お金の知識が学べるカードローン・カレッジ

カードローン審査の裏ワザ。審査に落ちる原因や通過率をあげるには

カードローンできるだけ早くお金を借りたい、確実に借りる方法はないだろうか?と思っている人にとって、審査をスムーズに通過できるかどうかは、切実な問題ですよね。

絶対に借りられるカードローンはないものの、審査に落ちにくくする方法ならあります。

そこで、カードローンの審査ではどのような点をチェックされているのか、審査の通過率をできるだけ上げるにはどうすれば良いのか、審査通過のポイントについてまとめました。

年収が低い、専業主婦だから、など不安要素を抱えている人にぜひ参考にしていただきたいです。

何をチェックしているの?カードローンの審査基準

カードローンを申し込む時に必要な項目は以下の通りです。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 勤め先
  • 年収
  • 勤続年数
  • 家族の情報(既婚、未婚など)
  • 持家か賃貸か

このような情報をスコア化して審査をします。ただ、それぞれの項目について、どのような内容であれば審査を通るのか、その基準はわかりません。

カードローン各社とも、審査基準の詳細は公表していないからです。公表してしまうと、審査を通過するために虚偽の申告をされる可能性もあるため、一切わからないようになっています。仮に聞いても、答えてはもらえません。

ただ、審査を通過しやすくなるポイントはわかっています。

各社とも、「安定して、継続的に収入を得ていること」を重視しており、雇用形態や収入の高さは問題にしていないことが多いです。

また、年収が高くても、転職したてや起業したての人より、一つのところで長く働いている人の方が有利になることがあります。

パートやアルバイトですと年収が低いため、審査に通るかどうか不安という方もいると思いますが、金額だけで審査に通らないということはなさそうなので、安心してください。

カードローンの審査に必要な書類

カードローンの審査では、本人確認の書類が必須です。社員証などではなく、公的な身分証明書が必要です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民票の写し
  • 年金手帳
  • 在留カード
  • 公共料金の領収書

など。

これらの書類のうち、1点または2点を提出します。カードローン会社によって求められる書類、点数が違いますので、事前にしっかり確認しましょう。

また、収入証明書が必要となる場合があります。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 課税証明書

などです。

返済能力があるかどうかを見るためですが、そもそも源泉徴収票をもらっていない、急いでいるから用意するのが面倒という場合には、不要にすることも可能です。

  • 借り入れ希望額を50万円以下にすること
  • 他社との借入合計額を100万円以下にすること

この場合は、収入証明書を省略できます。

くわしくは、こちらの記事「収入証明書不要で即日融資のカードローン3つ!不要にする方法とは」でも解説しています。

収入証明書不要で、なるべく早く借りられるカードローンはない?と探している方は、参考になるでしょう。

カードローンの申込から契約までの流れ

カードローンには、さまざまな申込方法が用意されています。

  • インターネット
  • 電話
  • 郵送
  • 店舗
  • 自動契約機

などがありますが、現在はインターネットが主流です。スマホのアプリを使えば、パソコンを持っていなくても申し込みから借り入れまで、全てできてしまいます。

申し込みをするとすぐに審査が始まり、短いと30分程度で結果がわかる場合もあります。

入力された情報をもとに、本人確認書類などと照らし合わせ、信用情報機関へ照会をし、勤め先への在籍確認を行います。具体的な流れは公表されていませんが、在籍確認は審査の終盤で行われることが多いようです。

なお、勤め先に電話をしてほしくないという人は、こちらの記事「在籍確認なしのカードローンはある?電話連絡なしの申込手順」をご覧いただければ、在籍確認の電話をなしにできる可能性がありますよ。

カードローンの申し込みがバレないようにするには

職場はもちろんのこと、家族にも借り入れがバレないようにしたいと思っている人もいるでしょう。

通常の申し込み方法ですと、契約手続き後にローンカードが送られてきます。その郵送物で家族にバレてしまう可能性があります。

誰にもバレずにカードローンを利用するには、在籍確認を電話以外の方法で対応してくれる、なおかつ郵送物なしにできるカードローンを選びましょう。

こちらの記事「ばれないカードローン3選!ここが家族や会社に内緒で借りれる理由」では、手続きがWEB完結でバレにくいカードローンをご紹介していますので、バレずに借り入れするコツがわかります。

審査なしのカードローンを探したい

できれば、審査などなしにスムーズに借り入れできるカードローンはないだろうか?と思うかもしれませんが、残念ながらそのようなカードローンはありません。

カードローン会社がなぜ審査を行うのか、それは返済能力を見るためであり、その調査をすることは法令で義務付けられています。

過剰貸付を防ぐ意味もありますので、審査をしている会社こそが正規の金融業者であり、安心できる会社だともいえるのです。

中には「審査なし」「誰でも借りられる」と甘い言葉で勧誘してくる会社もありますが、そのような会社は法令を守らない闇金業者である可能性が高く、借りるのは非常に危険です。

審査なしの業者を探すのではなく、審査を通過するためにはどうすればいいか?ということを考えて借入先を選ぶ方が良いでしょう。

審査が甘いカードローンはある?

それでも、年収が低い、仕事が不安定などの理由で、なるべく審査が甘いカードローンを選びたいという人もいると思います。カードローンに落ちたなどの口コミを見ると、不安になりますよね。

しかし、審査なしのカードローンがないのと同じで、審査が甘いカードローンも残念ながらありません。

ただし、審査が早いカードローンならあります。消費者金融カードローンは、銀行カードローンと比べると審査も早く、最短で即日融資が可能です。

また、銀行カードローンは在籍確認がほぼ必須ですし、審査も比較的厳しく、パートやアルバイトですと落ちてしまうこともあります。

その点、消費者金融カードローンは在籍確認の電話も柔軟に対応してくれる可能性もあり、雇用形態にかかわらず「安定した収入があればOK」と明記されているところもあるので安心でしょう。

こちらの記事、「カードローンで審査が甘いのは?厳選した借りやすい3社はこちら」をお読みいただくと、審査をスムーズに通過するためのポイントが分かります。

ポイントを押さえて申し込もう!審査落ちする原因と対策

それでも審査落ちしてしまう、なかなかカードローンの審査を通過できないという人は、何かしら落ちる原因があるはずです。

その原因によってしっかり対策しておかないと、何度も申し込んでは審査に落ちる「申込ブラック」という状態になるので気をつけたいところです。

どのような原因と対策が考えられるか、タイプ別にまとめました。

派遣社員は在籍確認のクリアがカギ

派遣社員では、カードローンの審査に落ちてしまうかも…と不安になる人もいると思いますが、消費者金融カードローンなら、派遣社員だという理由で落ちることはありません。

正社員より年収が低いことも気になるかもしれませんが、収入は「安定」していることが大事です。金額が重視されているわけではないので、安心してください。

ただ、派遣会社に登録しているだけでは審査を通過しづらいです。実際に仕事をしていることが重要ですので、クリアすべきは在籍確認です。

派遣社員の審査通過のポイントは、こちらの記事「カードローンで派遣社員が知っておくべき在籍確認の6つのポイント」を参考にしてください。在籍確認をスムーズにクリアする方法がわかります。

アルバイトでも借りられる?

アルバイトやパートですと、そもそも申し込みもできないのでは?と思っている人が多いのですが、そんなことはありません。大手の消費者金融では、公式サイトにも「アルバイト、パートでも申込可能」と明記しているところがあります。

同じ職場で何年も働いていれば、転職したての人や個人事業主よりも有利な場合がありますので、アルバイトだからという理由で諦めなくても大丈夫です。

年齢要件や在籍確認も大事なポイントですので、不安な方はこちらの記事「アルバイトOKのカードローン厳選3社!審査に通るコツを解説」を参考にしてください。融資の早いカードローンもわかります。

学生は年齢や収入がポイント

学生でも、一定の条件を備えていればお金を借りることができます。ただし、年齢やアルバイトの有無によって、申込先は選ぶ必要があるでしょう。闇雲に申し込んでも審査落ちしますので、気をつけてください。

20歳を過ぎていて、定期的にアルバイト収入があれば、消費者金融カードローンも利用できますが、未成年ですと難しいです。年齢要件を満たせないので、申し込みすらできないでしょう。

他に方法がないか?と思う人は、カードローンに申し込んで審査落ちする前に、こちらの記事「学生がお金を借りるには?即日に借りる8つの方法」をよく読んで、申込先を検討してください。

専業主婦がお金を借りる方法

専業主婦は立派な職業ですが、収入がないという点で、消費者金融カードローンでは不利になります。収入を「0円」で申告すれば、審査には通らないでしょう。

しかし、お金を借りる方法は消費者金融だけではありません。どうしてもすぐお金が必要だというときには、クレジットカードのキャッシングを利用したり、質屋を利用したり、お金を借りる方法はいろいろあります。

また、銀行カードローンなら借りられる可能性があります。

ローンなので当然審査はありますが、夫にも内緒で借りられる場合がありますので、気になる方はこちらの記事「専業主婦でも借りれるカードローン!旦那に内緒でお金を借りるには」をご覧ください。

年金は立派な収入!

年金を受給中で働いていない人は、仕事をしていないから審査に落ちるのでは?と思われがちですが、要件を満たせばお金を借りられます。

カードローンで大事なことは、安定的、かつ、定期的に収入があるかということです。年金受給者は確かに仕事をしていない人が多いですが、年金は2ヶ月に1度確実に振り込まれる、立派な収入です。

こちらの記事「年金受給者OKのカードローン。即日で審査不安でも申込できるのは?」では、急いでお金を借りたい年金受給者におすすめのカードローンをご紹介しています。

カードローン以外の借り入れ方法もあわせてご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

無職やニートが審査に通る方法

仕事をしておらず、収入がない人は、カードローンに申し込んでも審査を通過するのは難しいです。

専業主婦と同様に、収入を「0円」で申告すれば、審査に落ちるでしょう。

ただ、審査を通過するコツがないわけではありません。今は仕事をしていなくても、申し込み時点で「仕事をしている状態」であれば、借りられる可能性はあります。

審査は必ずありますので、通過するための対策も含めて、こちらの記事「お金を借りる方法。どうしてもお金が必要なときの最終手段」を参考にしてください。

どこからも借りられない!ブラックリストとは?

いわゆるブラックリストの状態になってしまうと、どこからもお金を借りることができません。

信用情報に事故記録のあるブラックの人が、新たにカードローンの借入をするのはほぼ無理です。申し込んでも落ちてしまうでしょう。

しかし、複数の借入があり、返済も厳しくなってきた人にとっては、債務整理をする前にもう少し返済を楽にする方法がないかを知りたいですよね。

こちらの記事、「【最短即日】ブラックでも借りれるところ。お金を借りたいときの手順」ではブラックでもお金を借りたい時にはどうすれば良いかを解説しています。

事故記録の保管期間は5年ですので、この間に少しでも返済を頑張りましょう。事故記録が消えれば、おまとめローンを利用して返済を楽にできる可能性があります。

生活保護を受けながら審査を通過するには?

生活保護は、仕事がなくなり、生活できなくなった人のためのセイフティネット。生活再建のための頼れる国の制度です。

しかし、申請したけれど受け付けてもらえないなどネガティブなニュースも目にしますので、本当に受給できるのだろうか?と不安な方もいると思います。

まずはこちらの記事、「生活保護でもらえる金額と申請方法。条件や計算をわかりやすく解説」をご覧いただくと、手続き方法やもらえる金額の目安がわかります。

生活保護は最低限度の生活を保障するものなので、正直、それほど生活に余裕はありません。受給中に病気などしてしまうと、さらに生活が苦しくなることも。

しかし、そんな時でも、お金を借りるのはとても難しいです。

カードローンには審査もありますし、借りられたとしても、ケースワーカーの訪問調査で借金がバレると収入とみなされ、その分が保護費から引かれてしまいます。

そうならないようにするにはどうすれば良いか、こちらの記事「生活保護受給者でもカードローンは融資可能?イチオシです。」を参考にしてください。

借りられる金額には制限がある!総量規制とは?

仕事と収入があって、返済能力があればいくらでもお金を借りられるかというと、そうではありません。

総量規制という決まりがあり、年収の3分の1以上は借りられないようになっています。カードローンの審査で年収を申告するのは、そのためです。

しかし、どうしても多額のお金が必要な時は、こちらの記事「総量規制対象外のカードローン解説。オーバーして借りれるのは?」を参考にしてください。総量規制以上の借入をする方法がわかります。

カードローンの審査は条件をしっかり確認すればスムーズに通過できる

カードローンの審査で落ちてしまうのは、申し込み条件に合っていないことが主な原因です。

申し込み時に年齢や勤め先、家族状況などを入力しますが、「安定的に、継続して収入を得ているかどうか」が審査の重要なポイントですから、その点をクリアできないと審査を通過できないでしょう。

また、必要な書類が揃っているか、在籍確認がクリアできるかなども大切なポイントです。どのカードローンも、申し込み要件や手続きの流れなどが公式サイトに明記されています。書いてあることを守ることが審査通過にはとても重要です。

カードローン審査の裏ワザ
閉じる
バレずに借りられる