未経験から技術を身に着けて「一生稼ぐ」

「手に職がつく仕事」と聞いて、皆さんはどのようなイメージを持ちますか?手に職があれば自分の力で稼ぎやすいため、会社や組織に縛られることなく、しかも長く働き続けることができます。「手に職」が注目され続けるのは、そうした理由があるからなのです。

フランチャイズシステムを活用することで
短期間で実践的な技術が習得できる

手に職をつけるのは、従来は簡単なことではありませんでした。しかし最近はフランチャイズ(以下FC)や業務委託といったパッケージを活用することで、効率よく、時流に合った技術を身に付けることができるようになりました。つまり、本部が開発した独自の研修を受けることで、短期間で実践的な「使える技術」を覚えられるわけです。そして一度技術を習得してしまえば、長く働き続けることも可能でしょう。 FCがオススメなのは、技術習得の面だけではありません。FCの看板があることでお客に目を留めてもらえたり、経験年数に関わらず信頼してもらえるケースが多いため、仕事を得やすいメリットもあります。特に「手に職」仕事は顧客の自宅やオフィスなどに出入りして作業するものも多いため、信頼を得ることは非常に大事なのです。未経験から始める人ほど、FCを活用するメリットは多いといえそうです。

本部が案件を紹介してくれることも。
頑張りが稼ぎに直結しやすい!

「手に職」仕事の収益モデルは様々です。最も多いのが、売上の何%かをロイヤリティとして本部に支払い、それ以外は自らの収入となるケースです。また、売上額にかかわらず、毎月一定額のロイヤリティを本部に納めればいい場合もあります。代理店や業務委託では、仕事をするために必要となる商材を本部から仕入れることを条件に、ロイヤリティが発生しないケースも(商材支援といいます)。どの場合においても、仕事をすればするほど自分の実入りは増えるため、頑張りが稼ぎに直結するのは言うまでもありません。 本部によっては、事業が軌道に乗るまでは加盟店に案件を紹介したり、営業同行して新規開拓を手伝ってくれるところもあるので、特に営業経験がない場合は心強いはずです。他にも、加盟者同士で仕事を紹介しあったり、人手が足りない時にお互いヘルプし合ったりと、横のつながりで仕事が発生しやすいこともFCや代理店、業務委託のメリットの1つといえるでしょう。

向上心を持って努力できる人に向く仕事

技術を高めていくことで案件の数も稼ぎも増やしていけるため、向上心がある人はこの仕事に向いているでしょう。現状の技術に満足せず、本部により高度な技術を教わったり、自ら勉強してスキルを高めたりすることで、できることが増え、より多くのお客様へアプローチが可能となります。また、何かをきれいにしたり、修理したりするには地道な作業が欠かせないため、コツコツと努力できるかどうかも非常に重要です。逆に、飽きっぽくて1つのことが長続きしない人や、同じことを繰り返すのが苦痛な人は向いていないかもしれません。器用かどうかも、技術を習得するうえでは大きな問題にはならない場合がほとんどです。 手に職ということで技術ばかりに目がいきがちですが、現場で説明をしたり、作業内容を確認したり、人と会って話すのも大事な仕事ですから、コミュニケーション能力が発揮できる場面も多いでしょう。

技術を身に着けて稼ぐプラン<PR>

技術の習得方法や、ロイヤリティの設定の仕方、仕事をするうえで必要な商材の仕入れの仕方などは業態や本部によって異なります。その仕事を自分に合いそうかを確認するためにも、ぜひ本部説明会に足を運び、自分自身の目で確かめてみましょう。