起業・独立開業の人脈がどんどん広がる! 交流会レポート

人脈がどんどん広がる! 交流会レポート
ベンチャーマッチング交流会(東京都)
構成
増田紀彦
取材・文
鈴木一生
撮影
加納拓也
バックナンバーを読む

ベンチャーマッチング交流会(東京都)

ベンチャー企業の経営者・役員限定! すでに約2000社の人々が参加

その場でアライアンス成立も!
日本最大級の起業家のための交流会

経営者同士をつなげて日本を活性化するために
ベンチャーマッチング交流会(東京都)1

会場はレストランやホテル、カラオケクラブなど毎回変更。今回は芸能人もお忍びで足を運ぶ西麻布の会員制ラウンジ。参加者に様々な空間を体験してほしいという趣向だ

「これからの日本経済を支えるのは間違いなくベンチャー企業です。とはいえ、彼らは、そのままでは生まれたての赤子のようにか弱い存在です。が、その内側には力強い生命力を秘めています。だからこそ、ベンチャーは他社とつながることで競争を勝ち抜く力を得る必要があります。私は魅力ある企業同士をマッチングさせて、新しいビジネスにつなげていきたい、そう思っています。しかし、手作業のように一つ一つのマッチングを設定していては、大きなビジネスチャンスを逃してしまうこともあります。そこで、多くのベンチャー企業が一堂に会する場を設けることを考えました」

そう語るのは経営コンサルタントでもある代表の早川周作さん。昨年1月、実力や将来性あるベンチャー企業約20社に声をかけ、会をスタートさせた。その後、主に紹介を通じて着々と参加企業数が増え、すでにのべ2000社近い企業の経営者や役員が参加した。

「会費は1万円に達する回もあり、ほかの異業種交流会と比較すると高額かもしれません。これは“本気”の人だけに参加していただきたいからです。また、それだけのものを参加者に提供したいと思っています」

早川さんのその言葉に違わず、意欲的な若手経営者が集まる会場は、まさに熱気にあふれている。ベンチャーマッチング交流会という名称のとおり、会の大きな目的は経営者同士をつなぎ合わせ、新たなビジネスを生み出すこと。会場では早川さんが、参加者の小さな声も拾い上げて新たな可能性を形にすべく、精力的に動き回っている。

「マッチングによって取引が成立するケースは非常に多いと聞いています。また、私自身もそれを実感しています。初対面同士でもその場でアライアンスに至ったということも珍しくありません。私のケータイには毎日のように、取引やアライアンスが生まれた参加者から報告やお礼の連絡が届きます」

目指すは日本を動かすベンチャー経済団体
ベンチャーマッチング交流会(東京都)2

今回は特別企画として店内に2カ所の座談会会場を設置。時間内に6回にわたって座談会を実施し、参加者は著名起業家や経営者たちと、熱い意見を交わした

交流会ではマッチングと並行して、学習機会も提供。今回はドクターシーラボを上場に導いたことで有名な池本克之さんら、6人のそうそうたるゲストを招き、交流会参加者たちとの座談会を実施した。

「経営者は常に学ぶ必要性があると思っています。しかし、日々の業務に追われ、それができていないのが現実です。例えばマスコミなど、二次情報で知っている人と実際に会ってみることも大きな勉強でしょう。百聞は一見に如かずというように、得られるものは大きいと思います」

早川さんはこうした月例の交流会のほかにも、10人前後の小規模な交流会を週2、3回のペースで開催している。さらに35歳以下のメンバーを集めた若手グループも発足させた。

「もちろんビジネスマッチングは重要です。しかし、まずは経営者も一人の人間ですから、その意味で相手に評価されることが大切です。参加者にはそう口を酸っぱくして言っています。この会で一生の仲間を見つけてほしい。そうすればビジネスマッチングも自然に始まっていきます」

交流会の開催を通じて自分自身の人脈も飛躍的に拡大したという早川さん。今年中に参加企業を5000社にまで増やすのが目標だと意気込む。

「将来はベンチャー企業に特化した経済団体をつくります。可能性を秘めた新しい人たちに集まっていただきたいです。この団体に入っていないようじゃ“もぐり”だといわれるくらいのものをつくります。それを日本一の経済団体にして、日本経済に影響力を与えていくことが私の夢です。そしてそれは必ず実現させます」

参加方法
  • 参加資格
    ベンチャー企業の経営者、または役員(一方的な営業・宣伝・勧誘などを目的とする人の参加は不可)
  • 日時・場所
    日時:毎月1回(会場はホームページ参照)
  • 参加費用
    1万円前後(食事代込み。各回ごとに異なる)
  • 申し込み方法
    ホームページを参照のうえ、専用フォームから申し込む
    http://www.jlh.jp/
早川周作さんの写真
代表
早川 周作 さん

1976年、秋田県生まれ。高校生時代、父が会社倒産で蒸発したのをきっかけに、法律家を志す。アルバイトで生計を立て夜間大学に進学。その後、行政書士資格を取得し、2006年に日本リーディング総合法律事務所を設立。現在はコンサルタントとして活躍中。

参加者のコメント
  • (株)パジャ・ポス
    池本 克之 さん
    池本克之さんの写真

    今回は座談会のゲストとして参加しています。異業種交流会は名刺交換して終わりというケースが多いですが、この会は得意分野を持つベンチャー同士をマッチングする点で、とてもユニーク。WIN-WINの関係を生み出せる素晴らしい集まりだと思います。それが可能なのは、早川さんがビジネス上のビジョンだけでなく、世の中を良くしたいという心意気を併せ持っているからこそでしょう。

  • 三巳(mimi)
    堀井 菜巳乃 さん
    堀井菜巳乃さんの写真

    花茶の商品企画と販売事業を行っています。この会に初めて参加した時は、パワーある起業家ばかりで緊張しましたが、現在は仲の良い方も増えました。商品企画や販売に関する様々な事例やアイデアに触れることができるので、大きなプラスになりますね。また事業の根幹となるシステム上の悩みに、適切なアドバイスをいただいて解決したことも。ビジネスに関して教わることの多い会です。

  • (株)ジラッファ
    成戸 朗 さん
    成戸朗さんの写真

    ITコンサルティング会社を経営しています。ベンチャーキャピタルに早川さんを紹介されたのをきっかけに参加。実は今年5月に開かれた展示会に出展する際、この会で知り合った企業5社に準備業務を発注。各業界のプロフェッショナルばかりで展示も大成功しました。当社は5年後の上場が目標ですが、そのためのコンサルタントも紹介されました。当社のビジネスには不可欠な交流会です。

  • (株)インクス トゥエンター
    杉本 真吾 さん
    杉本真吾さんの写真

    音楽製作、自動車販売、携帯電話回線販売などの事業を行っています。この会は毎回会場や趣向が違うのでマンネリ感がありません。また早川さんのネットワークの広さにもひきつけられています。おかげで異業種に多数の友人ができ、最近発足した若手グループで盛り上がることも多いですね。仕事上の紹介や契約に至ることも多く、公私にわたって役立つ非常に魅力的な交流会です。


バックナンバーを読む
[2008.08.28]
自分に合った独立開業を探す
独立スタイルから探す
  • 店舗オーナーとして独立
  • 個人事業主・SOHO・フリーで独立
  • 独立開業のノウハウ・サービスを利用
キーワードから探す
キーワードから探す
独立開業に成功した先輩を見る
独立開業に成功した
先輩を見る
独立開業サポート企業 Close-up
独立サポート企業のサポート支援内容の強みを図解で説明。各社の強みを比較してみよう。

ページの先頭へ