アントレ  それぞれの「雇われない生き方」

会社のためより、世のため自分のために働く、という選択

それぞれの「雇われない生き方」

PROFILE

吉田 拳さん(39歳)
(株)すごい改善/東京都中央区

Excel業務改善コンサルタント。メルシャン勤務時代に、営業戦略用のデータ分析を担当。業務効率化のためExcel技術を追究した。2010年に独立。開催するExcel研修は常に満席。著書に『たった1日で即戦力になるExcelの教科書』(技術評論社)がある。

VOL.133  残業時間9割削減も。Excel専門の業務改善

初仕事で「金返せ」。力不足を仲間が埋めた

のセミナーでは、朝10時から夕方まで丸一日、集中してExcelを学んでいただきます。すると何が起こるか。業務の効率化、だけでは終わらないんです。一生懸命3時間かけていた定型作業が1秒で済めば、自分が本当にやりたいことに時間を割ける。頑張るところが違うんじゃない?ってこと、ありますよね。

起業後のスタートダッシュはうまく決まったほうだと思います。在職中からブログで情報発信をしていたおかげで、大企業と顧問契約を結べました。でも、本当に最初の仕事でやらかしてしまった。ある会社から受けた、Excelでマクロを作成する仕事。僕の技術力不足でやりきれず、「金返せ」と苦情が。プロとして認識が甘かったんです。そのお客さんには「このまま一人じゃ、無理ですよ」とも言われました。仲間を増やそうと考えるようになったのはそれからです。給料を払えるだけの売り上げも作らなくちゃって。

今は、4人のスタッフに恵まれています。こんなふうにセミナーにお客さんを集められるのも、僕が講師に集中できるのも、彼らがいてこそ。叱ってくれたお客さんに、今は感謝です。以前は仕事の掛け持ちオーケーにしていましたが、最近ちゃんとしたお給料を払えるようになって、全員を専属の正社員にできました。最近、フリーランサーが離合集散しながらプロジェクトごとに仕事するのが流行ですよね。でも僕にはちょっと。そこに骨をうずめる覚悟のある、本気の人と一緒にいないと、本物の価値を持つビジネスにはならないと思っているんです。

更新日:2016/1/15

構成・文/東 雄介 撮影/刑部友康、阪巻正志
アントレ2015.夏号 「失敗で得たもの 捨てたもの」より

・会員登録がまだの方
会員登録
・アントレnet会員の方
ログイン

他の事例を見る

一覧に戻る

アントレnetに会員登録して独立情報を探そう!

会員登録(無料)

ページの先頭へ