ビジネスカードの入門として最適です。

個人向けのクレジットカードのETCカードを利用する場合

事業用のクレジットカードではなく、個人向けのクレジットカードに付帯するETCカードを利用することも可能です。

ただし、事業と私用の区分がしにくかったり、煩雑になるなどのデメリットがあります。

ここでは、フリーランスや個人事業主でも比較的発行されやすいクレジットカードを紹介します。

フリーランスも多く利用する「楽天カード」

年会費 無料
国際ブランド VISA、マスターカード、JCB、アメリカン・エキスプレス
ETCカード 年会費550円(無料条件あり)

楽天カードの発行条件は高校生をのぞく18歳以上となっているので、フリーランスでも比較的発行されやすいカードといわれています。

ETCカードは年会費550円がかかりますが、楽天PointClubの会員ランクがダイヤモンド会員、プラチナ会員の場合は無料となります。

楽天のサービスをよく利用しているのなら、おすすめといえるでしょう。

ETCカード以外でも楽天カードは、ポイント還元率が高いのが特徴。
通常でも1%の高還元率ですが、楽天市場などの利用では3%と大幅アップします。

また、年会無料ながら、海外旅行傷害保険も付帯しています。

車の利用が多いのなら「JCBドライバーズプラスカード」

年会費 1375円(オンライン入会なら初年度無料)
国際ブランド JCB
ETCカード 無料

車の利用が多い人のためにつくられたのが、JCBドライバーズプラスカード。

高速道路やガソリンスタンドでの利用に対し、キャッシュバックが受けられるのです。
キャッシュバックは月間の利用額によって決まり、最大30%、月額6000円までが戻ってきます。

ETCカードも無料で発行でき、年会費もかかりません。

ENEOSの利用が多いのなら「ENEOSカードS」

年会費 1375円(初年度無料、次年度以降前年の利用があれば無料)
国際ブランド JCB
ETCカード 無料

ENEOSのガソリンスタンドでおトクになるクレジットカード。ガソリンや軽油が、1リットルあたり2円割り引かれます。もちろん、ETCカードも無料です。

年会費は初年度無料で、2年目以降1375円になりますが、年1回以上カードを利用すれば無料ですので、実質年会費無料といえます。

また、毎月のカードの利用料金に応じた割引のある「ENEOSカードC」もあります。

エネオスロードサービス、レンタカー優待、メンテナンス料金割引など、自動車関係のサービスが充実しているのもうれしいところ。

クレジットカードの審査に不安があるのなら、審査のいらないETCカード

ここからは、保証金などがかかりますが、審査のいらないETCカードを紹介します。
こちらはクレジットカードに付帯するものではないので、ETCカード単機能です。

デポジットを払うことで発行される「ETCパーソナルカード」

クレジットカードを発行する必要がないのが、「ETCパーソナルカード」。
通称「パソカ」と呼ばれます。

このカードの最も大きな特徴は、ETCカード発行のための審査がないということ。
申し込み手順さえしっかりと行えば、基本的には誰でも発行することが可能です。

また、クレジットカードは不要という人にも向いています。

ただし、年間費用が発生することに加え、高速道路などの有料道路における、月の平均利用額の4倍のデポジット(保証金)が必要(2万円以上)となります。

また、オンライン申請による発行ができないため、書類などはすべて郵送しなければならない手間もあります。

ETCカード利用での仕訳・勘定科目はどうなるの?

ETCカードを利用した場合の高速道路料金や有料道路の料金は、どうなるのでしょうか。
処理を間違えると、税務署から指摘が入る場合もあるので注意が必要です。

またETCカードの利用では、領収書などが発行されません。
それらについて解説します。

ETCカードの利用は「旅費交通費」が一般的

業務目的でETCカードを利用した場合の経費処理は、一般的には鉄道運賃などと同様に「旅費交通費」に計上します。

ただし、勘定科目の設定は各事業者に任せられているので、ETCカードの利用が多いのであれば、例えば「道路通行料」や「ETC通行料」などの科目をつくってもかまいません。

ETCカードを使った支払いはクレジットカードなどでの先払い(未払い金)になりますので、1000円の利用があった場合の仕訳は次のようになります。

<ETCカード利用時の仕訳>
借方 金額 貸方 金額
旅費交通費 1000 未払金 1000

そして、クレジット決済により普通預金口座より引き落とされたら、次の仕訳をします。

<支払時の仕訳>
借方 金額 貸方 金額
未払金 1000 普通預金 1000

ETC利用は領収書がない!その場合の対処法

ETCカードの利用では、料金所を通り抜けるだけなので領収書などはもらえません。
そのかわりに利用明細書を領収書として利用します。

利用明細書は領収書に必要な情報を満たしていませんが、他の手段がないため慣例として認められています。

利用明細書は、パソコンなどで発行するといいでしょう。 利用明細書を見るためには、ETC利用照会サービスに利用登録が必要です。

その後、手順に応じて、利用明細書を発行します。

そのほかの方法として、サービスエリアやパーキングエリアなどのETC利用履歴発行プリンターを利用することもできます。

なお、クレジットカードに付帯するETCカードを利用している場合は、クレジットカード会社がETCカードの利用明細を発行してくれるので、もう少し簡便にできます。

利用明細にETCカードを利用した日の日付と金額が明記されていれば、領収書代わりとして利用することができます。

業務でのETCの利用を個人のクレジットカードで決済した場合、正確に行うのであれば、一度「事業主借」などの処理が必要となることもあるので複雑になります。

事業主借とは、おもにプライベートの生活費を事業用に移した場合に使う勘定科目です。事業主「から」借りたとイメージします。

青色申告で最大65万円の青色申告特別控除の適用を受けるためには、いわゆる複式簿記での帳簿づけが必要で、これを行わなければいけません。

この記事のまとめ

車をよく利用するフリーランスや個人事業主にとって、ETCカードは必須のアイテムといえます。

事業用としてきちんと区分するには、フリーランスや個人事業主でも発行できるクレジットカードが一番有効です。
利用明細も、クレジットカードの記録を役立てることができ、手間もかかりません。

カードの発行に不安があったり、クレジットカードが不要であれば、保証金タイプのETCカードの選択となります。

現在の事業に合ったカードを選んでください。

FacebookTwitterLine