お金の知識が学べるカードローン・カレッジ

生活保護を申請するときに借金はバレる?審査への影響を知りたい

借金があると、生活保護を申請しても断られてしまうのではないかと不安で申請できないという方も多いのではないでしょうか。

結論からいいますと、生活保護が受けられるかどうかの要件に借金の有無はないので、借金が理由で申請できないということはありません。

ただし、借金をそのままにしておくことは得策だとはいえませんので、借金のある人が生活保護を申請するにはどうすれば良いのか、黙っていたらばれないのかなど、借金と生活保護の関係について詳しくお話しします。

また、生活保護を受けているときに新たな借入ができるのか、お金を借りていることがばれてしまうと生活保護はどうなるのかなど、生活保護の疑問についてもお答えします。

\WEB完結なら電話連絡なし/

借金があっても生活保護の申請はできる。法律で禁止はされていない

借金があったら生活保護は受けられないのか?と心配している人は多いですが、生活保護を受けられる要件に、「借金がないこと」という項目はありません。

審査の項目としては、このようなものがあります。

  • 扶養してくれる親族がいない
  • 世帯としての収入が最低限度の生活をするのに足りていない
  • 資産となるものがない
  • 病気や怪我で働くことができない
  • 他の公的支援を受けてもなお生活ができない

つまり、借金があると生活保護の申請はできないという法律はないので、安心してください。

自家用車など、売却して資産にできるものがあれば、申請の前にできるだけのことをするようにいわれます。

また、生活保護の前に利用できる制度はないか、他の公的支援を受けることをすすめられますし、健康で働くことができるなら、仕事探しをしてみるようにいわれるでしょう。

やれるだけのことをやってもなお、最低限度の生活の生活を送ることができないときに、生活保護を受給することができるので、借金があるかどうかは問題ではありません。

もし、「借金があったら生活保護の申請はできません」と窓口で申請を断られたら、それは違法です。断られても、堂々と申請しましょう。困った時には、弁護士や生活困窮者を支援するNPO法人などに相談してみてください。

ただし、借金があることを隠しておくことはよくありません。きちんと申告する必要があります。

生活保護は、毎月の収支を明らかにし、保護費を計画的に使いながら自立の道を目指すための支援です。黙ってやり過ごそうというのはよくないので、正直に相談しましょう。

原則、生活保護費で借金を返済する事はできない

では、生活保護を受けたら、その保護費で借金を返済していけるのかとなると、それは違います。

生活保護は最低限度の生活を保障し、働ける人に対しては自立の道を支援するためのお金です。

また、生活保護費は私たちが納めている大切な税金から支払われています。困窮している人を支援するお金に使われるなら納得がいきますが、それが借金の返済に充てられるのはおかしいと思いませんか?

このような理由で、原則として、生活保護費を借金返済に充てることはできません。

ただし、実は「生活保護費を借金返済に充ててはいけない」と法律の条文に明記されているわけではないのです。しかし適切な使い方ではないということで、ケースワーカーに指導されることになるでしょう。

ですから、今借金の返済が苦しくて、生活保護を受ければなんとかなると考えているなら、それはできないことを知っておいてください。

とはいえ、借金返済が絶対できないというわけでもないので、借金の額が少額で、生活保護費から返済しても問題ないと判断されれば、認められるケースもあります。

不正受給になるのでなければ、返済しても良い場合があるので、まずは黙って申請するのではなく、正直に相談した方が良いでしょう。

生活保護を受けても借金が消えることはない

生活保護を受けられるということは、現在収入がなかったり、収入が少なかったりして、日常生活を維持できない状態だと思います。借金の返済どころではないでしょう。

しかし、生活保護を受けられることと、借金の返済はまた別問題です。

生活保護を受けたからといって、借金がなくなるわけではなく、返済の催促をされることになります。返済から逃れることはできません。

いくら催促されても払うことはできず、なおかつ生活保護費から借金の返済もできないとなると、利子が膨らんで借金の返済がますます困難になる可能性があります。

借金が返済できないときは債務整理を

黙って生活保護費から借金を返済したとしても、生活費に使えるお金が減ってしまうだけで、生活はより困窮してしまうでしょう。それでは、生活保護を受けている意味がありません。

生活保護費の差押は禁止されているので、債権者が強制的に取り立てをすることはできないのですが、債権がなくなるわけではないので催促は続きます。

それでは自立への道も遠のいてしまいますので、返済できないほどの借金を抱えているなら、債務整理をしてスッキリすることをおすすめします。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

という道があります。

生活保護の相談に行ったときに、借金があることを話せば、上記のような方法をすすめられることがありますが、今後のことを考えれば、素直に助言に従った方が良いと考えます。

生活保護は、生きていくために必要なお金を援助し、生活を再建するためにサポートしてくれる制度ですから、借金を抱えたまま新たなスタートを切るのは難しいでしょう。

生活保護を受ける前に、借金問題は解決しておくべきです。

生活保護を申請したら借金はばれるのか?

申請時に黙っていれば、生活保護は受けられる可能性はあります。

というのも、手続きする時に必要なものは特に必要な書類はなく、とりあえず「申請します」という意思表示をして、申請書を書けば申請自体はできるからです。

しかし、生活保護を受けるには、まず担当窓口での相談を促されます。

生活状況のヒアリングをして、生活保護以外に受けられる支援はないか、本当に働くことはできないかなど、十分に調査をした上で、それでも他に選択肢がないときに生活保護を申請しましょう、ということになるからです。

生活保護は最後のセイフティネットであるため、行政側も支給には慎重になっています。

なぜ生活保護を受けなければならないほど困窮しているのか、という点を重点的に聞かれますから、借金を隠し通すことができるのか、ということが問題です。

細々としたことを話していけば、事前相談の段階で借金があることはバレてしまいそうです。

また、申請自体は特別な書類なしでできるのですが、申請をした後に支給額を決めるためにも、さまざまな調査がなされます。

世帯の収入や資産がわかるものの提出を求められることがありますので、たとえば通帳などを提出したら、そこから借金を返済していることがバレてしまう可能性もあります。

実際問題として、最後まで借金があることを隠し通すのは、かなり難しいといえるでしょう。

借金がばれた場合の審査への影響

では、借金があることを黙って申請して、途中でバレてしまったら審査で落ちてしまうのでしょうか。

先ほども説明した通り、「借金をしていること」は審査の要件にないので、借金をしていることが理由で審査に落ちることはないでしょう。

だからといって、借金していることを隠していてもいいかというと、そうではない点に注意してください。

申請をすれば、預貯金の有無など資産状況について調査されます。アルバイト収入など、たとえわずかであっても収入があれば、その分を差し引いた形で生活保護費が支給されるためです。

この調査の時に借金があることを隠してしまうと、虚偽の報告をしたことになってしまいます。うっかり報告し忘れたならまだ良いのですが、悪意をもって隠したとなると不正受給であるとみなされる危険があります。

黙って申請して無事に審査を通ったとしても、その後ばれてしまえば、最悪、支給停止ということもあり得るので、借金を隠しておくことは得策ではありません。

生活保護を受給している間に借金はできるのか

また、生活保護を申請した時点では借金がなかったとしても、その後に困窮してしまう可能性は大いにあります。

住んでいる地域や年齢によって生活保護の金額は違ってくるのですが、例えば新宿区に住む40歳独身の方は、生活扶助と住宅扶助を合わせても、13万円ほどにしかなりません。

最低限度というだけあって、かなりギリギリの生活になると思います。どうしてもお金が足りないという状況は出てくるでしょう。

借金することは禁止されていない

そんな時、借金をしても良いものなのか。法律的には、生活保護受給中に借金をしてはいけないという規定もないですし、生活保護受給者にお金を貸してはいけないという決まりもありません。

ですから、生活保護受給中でもお金を借りることは、法律的には可能です。

法律で禁止されているのは、過剰貸付です。貸金業法には、返済能力があるかどうかを調査し、年収の3分の1以上を貸し付けてはならないという決まりがあります。これを総量規制といいます。

返すあてのないお金を貸してはいけませんが、生活保護を受けているから貸してはいけないという規定はないのです。

SMBCモビット

SMBCモビットは最短即日融資可能でお急ぎでも安心!利用開始まで簡単3ステップです。web完結なら電話連絡なし、郵送物なしなので誰にもバレずにお金を借りたい人に大人気!

※SMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。

SMBCモビット
金利
3.0〜18.0%
審査時間
Webで最短30分
バレ対策
利用可能なコンビニ
LAWSONFamilyMartSEVENELEVEN

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

本日中に借入する場合
あと

借金は収入になる

しかし、生活保護受給中に借金をすることは、決しておすすめしません。困ったことがあれば、他の方法を探した方が良いでしょう。

なぜなら、借金は収入とみなされるからです。

生活保護受給中は、毎月、収支の報告が必要ですし、定期的にケースワーカーが家庭訪問をして生活状況の調査をします。その時に、借金があるということになれば、その分の生活保護費を削られてしまいます。

例えば、15万円受給している人が、3万円の借金をすれば、差額の12万円しか支給されないことにになってしまいます。

生活が苦しくて借金したのに、その分の生活保護費を引かれてしまったら、本末転倒ではないでしょうか。

消費者金融や銀行カードローンは審査がほぼ通らない

消費者金融などは、「即日融資可能!」と謳っているカードローンもあるので、申し込んだらすぐに借りられるのではないかと思っている人もいますが、審査を通過するのはなかなか難しいでしょう。

銀行カードローンは、消費者金融と比べると金利が低めな分、審査が厳しいです。

また、消費者金融もビジネスでお金を貸している以上、返済能力のない人にお金を貸してくれるところはありません。

安定した収入があることが条件になっているところがほとんどですので、生活保護を受ける状態で借入をするのは非常に難しいです。

会社員以外で申し込める消費者金融なら借りられる可能性はある

ただし、審査を通過する可能性が、全くないわけではありません。

もし収入が低くても、アルバイトをしていれば、仕事をしていると申告ができるので、審査に通過する可能性は高いです。

また、今はまだ勤めていない人も、会社員ではなく個人事業主として申し込むことで審査を通過できるかもしれません。

素直に無職だと申告すれば審査には落ちますが、個人事業主であれば本人への連絡のみで会社への在籍確認も省略されるケースが多いです。

ただし、確定申告書の写しなど、収入のわかるものを提出してくださいと言われるケースもゼロではないので、100%通るかといえばそうではないのですが、通る可能性は少し高くなります。

くれぐれも、勤めていない会社名を書くなど、虚偽の申告だけはしないでください。

借入金額を50万円以下にする

提出書類を少しでも少なくする方法として、借入希望金額を50万円以下にするという方法があります。

本来は、収入を証明する書類などが必要なのですが、借入金額が50万円以下の場合と、他社の借入の合計が100万円を超えない場合には、収入に関する証明が不要になるのです。

銀行カードローンは、申し込み金額にかかわらず収入証明書の提出を求められるケースもありますが、消費者金融であれば不要としているところが多いので、申し込むなら消費者金融カードローンの方が審査を通過する可能性は高いでしょう。

ケースワーカーの訪問調査をうまく切り抜けるコツ

無事に審査を通過し、お金を借りられたとして、ケースワーカーの訪問調査でバレてしまったら、元も子もありません。

訪問調査の時に、「通帳を見せてください」と言われますので、通帳を見られれば消費者金融から振込があったことがバレてしまうでしょう。

ですから、通帳には記録が残らないようにしなくてはなりません。

借りる時には口座振込ではなく、コンビニATMで引き出しができるところを選びます。

また、返済も口座引き落としではなく、ATMから直接できるところを選べば、通帳に記録が残りません。

最近では、借入も返済も全てスマホアプリでできるカードローンがありますので、通帳に残らない方法を選べばバレる可能性は低くなります。

困った時はケースワーカーに相談するのが一番

どうしても今お金が必要で、なんとか借りられないだろうかと悩んだ時は、まずケースワーカーに相談してみてください。

生活保護の前借りはできないものの、一時扶助など利用できるものがないか、相談に乗ってくれるでしょう。

黙っているのが一番よくありません。ばれた時に心象が悪くなりますし、もし黙って借りてしまったのなら、正直に話しましょう。

なぜお金が必要だったのか、事情によっては保護費からの返済も認めてくれるかもしれません。

闇金だけは利用しない!

消費者金融も、銀行も、定職がなく生活保護を受けていると知っていれば、お金を貸すことはまずありません。

ですから、「生活保護受給中でも、誰でも借りられる」と宣伝しているような業者は、闇金業者の可能性が高いです。

闇金からだけは、絶対に、借りないようにしてください。

ただでさえ生活が厳しいのに、悪徳業者の借金などを重ねてしまったら、本当に人生が破綻してしまいます。

借金がケースワーカーにばれた場合どうなるか

それでも、借金をしていることがバレてしまったら、先ほども説明した通り、収入があったとみなされてしまいます。

収入があればその分保護費から差し引かれますので、受給額が減ってしまうということです。

借金は返さなくてはいけない、保護費も差し引かれる。借金をすることがいかにデメリットになるか、おわかりいただけると思います。

本当にどうしようもない場合もあると思うのですが、生活保護受給中はできるだけ借金をしない方が良いでしょう。

繰り返しになりますが、やむを得ない事情でお金が必要になったら、担当のケースワーカーに正直に相談するのが一番です。

生活保護を申請するなら借金はないのがベスト

生活保護を受けるための要件として、借金の有無は問題とされません。借金があるからといって、生活保護が申請できないということはないので、安心してください。

ただし、借金がそのままでいいかというと、そうではありません。

生活保護の審査に通ったとしても、生活保護で借金を返済することはできませんし、かといって借金がなくなるわけでもないからです。

借金の額によっては、生活保護の相談をする段階できちんと整理することをすすめられるかもしれません。

また、生活保護を受給しながら借金をするのもやめておきましょう。カードローンの審査に通る可能性はゼロではありませんが、生活保護を受けながらさらに借金を増やすのは、さらに生活が苦しくなるだけです。

また、黙って借金をしたことがばれると、その分生活保護費が引かれてしまいますし、最悪、支給停止もあり得ます。借金はきれいにし、生活保護を受けた後は新たな借金も作らずに、自立に向けて頑張ってください。

SMBCモビット

SMBCモビットは最短即日融資可能でお急ぎでも安心!利用開始まで簡単3ステップです。web完結なら電話連絡なし、郵送物なしなので誰にもバレずにお金を借りたい人に大人気!

※SMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。

SMBCモビット
金利
3.0〜18.0%
審査時間
Webで最短30分
バレ対策
利用可能なコンビニ
LAWSONFamilyMartSEVENELEVEN

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

本日中に借入する場合
あと

借入先検索

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。(複数可)

借入条件
職業
審査時間
借入額

関連記事