お金の知識が学べるカードローン・カレッジ

今すぐお金が必要なら!即日で借りる・現金を手に入れる方法

仕事をしている人でも、急な出費が重なって、次の給料日まで余裕がない、どうしても今すぐお金が必要だという時がありますよね。

しかし、借入をしたことがないと、お金はどこで借りられるのか、いくらくらい借りられるのかなど、借入の方法すらわからないと思います。

そこで今回は、数々ある借入の方法をご紹介するとともに、今すぐお金を借りる方法についても説明します。

また、借入をするときに注意してほしいことについてお話ししますので、借入が初めての方でどうしてもお金が必要という方は、は是非参考にしてください。

審査をスムーズに通過するために、どのような審査があるのか、提出するする必要のある書類は何かなど、よく理解してから申し込むことが大切です。

\お急ぎの方はこちら!/

最も早く現金が手に入る可能性があるのはカードローン

様々なお金を借りる方法がありますが、今すぐお金が必要な人が取れる方法として、最も現実的なのが消費者金融のカードローンを利用することです。

なんとか今日中にお金を借りることができないか、とお悩みの方は、まずカードローンの審査の方法などを知っておきましょう。

消費者金融カードローンはネットから申込可能

審査が早くなるポイントとして、消費者金融カードローンは、そのほとんどがインターネットから申し込みが可能で、手続きが全てネットで完結します。

わざわざ店舗に出向く必要がありませんので、急いでいる人は申し込みやすいでしょう。

必要書類が揃っていれば審査もスムーズ

消費者金融カードローンの審査が早いとはいえ、基本的には本人確認書類とともに、収入証明書が必要です。

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムを例にしますと、

  • 借り入れが50万円を超える場合
  • 他社と合わせた借入額が100万円を超える場合
  • 前回の借り入れ(収入証明書提出)から3年以上経過している場合

このようなときに、収入証明書が必要となります。

なお、収入証明書の提出は、店舗に持参する他、スマホで撮影した画像をアップロードすることもできます。場合によっては、申し込み金額にかかわらず収入証明書が必要となることもありますので、手元に用意しておいた方が安心です。

総量規制が適用されることを覚えておいて!

キャッシングのところで説明しましたが、お金を借りるときには、法令によって総量規制が適用されます。

消費者金融のカードローンも貸金業法によって融資が行われるため、「年収の3分の1までしか借りられない」という制限があります。

この「3分の1」というのは、1社だけの割合ではなく、全ての借入金を含みます。

ですから、消費者金融カードローンときに、他で借り入れがある人は、その分借入額が少なくなるということを覚えておきましょう。

最短で即日融資が可能なおすすめカードローン

どうしてもお金が必要な人が、即日でお金を借りることができる可能性がある消費者金融カードローンをご紹介します。

なお、先ほども説明したように、審査が早い=審査が甘い、早く借りられる、ということではありません。借入には条件がありますので、その点は注意しましょう。

初めてなら30日間無利息サービスのプロミス

まず最初にご紹介するのが、SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンス「プロミス」です。

WEBからの申し込みなら24時間受付しているので、忙しい人でも申し込みがしやすいでしょう。

パートやアルバイトなど安定した収入があれば、主婦でも学生でも申し込みは可能です。

保証人や担保は不要ですが、本人確認書類と収入証明書類が必要ですので、以下のものを用意してください。

  • 運転免許証(1点のみでOK)
  • パスポート(1点のみでOK)
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 公共料金の領収書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

1点のみで良い書類がなければ、健康保険証と住民票または健康保険証と公共料金の領収書で審査が可能です。

ただし、Webで手続きを完結する場合、金融機関口座で本人確認ができる場合には、健康保険証だけでも大丈夫です。

収入証明書は、借入額が50万円を超える場合と、他社との借入合計が100万円を超える場合、以下の書類を1点用意します。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)

※最新のものを用意する

消費者金融カードローンは比較的金利が高めですが、プロミスは初回の利用に適用されやすい最高金利が他社と比べて17.8%と低いため、さらに30日間無利息サービスがあるためお得に完済が目指せます。

30日間無利息サービスの利用条件
 

  1. プロミスを利用するのが初めての方
  2. メールアドレスを登録
  3. Web明細を利用する

一度完済してから、再度利用した場合も、それが初回の出金日から30日以内であれば、無利息となります。

【プロミスのフリーキャッシング】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
借入可能額 上限500万円
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済日 5日、15日、25日、末日から選択
使途 生計費に限る。ただし個人事業主は事業費として使用可能
実質年率 4.5%〜17.8%(新規契約の利率)
遅延損害金 20.0%
担保・保証人 不要
プロミス

お急ぎなら信頼と安心のプロミス!最短30分融資も可能で、web契約なら誰にもバレずにキャッシングできます。アルバイト、パート、学生もOK!今なら30日間無利息キャンペーン中!

※メールアドレス登録、Web明細利用が必要。

プロミス
金利
4.5%〜17.8%
審査時間
最短30分
バレ対策
利用可能なコンビニ
LAWSONSEVENELEVENEnet
本日中に借入する場合
あと

いくらくらい借入ができるかは、契約前に調べることができます。スマホからインターネットもしくは電話で問い合わせをすると、最短15秒で仮審査結果が分かります。
 
※受付時間は9時〜21時、仮審査の後、本審査があり、融資上限額は50万円までとなります。

最短30分で審査完了のSMBCモビット

株式会社SMBCモビットのカードローンは、借入可能かどうかの仮審査が早いので、実際の借入までの手続きのスピード感が特徴です。

インターネットから24時間、365日申し込みが可能で、申し込みから最短10秒で簡易審査結果表示があります。

ただしこの審査はあくまでも事前の仮審査であり、本審査はその後、本人確認書類等の必要書類をネットから送信することで行われます。

本審査も最短で30分となっておりますが、月曜日〜金曜日(祝日を除く)の19時までに申し込んだ場合に限りますので、注意してください。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

WEB完結申し込みの場合はカード発行がなく、審査を通過すればすぐに借入が可能となります。ただし審査の際に確認が必要な事項がある場合、電話で確認されることもありますので、電話がかかってきたら誠実に回答しましょう。

安定した収入があれば、アルバイトやパート、自営業の人でも申し込みは可能です。

保証人や担保は不要ですが、本人確認書類と収入証明書類が必要ですので、以下のものを用意してください。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード※
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 公共料金の領収書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類を提出する際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、提出してください。

など、現住所の記載がある書類が2点必要になる場合があります。

収入証明書として必要な書類は、以下のいずれかとなります。

収入証明書

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)

※最新のものを用意する

なお、個人事業主の場合は、「営業状況確認のお願い」の提出が必要となる場合がありますので、ウェブサイトから書類をダウンロードして、必要事項を記入の上提出してください。

ネックな点としては、プロミスのような「無利息期間」が無いことです。少しでも返済額を抑えたいという方には、30日間利息0円キャンペーンが適用されるプロミスをおすすめします。

【SMBCモビットカードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
借入可能額 上限800万円
返済方式 残高スライド元利定額定額返済方式
返済日 5日、15日、25日、末日から選択、最長60回(5年)。ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10ヶ月)
実質年率 3.0%〜18.0%
遅延損害金 20.0%
担保・保証人 不要
SMBCモビット

SMBCモビットは最短即日融資可能でお急ぎでも安心!利用開始まで簡単3ステップです。web完結なら電話連絡なし、郵送物なしなので誰にもバレずにお金を借りたい人に大人気!

※SMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。

SMBCモビット
金利
3.0〜18.0%
審査時間
Webで最短30分
バレ対策
利用可能なコンビニ
LAWSONFamilyMartSEVENELEVEN

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

本日中に借入する場合
あと

初めて限定!30日間金利ゼロのアコム

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムは、融資の上限額が800万円と高く、最短で即日融資が可能な点が特徴です。

アコムは全国に自動契約機「むじんくん」がありますので、有人店舗に行かなくても契約ができます。

申し込みはインターネットから24時間、365日可能ですが、申し込みができるかどうか、まずはネットで「3秒診断」を利用すると安心でしょう。

本人に安定した収入があれば、学生、アルバイト、パート、主婦、契約社員でも申し込みは可能です。

借入までは2ステップで、

  1. 申し込み
  2. 審査通過→契約

となっています。インターネットから申し込むと、最短でその日のうちに借りられる可能性があります。

審査には本人確認書類が必要で、スマホアプリを使って提出する場合、

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

1点のみでOKです。

WEBからのアップロード、ファックスまたは郵送で提出する場合には、2点必要となりますので、注意してください。上記のうち、1点しかない場合には、住民票の写しか公共料金の領収書が補足書類として必要です。

なお、来店する際も、健康保険証の場合には、後日アコムから郵便物を送付するか、補足書類が必要となりますので、注意しましょう。

つまり、本人確認書類が1点で済むのは、スマホアプリからの提出のみということです。

収入証明書はについては、

  • アコムでの契約が50万円を超える場合
  • 他社との借入合計が100万円を超える場合

に必要となります。

必要書類が揃っていて、審査を通過すれば、最短で即日融資が可能です。楽天銀行に口座を持っていると、最短1分で振り込みされます。

審査時間は最短30分、借入までは最短60分ですが、夜間の申し込みは審査回答が翌日になることもありますし、審査の状況によっては必ずしもその日に借入ができるとは限りません。

また、利用している金融機関によって振り込みできる時間が違いますので、注意しましょう。

新規契約の方は、金利0円期間が30日あります。契約の翌日から30日間は金利が0円ですので、30日以内に返済すれば元金だけの返済で済むことになります。

ただし、審査の結果、不適当とされた場合には対象外となる可能性があること、ATM手数料等があれば、先にそちらに充当されますので、その点だけ注意してください。

【アコムのカードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
借入可能額 上限800万円
返済方式 定率リボルビング方式
返済方法 最長9年7ヶ月、1回〜100回
実質年率 3.0%〜18.0%
遅延損害金 20.0%
担保・保証人 不要
アコム

アコムは最大30日間金利0円!最短30分審査・即日振込も可能でお急ぎの人も安心。
ネットやATMから24時間借入できます。

アコム
金利
3.0%〜18.0%
審査時間
最短30分
バレ対策
利用可能なコンビニ
LAWSONSEVENELEVENEnet
本日中に借入する場合
あと

どうしてもお金が必要な人がお金を借りる14の方法

お金を借りるには、身近な人に相談する以外にも、銀行や金融業者を利用するなど、方法はいろいろあります。

借りる方法によっては、保証人や担保を用意しないといけない場合もありますし、即日借りることができるところもあれば、数日〜1週間以上かかる場合もあります。

どうすれば必要な額を早く借りることができるのか、借りる方法を比較しながら、ご自分にあった方法を見つけてください。

1.親、家族に相談する

無利息、審査なしでお金を借りたい人は、親や家族、親族に相談をするのが一番良いでしょう。

お金が必要な理由を包み隠さず話し、返済についても誠意を持って計画を立てて説明すれば、いくらかは用立ててもらえるのではないでしょうか。

ただし、いくら家族や親族だといっても、お金の問題はきっちりしなくてはなりません。返済が滞ることのないよう、筋は通していきましょう。

2.友人、知人に相談する

家族との関係によっては、相談できないという人もいるでしょう。そんなとき、頼れる友人、知人はいないでしょうか?

金額にもよりますが、場合によっては無利息で長期の返済計画に応じてもらえるかもしれません。金融業者等から借りるよりは、返済が楽になる可能性もあります。

ただし、いうまでもないことですが、せっかくお金を貸してくれた好意を無駄にすることのないように、返済は計画的に、確実にしていきましょう。

お金を借りたがために、自分の信頼や大切な友人関係を失うことのないようにしたいものです。

3.クレジットカードのキャッシング機能を利用する

クレジットカードを持っているなら、ショッピング枠とは別に、キャッシング枠はついていませんか?キャッシング機能がついているクレジットカードなら、その範囲内でお金を借りることができます。

クレジットカードを作る時に本人確認などは済んでいるため、改めて借りるための手続きは必要ありません。

ただし、キャッシング枠には一定の限度があります。「総量規制」といって、年収の3分の1を超える借入ができないことが法令によって定められています。

ですから、例えばショッピング枠が100万円となっていても、キャッシング枠は20万円程度しかないこともあります。この審査の基準はカード会社ごとによって違いますので、いくらの枠が設定されているかは、そのカード会社によるのです。

もし今からクレジットカードを作る場合、即日で作成可能な会社もありますが、キャッシング枠をつけるとなると話は別です。

年収の審査などが必要になりますので、即日でキャッシングをすることは難しいでしょう。

なお、キャッシング枠を利用すると、その分ショッピング枠で使えるお金も減ってしまいますので、お買い物の際には限度額超過とならないよう、使い方に注意が必要です。

4.銀行で融資を受ける

ある程度まとまったお金が必要な場合には、銀行から借りるという方法もあります。最も身近なものは住宅ローンだと思いますが、そこまでの大金でなくても、個人向けの融資を行っている銀行が多いです。

  • 教育ローン
  • ブライダルローン
  • マイカーローン

など、使い道が決まっているものもあれば、特に決まっていないフリーローンもあります。基本的には、一度の契約につき、借入は1回となっています。

当然のことながら審査があり、担保が必要なものもあります。

審査をスムーズに通過するためには、どんな目的でいくら借りたいのかを明確にし、返済計画も立てて説明することが大切です。

5.審査なしでお金を借りたいなら質屋を利用

ブランド品や宝石、時計などの宝飾品を持っているなら、質屋を利用するという方法があります。

質屋は、品物を預け、その品物の価値に応じたお金を貸してくれるところですから、高額な商品を持っているなら、それなりのお金を借りられる可能性があります。

身元を確認するために、運転免許証やパスポートなど公的な身分証明書が必要になりますが、ローンのように審査はありません。あくまでも、質入れする品物の価値によって、借りられる金額が決まります。

なお、質入れという形ではなく、品物をその場で買取してもらうことも可能です。手元に残らなくても良い品物であれば、売ってしまうという方法もありです。

6.ゆうちょ銀行の自動貸付を利用する

ゆうちょ銀行に口座を持っていて、定期貯金などがある人は、「貯金担保自動貸付」を利用しても良いでしょう。

自動貸付という言葉通り、借りる際に審査はありませんが、その代わりに担保が必要です。

貸付の担保となるのは定額貯金または定期貯金で、貸付の上限は総合口座につき300万円まで(預入金額の90%以内)となっています。

例えば、口座に10万円しか入っていないところ、30万円引き出した場合、自動的に20万円借りられるということです。

カードローンなどと比較しますと、担保がある分、利子が低めに抑えられているのが特徴でしょう。基本的な金利が0.25%〜0.5%、そこに貯金の約定金利が上乗せされる形です。

ただし金利が低いとはいっても、定期貯金を担保としていますので、返済できない場合には自動的に解約されてしまう点に注意しましょう。

7.銀行の定期預金担保貸付

銀行も、ゆうちょ銀行と同様に、自動貸付制度があります。定期預金や国債などを担保に、お金を借りることができます。総合口座に付帯するサービスですので、借りる際に審査はありません。

基本的には、ATMからすぐに利用することができますが、銀行によっては事前の申し込みが必要になることもありますので、念のため確認した方が良いでしょう。

返済は、普通預金へ入金するだけで、自動で返済となります。

貸付の上限金額は銀行によって違いますが、定期預金の90%としている銀行が多いです。基本金利は0.5%前後、そこに定期預金の約定金利が上乗せされます。

ただし、ゆうちょ同様に、返済できない時には定期預金が解約となってしまいますので、計画的に返済をしましょう。

8.生活福祉資金貸付制度など公的な貸付制度を利用する

銀行などの金融機関からは借りられない、本当に生活費に困っているという場合には、公的機関も利用してください。

生活福祉資金貸付制度があり、用途によって様々な支援金があります。

  • 総合支援金:生活費、住居費等。保証人ありなら無利子。
  • 福祉資金:技能習得に必要な経費、住宅の改築等、福祉用具の購入、介護サービスを受けるのに必要な経費など。保証人ありなら無利子。
  • 教育支援資金:子供の学費。無利子。
  • 不動産担保型生活資金:居住用不動産を担保とした貸付。年3%か、長期プライムレートのいずれか低い金利を適用。

資金の種類によっては、保証人がいれば無利子で借りることができるものもあります。

保証人がいない場合でも、利子は1.5%〜3%と低い設定となっていますので、着実に返済していけるのではないでしょうか。

9.職業訓練を受けるなら求職者支援資金融資制度を利用

現在、職業訓練を受講中で、次の仕事が決まるまでに生活費が不足するという場合には、ハローワークで手続きをすると、貸付を受けることができます。

貸付の要件は、以下の通りです。

  • 職業訓練受講給付金の支給決定を受けている
  • ハローワークで求職者支援資金融資要件確認書の交付を受けている

要件を満たした人は、ハローワークで手続き後、ハローワークの指定する金融機関(労働金庫)で貸付が受けられます。

借りられる金額は、

  • 配偶者、子、父母のいずれかがいる場合:月額10万円(上限)×受講予定訓練月数(最大12回)
  • 単身者:月額5万円(上限)×受講予定訓練月数(最大12回)

なお、貸付は1万円単位となっており、受講予定訓練月数とは、貸付の申請時点でまだ職業訓練受講給付金の支給を受けていない期間の数です。

ただし、労働金庫では、改めて金融機関としての審査が行われますので、保証人や担保は必要ありませんが、確実に借りられるという保証はありません。なお、金利は年3%となっています。

10.少額の借入なら学生ローンを利用する

学生ローンとは、その名の通り、学生向けに設定されているローンです。学生街で看板をよく見かけます。

会社員ではないためにクレジットカードを持っていない人や、銀行融資の審査に通るのが難しい人など、学生でなくても申し込みが可能な学生ローンもあります。

借入の用途は限定されていないので、学費だけでなく、生活費や旅行のお金に使うこともできますが、あまり大口の貸付には対応していません。

基本的には、アルバイトの収入があれば申し込みはできますが、学生であっても無職の場合には借りられませんので注意しましょう。

また、貸付可能年齢は業者によって違いますが、20歳以上としているところがほとんどです。、18歳、19歳でも借りられるところはありますが、その場合には親に確認の電話がいくことを念頭においておきましょう。

なお、民法改正による成年年齢の引き下げとともに、18歳から法律行為が可能となることから、2022年4月1日以降は18歳から自分の意思で借入が可能となります。

11.LINEポケットマネーなどアプリで借りる

クレジットカードよりも、スマホ決済を使うという人も増えていると思いますが、そのようなスマホ決済アプリでも、借入が可能です。

個人向け無担保ローンのLINE Pocket Money

LINE Pocket Moneyは、LINE Credit株式会社が運営する、個人向けのローンサービスです。LINEアプリの中にある、LINEウォレットから利用できます。

LINE Credit株式会社はLINE Financial株式会社、株式会社みずほ銀行、株式会社オリエントコーポレーション(通称:オリコ)の3社の出資による合弁会社です。

全ての手続きがアプリ上で完結するというのがメリットで、買い物で残高不足になった時なども、ATMでチャージをすることなく、必要な分だけLINE上で借入ができます。

借入額は「LINE Score」によって算出された金額となり、5万円〜最大100万円となっています。

申し込み後に審査がありますので、誰でも借りられるわけではありません。また、使途は生活費のみとなっており、事業用に利用することはできませんので、ご注意ください。

条件等 内容
申込年齢 20歳以上〜66歳未満
借入可能額 5〜100万円
実質年率 3.0%〜18.0%
遅延損害金 20.0%
担保・保証人 不要

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)のネットキャッシングが利用可能

PayPayを利用している人は多いと思いますが、PayPayならPayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)が提供するカードローンサービスを利用できます。

PayPayのトップページから「お金を借りる」を選択すると、「PayPay銀行が提供するキャッシングです」という画面にになります。

「上記に同意して続ける」をタップすると、PayPay銀行の「ネットキャッシング」(通称カードローン)の画面に移行します。

そこからPayPay銀行の規定及びプライバシーポリシー に同意すると、口座開設ページに移ります。アプリ上で口座開設からカードローンの申し込みまでの手続きが完了します。

使途は自由で、最高1,000万円までの借入が可能です。なお、当然ながら借入には審査がありますので、誰でも借りられるわけではありません。

条件等 内容
申込年齢 20歳以上70歳未満
借入可能額 最高1,000万円
実質年率 1.59%〜18.0%
遅延損害金 20.0%
担保・保証人 不要

※ジャパンネット銀行は2021年4月5日、PayPay銀行へ社名変更しました。

auユーザーならau PAYスマートローン

au PAYスマートローンは、au IDを持っている人が利用できるローンで、借入限度額は1万円〜100万円です。担保や保証人は必要ありません。

借入したお金は、口座に振り込まれる以外に、au PAYの残高に直接チャージすることも可能です。

なお、au IDは、auユーザーでなくても作ることはできますので、ドコモやソフトバンクのユーザーであっても利用できます。

条件等 内容
申込年齢 20歳以上70歳以下
借入可能額 1〜100万円
実質年率 2.9%〜18.0%
※2020年4月28日以前の申し込みは8.0%〜18.0%
遅延損害金 20.0%
担保・保証人 不要

12.信販会社のカードローンを利用する

信用販売会社(信販会社)とは、商品代金を立て替えてくれる会社のことです。

高額な商品を買う際に、クレジットカードを使わなくても、分割払いができることがあると思います。

エアコンや冷蔵庫などの家電が良い例ですが、このように店頭で分割払いの手続きができるのは、信販会社が立替払いをしてくれるからなのです。

さて、この信販会社にもカードローンがありますので、お金を借りることができます。銀行とは違い、口座を開設する必要がなく、審査を通ればお金を借りることができます。

例えば、株式会社クレディセゾンの「MONEY CARD(マネーカード)」は、50万円〜300万円のコースがあり、実質年率は8%〜17.7%となっています。ただし、新規での申し込みの場合は、15%のみの適用となっています。

ただし、カードの即日発行に対応しているところは少ないため、実際に借入ができるまでには1週間以上かかるでしょう。

13.銀行のカードローンを利用する

先ほどご紹介した銀行の融資と違い、一度契約をすれば、何度でも借入ができるのが銀行のカードローンです。

その点、カードローンは、一度カードを作れば、利用限度額の範囲内であれば何度でも借入が可能です。例えば、利用限度額が50万円なら、50万円を一度に借りることも、10万円を5回借りることもできるわけです。

なおかつ、目的別のローンやフリーローンと呼ばれるものは、基本的には銀行の窓口で手続きをし、返済期間についても「最長10年」などと決められていることが多いです。

一方、カードローンは、借りた金額によって返済額が決まっているため、いつまでに返済しなくてはならない、ということは基本的にありません。

いずれにせよ、基本的には融資を受ける銀行の口座を持っていることが条件です。

返済日が自分で決められるPayPay銀行のカードローン

PayPayアプリのところでもご紹介した、PayPay銀行のカードローン「ネットキャッシング」です。

  • ネットキャッシングアプリ
  • ホームページ
  • ATM

の3つの借入方法がありますので、現金が欲しい時、口座に振り込みたい時など、利用方法によって借入方法を変えられます。

最高1,000万円までの借入ができ、借入金の使途は自由ですが、事業資金として借りることはできませんのでご注意ください。

契約期間は3年となっていますが、特に問題がなければ自動更新となっています。

返済日は、毎月1日〜28日、もしくは月末のいずれかから、自分で決めることができるので、計画的に返済していけるでしょう。

【PayPay銀行カードローン「ネットキャッシング」】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上70歳未満
借入可能額 上限1,000万円
返済日 1〜28日、または末日から自分で設定可能
実質年率 1.59%〜18.0%
遅延損害金 20.0%
担保・保証人 不要

※ジャパンネット銀行は2021年4月5日、PayPay銀行へ社名変更しました。

配偶者に収入があれば借りられるイオン銀行のカードローン

イオン銀行は、全国各地のイオン系列のお店にATMが設置されており、非常に使い勝手の良い銀行ですので、利用している主婦の方も多いでしょう。

銀行のカードローンなので、通常は審査を通過してから最短5日ほどでカードが届き、そのカードで借入をするのですが、新規申し込み時の1回のみ、電話確認の上、イオン銀行口座への振り込みで融資してもらえます。

イオン銀行カードローンは、イオン銀行の口座がなくても利用できますが、なるべく早く借入したいと思っている方は、イオン銀行の普通口座を持っていると、早くなる可能性があります。

ただし、土日祝日は対応していませんので、平日(銀行営業日)であることが条件です。

また、専業主婦で、自分自身に安定した収入がない方でも、配偶者に十分な収入があればカードローンが利用できる場合があります。

イオン銀行カードローンは、配偶者に安定かつ継続した収入があれば、50万円まで借入が可能です。

配偶者の同意は必要ですし、審査の結果次第ですが、困っている場合にはまず配偶者に相談してみてください。

【イオン銀行カードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上65歳以下※学生は不可
借入可能額 10万円〜800万円(ただし配偶者の収入のみの場合は50万円まで)
返済日 毎月20日
実質年率 3.8%〜13.8%
遅延損害金 14.5%
担保・保証人 不要

14.消費者金融のカードローン

消費者金融のカードローンは、信販会社と同じく、お金を預かるところではないので、口座を開設する必要はありません。

大手の消費者金融会社のカードローンは、銀行よりも審査が早いのが特徴で、今日中にお金を借りる必要のある人などが利用することが多いです。

ただし、審査が早いというのは、絶対に借りれるということとは違いますし、他のカードローンと比べ、金利は高めの傾向にあります。

専業主婦がお金を借りるなら女性向けローンを検討しよう

主婦だからお金は借りられないと諦めている人もいると思いますが、自分自身に安定した収入があれば、申し込みは可能としているところが多いです。

定期的に収入があることが条件ですので、正社員として勤めていなくても、パートやアルバイトでも申し込みはできますので、まずは問い合わせをしてみると良いでしょう。

最短1時間融資も可能!プロミスレディースキャッシング

先ほどご紹介したSMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンス「プロミス」には、女性向けの商品もあります。それが、「プロミスレディースキャッシング」です。

女性オペレーターが優しく対応してくれますので、初めての借入で不安なことがあれば、小さなことでもなんでも聞いてみましょう。

学生でも主婦でも、20歳以上69歳までで、本人に安定した収入があれば申し込みは可能です。

パートであっても定期的にお仕事をされていて、毎月収入のある方なら、審査を通過すれば借入ができますので、まずは事前審査を受けてみましょう。

9時〜21時までの申し込みで、最短15秒で事前審査の結果が分かりますので、申し込みできそうだとなれば、WEBから申し込むのが最も早く借入ができる方法です。

ただし、状況によってそれ以上の時間がかかることもありますので、ご注意ください。

なお、「少ない入力項目で最短15秒回答」を利用した場合、新規契約時点の借入限度額は50万円となります。

審査を通過すれば最短30分で融資が可能ですが、申し込みの時間帯や、利用している銀行の状況によって、振り込みまでの時間は異なります。

【プロミスのフリーキャッシング】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
借入可能額 上限500万円
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済方法 5日、15日、25日、末日から選択
実質年率 4.5%〜17.8%(新規契約の利率)
遅延損害金 20.0%
担保・保証人 不要

最短30分審査のベルーナノーティスレディースローン

ベルーナノーティスは、最短30分で審査が可能で、お金を借りるためのカードも最短即日発行してくれますが、お急ぎの方は振り込みを依頼すると良いでしょう。最短24時間以内の融資も可能です。

まず「3秒診断」をしておくと安心です。仮審査結果を即時に回答してくれますので、審査に通りそうかどうかがわかります。

審査を通過できそうだとなれば、インターネットで申し込みをしますが、最短30分で審査の結果を知らせてくれますので、審査結果の電話がきたら、融資を急いでほしい旨を伝えると、優先的に対応してくれます。

指定した口座に振り込みをしてくれますので、カードが発行されてからキャッシングをするよりも、早くお金を借りることができます。

なお、振り込みですので、金融機関が開いている時間帯しか利用できないことと、申し込みの時間帯と審査の状況によっては時間がかかることもありますので、その点は注意してください。

ベルーナノーティスは、初めての利用だけでなく、2回め以降の利用であっても完済していて、借入から3ヶ月経過していれば、14日以内は利息0円で利用できます。

条件が整っていれば、何度でも無利息が適用されるというのはありがたいですね。

女性オペレーターが対応してくれる専用のフリーダイヤルがありますので、初めての借入でも返済方法などわからないことを質問しやすいでしょう。

受付は、平日の9時〜20時、土日祝日は9時〜17時となっています。

本人確認書類は、インターネットからアップロードできます。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 住民票
  • 在留カード

のいずれか2点を用意しましょう。

これらのうち、1点しかない場合には、現住所確認の書類として、

  • 母子手帳
  • 国民年金手帳
  • 印鑑登録証明書
  • 戸籍抄本
  • 公共料金の領収書
  • 納税証明書

のいずれかが必要です。

なお、収入証明書については、

  • ベルーナノーティスでの借入が50万円を超える場合
  • 他社との借入の合計が100万円を超える場合

に必要となります。

なお、専業主婦の方は、

  • 配偶者の本人確認書類の写し
  • 住民票(夫婦の氏名、続柄の記載があるもの)
  • 配偶者貸付に関する同意書(所定の様式あり)

が必要です。

審査の状況により、配偶者の収入証明書を用意しなくてはならないこともありますので、配偶者に黙って借入することは難しいでしょう。きちんと相談してください。

【ベルーナノーティスのレディースローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上80歳以下
借入可能額 上限300万円
返済方式 借入残高スライドリボルビング方式
返済方法 最長9年9ヶ月、最大117回
実質年率 4.5%〜18.0%
遅延損害金 20.0%
担保・保証人 不要

お金を借りる審査を通過するために気をつけてほしいこと

お金を借りる方法を様々ご紹介してきましたが、どの方法も審査を受けて、通らなくては借りることができません。

借りられる金額や審査のスピードだけに目を向けるのではなく、審査にあたってどのような手続きが必要なのかをよく把握しておくことが大切です。

絶対借りれるカードローンはない!

消費者金融のカードローンなどは、即日審査などがメリットの会社も多いですが、即日審査とは審査が簡単というのは違います。この点を間違ってはいけません。

審査をスピーディに行う方法があるだけであり、審査はしっかりされています。即日審査や即日発行という言葉が、「お金を借りるための審査が甘い」と勘違いしないことです。

相手もビジネスですから、貸したお金は確実に回収しなければならないので、返せない相手に貸してくれることはありません。

即日審査=無審査ではない、という点を覚えておいてください。

必要な書類をきちんと揃えること

本人確認書類はどの借入方法でも必要です。

基本的には、写真付きの公的な身分証明書があれば良いのですが、1点のみで良いか、2点以上揃える必要があるかは、ローン会社によって違います。

いざ申し込みの時に、書類が足りない!となってしまうと、審査完了までの時間が長くなりますので、借入先を決める際には、手続きに必要な書類は何かをきちんと調べましょう。

借りられるのは総量規制の範囲内

消費者金融のカードローンは、貸金業法によって運営されているため、総量規制の対象となります。つまり、年収の3分の1を超える貸付はできないのです。

返済が滞ることのないようにするためと、生活が立ち行かなくなることを防ぐための法律です。

借入額が一定の金額以下の場合には、収入証明書が不要な場合がありますが、申し込み時には勤め先、年収などを申告します。

申告された内容をもとに、信用情報機関に照会をして、融資をしても良いかどうかを決定しますので、申し込みの際には正直に申告をすることが大切です。

申し込み時に虚偽の申告をすると、審査が通らないばかりか、審査に通らなかったことも記録として残ってしまいますので、気をつけましょう。

なお、銀行は貸金業者ではないため、お金を借りる時に総量規制の対象とはなりません。

ブラックでも借りれるカードローンはない!

今すぐ現金が必要だけれど、ブラックでお金を借りられない人は、ブラックでもお金を借りる方法はないか、審査なしで借りる方法がないかと探しているかもしれませんが、結論から言いますと、そのようなカードローンはありません。

もちろん闇金以外で借りたいと考えていると思いますが、違法な業者でもなければ無審査でお金を貸してくれるところはないと思ってください。

5年〜10年たって、信用情報機関に登録されている事故の情報が抹消されれば、再び借入が可能になりますので、それまでは申し込みをしないでおきましょう。

収入のない人はカードローンの審査に通らない可能性が高い

また、ブラックでなくても、自分自身に収入のない人は、カードローンを利用することは難しいでしょう。

年収が高い必要はないのですが、安定かつ継続して収入のある人でないと計画的に返済することが難しいので、審査に通りづらいのです。

無職の人がお金を借りるのは難しい

年収の高さはあまり問題にされませんが、無収入では審査に通らないでしょう。

  • 無職
  • 失業中
  • 専業主婦

など、自分自身の収入がない人が、カードローンに申し込んでも審査に通る可能性は低いため、どうしてもお金が必要な場合には、公的な支援の利用を検討してください。

フリーターでも定収入があれば申し込みはできる

フリーターというと不安定なイメージがあって、カードローンには申し込めないのでは?と思っている人も多いですが、「安定かつ継続した収入」があるかどうかを、ローン会社がどう判断するかは、その仕事次第だといえるでしょう。

会社員ではなく、アルバイトだとしても、毎月一定の収入を得て自立して生活している人はたくさんいますし、源泉徴収票や確定申告書で収入のあることを証明できれば、申し込み自体は可能です。

ただし、申し込みができるのと審査に通るのはまた別の問題ですので、審査が心配な人は事前に問い合わせをしたり、仮診断などを利用して、審査に通るかどうかをチェックしてから申し込むと安心でしょう。

専業主婦がお金を借りるときの手続き

専業主婦は立派な仕事ですが、自らの収入がないため、カードローンに申し込んでも、通常は審査に通りません。安定した返済能力という融資の条件が満たせないからです。

ただ、先ほどご紹介したベルーナノーティスのように、消費者金融会社によっては、配偶者の収入証明をすることによって、融資をしてくれるところがあります。これを「配偶者貸付制度」といいます。

配偶者の収入を基準に審査を行いますので、配偶者の同意が必要となります。

もし配偶者に知られずにお金を借りるとなると、自分が口座を持っている銀行の貸付制度などを利用するか、ほんの少しでも良いのでパートなどをして、収入を得る方法を考えた方が良いでしょう。

学生(未成年)がお金を借りるときの手続き

学生であっても、アルバイトで定期的に収入を得ている人なら、お金を借りることは可能です。

ただし、未成年の場合には難しいでしょう。多くの消費者金融カードローンが年齢要件を「20歳以上」としていますし、学生専用ローンであっても同様です。

未成年はそもそも「契約」という法律行為を、保護者の同意なしにはできないためです。

仮に、未成年であっても保護者の同意なしにお金を貸してくれるような業者があれば、それは違法な業者ですから、利用してはいけません。

未成年のうちは、アルバイトをしてお金を稼ぐか、どうしても困った時には親に相談することをおすすめします。

生活保護を受けている人がお金を借りるときの手続き

生活保護を受けている人は、原則、お金は借りられません。お金を借りる手段があれば、まずそちらが優先されるため、生活保護自体が支給されないからです。

お金を借りるということは、いくらかの定期的な収入があり、なおかつ返済能力があるということですから、生活保護の要件に該当しません。

そのため、生活保護だけではどうしても足りないとなった場合、借入ではなく、他の方法を検討するしかありません。

生活保護を受けているから返済できると考える人もいるかもしれませんが、そもそも生活保護で支給されたお金を借金の返済に充てることは禁止されています。

嘘をついて申し込んでも会社の在籍確認等で必ずバレますので、まずは仕事をして、生活を立て直すことを考えた方が良いでしょう。

お金を借りられない人は借りる以外の選択肢も考えて!

いくら消費者金融カードローンが銀行等に比べて審査の間口が広いといっても、誰にでも貸してくれるわけではありません。

きちんと働いていて、安定かつ継続した収入がなければ審査には通りませんので、収入がない人は無理して申し込むのではなく、他の方法を考えましょう。

服やバッグ、趣味の品の買取

着ていない服、使っていないバッグや靴はありませんか?宝石類などでも良いです。売れそうなものを売って、お金に変えましょう。

  • フリーマーケットで売る
  • フリマアプリを利用する
  • ヤフオクなどに出品する

など、身の回りのものを売る方法はいくらでもあります。即日でお金を手にすることは難しいかもしれませんが、物によっては高値がつくこともあるでしょう。

特に、趣味の品は、非売品や廃盤になっている商品には思わぬ高値がつくこともあります。

日雇い・即日払いのバイトをする

日雇いのアルバイトで、しかも即日で現金払いしてくれる会社もゼロではありません。

大きなお金を手にすることは難しいかもしれませんが、空いた時間でいくらかでも収入を得られれば、少しは足しになるでしょう。

即日お金を借りるのは可能だが身の丈にあった方法を選ぼう

お金を借りる方法は、身近な人に借りたり、質屋を利用したりする他、公的な支援を利用するなど色々とあります。

銀行、信販会社、消費者金融はカードローンが利用できます。その中でも、比較的審査が早いのが消費者金融ですが、審査が早いのと必ず借りれるのとは同義ではありません。

場合によっては借りられないこともありますので、まずは借入条件をしっかりと確認しましょう。

主婦でも学生でも、パートやアルバイト等で安定した収入があれば、借入は可能な場合が多いです。

借入ができるかどうか、ネット上で仮審査ができる会社もありますので、心配な方はまず簡易診断してみると、安心して申し込めるのではないでしょうか。

収入がなくて借入が難しい方は、無理して申し込まず、ゆうちょ銀行や銀行の貸付制度を利用したり、アルバイトを始めるなどして、安全にお金を手にする方法を考えましょう。

借入先検索

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。(複数可)

借入条件
職業
審査時間
借入額

関連記事

閉じる
バレずに借りられる