お金の知識が学べるカードローン・カレッジ

総量規制対象外のカードローン解説。オーバーして借りれるのは?

カードローンにはたくさんの種類がありますが、何を基準に選ぶかは人それぞれですよね。金利、借入限度額、融資までにかかる時間、周囲へのバレにくさなど、検討するうえでいろんなポイントが考えられます。

中でも、借入額を重視したい方が気になるのが、総量規制ではないでしょうか。

この記事では、総量規制の概要をご説明し、総量規制の金額を超えた借り入れをしたい場合はどうすればよいのかをお話します。

総量規制対象外で、なおかつ融資スピードにも優れたオススメのキャッシングもご紹介しますので、大きめの金額を借りたい方はご参考にしてくださいね。

記事のポイント

  • 銀行は総量規制対象外だけど自主規制で同程度の借入しかできない
  • 総量規制対象外なのに即日融資も可能なおすすめカードローンがある

総量規制を簡単に解説!対象外となる貸付もあります

はじめに、総量規制とはどのようなルールなのか、その概要から見ていきましょう。

総量規制とは、借入総額を年収の1/3までにする規則

総量規制とは、貸金業者に対して返済能力を超えた貸し付けを禁止し、多重債務等の問題を解消することを目的とした規則で、年収の1/3を超える貸し付けを規制するものです。

総量規制説明画像1

つまり、借りる人は年収の1/3までしか融資を受けられないというわけですね。

また、年収の1/3までに収めるのは「借入総額」です。複数の業者から借入をしている場合、それらすべての総額を年収の1/3以下にしなくてはならないのが、総量規制です。

総量規制説明画像2

これは年収を基準にした規制ですから、年収がゼロなら借入可能額もゼロとなります。したがって、収入のない無職の方はカードローンを利用できないということになります。

銀行などの金融機関は総量規制対象外

ただし、総量規制には例外となる借り入れもあります。総量規制は貸金業者からの借り入れを対象としたルールなので、これに該当しない下記のような借入先は対象外となります。

  • 銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 労働金庫 等

したがって、これらの金融機関では年収の1/3以上の借り入れも、法律上は可能です。

住宅ローンや高額療養費などは総量規制から除外される

また、「除外貸付け」とされる貸付なら、返済能力があると認められれば、年収の1/3を超えても貸金業者から借りることができます。

除外貸付けの具体例としては、下記のようなものがあります。

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 高額療養費
  • 有価証券を担保とする貸付け
  • 売却予定のある不動産の売却代金で返済される貸付け 等

おまとめローンや配偶者貸付などは例外

さらに、下記のような性質の「例外貸付け」も、やはり特例として年収の1/3以上の借り入れが可能です。

  • 顧客に一方的に有利となる借換え(おまとめローン)
  • 医療費の支払いのための貸付け
  • 配偶者と合算した年収の1/3以下の貸付け(配偶者貸付)
  • 個人事業主(新規事業で個人事業主になる場合も含む)に対する貸付け
  • つなぎ融資 等
複数のローンをまとめて月々の返済額を減らす、金利を下げて返済総額を減らすなど顧客に有利になる借り換えなら、消費者金融でも総量規制の例外として年収の1/3以上を借りられます。いわゆる「おまとめローン」と呼ばれる商品が、これに該当します。

銀行は総量規制対象外だが自主規制が行われている

先にお伝えした通り、銀行や信用金庫などの金融機関は、総量規制の対象外です。というのも、総量規制は貸金業者を対象とした「貸金業法」に定められているものだからです。「銀行法」が適用される銀行や信用金庫等は、貸金業法は適用されないというわけです。

とはいえ、銀行カードローンならいくらでも借りられるわけではありません。

かつて銀行カードローンについては、安易な借り入れや返済能力を超えた貸し付けを促しかねない問題を金融庁から指摘され、今ではどの銀行も自主規制を行っています。

したがって、銀行でも総量規制と同程度の借り入れしかできないと考えた方が良いでしょう。

また、銀行カードローンは即日融資に対応していません。お急ぎの方は、最短即日融資に対応している消費者金融の方が適しています。

少しでも早く借りたい方には、こちらの記事今すぐお金が必要を参考に、即日対応可能なカードローン商品を探してみてください。

総量規制対象外なのに即日融資も可能なおすすめカードローン

先述の通り、消費者金融は融資までのスピードも早く利便性に優れていますが、総量規制が適用されるので、より多く借りたい方は選択肢から外しがちです。

とはいえ、消費者金融でも例外貸付けや除外貸付けを利用すれば、急いでたくさん借りたい方のニーズも満たすことができます。ここからは、即日融資も可能なオススメの消費者金融の中から、総量規制対象外のカードローンをご紹介します。

プロミスの自営者カードローンは総量規制対象外

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)には「自営者カードローン」が用意されており、これは一般的なフリーキャッシングと違って総量規制対象外となります。

利用できるのは自営業を営む方や個人事業主のみですが、返済能力が認められれば年収の1/3を超える借り入れも可能で、もちろん最短で即日融資にも対応しています。

項目 内容
最大融資額 300万円
金利 6.3%~17.8%(実質年率)
申し込みできる人 20歳以上65歳以下の自営者
資金使途 生計費および事業費に限る
必要書類 ・本人確認書類
※運転免許がない場合は健康保険証またはパスポートが必要
※外国籍の方は在留カードまたは特別永住者証明書も必要
・収入証明書類(個人事業主の方は確定申告書)
・事業実態を疎明する書類

アコムには個人事業主向け商品がある

アコムには一般的なカードローンのほか、「ビジネスサポートカードローン」が用意されており、個人事業主の方なら総量規制対象外であることが公式サイトに明記されています。

しかも、即日融資も可能ですから、急に事業資金が必要になったときにも頼りになります。

資金使途は自由なので、事業資金以外に使うこともできますよ。

ただし、このビジネスサポートカードローンは、法人格のある自営業者は対象外となっています。あくまでも個人事業主を対象とした商品ですので、ご注意ください。

項目 内容
最大融資額 300万円
金利 12.0%~18.0%(実質年率)
※融資額100万円以上の場合12.0%~15.0%
申し込みできる人 業歴1年以上の個人事業主でアコムの基準を満たす方
資金使途 自由
必要書類 直近1期分の「確定申告書B(第一表)(写し)」
(収受日付印が押印されたもの)
※契約極度額が100万円超の場合は、
直近1期分の「青色申告決算書(写し)」または
「収支内訳書(写し)」も必要

アイフルには総量規制対象外のローンが2種類もある

さらに、アイフルには「事業サポートプラン」として、無担保で借りられるものと不動産を担保にするものの2種類があり、いずれも慎重審査に通れば年収の1/3以上の融資が可能です。特に不動産担保型は、状況によっては最大1億円という大金の融資も可能です。

この商品は総量規制を超えた大きな金額にもなり得るため、審査は厳しめになります。より申し込みがしやすい消費者金融をお探しの方は、「審査が甘いカードローン」記事を参考にしてくださいね。

それぞれに個人プランと法人プランが用意されており、個人事業主の方でも法人経営者の方でも申し込みが可能です。

無担保ローン(法人プランは除く)なら、WEB契約を選択することで来店せずとも借り入れが可能なのも、嬉しいメリットですね。

項目 無担保ローン 不動産担保ローン
最大融資額 500万円 1億円
金利 3.0%~18.0%(実質年率) 3.0%~12.0%(実質年率)
申し込みできる人 個人事業主または法人 個人事業主または法人
資金使途 事業資金
(運転資金・設備投資資金)
事業資金
(運転資金・設備投資資金)
必要書類 ・本人確認書類
【個人事業主】
・確定申告書
・事業内容確認書
【法人】
・2期分の決算書
・商業登記簿謄本
・本人確認書類
【個人事業主】
・確定申告書
・事業内容確認書
・不動産登記簿謄本
・公図
・名寄せ台帳または
固定資産評価証明書
【法人】
・2期分の決算書
・商業登記簿謄本
(発行日より3ヶ月以内)
・不動産登記簿謄本
(発行日より3ヶ月以内)
・公図
・名寄せ台帳または
固定資産評価証明書

複数の借り入れがあるなら総量規制対象外の借り換えがオススメ

前章では、総量規制対象外のローンの中でも、配偶者貸付や事業者向けの商品をご紹介しました。

ここからは、いわゆる「おまとめローン」についてご紹介します。これは「顧客に一方的に有利となる借換え」に該当するため、例外貸付けとして年収の1/3以上の融資も可能となるのです。

すでに複数の借り入れを抱えている方は、1社にまとめることで返済の一本化ができ、金利が下がって返済総額も減らせるメリットがあるので、大変オススメです。

そんなおまとめローンのなかから、2社のおまとめローン商品を紹介します。

プロミスの「おまとめローン」は金利が低め

はじめに、SMBCコンシューマーファイナンス プロミスの「おまとめローン」から見ていきましょう。

おまとめローンの特徴として、他の消費者金融やクレジットカードのキャッシングをひとつにまとめることができますが、銀行カードローンやクレジットカードのショッピングは対象外です。

また、資金使途は返済に限られていますので、ご注意ください。

項目 内容
最大融資額 300万円
金利 6.3%~17.8%(実質年率)
申し込みできる人 20歳以上65歳以下の本人に安定収入のある方
資金使途 他の貸金業者からの借入金返済に限る
必要書類 ・本人確認書類
※運転免許がない場合は健康保険証またはパスポートが必要
※外国籍の方は在留カードまたは特別永住者証明書も必要
・収入証明書類
※個人事業主の方は確定申告書が必要

アコムにも借り換え専用のローン商品が

次に、アコムの「貸金業法に基づく借換え専用ローン」をご紹介します。

こちらもプロミスのおまとめローンと同様に、資金使途は借り換えのみとなっています。

項目 内容
最大融資額 300万円
金利 7.7%~18.0%(実質年率)
※100万円以上の借入の場合は7.7%~15.0%
申し込みできる人 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で
アコムの基準を満たす方
資金使途 貸金業者債務の借換え
必要書類 ・本人確認書類
・収入証明書類

※ネットより申込後、お電話でおまとめローンへの切り替えをお伝えください。

\賢い人はもう使ってる/

総量規制対象外の借入は多種類ある!例外/除外貸付けを有効に使おう

総量規制の概要と、総量規制オーバーでも借り入れ可能な商品をご紹介してきました。

原則、消費者金融のカードローンは総量規制の範囲内でしか融資を受けられませんが、総量規制とは借り過ぎて返済に苦しむ人を減らすために作られた規則なので、事業資金や高額療養費など必要な融資で、なおかつ返済さえできるのであれば対象外となるのです。

また、複数のローンを一本化して返済額を減らすおまとめローンも、総量規制の本来の目的に適うため、年収の1/3以上の借入も可能となっています。

すでにいくつかローンを抱えている方には、大変おすすめですよ。

このように、消費者金融であっても、総量規制の金額を超えて借りられるケースはいろいろあります。たくさん借りたい方は、ぜひ例外や対象外に該当する属性がご自分にないか確認してみてくださいね。

借入先検索

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。(複数可)

借入条件
職業
審査時間
借入額

関連記事