お金の知識が学べるカードローン・カレッジ

即日融資のカードローン!お金が今すぐ必要な人へ確実な方法を解説

どうしても急いでお金を借りたい!というピンチがやってきたとき、すぐにお金を借りる方法をご存知ですか?

お金を借りる方法はいろいろありますが、実際にどこでどう借りればいいのか、わからないこともたくさんあると思います。

消費者金融カードローンなら、即日融資してもらえる可能性がありますので、代表的なカードローンをご紹介しましょう。申込から実際の借り入れまで、最短60分というカードローンもあります。

また、即日融資してもらえると思っていたのにできなかった!という事態を避けるため、即日融資できない理由もお話ししますので、申し込みの際の参考にしてください。

即日融資が可能なカードローン5選

会社名 仮審査 即日融資 審査受付時間 審査完了まで
プロミス 最短15秒 9時~21時 最短30分
SMBCモビット 10秒で簡易審査結果表示 9時~21時 最短30分(平日19時までに申し込みの場合)
アコム 3秒診断 9時~21時 最短30分
アイフル 1秒診断 9時~21時 最短30分
レイクALSA お借入診断 8時10分~21時50分(日曜日は19時まで)※審査結果お知らせ時間 最短15秒

各社とも、受付時間はおよそ9時~21時となっています。ただしこれは受付時間ですので、ギリギリに申し込んでも即日融資は受けられません。

少なくとも、1時間以上の余裕を持ってお申し込みください。

必読の即日記事はこちら「今すぐお金が必要なら!即日で借りる・現金を手に入れる方法/」

確実に即日融資を受けるためには?

消費者金融カードローンは即日融資が可能ですが、大事なのは申し込む時間です。

24時間、申込自体はできるものの、夜中も審査をしているわけではありませんし、審査の最終段階では在籍確認もあります。

全ての審査項目をクリアしなければ融資は受けられません。

では、どの点に注意して申し込めば、確実に即日融資が受けられるのか、申し込み時間などカードローンごとのポイントについてまとめました。

(※「確実に」とは、審査を通過すれば即日融資が受けられるという意味であり、申込要件を満たさないために審査を通過できない可能性はあります)

振込キャッシングのプロミス

プロミスは、来店の必要がなく、申込から借入までWEBで完結します。

店舗に行く、もしくはプロミスコールから申し込むという方法もありますが、即日融資を希望するならWEBからの申し込みが最も早いです。

「カードの発行を希望しない」を選択することで、郵送物なしにできますし、契約が済めばアプリまたはプロミスインターネット会員サービスから振込キャッシングが利用できます。

最短15秒で結果がわかる簡易診断がありますので、まずはそちらの審査を利用してみましょう。仮審査で申し込めることがわかれば、本審査も安心して受けられるのではないでしょうか。

なお、審査時間については公式サイトに明記されてはいませんが、簡易診断は9時~21時の受付となっています。その後の本審査の時間を考慮すると、遅くとも終了1時間前までには本審査に申し込んだ方が良いでしょう。

SMBCモビットはフリーコールに電話をしよう

SMBCモビットは、審査時間が最短30分とされていますが、申し込む時間や混雑状況によってもっと時間がかかる場合もあります。

どうしても即日融資を受けたいなら、インターネットから申し込み、その後でフリーコールに電話をしましょう。優先的に審査をしてくれます。フリーコールの受付時間は9時から21時となっていますので、お気をつけ下さい。

審査を通過し、入会手続きが完了すれば、振込キャッシングが利用できます。最短3分で振り込んでもらえます。審査時間を考慮すれば、こちらも20時までには申し込みたいところです。

もしくは、WEB完結申し込みにして、スマホアプリを使えばセブン銀行ATMも利用できます。

ただし、WEB完結にするには、

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていること
  • 全国健康保険協会発行の保険証もしくは組合保険証を持っていること

が条件になっています。

もし該当しない場合には、

  1. WEBから申し込む
  2. フリーコールに電話をして審査を急いでもらう
  3. 振込キャッシング、もしくはローン契約機でカードを発行する

という方法をおすすめします。

アコムの最短ルートはむじんくんまたはWEB

公式サイトに明記されている即日融資の最短ルートは、

  • インターネットか電話で申し込む
  • 審査結果は最短30分でわかる
  • 自動契約機「むじんくん」・来店での手続き、もしくはメールから手続き

となっています。

むじんくんの営業時間は21時までなので、近くにない場合はインターネットでの手続きが早いでしょう。

審査結果がわかり、契約が完了すれば振込による借入を利用して24時間振り込みが可能になります。楽天銀行に口座のある人なら、最短1分で振込してくれますよ。

ただし、「夜間の申し込みは審査が翌日となる場合がある」と書いてありますので、審査時間と手続き時間を考慮し、むじんくんの営業終了の1時間前には申し込みたいところです。

電話で優先審査のアイフル

アイフルでは、インターネットから申し込み後にフリーダイヤルに電話をして、急いでいる旨を伝えることで優先審査をしてくれます。

公式サイトでは、「21時以降に申し込んだ場合は、翌日の連絡になる」とありますが、電話の受付時間が9時から21時ですので、審査時間を考えると20時までには申し込んでおいた方が良いでしょう。

契約手続きは、WEBまたは無人店舗でできます。契約が完了すればスマホアプリを使ってセブン銀行ATM、ローソンATMで当日中の借り入れが可能です。

レイクALSAの審査結果は最短15秒

レイクALSAで即日融資を受けるためには、審査結果のお知らせ時間に注意です。

審査結果は8時10分から21時50分(第3日曜日は19時)までと、他のカードローンよりも幅広い時間帯で対応してくれるのですが、当日中の借り入れをするには、「21時まで(日曜日は18時まで)」の契約手続き完了が必要です。

審査から実際の借入まで「最短60分」とありますので、遅くとも20時には申し込む必要があるでしょう。

ただし、最短60分なのはWEBから申し込んだ場合なので、急いでいるときにはパソコンまたはスマホから申し込んで下さい。

最短即日融資といいながら当日借入ができない理由は?

その日中に借りられると思って申し込んだのに、借りるどころか審査の結果も来なかった!というケースがあります。

よく、「24時間申込OK」と書いてあるので、夜中でも審査をしてくれると思われがちなのですが、それは難しいでしょう。

審査時間を確認していない

基本的な項目については機械的な審査が可能ですが、勤め先に電話をかける在籍確認など、最終的には人が審査をするわけです。

どのカードローン会社も営業時間がありますので、その時間を過ぎてまで審査はしてもらえません。

ですから、申し込む時間によっては即日融資が難しくなるのです。

受付時間と審査時間は違います。審査時間は最短30分といっているカードローンが多いですが、混雑状況などを考慮して、1時間見ておいた方が安心です。

申し込み時間終了の1時間前には遅くとも申し込んだ方が良いでしょう。

申し込み内容が間違っている。記入は正確、丁寧に!

他にも、日中申し込んだけれど、入力した項目に誤りがあって、確認の必要が生じた場合や、在籍確認がスムーズに行えなかった場合など、思いのほか審査に時間がかかってしまうケースもあります。

どんなときに即日融資ができなくなるかは、こちらの記事「即日融資できる会社なのに当日中に借りれない!?4つの原因とは」でわかりやすく解説しています。

なるべく早くお金を借りたい!と思っている方は、この記事をよく読んでいただければ、即日融資してもらえる可能性が高まるでしょう。

コンビニATMですぐにお金を借りられるカードローン

カードローンでお金を借りる方法はいろいろあります。銀行ATMや振り込みをしてもらう方法、そして便利なのはコンビニATMを利用する方法です。

銀行ATMは開いていない時間もあり、駅周辺に多くあることから、自宅の近くにはないという方もいると思います。また、提携している金融機関でないと使えないこともあるでしょう。

また、振込も、自分が利用している銀行口座の取引時間によっては即時振込ができない場合もあります。

コンビニなら、日本全国どこにでもありますし、大手の消費者金融ならセブンイレブン、ローソンのATMが使えますので、借入先に困ることはほぼありません。

上記でご紹介した5つのカードローンは、

  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • イーネットATM(ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ポプラ、セイコーマートなど)

が利用できます。

コンビニATMのメリットは、スマホのアプリを使ってお金を借りられるところです。ローンカードが手元になくても、審査を通って契約手続きが済めば、すぐにお金が借りられます。

プロミスやモビットなど、申し込んだ当日に借りられる可能性もありますので、急いでいる人にはありがたいですね。

コンビニATMで今すぐお金を借りる!この3社なら急な出費も大丈夫」では詳しく解説していますので、是非ご覧ください。

どうしても当日中にお金が必要なとき

何らかの事情で、どうしても今日中にいくらかの現金を用意しなくてはならないという切羽詰まった状況になることもあると思います。

しかし、今銀行口座にお金がない。そんなときに考えられる方法がいくつかあります。

まず、さきほどご紹介した消費者金融カードローンです。早い時間に申し込めば、当日中に借り入れできる可能性があります。

同じカードローンでも、銀行カードローンは即日融資が難しいため、おすすめできません。早くても、審査の結果が翌営業日になってしまうためです。

今仕事をしていない方、仕事を始めたばかりで消費者金融カードローンの審査に通りそうもないという方には、質屋で借りる、生命保険の契約者貸付を利用するなどの方法もあります。

詳しくはこちらの記事「どうしても今すぐ5万円借りたい!今日中に現金を手にする5つの方法」で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

即日融資、もしくはできるだけ早くお金を借りる方法がわかります。

即日融資を受けるなら消費者金融カードローン

どうしてもお金が必要というときには、消費者金融カードローンを利用するのが最も早く借入できる方法です。

銀行カードローンは金利が低めなのが魅力ですが、残念ながら即日融資には対応していないため、急いでいる人には消費者金融カードローンをおすすめします。

最短30分程度で審査をしてくれるカードローンが多いですが、申し込む時間帯や審査の状況によっては思っていたよりも時間がかかり、当日中に借入できない可能性があります。確実に審査に通りたい人は、なるべく早い時間に申し込んだ方が良いでしょう。

各社とも、申込自体は24時間、365日できますが、審査の受付時間は別に決められています。申し込みをする前に確認しましょう。そして、審査時間を考慮し、遅くとも終了の1時間前に申し込むようにすれば、即日融資を受けられる可能性がありますよ。

即日融資のカードローン
閉じる
 バレずに借りられる