お金の知識が学べるカードローン・カレッジ

引越し費用が払えない!4つの対処法と金額を抑えるコツ

卒業や進学、転勤などが理由で引越しを考えているけれど、お金がないため引越し費用が払えずに悩んでいる方もいるのではないでしょうか。引越さなければ進学や就職に影響が出るので、引越さないわけにもいきません。それなのに費用が払えなければ、悩むのも自然なことです。

賃貸住宅の老朽化や大家さんの経済事情などで立ち退きを求められ、やむを得ず引越さなければいけない場合は、急な引越しで費用が用意できない可能性も高まります。

引越し費用が払えない時には、4つの対処法が考えられます。そこでどのような対処法があるか具体的に紹介し、負担が軽減できるよう引越し費用を抑えるコツも合わせて解説します。

\引越しの急な出費にも使える/

引越しをする前に知っておきたい引越し関連の費用の相場

いざ引越しをしてみたら予想外にお金がかかったとなると、ただでさえ費用が払えないと悩んでいるのに余計に困ります。

まずは、引越しをする前に知っておきたい、引越し関連の費用の相場を確認しましょう。

引越し業者に依頼する場合の費用は距離や荷物の量で変わる

引越しをするなら、引越し業者に依頼するのが一般的です。依頼の際に必要な費用は、以下の3つの要素で構成されています。

  • 移動距離や作業時間などを元に決まる基本運賃
  • 人件費や梱包資材などの実費
  • ハウスクリーニングやピアノの運送などの付帯サービス

これらの要素は、次の条件によって変動します。

費用に影響する要因 どのように影響するか
繁忙期か通常期か
※2月から4月が繁忙期
繁忙期の方が費用が高い
引越しの時間帯はいつか 午前の引越しの方が高くなりがち
時間帯指定をしない「フリー便」なら安く抑えられる
引越し先までの距離はどれくらいか 距離が遠いほど費用が高い
荷物の量はどれくらいか 荷物が多いほど費用が高い
付帯サービスの利用はあるか 付帯サービスを利用する分だけ費用が高い

繁忙期にはトラックの確保が難しい分割増料金が請求されたり、暇な時期には割引が受けられたりするため、繁忙期かどうかが費用に影響します。

当日中に引越しを終えたいと考える人が多いことから、引越しの依頼は午前中に集中する傾向があります。人気がある時間帯は、費用も高めです。時間帯指定をせず引越し業者の都合に合わせて動いてもらう「フリー便」なら、安く抑えられます。

引越し先までの距離が遠ければ拘束時間が長くなるため、費用もそれに伴って高額になります。荷物が多いと大きいトラックが必要な分、料金も高くなる仕組みです。付帯サービスは別料金なので、利用した分だけ費用が高くなります。

引越しをする県によっても相場が違うことから、全ての相場を詳細に紹介することはできません。そこで今回は、全国平均を元に、引越しの相場の例をいくつかの場合に分けて見てみましょう。

まずは繫忙期(2月から4月)の相場を紹介します。

移動距離 荷物が少ない単身世帯 荷物が多い単身世帯 2人世帯
15km未満 4万3千円程度 6万円程度 8万円程度
15km~50km未満 4万8千円程度 6万4千円程度 9万1千円程度
50km~200km未満 5万3千円程度 8万5千円程度 12万2千円程度
200km~500km未満 6万3千円程度 10万4千円程度 15万6千円程度
500km以上 7万4千円程度 12万4千円程度 21万9千円程度

次に繫忙期以外(5月から1月)の相場を紹介します。

移動距離 荷物が少ない単身世帯 荷物が多い単身世帯 2人世帯
15km未満 3万7千円程度 5万円程度 6万円7千円程度
15km~50km未満 3万9千円程度 5万1千円程度 7万2千円程度
50km~200km未満 4万8千円程度 6万6千円程度 8万8千円程度
200km~500km未満 5万7千円程度 8万3千円程度 11万4千円程度
500km以上 6万8千円程度 10万1千円程度 16万円程度

時期や荷物の量、移動距離によって、かなり相場に違いがあります。

新しい賃貸住宅の初期費用は家賃の5か月から6か月分が相場

引越し先が賃貸住宅の場合は、新しい賃貸住宅で支払う初期費用も必要です。初期費用の相場は、家賃の5か月分から6か月分と言われています。

どのような費用が必要とされるかは、新しく契約する物件によって異なります。請求される可能性がある費用について、確認しましょう。

請求される可能性がある費用 内容 相場
仲介手数料 不動産会社に支払う手数料 家賃半月分~1か月分
保証料 契約の際に補償会社を利用する際に必要な費用
保証人が立てられれば不要
家賃半月分~1か月分
敷金 退去する際に原状回復費用として利用するお金
原状回復にかかった費用によっては返金される場合も
1か月分~2か月分
礼金 大家さんへのお礼のお金
返金されない
家賃1か月分~2か月分
前家賃 翌月の家賃を前払いするための費用
入居日によっては日割りの家賃が発生する可能性も
家賃1か月分(+日割りの家賃)
火災保険料 契約の際に必須となる火災保険の保険料 2年間で2万円程度
鍵の交換費用 セキュリティ対策として鍵を交換する費用 2万円程度

初期費用は家賃何か月分という決め方をするケースが多いので、家賃が高い物件に住むほど初期費用の負担が増えます。

家具家電など必要なものの購入費用も考慮しよう

引越しの際には、家具や家電など新生活で必要なものの購入も必要です。今まで使っていたものを運ぶ場合はそれほどかからなくても、全てを揃えるとなるとかなりの費用がかかります。

一人暮らしでも20万円近くかかるケースが多いため、家具家電を揃える必要がある場合はその金額も考慮しておきましょう。

スムーズな支払いのために引越し費用の支払い期限や支払い方法を解説

引越し費用をスムーズに支払うには、支払い期限や支払い方法を知っておく必要があります。そこで、費用の種類別に詳しく見ていきましょう。

引越し費用の支払い方法は現金で前払いが基本

引越し費用の支払い方法は、現金で前払いが基本です。国土交通省が引越し業者が守るべきルールとして定めている「標準引越運送約款」によると、支払いのタイミングは基本的に作業開始前とされています。

そのため、多くの業者で作業を始める前に現金で支払ってもらう形を取っているのです。

ただし「標準引越運送約款」では、作業完了後でも支払いが認められる場合があるとされています。

そのため、引越し業者によっては作業完了後に現金を受け取る場合や荷物を積み終わって新居に出発する前に支払いを求める業者もありまがすが、一般的ではありません。

また、現金による支払い以外の支払方法に対応している場合もあります。考えられる支払方法は、以下の2つです。

対応できる支払方法 注意点
クレジットカード 引越し前にカード情報の提供が必要な場合も
対応できる決済方法が限られている場合も
口座振込 引越し日までに入金が求められるのが一般的

クレジットカードで支払う場合、引越し日よりも前にカード情報の提供を求める業者もあるので注意が必要です。

対応できる決済方法も限られている場合も多く、たとえば一括払いのみ可能、一括払いとリボ払いのみ可能、分割払いも可能など、業者によって取り決めがあります。

口座振込の場合、引越し日よりも前に入金を求められるのが一般的です。「引越しの3営業日前までに入金が必要」など早めの対応が求められるケースもあるため、事前に確認しておきましょう。

指示通りにしていない場合は、当日現金での支払いを求められたり引越しがキャンセルされたりする可能性もあります。

全ての引越し業者でクレジットカード払いや口座振込に対応しているわけではありません。現金以外の支払方法を希望する人は、事前に別の支払方法が利用できるか確かめておきましょう。

賃貸の初期費用支払い期日

初期費用の支払期日は、原則として契約日当日までです。場合によっては契約日から〇日以内といった形で指示される場合もありますが、いずれにしても大家さんが指定する期日までに支払いを済ませましょう。

支払方法として考えられるのは、以下の方法です。

  • 現金払い
  • クレジットカード払い
  • 口座振込

大家さんによって対応している方法が異なるので、確認してから支払いをする必要があります。

引越し費用が払えない時に試したい4つの対処法

引越し費用が払えない場合には、4つの対処法が考えられます。それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

引越し費用が払えない時に最もおすすめの対処法はお金を借りること

引越し費用が払えない時に最もおすすめの対処法は、お金を借りることです。借入先として考えられるのは、消費者金融や銀行です。

親や友達に借りる方法もありますが、迷惑をかけたくないと考える人も多いのではないでしょうか。問題なく借りられそうな場合は一度相談してもいいですが、ためらいがある場合はお金を貸してくれる機関でお金を借りる方が安心です。

銀行や消費者金融での借入については、後ほど詳しく紹介します。

分割払いの交渉で支払い期限を先に延ばす方法も

賃貸物件の初期費用の支払い方は大家さんによるため、一度での支払いが難しい場合は分割払いにしてもらうよう交渉しましょう。分割払いなら一度の出費が少なくなるため、支払える可能性が高くなります。

引越し業者に支払う費用の場合は、クレジットカード払いができる業者を選びましょう。

少し先延ばしすればボーナスが出るなど支払いの目途が立っている場合は、一括払いしか選択できない業者でも構いません。

一度に支払えない場合は、クレジットカードの分割払いやリボ払いにも対応できる引越し業者を選択しましょう。

利用できる場合は助成金を活用した引越しも可能

地域によっては、引越しをすると助成金がもらえるケースがあります。東京23区を例に、助成金の例を見てみましょう。

たとえば、新宿区には「子育てファミリー世帯居住支援」という制度があります。新宿区外から民間賃貸住宅に引越してきた子育て世帯を対象に、賃貸住宅の初期費用を36万円まで、引越し費用を20万円まで助成するという内容です。

新宿区内での転居でも助成金がもらえて、転居前後の家賃差額が最長2年間月額2万5千円受け取れたり、引越し費用を20万円まで助成してもらえたりします。

学生や単身世帯向けには「民間賃貸住宅家賃助成」という制度があり、最長3年間月額1万円を助成してもらえます。

転居先に引越しに関する助成金がないか確認して、あれば積極的に利用しましょう。

荷物が少ない場合は自力での引越しを考える方法も

荷物がかなり少ない場合に限り、自力での引越しを考える方法もあります。

しかし自力で引越す場合でも以下のような費用がかかるため、業者の方が安く済むケースも多いものです。

  • レンタカー費用
  • ガソリン代
  • 梱包材の購入費用
  • 手伝ってくれる人への謝礼

梱包から運搬・荷解きまですべて自分ですることを考えると、荷物が多い人にはおすすめできません。

引越し先で家具家電を揃える、家具家電付きの賃貸物件に住むなど、荷物量が少ない人なら、引越し費用をあまりかけずに引越せる可能性があります。

引越し費用を借りる場合におすすめなのはカードローン

引越し費用を目的にお金を借りる際におすすめの借入先は、大手消費者金融です。

そう言える理由と、便利な借入方法を確認しましょう。

引越し費用を借りられるローンはカードローンやフリーローン

引越し費用を借りられるローンの候補には、大きく分けてカードローンとフリーローン(目的別ローンや多目的ローンと呼ばれる場合も)の2種類があります。それぞれの特徴は以下の通りです。

ローンの種類 特徴
カードローン 一度契約したら利用限度額の範囲で繰り返し借入可能
引越しで追加の借入をする可能性がある場合に便利
利用目的が自由なので見積書などは必要ない
スピーディーに契約できるので忙しくても使いやすい
フリーローン 一度借入をしたら後は返済のみをする
お金が足りなくなったら再度申し込み直す
お金を借りる目的がはっきりしている時に利用するローン
原則引越しの見積書など費用が確認できる書類が必要
契約までに時間がかかるため余裕がないと難しい

両者の大きな違いは、繰り返し借入ができるかどうかです。引越しの費用ははっきりしない場合も多いため、繰り返しの借入ができないフリーローンでは不便な場合も多く見られます。

カードローンで借りたお金の使い道は、事業性資金など一部の目的を除いて原則自由です。お金の使い道を確認する必要がないため、見積書などの提出は必要ありません。

フリーローンはお金の利用目的がはっきりしている時にしか利用できないローンなので、借りたい金額がはっきりわかる必要があります。そのため、引越しの見積書など費用が確認できる書類の提出が求められるのが一般的です。

カードローンはフリーローンよりもスピーディーに契約できるケースが多く、手続きに時間を割かなくて済むメリットもあります。

引越し費用を借りるなら、カードローンがおすすめです。

引越し費用を借りるおすすめカードローン

カードローンの発行元も、消費者金融・銀行・クレジットカード会社と多数あります。引越し費用を目的として借入をするなら、以下に紹介するいずれかの大手消費者金融のカードローンをおすすめします。

理由は以下の通りです。

  • 審査がスピーディーで手続きに時間を取られない
  • 早ければ申し込んだその日のうちに借入ができる場合もある
  • 見積書などの提出が必要ない
  • 来店せずに手続きできる方法がある
  • 繰り返し借りられるため引越し先でお金が必要になった時も便利
  • 提携ATMや振込で借入ができるため引越し先でも困らない
  • 無利息サービスが利用できる業者が多い

引越しをする際は、荷造りや各種届の提出など、時間が取られるものです。「忙しい中でローンを契約するならできるだけ時間をかけたくない」と思う人も多いのではないでしょうか。

大手消費者金融はスピーディーな審査を強みとしていて、最短の審査時間を以下のように案内しています。最短時間なので、申し込み時の混雑具合や審査の内容によってはさらに時間がかかる可能性もありますが、できる限り早く対応してもらえます。


業者 最短の審査時間
プロミス 通常30分
スマホから特定の方法で申し込めば最短15秒で結果表示
フリーコールへ電話すれば審査を個別で対応してくれることも
SMBCモビット 30分※
10秒簡易審査もあり
フリーコールへ電話すれば審査を個別で対応してくれることも
アコム 30分
アイフル 25分

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

プロミスでは、最短15秒で結果が確認できる申し込み方法があります。

プロミスの場合、9時から21時の間にスマホから「少ない入力項目で最短15秒回答」を選んで申し込めば、最短15秒で事前審査の結果が確認可能です。この方法で申し込んだ場合の新規の融資上限額は50万円までですが、引越しなら足りる場合が多いと考えられます。

費用が借りられないと引越しに困るため、審査結果が早くわかると心強く、引越しの計画も立てやすくなります。申し込み方法や申し込みの時間帯によっては、申し込んだその日のうちにお金が借りられる場合もあり、便利です。

プロミス

お急ぎなら信頼と安心のプロミス!最短30分融資も可能で、web契約なら誰にもバレずにキャッシングできます。アルバイト、パート、学生もOK!今なら30日間無利息キャンペーン中!

※メールアドレス登録、Web明細利用が必要。

プロミス
金利
4.5%〜17.8%
審査時間
最短30分
バレ対策
利用可能なコンビニ
LAWSONSEVENELEVENEnet
本日中に借入する場合
あと

どの業者を選んでも見積書の提出は不要で、来店せずに手続きできる方法もあるため、引越しで忙しい時にも困りません。

繰り返し借入できる方式なので、利用限度額いっぱいまで借入をしていない限りは引越し先で費用が足りなくなった場合もすぐ借りられます。大手消費者金融は提携ATMでの借入や振込での借入に対応しているので、引越し先で借入方法に困ることもありません。

SMBCモビット以外の業者では、初めて契約する人を対象に一定期間利息なしで借入ができる無利息サービスが行われています。初めてお金を借りる人なら、お得に引越し費用が用意できます。

アコム

アコムは最大30日間金利0円!最短30分審査・即日振込も可能でお急ぎの人も安心。
ネットやATMから24時間借入できます。

アコム
金利
3.0%〜18.0%
審査時間
最短30分
バレ対策
利用可能なコンビニ
LAWSONSEVENELEVENEnet
本日中に借入する場合
あと

便利に借りるなら大手消費者金融の来店不要の方法で申し込もう

引越しでバタバタしている時にローンを組むために来店をするのは、難しく感じるものです。

大手消費者金融の場合、インターネット経由で申し込めば来店不要での手続きもできます。

大手なら、借入方法も提携ATM・振込と便利な方法が選べます。

アコム以外の業者なら、スマホアプリをカード代わりに借入をするスマホATMも利用可能です。アコムにも公式アプリはありますが、現在のところ借入には対応していません。スマホアプリを活用したい人は、対応可能な業者を選びましょう。

カードローンは収入がないと利用できない点に注意しよう

カードローンは、収入がないと利用できない点に注意しましょう。消費者金融や銀行などがお金を貸す場合は、返してくれそうな人にしかお金を貸していません。

消費者金融で借りる場合は、法律による制限もあって年収の3分の1までしかお金が借りられないルールになっています。

初めての契約で法律の取り決めギリギリまで借りられることはまずないため、引越し費用として借りたい金額の3倍以上の収入がなければいけません。

銀行のカードローンでも、年収の3分の1を目安としてお金を貸しています。

フリーローンも同様に収入がなければ利用できないので、収入がない場合は知り合いに借りるなどの方法を試しましょう。

知っておきたい上手に引越し費用を抑えるコツ

知っておくと役立つ、上手に引越し費用を抑えるコツを紹介します。

ぜひお得な引越しのための参考にしてください。

複数の業者から見積もりを取って比較

引越し業者に支払う費用は、依頼する業者によって違います。少しでも費用を抑えるなら、複数の業者から見積もりを取って比較し、安いところを探しましょう。

引越しの見積もりには、見積もりサイトを利用すると便利です。

依頼したい業者があるけれどその業者の見積もり結果が高い場合、他社の見積もり結果を元に値下げ交渉をすると応じてもらえる場合もあります。

荷物の梱包を自分でする

引越し業者のプランの中には、荷物の梱包まで任せられるものがあります。任せられる範囲は業者によって異なりますが、以下のようにいくつかのプランを用意して作業の範囲を決めているケースが多く見られます。

  • 荷造りから荷解きまで全て任せられる
  • 荷造りと家具の配置を任せて荷解きは自分でやる
  • 荷造りから荷解きまですべて自分でやる

梱包や荷解きを任せた際の費用は荷物の量によって幅がありますが、自分でやると費用が抑えられるのは確かです。

運搬してもらう荷物の量を減らす

引越しの費用は荷物が多いほど高くなるため、以下のような方法で運搬してもらう荷物の量を減しましょう。

  • 不要品を処分する
  • 家具や家電を買い替えるタイミングに注意する

不要品を処分してから引越すと、持って行く荷物を減らせます。

家具や家電を買い替える予定がある場合、古いものは事前に捨ててから移動しましょう。引越し先で新しいものを購入すれば、荷物になりません。新たに家具や家電を揃える場合も、引越し先で購入すると運ばなくて済みます。

ネットオークションやフリマアプリを上手に活用する

不要品の処分や必要なものの購入には、ネットオークションやフリマアプリの活用もおすすめです。

不要品の売却でお金が手に入る可能性もあり、購入する場合も店舗で購入するより安く済むケースが多いため、上手に利用して費用を抑えましょう。

初期費用が抑えられる物件を選ぶ

初期費用の多くは家賃の何か月分という決め方になっているため、家賃が安い物件を選ぶと初期費用が抑えられます。

他にも以下のような物件があるので、お得な物件探しをすると費用の軽減が可能です。

  • 敷金や礼金なしの物件
  • フリーレントの物件
  • 家具家電付きの物件
  • 仲介手数料が安い不動産会社が取り扱う物件

敷金や礼金は大家さんが決められるものなので、物件によっては不要とされている場合もあります。早く入居者を決めたい場合などに敷金や礼金なしで入居者が募集されるケースもあるため、敷金や礼金にも注目して物件探しをしましょう。

ただし、敷金や礼金がない分家賃が高めに設定されている場合もあるので、同じような条件の物件と家賃を比較して相場より高くないかチェックすることも重要です。

フリーレントの物件とは、一定期間家賃が免除される物件を言います。1か月無料の場合が多いですが、物件によってはもっと長い期間無料で借りられる場合もあるので、そういった物件が見つかればお得です。

フリーレントの物件には、1年以上住まなければ違約金が発生するなどの条件が付いているものも見られます。家賃が相場より高いケースも見られるため、条件や相場を確認して問題がなければ入居を検討しましょう。

家具家電付きの物件を選べば、その分の費用を減らせます。

仲介手数料は不動産会社に支払う手数料で、法律によって上限は家賃1か月分に消費税を足した金額までと決まっています。下限に関するルールはないため、不動産会社によっては仲介手数料が安く済みます。

入居と退去の時期を検討する

入居時期を検討する方法でも、引越し費用が抑えられるケースがあります。

新しい賃貸物件の初期費用には、前払いの家賃と日割りの家賃が含まれます。日割りの家賃とは、入居した日からその月の最終日までの家賃です。月の途中に入居した場合に発生します。

今まで住んでいた賃貸物件も、退去まで家賃が発生します。退去の際には解約するという連絡が必要ですが、解約通知をする時期は入居の際の契約で決まっているため注意が必要です。

たとえば、退去の2か月前までの連絡が必要と決まっている場合、引越しまで2か月無くても解約通知をした日から2か月は家賃を払わなければいけません。すると新居と以前の家の家賃を二重に支払うことになるため、費用がかさむのです。

引越しの時期を選べるなら、家賃を二重に支払う期間が減らせるように工夫しましょう。

可能であれば繁忙期を避ける

繁忙期にはトラックや人手の確保が難しくなるため、引越し業者に依頼する際の料金が高くなります。

引越しの時期を選べる場合は繁忙期を避けるだけでも費用が抑えられるので、時期を調整して引越しをしましょう。

学割パックやキャンペーンなど利用できるお得なサービスを検討する

引越し業者の中には、特定の対象者に向けてのお得なサービスやキャンペーンを提供しているところもあります。それらを利用すると、費用が安く抑えられます。

お得なサービスの例を見てみましょう。

  • 学生向けの学割パック
  • 荷物が少ない人向けの単身パック

パック商品を利用する際は、積み込める荷物の量に注意しましょう。パック商品ではコンテナボックスに荷物を詰め込んで運びますが、依頼する引越し業者によってコンテナのサイズが異なります。

コンテナに入りきらない場合は追加料金がかかり、通常の引越し料金より高くなる可能性もあります。コンテナのサイズや荷物のサイズを確認して、パック商品を利用した方が安くなる場合は利用を検討しましょう。

キャンペーンには、以下のような例があります。

  • 引越し日を業者に任せると割引が受けられるキャンペーン
  • 引越し時間を業者に任せるフリー便
  • 見積もりをしてもらうと割引や梱包材のプレゼントがあるキャンペーン

キャンペーン内容によっては、基本料金が半額になる場合もあります。利用できるサービスやキャンペーンは積極的に利用して、費用を抑えましょう。

カードローンを利用するなら無利息サービスを活用する

カードローンを利用してお金を借りる場合は、無利息サービスがある業者を選びましょう。

無利息サービスとは、定められた期間は利息なしでお金が借りられるサービスです。初めてその業者を利用する人が対象となります。

以下の大手消費者金融では、無利息サービスが実施されています。


業者 無利息期間
アイフル 30日間
アコム 30日間
プロミス 30日間

無利息サービスを元に借入先を選ぶ場合は、プロミスがおすすめです。プロミス以外の業者では、無利息サービスは契約日の翌日から始まります。引越しを見据えて早めに契約した場合、支払い日に合わせて借入を待っていると無利息期間が減ってしまいます。

無利息期間を生かすために早めに借りたとしても、無利息期間が早めに終わるため利息がかかる期間が長くなるので、結局返済総額が高くなってしまうのです。

プロミスは唯一初回出金日の翌日から無利息期間が始まるので、早めに契約して引越しに備えていても無利息期間が無駄になることはありません。

条件によっては他社カードローンがお得になる可能性もありますが、引越しを控えて忙しい時に比較したり借入日を調整したりするのは難しいのではないでしょうか。

余裕がある場合は試算をして検討してもいいですが、時間をかけたくない場合は無利息期間が最大限活用できるプロミスで契約しておくと、安心です。

プロミス

お急ぎなら信頼と安心のプロミス!最短30分融資も可能で、web契約なら誰にもバレずにキャッシングできます。アルバイト、パート、学生もOK!今なら30日間無利息キャンペーン中!

※メールアドレス登録、Web明細利用が必要。

プロミス
金利
4.5%〜17.8%
審査時間
最短30分
バレ対策
利用可能なコンビニ
LAWSONSEVENELEVENEnet
本日中に借入する場合
あと

立ち退きが理由なら立ち退き料を請求する

賃貸物件の老朽化や大家さんの経済事情などに夜立ち退きが理由で引越しを余儀なくされている人は、立ち退き料の請求が可能です。

立ち退き料の一般的な相場は家賃6か月分ですが、法律で明確な規定があるわけではないので、最終的には話し合いになります。

ただし、以下のように入居者に過失がある場合や入居者にとって危険がある場合は、立ち退き料の請求はできません。

  • 家賃を滞納している
  • 入居者の側に過失がある
  • 災害などが理由で入居者が住み続けると危険が伴う

判断が難しい場合は、賃貸借契約書を元に話し合いましょう。

引越し費用が払えない時は借入がおすすめ!費用を抑える工夫もしよう

引越し費用が払えない時の主な対処法は、借入や分割払いの相談です。相談できる相手がいるなら親や知人からお金を借りる方法もありますが、迷惑をかけたくないと考える場合は消費者金融からの借入がおすすめです。

消費者金融なら審査結果が早くわかるため計画が立てやすく、無利息サービスを利用すれば利息を軽減できます。大手消費者金融ならどこを利用しても構いませんが、中でもおすすめなのはプロミスです。

プロミスには、最短15秒で事前審査の結果がわかる申し込み方法があります。お金が借りられないと引越しが難しくなるため、すぐに審査結果がわかると便利です。

プロミスの無利息サービスは、大手消費者金融の中で唯一初回出金日の翌日から日数を数え始めるので、引越しの日程が決まっていなくても無利息期間が無駄になりません。

引越し費用を抑える工夫をすると借入金額を減らせるので、工夫をしつつ借入を検討しましょう。

借入先検索

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。(複数可)

借入条件
職業
審査時間
借入額

関連記事

閉じる
バレずに借りられる